足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No.1232 ~ オクチョウジザクラ と チョウジザクラ ~

2014年04月30日 | 植物

観 察 月 日  2014.4.16日 晴 15℃

観 察 場 所  南魚沼市 六日町

 3月ともなると丹沢大山山麓では、チョウジザクが花を開く。まだ

芽吹いていない木々の中に、この花に出会うと私は嬉しくなる。サ

クラと言っても、花一面のソメイヨシノや、紅い若葉と花を愛でるヤ

マザクラとは違い、蕚筒は細長く、大事な花弁は6~8mmと小さく、

花付きも疎らで目立たない。山道の傍を占める低木の藪の中にあっ

たりすると、山歩きを目的としている人の目には止まらないだろう。

 本州の中央山地を略境に、太平洋側にはチョウジザクラがあり、

日本海側には雪国特有のオクチョウジザクラがあり住み分けている。

 以前六日町の人に、「坂戸山に登る」と言ったら、「この時期はヤマ

ザクラが綺麗ですよ」と言われた。どんなサクラが見られるのか楽し

みに登った。

 山頂付近の尾根道に出ると、チョウジザクラに似て花弁の大きな

サクラが、タムシバの白い花と疎らに茂り、それは綺麗であった。

 丹沢大山山麓で馴染みのチョウジザクラの花と似て蕚筒は細長く、

白や淡紅色の花弁は10mm程と大きく花付きも良く綺麗だ。樹形は

根元から枝分かれして他の低木と藪を作っている。

 六日町の人から聞いた「ヤマザクラ」はこの尾根を飾る「オクチョウ

ジザクラ」の事かと思いつつ花に見とれていると、その遥か下に、

六日町の街並みと残雪の山々の景色が広がっていた。

丹沢大山山麓のチョウジザクラ

花弁は小さく目立たない

蕚筒は7~10mmと細長く、花弁は7~10mmと目立たない。

低木の藪の中にある事が多い

坂戸山山頂付近の尾根道より六日町と山並みを望む。

オクチョウジザクラ だ!

花弁が10mmと大きくよく目立つ。

蕚筒は8~10mmと細長い。

山頂付近の尾根道には、タムシバとオクチョウジザクラが多くきれいだ。

六日町と反対方向を見る。遥か先が巻機山なのだろうか。

 

 

コメント

No.1231 ~ ナガバ・・・ と スミレサイシン ~

2014年04月26日 | 植物

観 察 月 日  2014.4.16日 晴 15℃

観 察 場 所  南魚沼市 六日町

 早春、丹沢大山山麓の雑木林の下や、やや暗い丘の傾斜地では、

スミレとしては大きめの直径2cm程の淡い紫色の花が咲き始める。

ナガバノスミレサインと言う長い和名を貰ったスミレだ。

 この頃になると、私の心は日本海側の低山へと飛んで行く。それは、

ナガバノスミレサイシンと似て非なるスミレサイシンの花が咲き始める

からだ。

 今年も思いに駆られ新幹線に乗り上越線に乗換六日町へ行って来た。

 2007年に行った時は元ゲレンデには雪の重みで押し潰されたスス

キの葉を押しのけスミレサイシンが花を開いていたが、今年はまだで

あった。が、カタクリを写しに登った坂戸山の急斜面の低木林の下には、

落ち葉の中から伸び始めたスミレサイシンの花があった。

 太平洋側に見られるナガバノスミレサイシンの葉は三角形長卵形で花

が終わると10cm程になり、日本海側に見られるスミレサイシンの葉は

5cm程の心円形の違いが見られるが、花の基本構造は同じで、同一の

祖先と思われている。それが発達の途中、冬は昼夜の気温が激しく空気

が乾燥する厳しい環境に進出したのがナガバナスミレサイシンで、冬は

雪が積もりその下の温度変化は少なく、適度の湿度を保つ日本海側へ

進出したのがスミレサイシンで、両種は住み分けている。

 新幹線が上越の山脈を潜り湯沢に出ると、田も山も雪に覆われていた。

気候を二分する土地で人も植物も懸命に生きているのだ。

薄暗いスギ林の中に ナガバノスミレサイシン (相模原市 篠原町 2012.4.10.) 

ナガバノスミレサイシン  (山中湖村 石割山 2013.4.12)

ナガバノスミレサイシン (相模原市 篠原町 2014.4.11)

ナガバノスミレサイシン (相模原市 篠原町 2012.4.10)

スミレサイシン 旧スキー場ゲレンデ跡 (六日町 2007.4.16)

スミレサイシン (六日町 坂戸山 2014.4.16)

スミレサイシン (六日町 坂戸山 2014.4.16)

スミレサイシン (六日町 2007.4.16)

 

コメント

No.1230 ~ 六日町 の カタクリ他 ~

2014年04月23日 | 植物

観 察 月 日  2014.4.16日 晴 15℃

観 察 場 所  南魚沼市 六日町

 

急に雪国の早春植物に会いたくなって、六日町にやって来た。

 上越の山々を潜り抜け、湯沢に入ると田や山々は雪で覆われ、

サクラの開花も未だ先で雪国の景色に急変した。

 六日町に降りると、街を囲む山々は冬の装いでモノクロ色、谷

筋は雪が残って白一色だ。いつもお世話になっている旅館に寄り、

坂戸山に向かう。

 坂戸山は数年前NHKの大河ドラマになった、上杉景勝と直江

兼続の生誕の地で、国指定文化財「坂戸城跡」の山だ。

 山の高さは634mと低い山だが雪国の山故、残雪の様子が心配だ。

出発前インターネットで見ると、谷筋を登るルートは残雪が多いため

“登山禁止”とあった。六日町駅の案内所へ寄ると、「谷筋は雪が多い

ので尾根筋のルートへ行ってほしい」との話であった。

 谷筋のルートは、カタクリを始め早春の植物が登山道を花が埋め

るルートなので、今年も登る予定で登山道入り口へと向かった。

入口付近は坂戸城主の屋敷跡で広く、一面カタクリの花で埋まる所だ

が、今年は雪で覆われ、花は僅かに見られる程度だ。登山道に入ると

残雪が上方へと続き、柔らかな雪に足を取られながら登り始めた。

「10日程早かったかな」と思ったその時、夫婦連れが降りて来た。聞く

と「上の方は登山道には雪はなく、カタクリがきれいに咲いていた」と

返って来た。

心配はなくなり、雪を踏みしめ上へと向かった。

六日町のサクラの開花は もうすこし先の様だ。

登山道へ入ると 残雪が上へと続いている。

ノウサギが多いのだろうか、糞があちこちに・・・

雪解けのそばから カタクリが蕾の顔を出す。

キクザキイチゲも顔を出す。

雪の重みが解けて ショウジヨウバカマが花を開く。

登山道を登ると カタクリの花が迎えてくれた。

自然の林の下草も カタクリだ。

木々が葉を茂らす前に カタクリは一生を終える。

アオイスミレも 斜面をうめる。

エンレイソウも 花を開く

まだまだ話し切れない植物や昆虫が。それは次の機会にしよう。

カタクリの遥か下に 六日町の家並みと越後の山々が・・・

 

 

 

 

コメント

No.1229 ~ 今年の ギフチョウ ~

2014年04月19日 | 昆虫

観 察 月 日  2014.4.11.晴 15℃

観 察 場 所  相模原市 篠原

 「金曜日空いていますので、どこか・・・」突然Rさんから電話

があった。

 「それでは、石砂山へ行ってみましょう」と私は答えた。

今年の春が刻む時間は、速いのか遅いのか良く解らない。

昨日は横浜23.4℃前橋24.1℃と夏日に近い気温であったと思うと、

今日は横浜17.8℃前橋16.5℃と急降下だ。

 篠原集落のサクラは満開、どの家にも植えてあるミツバツツジも

満開で赤紫色が目に飛び込んでくる。

 山道に入ると、ヒトリシズカの集団が出迎え、ヤブレガサが傘を

半分開き、シュンラン、タチツボスミレ、ヒナスミレが花を開き、ヤマ

ツツジの赤褐色の蕾も2~3日で開きそうだ。

 地元の人に出会ったので「今年のギフチョウは・・・」と聞くと、「昨年

より10日早く飛び出した」と。雌も出て産卵も始まっている様だ。ギフ

チョウに出会うが、風が冷たい割には速く飛び回って止まらない。

以前にはタチツボスミレの花に止まり吸蜜しているのをよく見掛けた

のだが、そのスミレの株が減少しているためだろうか。

 朝には閉じていたセンボンヤリが帰路には小さな花を開いている。

「今年は林の中のミツバツツジが目を引くね」と話していたら、ギフ

チョウが次々と吸蜜にやって来た。チョウの目にも同じ様に写って

いるのだろうか。

ヒトリシズカ

ヤブレガサ

ヤマツツジはもう少し。

ギフチョウ

林の中のミツバツツジは目を引く。

次々とやってくる。

チョウの目にも一際目に写るのだろうか。

センボンヤリ

 

コメント

No.1228 ~ 目覚めた アカボシゴマダラ幼虫 ~

2014年04月19日 | 昆虫

観 察 月 日  2014.4.8.快晴 25℃

観 察 場 所  秦野市 弘法山山麓

 

 昨年の秋歩いた弘法山では、リュウノウギクの花が迎えてくれた。下山

途中にはヤマハッカの紫色の花にウラナミシジミが吸蜜し私達を楽しませ

てくれた。

 その時、突然Rさんが立ち止まり、私を呼び止めた。そこには50cm程

の小さなエノキがあり、葉上には5匹のアカボシゴマダラの幼虫が、秋の

陽を体一杯吸収していた。冬越し直前の幼虫達なのだ。

「来春には来て、又会いたいね」一緒にいた人達がうなづいた。

 今年の春は早かったり、そうでなかったり、見当付け難い時間を引き

連れてやってきた。弘法山への道はタチツボスミレ、キジムシロが咲き、

冬を越したキチョウが飛び交っていた。

 下山途中、ふと昨年秋に見たアカボシゴマダラの幼虫を思い出した。

今日は独りで歩いているので、つい見落としそうになった。少し戻って

道端にあったエノキを探したが、葉を落とし細い幹と枝の形に変化し、

辺りの枯れ草に紛れて簡単には見つからない。行きつ戻りつしてやっと

枯れ草の中から見分ける事が出来た。

 幼虫は枝に絹糸で絨毯を作り、そこに足先の爪を引っ掛け静止して

いた。エノキの葉はやっと伸び始めたところで、幼虫に食べられた痕は

見られない。

 春に目覚めた幼虫は、何も食べずに春の時間の進むのを待っている

のだろうか。

昨年の秋 リュウノウギクがきれいだった。

ヤマハッカの花には ウラナミシジミが吸蜜に。

冬を迎える アカボシゴマダラの幼虫が。

今年の春 キジムシロ・・・・花がキレイ。

冬を越したキチョウが!

クサイチゴの花にアゲハチョウが。

 葉を落としたエノキは枯れ草にまぎれて。

春にめざめた、アカボシゴマダラ幼虫。

2匹が向かい合って。

 

 

 

 

 

 

コメント