足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

NO. 1599 ~ 私の ミニ観 ~

2018年10月12日 | 昆虫

観察月日  2018.10.9 晴 29℃

観察場所  厚木市 七沢 (県自然環境保全センター)

 9月のミニ観には、秦野市くずはの家へ行く用件があって、出ら

れませんでした。

 9月30日には台風24号の上陸があり、毎月観察しているセン

ダンの木が気がかりになり、寄ってみた。大木で枝を大きく広げ

ているが、枝先が地面に付く程に下がったが、若い実は健在で

安心した。

 次に、毎年赤い実を付け野鳥が食べに来るのを観察していた

イイギリ。近くへ行って見ると、紅い実を付けた枝が無造作に山

積み、驚いて振り返ると、太い幹が地上3m程の高さで圧し折ら

れていた。

 低木をすっぽりと覆い、太陽のエネルギーを一人占めしたヤブ

ガラシ、強風を避けたようだ。

 青々と艶のある葉は元気だが、とうに盛りを過ぎ花は殆ど無くし

ぼんでいる。ところが、キイロスズメバチが蜜を求め、花から花へ、

むさぼる様に飛び回っている。何故だろう?

 夏の終わり頃見たスズメバチは、イモムシなど幼虫を探し回り見

付けては肉団子にしては巣へ持ち帰った。ハチの幼虫の餌だった

のだ。ヤブガラシにいるハチは、幼虫を探していない。その頃のハ

チは、体色は汚れ毛や羽は傷んでいた。今いるハチは、黄褐色の

体色はキレイ、毛も翅も艶やかだ。9月生まれの新女王蜂なのだ。

越冬の為、タンパク質と脂肪を蓄積するのに懸命なのだ。

センダン は枝を下げていた。

枝が無造作に積まれていた。

驚き 振り返ると・・・・・・・・。

ヤブガラシの上を 強風は・・・・。

しぼんだ花の上をキイロスズメバチが・・・・。

ニクバエの一種も…

ホソハリカメムシも ・・・・・・。

越冬を 控えて生存競争・・・・。

9月生まれの 新女王鉢だ・・・・。

★ 厳しい冬がそこまで来ているのを 私たちは知っている!

 

コメント

No. 1598 ~ 台風24号の後 ~

2018年10月05日 | 植物

観察月日  2018.10.1.晴 31℃

観察場所  横浜市

 

 台風24号は、30日から1日明け方まで、最大瞬間風速八王

子で45.6mmを記録し駈け過ぎた。

 今回は、TVで「早めに対策を!」と盛んに報じていたので、一

応その気になった。

 庭の半分は野草で、秋はノコンギク、シロヨメナ、ヤマハッカ

、イヌショウマ、シモバシラ、オケラ、イソギク、食用ギク等の花

が咲く事になっている。後は畑で、ダイコン、ハクサイ、ホウレン

ソウ、等の野菜で、ダイコンとハクサイは、暮にはご近所にお裾

分けをしているので、つぶれては困る。

 そこで、ハクサイには、前日風避けのため不織布を掛けた。ダ

イコンは本葉が出たばかりなので天に任せる。ミカン、ユズ、キ

ンカン、カキ等もそのまま。先日、シーカーサーを植えたばかり

なので、支柱を立てて囲った。

 台風一過の1日は、すばらしい晴天になった。

 野草は強風になぎ倒されたが、自立で起きる事を期待しょう。

 ハクサイの不織布は、南面は剥がされたが、吹き飛ばされた

のは真逃れた。ダイコンは、見るも無残に幼い苗は地面に叩き

つけられ、再び蒔かなければだめの様だ。今年の暮の野菜が

心配。

 「マンションの生垣のキンモクセイの花が散ってキレイですよ」

と言われ、行って見ると路面が金色に染めていた。枝を覗くと、

花が無く花柄だけが残されていた。

台風が過ぎ 日本晴れ。 3軒隣のハミズキ。

食用菊の向うに 覆いをしたハクサイ。

オオバギボウシ他野草はなぎ倒され。

ダイコンは 哀れ。

ハクサイは 吹き飛ぶのは真逃れた。

オンブバッタも布に潜って真逃れた。

キンモクセイ 遠くに丹沢の山々が。

花が落ちて。

ハナミズキの実も。

コメント

No. 1597 ~ くずはの家で・・・~

2018年10月04日 | 植物

観察月日  2018.9.16.曇 26℃

観察場所  秦野市 くずはの家

 

 くずはの家で、“植物をどう見たら良いのか、どう考えたらよいの

か”情報過多の現在、、自分の目で確りと見る事の大切さを、Rさ

んの手伝いを得て話をした。

 くずはの家には自然を生かしたフィールドがあり、寄り道して見る

と、ツユクサが昨夜の雨を受けて花開いていた。露草色の花弁の

中心に目立つ黄色は、花粉を節約した飾り雄蕊だ。突き出した雌蕊

と並んでいる2本の雄蕊は花粉を出すが、花がしぼむ時は自ら雌蕊

に花粉をまぶして、確実に子孫を残す。昆虫が訪花するのを予測し

てか、花弁にワカバグモが待機していた。

 観察路の脇を埋めているのは、キツネノマゴだ。ネーミングから「キ

ツネノマゴ」は想像し難い。そこで“日本植物方言集成”には、どんな

方言名が載っているか楽しみに開いて見たら、意外にも一件もなく狐

につままれた様な気がした。どこで、誰が付けたのだろうか。

 ミズヒキの赤い実は、小粒なのに藪の中で一際目立つ。緑のチャバ

ネアオカメムシの幼虫が、小さな実を見付け鋭い口吻を突き刺し、果

汁を吸っている。

 久し振りに出会ったシュロソウ、若い実が面白い。カシワも若いどん

ぐりだ。

ツノハシバミの今年は豊作の様で、実付きが良い。ナッツとしてクッキ

ーでも作れそうだ。

くずはの家 羨ましい環境だ。

植物の話をしよう。

露草色は 水に流れる。

わからない? キツネノマゴ。

ミズヒキの実の果汁を吸うのは だれ!

シュロソウ。

カシワのドングリ。

ツノハシバミは豊作か。

 

コメント

No. 1596 ~ 夏過ぎたヤブガラシ ~

2018年10月01日 | 昆虫

観察月日  2018.9.6.晴 30℃

観察場所  秦野市 くずはの家

 くずはの家の冬は、薪ストーブを使っている。裏へ回って見ると、

雑木の薪がぎっしり積まれ、秋の内に冬の準備が整っていた。 

 人間にはこよみがあるから、秋の次に冬が来る事は解る。ところ

で、こよみを持たない昆虫達は、次に冬が来るのを“どの様にして

”読み取るのだろうか。 

 くずはの家には、ススキの原を保存してある場所がある。原の中

程に小道が付けてあるので、そこを歩くのは何とも楽しい。ススキ

だけではなく、私の目を引いたのはヤブガラシであった。

 イチモンジセセリが体長より長い口吻を大きくたわませ、その先

で蜜を狙う。その口吻の先の花は、緑の4枚の花弁と立ち上がっ

た4本の雄蕊、その元には円盤状に盛り上がった“花盤”が黄赤色

に光っている。程なく花弁と雄蕊は落ち花盤が薄桃色に変る。

 隣の花には、青銅の金属色のオオセイボウが蜜を探す。

 「ハナグモが綺麗なガを・・・」とRさん。カメラを向けると、“アカスジ

シロコケガ”だ。小形だが美しい種類が多い。

 ところで、ヤブガラシは、暑い夏に全盛の植物だ。ここでは元気に花

を付けている。アゲハチョウが吸蜜に飛来した。多くの昆虫は盛夏に

仕事を終えたのであろう。だが、羽化して間もないアゲハチョウは、こ

れから卵を産み、孵化した幼虫は成長しながら昼の時間の長さを数え

、冬が来るのを読み取り、越冬蛹になる準備をしなければならないのだ。

10月はその大事な時期に当たる

冬の準備は終わっていた。

イチモンジセセリがやって来た。

雄性期の花と 雌性期の花が。

オオセイボウ。

ハラナガツチバチ

アカスジシロコケガ

アゲハチョウが 吸蜜に飛来。

これからが大仕事

コメント

No. 1595 ~ ママコノシリヌグイは? ~

2018年09月27日 | 植物

観察月日  2018.9.12.曇 25℃

観察場所  清川村 宮が瀬

 “ママコノシリヌグイ”とは、一度聞いたら忘れない和名であり、

知らない人はいないと思われるほ程、有名な呼び名だ。

 葉にも茎にも下向きの鋭い刺が生えていて、「まま子の尻を

拭いてやったら、さぞ痛いであろう」こんな事を連想させる和名

なのだが、いつの頃から呼ばれていたのだろうか。一つの試み

として、“日本植物方言集成”を開いて見たら、24収録されてい

る中で、「とげそば」とか「はりそば」とかは見られたが、花の形

から「こんぺとー・・・」が呼び名としては最も多く、「ママコノシリ

ヌグイ」と呼んでいた地方は無かった。

 ママコノシリヌグイの茎には、鋭い刺が密集している外、花柄

には腺毛が密集していて粘つき、衣服や体に触れたりすると、

一瞬困った事になるが、植物体はそのお陰で細く伸びた茎を、

互いに支え合い、上へ上へと成長する。

 林道でも、適当に開いた場所がある所では、その場所を領

有している。

 方言名の、「こんぺとー・・・」は、地方に住む人達に昔から親し

まれていたものと思われるが、私自身今見ても、柔らかな紅の

色や花の形から、微笑ましい気持ちになる。

 蜜が豊富なのであろうか、それと、花の色が形が紫外線の視

覚と、臭覚の世界で暮らす昆虫達にとって魅力的な植物なのか

次々と訪れ、私の心の中の言葉は「こんぺいとーばな」であった。

ママコノシリヌグイが領有している 見事な空間。

鋭い刺。

花柄には 腺毛が。

ハナアブが花粉を食べに。

 トックリバチの一種。

イチモンジセセリ 前足でも蜜の様子を探る。

コミスジも。

アゲハチョウも吸蜜にやって来た。

コメント