足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No.1603 ~ 小中沢林道を歩く ~

2018年11月07日 | 植物

観察月日  2018.10.30.晴 17℃ (11.3.)

観察場所  清川村 宮が瀬

 「みやがせフェスタ秋」に参加「ネイチャークラフト教室」の材

料収集に、林道を歩いた。

 まだ紅葉には早く、緑の葉を付けた小高木の中に、小粒な

赤い実が目を引く。カマツカだ。材が丈夫なので、鎌の柄に使

ったり・牛の鼻輪にしたり、暮らしの中の木であった。

 星形に開いた深紅の蕚の中に、藍色の果実を付けるクサギ

がみどりの中に浮かび上がる。昔から草木染めに必要な生活

木だ。

林道脇の小高木は、私達の暮らしを留める資料木が多く、次の

世代に残して行きたいものだ。

 この辺りの林道で、秋を代表そるアザミと言えば、立ち姿のき

れいなアズマヤマアザミだ。歩いても歩いても続き、花にはキチ

ョウ、ミドリヒョウモン、アサギマダラが飛び交う筈が、何故か今

日は、そのアザミが見当たらない。

 餌となり、暮らしの場になる植物が少ない事に比例してか、ア

カタテハ、タンザワフキバッタに出会っただけで、寂しかった。

 金沢橋の欄干には、トビサシガメが集まり冬越しの準備をして

いる。

 Rさんの「オシドリの群れが泳ぎ出した」の声、急ぎ湖面を見る。

前を2羽の♀が並んで泳ぎ、後を追う1羽は♂、並んで泳ぐもう1

羽は、体色は♀に似ているが、嘴が赤くエクリプスの様だ。 

今日は野鳥撮影の、準備はしていなかった。

カマツカ

クサギ

アズマヤマアザミ の花に来た キタキチョウ(キチョウ)

アカタテハ

タンザワフキバッタ

リュウノウギク

オシドリの群れ

「ネイチャークラフト教室」 で活動する ”自然関心人間”の人たち

コメント

 No. 1601 ~ 玄倉だより 10月 ~

2018年10月27日 | 植物

観察月日  2018.10.14.小雨~曇 15℃

観察場所  山北町 玄倉

 玄倉に着くと小雨、木も草も水滴を付けている。空は暗く昆虫

の姿が見えない中、ホウジャクだけが元気に飛び回り、タイア

ザミの花を求めて忙しそうだ。

 今日もいつもの小菅沢林道を歩く事にした。私達の仲間は、

目利きの人揃いで、次から次へと観察相手を見付け、これは

素晴らしい事だが歩が進まず、いつも同じ距離、同じ場所、同

じポイントを歩いて時間切れになる事が多い。

 今日は小菅沢に掛かる鉄橋まで行こうと約束した。

 鉄橋まで来たのは、3月以来7カ月振りだ。高い場所から広い

河原を眺めていると、「あれ!フジアザミではないですか?」

と声がして、皆が集まった。

 廃止されたセンターが出来て以来小菅沢林道を歩いているが

、河原でフジアザミを見るのは初めてだ。丹沢の山々にはフジア

ザミはあるので、何処からか種子が飛んで来たのだろう。

 「河原に、降りてみましょうよ!」と皆の声。早速河原へ降りる

ガレタ小道へ向かった。

 降り口の藪からクロコノマチョウが飛びだし、タゴガエルも姿を

見せる。フジアザミは1mもあろう株から大きな葉を広げ、50本

もの花柄を立ち上げている。「チョウを始め昆虫達の集まってい

る所が見たかった」誰かの呟き!「来年の楽しみにしよう」の掛け

声で、河原を離れた。

約束通り 小菅沢の鉄橋まで来て記録撮影が出来た。

その時 「あれ! フジアザミではない?」

藪から クロコノマチョウが飛び出した。

「タゴガエルがいましたよ」と Kさんが!

直径1mもある フジアザミだ!

夏から秋にかけて 昆虫たちで賑わったのだろう。 残念!!

Kさんが 河原の木陰で イノシシの頭骨を発見。

来年に楽しみを! 河原のフジアザミを後にした。

コメント

No. 1600 ~ エンブレムのファションショウー ~

2018年10月25日 | 植物

観察月日  2018.10.20.晴 22℃

観察場所  秦野市 渋沢丘陵 頭高山

 

 昨年は悪天侯の為中止となった、“かながわトラストみどり

財団”秋の観察会、今日は秋晴れの中楽しく歩いて来た。

 市街地から折れて雑木林に入った。日陰の林道脇を、1m

幅で約20mもの場所を、キチジョウソウが埋めている。「地

下茎で繁殖しているのかな」と誰かの声。クローンなのかも

しれない。    

 この植物は不思議な事に、有る所には一面はびこってい

るのに、無い所には全く無いと言う、生え方だ。今日のコース

も似た環境が続くのに出会わない。では有る所は、人の気

配のある所で“人から離れ慣れない植物?”と言えそうで、

古い昔人と共に渡って来た植物だと考えると、興味が倍増

する。

 又、庭の下草等に植えられるが、滅多に花は咲かず、“花

が咲いたら吉事がある”と言われた事から和名が付いた程だ。   

「花が咲いているわ」「赤い実も」と誰かが。広線形の根生葉

の付け根に、淡紅色の花が咲き、紅い実もあった。環境が

適応し、栄養繁殖をしている時は、無駄なエネルギーを使っ

て花を咲かせては、バランスシートが成り立たない。“では、

何故ここでは花が?”この林道に根付き、現在までの成長

過程は解らないが、現在の場所の成育環境に限りを感じて

いるのだろうか。

 キチジョウソウにはそれなりの、環世界を感じながらその

場を離れた。

 やがて畑のある広い尾根道を、そして、雑木林に入り狭い

尾根道を進んだ。

 秋は実りの季節「色、形、働き」の観点から、ガマズミやオ

オツズラフジ・・・の実を歩く中で集め、昼休みに自分の物を

使い台氏にボンドで貼り、エンブレムを完成し、全員でエンブ

レムのファッションショーをして、楽しんだ。

渋沢丘陵を歩く。

林道脇がキチジョウソウの群落が続く。

尾根道に咲く ノコンギク。

紅い実をたわわに付けるガマズミ。

エンブレムのファッションショー 始まり。

誰のが いいかな!

どのエンブレムもすばらしい出来ばい。

胸に付けても よく似合う。

秋の美しい自然を ザックに詰めて・・・

 

コメント

No. 1598 ~ 台風24号の後 ~

2018年10月05日 | 植物

観察月日  2018.10.1.晴 31℃

観察場所  横浜市

 

 台風24号は、30日から1日明け方まで、最大瞬間風速八王

子で45.6mmを記録し駈け過ぎた。

 今回は、TVで「早めに対策を!」と盛んに報じていたので、一

応その気になった。

 庭の半分は野草で、秋はノコンギク、シロヨメナ、ヤマハッカ

、イヌショウマ、シモバシラ、オケラ、イソギク、食用ギク等の花

が咲く事になっている。後は畑で、ダイコン、ハクサイ、ホウレン

ソウ、等の野菜で、ダイコンとハクサイは、暮にはご近所にお裾

分けをしているので、つぶれては困る。

 そこで、ハクサイには、前日風避けのため不織布を掛けた。ダ

イコンは本葉が出たばかりなので天に任せる。ミカン、ユズ、キ

ンカン、カキ等もそのまま。先日、シーカーサーを植えたばかり

なので、支柱を立てて囲った。

 台風一過の1日は、すばらしい晴天になった。

 野草は強風になぎ倒されたが、自立で起きる事を期待しょう。

 ハクサイの不織布は、南面は剥がされたが、吹き飛ばされた

のは真逃れた。ダイコンは、見るも無残に幼い苗は地面に叩き

つけられ、再び蒔かなければだめの様だ。今年の暮の野菜が

心配。

 「マンションの生垣のキンモクセイの花が散ってキレイですよ」

と言われ、行って見ると路面が金色に染めていた。枝を覗くと、

花が無く花柄だけが残されていた。

台風が過ぎ 日本晴れ。 3軒隣のハミズキ。

食用菊の向うに 覆いをしたハクサイ。

オオバギボウシ他野草はなぎ倒され。

ダイコンは 哀れ。

ハクサイは 吹き飛ぶのは真逃れた。

オンブバッタも布に潜って真逃れた。

キンモクセイ 遠くに丹沢の山々が。

花が落ちて。

ハナミズキの実も。

コメント

No. 1597 ~ くずはの家で・・・~

2018年10月04日 | 植物

観察月日  2018.9.16.曇 26℃

観察場所  秦野市 くずはの家

 

 くずはの家で、“植物をどう見たら良いのか、どう考えたらよいの

か”情報過多の現在、、自分の目で確りと見る事の大切さを、Rさ

んの手伝いを得て話をした。

 くずはの家には自然を生かしたフィールドがあり、寄り道して見る

と、ツユクサが昨夜の雨を受けて花開いていた。露草色の花弁の

中心に目立つ黄色は、花粉を節約した飾り雄蕊だ。突き出した雌蕊

と並んでいる2本の雄蕊は花粉を出すが、花がしぼむ時は自ら雌蕊

に花粉をまぶして、確実に子孫を残す。昆虫が訪花するのを予測し

てか、花弁にワカバグモが待機していた。

 観察路の脇を埋めているのは、キツネノマゴだ。ネーミングから「キ

ツネノマゴ」は想像し難い。そこで“日本植物方言集成”には、どんな

方言名が載っているか楽しみに開いて見たら、意外にも一件もなく狐

につままれた様な気がした。どこで、誰が付けたのだろうか。

 ミズヒキの赤い実は、小粒なのに藪の中で一際目立つ。緑のチャバ

ネアオカメムシの幼虫が、小さな実を見付け鋭い口吻を突き刺し、果

汁を吸っている。

 久し振りに出会ったシュロソウ、若い実が面白い。カシワも若いどん

ぐりだ。

ツノハシバミの今年は豊作の様で、実付きが良い。ナッツとしてクッキ

ーでも作れそうだ。

くずはの家 羨ましい環境だ。

植物の話をしよう。

露草色は 水に流れる。

わからない? キツネノマゴ。

ミズヒキの実の果汁を吸うのは だれ!

シュロソウ。

カシワのドングリ。

ツノハシバミは豊作か。

 

コメント