goo

弛まぬ挑戦者


トヨタ博物館の新しい企画展
「トヨタ モータースポーツ列伝: 弛(たゆ)まぬ挑戦者たち」
を見て来ました。



行われているのは文化館の1階と2階。
お話によると、コロナで延期になった企画展のようです。



圧倒させる世界的に有名なモデルがズラリ。



アメリカのSCCAから派生した感じで発足した耐久レースのIMSA。
当時人気だったイムザGTO参戦車であり、
北米でセリカのイメージアップに貢献した1台です。





言わずと知れた名車達。
今でも昭和人間に懐かしいのは、戦歴だけでなく
トミカでのミニカー化が貢献していたと思います。
ヤマハやダイハツのデカールがこの車の誕生を物語っています。







注目はこちらのトヨペットクラウン。
残念ながらレプリカですが、1957年の第5回豪州一周ラリー参戦車。









ラリーマニア必見の、このエリアは1階。







閉館の音楽で外に出ると、日が沈んでいた。
この場所、何度来てもワクワクするなぁ。

因みにモータースポーツ専用のミュージアムが、
トヨタにより富士スピードウエイの隣に建設中だそうです。



<展示会場>
トヨタ博物館 
文化館2階・1階ロビー 2020年11月3日〜2021年4月11日
[開館時間] 9:30~17:00 (入館受付は16:30まで)
[休館日] 月曜日(祝日の場合は翌日)および年末年始
〒480-1118 愛知県長久手市横道41-100 
電話:0561-63-5151
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 車検 足グルマを探... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。