パパと呼ばないで

再婚した時、パパと呼ばないでくれと懇願した夫(←おとうさんと呼んで欲しい)を、娘(24)「おやじ」と呼ぶ。良かったのか?

ふらわああれんじめんと

2013年01月27日 | おでかけ
1月27日(日)晴れ

ブログ仲間のるいさんpさんと一緒に、フラワーサロンtiaraさんにて和風アレンジメントを教えていただく。
このお教室の先生はるいさんのお友達。
以前、一度、ドームで野球観戦をご一緒したが、この時は前夜の深酒により二日酔いだったため、
観戦後早々に帰宅したのであまりお話しできなかった。
しかし、その名の通りキラキラした可愛らしいかたで、メンクイのワタクシは憧れておったのだ。
お教室兼ご自宅にお邪魔。
素敵なアレンジメントが飾られておりうっとりする。
自分(&我が家)には似合わないのであきらめていた世界だが
ワタクシの女子力がみるみるうちに増大していく。
始める前に、ケーキをいただく。
それがまたものすごくおいしそうなケーキで、今、女子力がアップしておったのに
小学男子のような気分になってしまい、
品の悪いワタクシは、真っ先にケーキを選ばせていただくのであった・・・
tiaraせんせ、きっと驚かれていたに違いない。
「・・・るいちゃんのお友達には、珍しいタイプの方ね。」
ケーキをいただき、すっかりリラックスしたワタクシ(まさに食べ物につられる小学男子だ)
さあ、いよいよアレンジメント創作開始。
ぢつは、このお誘いを受けた時、一抹の不安がよぎったのだ。
少しだけ(?)怪しいワタクシのセンス。
それにひきかえ、るいさんとpさんのセンスは素晴しいのだ。
この人たちと一緒に、「作る」という作業をしていいものか。
「自己肯定力を上げる」ということを近年の生きる目標にしているのに、
いきなり年明け早々「自己否定の嵐」に巻き込まれないだろうか。
恥をかくより、いっそtiaraせんせのお手本通り真似っこしようか。
すると、抜け目のないるいさんが「お手本、真似しようとしてるでしょ!」
げっ・・・この人ったら、誰よりもワタクシの表情を読み取るのがお上手。
今まで「わかりにくい女」と思われていたワタクシだったのに。
るいさんが男だったら、あなたへの恋心、バレバレだわね。
そして・・・完成~~~。のはずが、あれ?なんか、この玉飾り(っていうのか?舞玉しだれっていうのか?)が
宇宙人の触覚みたいなんですけど・・・
さすが先生、おそらく吹き出したいであろうが、そこは必死でこらえられたのだろう
穏やかに「少し長いですね。でも大丈夫。ここで切って、もう一回差し込みましょう。」
できた~~~
るいさん、pさんの作品を見てビックリ。
同じ材料とは思えん。
三つ同時に見ると一瞬落ち込むが、でも、離してみて、自分のものだけ見ると・・・
あれ?意外と可愛い。
まさに出来の悪い子ほど可愛いとはこのことか。
統一感がないところ?
バラバラな感じ?
意表をついた配置?
かわゆい。
親ばかにもほどがある・・・
はたまた自己肯定力がものすごくついてきたのか?
と、大満足で、写真撮影会へとなだれこみ、テーブルの上の作品を、椅子の上に立ち上がって撮るワタクシの姿が
るいさんのふぇいすぶっくから世界に発信されるのであった・・・
コーヒーをいただきながら、おしゃべりしているとあっという間に暗くなり、
おいしいしゃぶしゃぶやさんのお店に連れて行っていただき会食。
すごく美味しかったのに、写真がどれもブレブレ。
近日中にアップされるであろう彼女たちのブログに期待します。

最後に書くのもなんだが、ぢつは今日は夫の誕生日であった。
この新年部会が決まった時、
「あたし、日曜日、るいさんpさんとお花の教室行って、食事もしてくるね」と夫に言うと
「君、わかってるとは思うけど、その日、オレの誕生日だよ。」
妻「・・・・・(小さく息をのむ音)」
あなた!楽しい誕生日の夜だったわ。
コメント (6)

東京家族

2013年01月26日 | 本・マンガ・テレビ・映画
1月26日(土)晴れ

久し振りに映画のペアチケットが当たったので、夫と近所の映画館に「東京家族」を観に行く。
正直言って、あまり期待はしていなかった。
いや、もちろん、山田洋次監督の偉大さはさすがの無知なワタクシでも知っておるが
心のどこかで「少しほろりとさせられるだろうな」くらいの意識で見る。
近所の映画館は、いつも以上の年齢層の高さ。
まぢでワタクシ達夫婦が最年少だったと思われる。
少し前に、娘は試写会でこれを見ており
「せつないけど、良かったよ」という感想とともに、「長女がまるでママみたいだった。」
この映画のコピーは「おかしくて、かなしい。これは、あなたの物語です。」というだけあって、
普通の庶民だったら、だれかしらに自分を当てはめられるんじゃないだろうか。
ちなみに我が娘は、長男の息子(孫)に自分を見たらしい。
ドライブに行けなくなりふてくされて物を投げて当たり散らし・・・それを優しいおばあちゃんがなぐさめる。
おばあちゃんを思い、ぐっときたらしい(いや、うちのおばあちゃん、生きてますけどね)
ワタクシはもちろん長女。
悪気はないけど、ちょっとばかし両親を邪険にするとこなんてそっくり。
もし、一人で観に行ってたら号泣してたかもしれない。
年明け早々、電話で大げんかして母を泣かせたことを激しく後悔しつつ
「墓に布団は着せられぬ」という言葉が身に染みる(いや、だからおばあちゃん、生きてるって!)
見終わって、せつなくも優しい気持ちになれる映画であった。
そして、来週あたり、母に電話してみるかという気持ちになった親不孝娘でありました。
コメント   トラックバック (1)

キャスティングは洗濯の後で

2013年01月25日 | 本・マンガ・テレビ・映画
1月25日(金)晴れ

ワタクシのブックリーダーpさんが、以前紹介されていた「和菓子のアン」
読み始めた時に「これまたミステリー仕立てか!?」
というのも、ちょっと見てみようかなと思って見始めたドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」っぽい感じがしたからだ。
「ビブリア~」のほうは、おそらくこれを文字で読んだらおもしろいのだろうが
映像化されたものは安っぽいものになったような気がする。
いや、小説を読んでないからわからんが。
出演者に、好きな人がいないというのもあるのか。
我が夫も娘も、ミステリーが好きだ。
しかしワタクシはあまり好きではない。
さらには、それが犯罪絡みではないミステリーって、意味があるのか!?とすら思う。
「ビブリア~」は、肝心のところでうたたねしてしまったので(←すでにこの時点で、語る資格はない)
なおさら「何が面白かったのか?」という気分。
これ、本を読まれて、なおかつドラマも見てますと言う方に、感想をお聞きしたい。
これって「アリ」ですか。
と、こういう気持ちを抱えていたもので、読み始めは少し戸惑った。
が、一話読み終え(一話完結という感じになってる)
次も読んで・・・
これは、ワタクシの中で珍しく「是非ともドラマ化していただきたい!」と思うものへと移り変わっていく。
立花君を誰にするかにかかっているが、このキャスティングに成功したら、このドラマは大当たり間違いない。(何者???)
デパ地下の和菓子やさんの話なのだが、登場人物たちのキャラクターが素晴しい。
なかでも、しゅっとしたイケメンの男の子立花君は魅力的。
実は彼、見た目とは裏腹に、心は乙女なのだ。
女子の好きそうな話にはきゅんきゅん胸を震わせるオトメンなのだ。
読みながら、さて、誰をキャスティングしたらいいだろうか。(いや、誰からも頼まれてないっすけどね)
大福のような、ぷくぷくな太めの女の子アンちゃんは
やはり、太めな子を選んで欲しい。
小説では「ブス」だったり「チビ」だったりするのに、
ドラマ化された時に綺麗な女優さんだったりアイドルだったりすると
それだけで興ざめだ。
「太め」って書いてあるんだからちゃんとそういう子にしてよね!
基本、「本ありき」なので、なるべく本の設定に忠実にしてほしいのだ。
となると、柳原加奈子ちゃんしか浮かばないなあ。
高校卒業したてという年齢設定なので、少し厳しいかなあとも思うが、
柳原加奈子ちゃんって、下手な女優さんより演技力あるから
いやみなキャリアウーマンも出来るし、おっとりふんわりした甘いもの好きの女の子もきっとできる。
(勝手にリンクしようとpさんの日記に飛んで・・・あらっ!彼女も柳原加奈子ちゃんをキャスティングしてるわと大喜びしたのはいうまでもない)
店長の椿さんも、かなり素敵なキャラクター。
バイト仲間の桜井さんも、元ヤンのかわい子ちゃん。
いやもう、出てくる人みんなが魅力的なので、これは絶対映像化すべき!
それにしても、むつかしいのは「立花君」だ。
ちらりと頭をよぎったのが「楽しんご」
あの子って、黙ってればしゅっとしてるよね。
そして、乙女系な感じはあのまんまで、と思うが、少々乱暴で短絡的か。
無理に乙女系を探さなくても、
フツーに、しゅっとしたイケメン君をキャスティングすれば、ちゃんと乙女な二面性を演じてくれるかもしれない。
そのいい例が「のだめ」の「奥山真澄ちゃん」を演じた小出恵介君。
フツーの好青年やらせたらピカイチと思ってたが、まさかの乙女系男子もやれるとは!!!
余談ですが、このお正月「風が強く吹いている」を見て、「この小出恵介君が一番好き」と再認識しました。
ちなみに加瀬亮君は「ハチクロ」
トヨエツは「愛していると言ってくれ」
・・・どうでもいいですか、そうですか・・・
戻しましょう。
なかなかむつかしいです、立花君。
しゅっとしたイケメン・・・岡田将生くんとか?平岡祐太くんとか?中村蒼くんとか?
ワタクシの個人的趣味からいきますと、オダギリジョーとか福士誠治さんあたりの乙女系ぶりを見てみたい気もするが
少し年齢が上がり過ぎ?
こうなったら、禁じ手の(って、だれか禁じた?)ジャニーズから、
あまり面の割れてない子を連れてくるか。
と、あいもかわらず引きこもっては妄想にふける冬の日。
コメント (2)

もたいまさこ週間

2013年01月24日 | 本・マンガ・テレビ・映画
1月24日(木)晴れ

娘、試験中により、普段より一段とタイムスケジュールがばらばら。
その合間を縫って、録画してた映画「めがね」を一緒に見る。
海のあまりの綺麗さ、素敵な暮らしぶり、何もない一本道などなどに
娘大感激して、「将来、こういうとこに住みたいっっ」と盛り上がっていた。
田舎を知り尽くしてる母は「旅行ならいいけど、住むのはねえ~
何たって母は医療が心配だわ。
ちょっと大変な病気だと、ヘリで本土の病院へ運ばれるのよ~
コトーを思い出してごらんよ。
台風だって怖いよ。
島の台風の強さは、ハンパないからね。」と水をさす。
とはいえ、ロケ地の与論島、信じられないような海の色だったなあ。
と、ここで、先日夫がゆーちゅーぶをテレビに映してみてたのを思い出す。
「水曜どうでしょう~一致団結!リヤカーで喜界島一周」編。
まあ、いつものこととはいえ、景色が全く映ってなかったなあとしみじみと感動する。
おそらく喜界島も、おっそろしく海とか綺麗なはずなのに。
彼らの、揺るがない番組作りを、あらためて思い出させるほどの「与論の海の綺麗さ」であった。
あ、加瀬君は、「少女漫画に出てくる男の子が大きくなった」というイメージで
これまた彼の新たな魅力というか、引き出しの多さというか、なんというかもう、かわゆかった。
市川実日子嬢が、加瀬亮君と似ているという発見もあり、
日々ワタクシが力説している「人間は、自分に似ている人を好きになる」説の、さらなる具体例の一つに加えられることになる。

水曜どうでしょうつながりで・・・
大泉洋氏の出ている「シェアハウスの恋人」を見始めたが・・・
どうにもこうにも、設定やら人物やら、無理があり過ぎておもしろくない。
ただ大泉洋氏だけは、憎めないというか、この人となら一緒に住んでもいいと思うが
谷原章介とは絶対一緒に住めん。
どんだけ深い心の傷を持ってるんだか。知りたいとも思わん。
おそらくもう来週からは見ないな。
大泉くんとは水曜どうでしょうで会えるからいいや。
あ!このドラマにももたいまさこさんが出てて、あいかわらず独特な雰囲気を醸し出している。
すごいなあ彼女。
男なら柄本明氏、女ならもたいまさこ氏だな、ワタクシのなかの怪優。
「トイレット」も録画してるので、今夜見なきゃ。
娘が「なんだか最近『もたいまさこ』だらけだねえ。」

今日の一枚は、先日夫が臨海公園で会ったという「ツインズ」
なんか、絶妙な距離感でもって近づいてくるさまに妻大喜び。
「本日のベストショット大賞」を授与。
ワタクシのブログで、世界に発信してあげるよと言うと
「勝手に使うなよっ!」と嬉しそうに言った。
コメント (2)

AQUATIQUE MD H コンセントレイトオイル(水素配合オイル)

2013年01月22日 | 当選品&モニター&おタメし
1月22日(火)雨

今回はコチラのモニターです。
ブランドコレクションファンサイト参加中

ワタクシ、ものすごい乾燥肌であります。
特に冬は悩まされます。
顔もばりばりになりますが、特にヒドいのが手の甲と、足のかかと。
夕べ、このオイルを、お手入れの最後に塗って、余った分をかかとにもぬりぬり。
今朝、いつもよりかかとのひび割れ面が減ってるようです。
3袋しかないのがさみしいところ。
あと2回で、このかかとがつるつるになってくれればいいなあ~
コメント

クックドゥ

2013年01月20日 | 当選品&モニター&おタメし
1月20日(日)晴れ

モラタメさんでタメします。
と言っても、もう、タメすまでもなく、信頼しているお味のクックドゥです。
ワタクシ、こういうのを使わないで料理をすることを目指してます。
しかし、ボランティアで夕方まで拘束された時とか、
娘とお出掛けして遅くなった時とか、
どうにも体調不良な時とか、
どうしても料理をしたくない気分の時とかも、たま~~にあるわけです。
そういう時に、こういうのがあると気持ちが楽になりますよね。
5種類9箱で735円です。
安いっ!!!買い置きしておく価値大です。
ちなみに内訳は・・・
*広東式麻婆豆腐2箱
*四川式麻婆豆腐1箱
*酢豚1箱
*豚肉と玉ねぎの中華生姜焼用3箱
*干焼蝦仁2箱
昨日届きました。
そして・・・今日の夕食・・・
いまいち、気持ちがノリません。料理に対して・・・
早速「広東式麻婆豆腐」に登場していただきましょう。(非常事態用ではなかったのか!?)

豆腐とひき肉と長ネギさえあれば、あっという間です。
そして、気持ちが少しずつ料理に向かい始め、明日のお弁当用に「混ぜ寿司」を作り始め、
その間、ゴパン君にも働いてもらってシナモンロールなんぞを作ったりし始めたのでありました。
いやぁ~何事もきっかけよね。気持ちを奮い立たせるのって。
だらだらの土日が終わり、明日からまたしっかり主婦業致します。
コメント (2)

うまい水

2013年01月20日 | 当選品&モニター&おタメし
1月20日(日)晴れ

今回はコチラのモニターです。

クリタック株式会社ファンサイト参加中

以前は、全く気にしてなかった「水」ですが、
原発の事故以後、ミョーに気になり、故郷から取り寄せたり、
はたまた運良く「浄水器」が当たったりで
俄然水に対して興味を持ち始めております。

今回モニターする水は、その名もズバリ「うまい水」
「すっきりとしたミネラル100」と「まろやかなミネラル200」それぞれ3パックずつ入っております。(1.5ℓ)
ペットボトルとか、専用のサーバーとかが不要なのは、まず魅力的ですね。
さらには
専用のパックスタンドもついていて・・・

これを組み立てて、水のパックをセットして・・・

こうやって注ぐわけです。
そして、このスタンドのまま冷蔵庫で保存できます。

早速料理に使ってみます。
お料理には、「すっきり」のミネラル100が合うそうなので
それをつかってお出汁をとって、牛丼とおそばが本日のランチであります。
って書くとまるでワタクシが作ったようですが、夫が作りました。
ちょっと食べかけてしまいましたが・・・これです。

美味でありました。

ミネラル200のほうはパンやピザ生地を焼くのに最適!とあります。
先月我が家にやってきた「ゴパン君」に登場してもらいましょう。
いやぁ~いいですよぉ~彼!
我が家の米をパンにしてくれるのです。
少し音がうるさいけど我慢します。
食パンは、予約してれば朝、焼きたてが食べられますが、
それより何よりワタクシのお気に入りは、彼に生地を作ってもらっておいて、いろいろ包んで焼くパン。
あんパンも美味でした。
カレーパンも大好評。
ウィンナーロールも24個、あっという間に完食です。
今日は、このミネラル200を使って生地を作り、チョコチップロールとシナモンロールを作ってみました。

明日の朝食用だったのに、夕食後にみんなバクバク食べました。
明日の朝は、おいしいコーヒーを入れてみましょう。
最近ずっとバリスタちゃんに頼ってましたが、美味しい水を入手したら、久々にレギュラーコーヒーを飲みたくなりました。
少し早起きして、優雅な朝食を目指します。
コメント

大雪

2013年01月14日 | 衣・食・住
1月14日(月)成人の日

寒いけど、うちの辺りは雪降らないねえ~と思っていたのは10時頃だったか。
お昼過ぎにブラインド上げてびっくり。
大雪!!!
家族いっせいにテンションマックス。
イチにも雪を見せようとしたり、ベランダから写真撮影したり・・
しかし、それでは飽き足らず、夫そそくさと、完全防備のいでたちでお出かけ。
娘が捨てようとしていた赤い毛糸の帽子(てっぺんには大きなボンボン付き)までかぶる。
寒いもんね。大丈夫だよ。雪は全てを包み込む。
いってらっしゃ~~~い。
妻と娘は録りためていた「仁」を見る。
しかし・・・やはり気になる。雪。
夫と入れ替わりで、カメラを持って出掛ける。
部屋着というかパジャマの上に夫に借りた厚手のコートをはおり、娘のムートンを履く。
髪の毛も顔もぼさぼさパサパサだが大丈夫、雪は全てを包み込むから。
いたる所に雪だるまを見つけ、世間の皆さんは早くにこの雪に気付かれてたのねえ~
きゅっきゅっと雪を踏み、小学校まで行ってみる。
一面真っ白~~~
今度は公園に行ってみる?

しかし少し歩いていくうちに、あっという間にムートンに染み込んでくる。
冷たい冷たい冷たい。
母「もう限界!!!マック行こう。」
娘「え~~~~っ!?もお?」
しかし、そうこうしてるうちに娘のスニーカーにも染み込んできたようで、
さっさと写真撮影会は終了。
いやぁ~~~~久しぶりに見たねえ~こんな大雪。
お休みで良かったねえ~
とはいえ、今日成人式だったという娘の先輩たちの中には、タクシーが確保できず
式典を諦めたという子もいたらしい。
この、一つ上の子達って、ちょうど震災の年に受験で、
その後、入学式は自粛ってことでなく、なにかと不運な年らしい。
でも、それもまたいい想い出ってことになるのよ、10年後20年後30年後。
明日の朝は、通勤通学に影響が出ないといいけどねえ。
コメント (4)

本生 きざみわさび/本わさび/生しょうが

2013年01月13日 | 当選品&モニター&おタメし
1月13日(日)晴れ

モラタメさんにいただきました。
特にワタクシが気になっていたのが『きざみわさび』
辛さは控えめで、茎のシャキシャキ感が楽しめるらしい。
さっそくいろんなもので試します。

オーソドックスにタコのぶつ切り。
美味いっ。
カキフライにはどうでしょう。
あら、いいんじゃない?わさびマヨネーズにしても合いそう。
トンカツにはどうかしら。
ワタクシ的には有りかもと思ったが、夫は「オレはからしにほうがいいな」
あ!ちょっとだけ牛肉が残ってたのも焼いてみましょう。

これは、付いていたレシピ集に出てたからね。
確かに合います。
美味しいわぁ~~~
このレシピ集、ほかにも「鶏ひき肉の小判焼き」に乗っけてあったり
春巻きに混ぜ込んであったり、サラダのドレッシングに使ってあったりと
試してみたくなるレシピがたくさん。
わさびといえばお刺身くらいしか使ってなかったので
とても新鮮な驚きだ。
でも、このシャキシャキきざみわさびなら、きっとどれも美味しいだろうなと思える。
しょうがとわさびのレシピ本もついていたので、しばらくはこのレシピ本からの夕餉が続きます。
コメント

新年会

2013年01月12日 | ボランティア
1月12日(土)晴れ
音訳ボランティアの会に所属しているのだが、
区の視覚障害者協会の新年会に参加した。
数年前にも一度参加し、お料理がおいしかったことと、かなりボリュームがあったことを記憶していたので
朝は、あんパン(←余談だがゴパンで作った。チョー美味!)1個だけにしておく。
寒いので、バスで行くかチャリで行くか迷うが、
めったに出かけない(運動しない)んだから、せめてこういう時くらいはと思いチャリにする。
こういう会にありがちな、区長さんはじめ、議員さんたちの挨拶が延々と続く。
数年前に参加した折にも挨拶された「平沢勝栄氏」
ちょうど民主に大敗した後だったが、いつの間にかたくみな話術で拍手を浴びておられた。
そして今回、奇しくも政権奪回できて、ますます気を吐かれるかと思いきや
意外とおとなしめ・・・
ま、調子に乗っちゃあいかんと自制されたのやも。
もう一人、「大西栄男」衆議院議員も御挨拶。
都議や区議の方の挨拶が延々と続くが、やはり、話の上手な人は得だなあと思いながら聞く。
それにしても、一時に始まった会、だいぶお腹ペコペコなんですけど!!!
やっと乾杯~~~となり、食事が始まる。

前菜は海老おから寿司 サーモン小川巻 鶏松風 湯葉八幡巻 金柑 黒豆 菜の花糸雲丹
吸い物は手まり湯葉胡麻豆腐 梅蒲鉾 袋茸 三つ葉 柚子
お造りは 鯛 鮪 海老花造り 彩り妻物
焼物は一口和牛ステーキ 和風帆立ぐらたん
煮物は穂付き筍 若布 慈姑 手まり麩 蕨
揚物は海老しんじょ 獅子唐 笹身梅しそ巻
蒸し物は茶碗蒸し(海老 鶏 椎茸 銀杏 百合根 三つ葉 柚子)
海鮮ちらし(ずわい蟹 とびっ子 刻み穴子 錦糸玉子 木の芽)
デザート コーヒー
手の込んだお料理はやはり美味しいなあとしみじみ反省しつつ、写真をとりまくる。
隣のMさんが「あら、nさん、おうちに帰ったら同じようにして作ろうと思ってるのね。写真撮って。」
n「ええ!もちろん。」とうそぶきつつ、次々と運ばれてくるお料理の写真を撮っては食べ、撮っては食べを繰り返すのであった。
そして、無事に会もお開きとなり、ベルトの穴をずらしてゆるめてから
また、寒風のなか元気にチャリをこいで帰ったのであった。

・・・nさん、新年会の感想というより、食べたもの覚え書きみたくなってるけど
ちゃんと例会では報告していただきますからねっ(会長心の声)
コメント