OSQZSS

オープンソース準天頂衛星(QZSS)受信機

GNSS-SDR with LimeSDR

2018-02-04 15:00:07 | ソフトウェア受信機
LimeGPSでGPS信号のリアルタイムシミュレーションが成功したので,
今回は逆に,GNSS-SDRを使ってLimeSDRでGPS信号を受信してみます.

まずは,LimeSDRに受信用のSMAコネクタを追加.
GPS信号シミュレータのためのTXアンテナはひとつで十分ですが,
RXアンテナはとりあえず全部繋いでおきます.



GNSS-SDRの実行にはLinuxの環境が必要になるので,
VirtualBoxのゲストOSとしてUbuntu 17.10をインストールします.

LimeSDRの開発環境とGNSS-RDRのインストールは,
Martyが公開してくれた手順に従ってさっくりと完了.

MyriadRF Discourse: Running your LimeSDR on GNSS_SDR on Ubuntu 17.10

GNSS-SDRによる測位も確認できました.
受信アンテナは,デフォルトでRX1_Lのようです.

 (クリックで拡大)

それでもいくつか躓いたので,忘れないようにメモ.

SoapySDRをサポートしているGNSS-SDRは,version 0.0.9以降になります.

GNSS-SDR: My first position fix

GNSS-SDRをapt-getでインストールしようとすると,Ubuntu 16.04 LTSでは
version 0.0.6のパッケージしかインストールできません.

Ubuntu Packages: GNSS-SDR Package

Artful Aardvark(Ubuntu 17.10)をインストールするか,
ソースからビルドする必要があります.

VirtualBoxの仮想マシンに割り当てられるCPUのコア数は,デフォルトで1個です.
GNSS-SDRは,思った以上に処理負荷が高く,最低でもコア数を2個にする必要が
ありました.

VirtualBoxのゲストOSにGuest Additionsのインストールを勧められますが,
Ubuntu 17.10ではインストール後にエラーが発生します.

VirtualBox: Ubuntu 17.10 - Guest Additions Installation Error

解決策がわからないので,Guest Additionsはアンインストールしておきます.

【追記】
VirtualBoxのDownloadsのページから,updated versionのGuest Additionsの
iso imageをダウンロードしてインストールしたら解決しました.RTFM.

VirtualBox: Downloads
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たすき | トップ | GNSS-SDR with bladeRF »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトウェア受信機」カテゴリの最新記事