goo

クラシックパーツセンターの話

このブログの読者さんならご存知の通り、 僕は車がいつでも最適な状態に居て欲しいので、 定期的に部品を交換しています。 これは機能的な問題の解決に対処して居ますが、 時にエンブレム類などは、交換すると 古臭く見えない良さがあります。 (我がカラヴェルは19年19万Km) 幸いにも磨きの山田御大が完全コーティングして下さいますので、 洗車機にもガンガン入れちゃいます。 ピカピカに磨き上げたボデ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

未来予想 2020年代前半

※6月3日追記。 <序章> フォルクスワーゲングループは、いつも世界的ヒット作品を出しますので 次のモデルが出るには、大変な苦労と大量の試作が行われます。 また同時期に極端に方向性の違う二つのモデルを作らせて、 それによる社内派閥をもあえて作らせてしまう企業体質が特徴です。 (負けた派閥は優秀な技術者や有力者でもアウディ行きなんですけどね) これは一見、無意味な行動に見えますが、ナショナリズム . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年 新車情報

フォルクスワーゲングループが今年発表する予定の新型車をお伝えします。 【予想】 2016年10月にドイツ連邦参議院は、2030年までに内燃機関エンジン の販売を禁止する決議案を採択しました。この衝撃的なニュースは決して 冗談ではなく、電気自動車がこの10年で今のガソリン・ディーゼル自動車のように 普及する事が可能ということを示唆しています。 そういった観点から考えると一連のディーゼル問題は、意 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ポロ7型(未来予想)

【ポロトリビア】 多くの人が初代ポロの存在をゴルフの弟分として登場したと勘違いしていますが、実際はアウディがオイルショック対応として企画販売していた「アウディ50」を急遽ゴルフの販売不振を補う為に豪華装備を徹底的に外し(内張は強化段ボールに変更) 販売されたのがポロの出生です。 ボディースタイルはゴルフ似ですが、設計陣は旧NSU、そして途中からアウディとベルトーネも関わり、必要な部分には必要以上 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゴルフ8型 (未来予想)

次期ゴルフは、新規シャシーMQBを初採用したゴルフ7のマイナーチェンジになります。 煮詰められなかった部分も多かった現行モデルのネガを解消するために行われるもので、最近ありがちなコストダウン重視のマイナーチェンジでは無い模様。 その為かなりの期待が持てるという。かの地では現在でもゴルフ8 登場まで買換えを 控える有識者も多いというから、その熟成進化には注目すべきでしょう。 ファンが心待ちにしてい . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ