足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No. 1554 ~ 和泉川~境川遊水地 ~

2018年02月23日 | 野鳥

観察月日  2018. 2. 9.晴 9.5℃ 16.晴 11℃

観察場所  横浜市 和泉区 大和市

 相鉄線「ゆめが丘」で降り、けやきの会の仲間と共に、和泉

川親水公園から、和泉川を下流へ向かって歩いた。

 紅白のウメの花が咲き、コブシの芽も膨らんだ遊歩道、川

の中を歩くコサギが時々立ち止まっては、黄色の足先を小刻

みに動かす。小魚を追い出すよく見る行動だ。ところが、対岸

の土手に積み上げてある変わりブロックが作り出す大きめの

壺穴が続き、その中に頭を入れ何かを探しているコサギがい

た。

 「何故穴を覗くの?」「中にカニがいるのじゃないの」「・・・・」

立ち止まった人達の声が聞こえた。

 「あら!小魚を捕まえたわ」「穴の中に小魚が隠れているの

を、知ってるのかしら」不思議なコサギの行動に、私も足を止

めた。

 その後は、カワセミがいたり、イソシギが低く飛んだり、河岸

段丘の林の縁にコジュケイを見付けたりしながら、天王森泉公

園で昼食、吊るし雛が綺麗に飾られていた。

 田園が広がるその西に、境川遊水地公園があり、枯れたアシ

の合間に水辺が覗き、コガモやオオバンが水草を啄んでいる

のが見える。

 新遊水地橋の中程まで渡り、けや木の会の人達と下を覗くと、

枯れ草の中からキジの♂が歩き出し、二羽の♀が餌を探し始め

た。「クイナが!」の声にカメラを向ける。モズ、アオジ、カワセミ

・・・次々と姿を見せ警戒する様子が見られない。野鳥達の目に

は、橋の上から覗いている人間の集団は、どの様に写っている

のだろうか。

壺穴を覗く コサギ。 小魚を捕まえた。

コジュケイが顔を出した。

天王森泉公園にて。

境川遊水地公園 新遊水地橋。

キジの♀が!

アオジが・・・

クイナが 水の中を・・・

枯れ草の中を歩きだした。

爆音に気が付いたら 上空を ミサゴ(ホスプレイ)が飛ぶ。

 

コメント

No. 1553 ~ 玄倉 の 2月 ~

2018年02月15日 | 野鳥

観察月日  2018. 2.11.曇→晴 7℃→15℃

観察場所  山北町 玄倉

 予報の通り、前夜から降った雨は朝方には上がり、道路は

濡れていたものの、「晴れる」との予報に明るい気分で行く。

 246号線では14℃、清水橋を曲がり集落に掛かると11℃

と降り、玄倉に付いた時には、気温7℃であった。

 山を見上げると、木々の芽は膨らみ、橙紅色のベールを引

いたように霞んで見える。元ビジターセンター前庭に植栽され

たアカガシの冬芽は大きく膨らみ、昨夜の雨がしずくとなり、

西丹沢の山々が逆さに写っている。

 コナラの枝にヤママユの繭を見付け、以前Rさんがヤママユ

の繭から紡いだ糸があったので、糸を伸ばしてみた。その長さ

は約9m、1匹の幼虫がはいた糸の長さに驚く。

 裏庭のエノキの枝に越冬しているアカボシゴマダラの幼虫を見

に行く。1月は5匹いたのに、皆で必死になって探して見たが4匹

で、1匹足りない。どうしたのだろうか?

 玄倉林道を歩くが、静かに戻った。ヤマアジサイの枯れ花が揺

れ、エナガの群れに出会い、30~40m程並行して歩く。ウラジロ

ガシの常緑樹の中を、イヌシデ、コナラの落葉樹の小枝を移りな

がら、自在にに移動し、私達を楽しませてくれた。

 川幅が広がった河原では、カヤクグリが2羽、枯葉を返しては餌

を探す行動を、長い時間みせてくれた。

 最後にクマタカも高い空を飛び、その頃青空が顔を出した。

雨上がりの 丹沢湖。

アカガシの冬芽も膨らんで。

ヤママユの繭。

アカボシゴマダラ幼虫。

エナガ。

エナガ。

カヤクグリ。

クマタカが飛ぶ。

玄倉の林道で。

 

 

コメント

  No. 1552 ~ オオイタドリの実に・・・ ~

2018年02月08日 | 野鳥

観察月日  2018. (1.4.晴 5℃)

観察場所  清川村 宮が瀬

 「オオイタドリの実を、冬鳥は食べますか」と、昨年の暮、

宮が瀬の林道を一緒に歩いていたUさんから、突然聞か

れた。

 冬の林道を歩いていると、山側を削って作られた片側は

急斜面になっていて、そこには、オオイタドリの群落が見ら

れる。4mにも成長した茎は林道に向かってしな垂れ、節ご

とに薄い小さな羽に包まれた種子を纏めて付けた実は、逆

光受け金色に光っていた。

 私は美しいとカメラを向けたが、Uさんは北から渡って来た

冬鳥の事を思い出したのだろう。

 「オオイタドリの種は、多分食べないと思いますよ」と、私

は即答した。

 それは、今まで歩いている中で、食べているのを一度も見

ていないからである。それと、羽に比べて種子は小さく薄く、

餌になるとは思い難い事もプラスしていた。だが、「餌の乏し

い真冬の中、もしかしたら?」の思いも片隅に残ってはいた。

 私の冬はバードウオッチャーに、鳥の写真も写す。だが、珍

鳥、可愛い鳥、きれいな鳥、・・が目当てではなく、行動とか給

餌の様子を記録したい。

 1月4日一人で林道を歩いていたら、目の前のオオイタドリの

茎に止まり実を啄んでいるベニマシコ♂に出会った。小さく薄い

羽に包まれている種は食べにくいと見え、嘴から実ははみ出し、

羽は空気に乗って回転しながら流れて行った。

林道の片側 オオイタドリの群落が。

オオイタドリ。

実が 逆光に透けて。

ベニマシコ♂が オオイタドリに。

首を伸ばして 実を。

 

嘴からこぼれた実が ひらひらと舞って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

No. 1551 ~ 雪の日 庭に来た野鳥 ~

2018年02月04日 | 野鳥

観察月日  2018. 2.2.雪 0℃

観察場所  横浜市 瀬谷区

1月23日の23cmの雪も未だ融けきらない2月2日に雪が

降り、前回よりは遥かに少なかったが、3cmを記録した。

 雪が少なかったとは言え、野鳥にとっては大きな事で、餌

を探すのには大変だ。特に今年初めて冬を越す若鳥にとっ

ては、死に繋がり兼ねない事になる。

 庭には、日の出と同じ時刻の頃、スズメの小集団がやって

来た。ウメやミカン、ユズ等の木の下、土の現われた所を選

び餌を探し始めた。

 次に現われたのが、キジバトだ。木の下のシダや緑の草の

残っている当たりを、首を上下に振りながら餌を探して歩く。

 柿の木の枝にヒヨドリがやって来た。盛んに鳴き声を張り上

げるが地面に降りようとしない。彼等は長い尾羽が地面に付

くのを嫌うからだろう。

 メジロは庭によく来る馴染みの鳥だ。だが今日は始めて見る

行動をした。庭の菜園に残っているダイコン、ハクサイの株の

上に降り、興味を示している。葉を突くのかと思うとそうではなく、

丸く包んでいる外側の大きな葉と葉のあいだに潜り始めた。始

めは遊び?の様に見えたが、その内、顔を出した嘴の先に小さ

な物を持っていた。葉の間に居る虫が目当てらしい。

 とにかく今日は給餌をしようと、ピーナツのネックレス、ミカンの

輪切りを吊るし、雪上には、リンゴの串刺しを置いた。

積雪は 3cm。

庭に積もった 雪。

夜明けとともに スズメが やって来た。

次は キジバト。

メジロは、ハクサイの葉の間を潜り始めた。 出て来た嘴に・・・・・。

とにかく、給餌を・・・

リンゴにメジロが・・・。

尾羽を気にしながら ヒヨドリが。

コメント