足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No.1366 ~ 久し振りの 春の木丸 ~

2015年11月30日 | 植物

観 察 月 日  2015.11.27.晴 12℃

観 察 場 所  清川村 宮が瀬

 何年振りかの春の木丸コースを歩くため、宮が瀬でバスを

降りた。周囲の山を見回したが、赤や黄色の色付きが良くな

い。今年の紅葉は速く進んでいたのか、色付きが良くなかっ

たのだろうか。

 道路脇から山へ入り、九十九折りに登って行くと、紅葉より

も草々が種子を付けているのが目に付く。モミジガサは銀色

の羽毛を付けた種をたわわに付け、鱗状の先に羽毛を束ね

たのはカシワバハグマだ。成虫で冬を越すワカバグモが若葉

色の体色を残して、その中に潜んでいる。

「ここに来たら、右上を振り返って見て」と後から登って来る人

達に叫んでいるのはFさん。カメラを向けると、紅く染めたオオ

モミジの木が、モミの林に映えて光って見えた。

 枯れ落ち葉を敷き詰めた尾根筋には、ミヤマシキミが真紅に艶や

かな実を付け、一足早いクリスマス気分を振りまく。

 「春の木丸の高さは487m。弘法山と同じぐらいの高さなの?」

と誰かの声が聞こえ、何人かが話している。「宮が瀬湖そのもの

の高さがあるのだから、そんな訳はないだろう・・・」と私が口を挟

む。(弘法山は標高243,5m)

さて、この話しの結末は、ウリハダカエデ、イロハモミジ、カジカエ

デ、コハウチワカエデ、エンコウカエデ、イトマキイタヤ・・・の落葉

を踏み歩く心地よい音に紛れて、何処ともなく消えてしまった。

 

つづら折りの道を登る。

カシワバハグマの羽毛に ワカバグモが。

 右上を振り返ると ・・・・

狭い尾根筋には ミヤマシキミが

深紅の実を付けて。

ここが 春の木丸 489m。

枯れ落ち葉を踏みながら 。

やせ尾根に タヌキの糞が。 ここはトイレと言うよりは 情報交換の場所。

海岸沿いに見られる植物が 何故か春の木丸の尾根筋に。(アリドウシ)

                           ★ 鋭く長い刺、丸い深紅の実 が魅力だ。

コメント

No.1365 ~ 雨に煙る 玄倉 ~

2015年11月22日 | 自然現象

観 察 月 日  2015.11.8.雨 15℃

観 察 場 所  山北町 玄倉

 先月も西丹沢の玄倉へ来た時は雨であった。調度1ヶ月過ぎた

今日も 又、雨だ。秋の天気は、晴れと雨が繰り返し動くので、一

度定着すると、同じ繰り返しになるのだろう。

 先月は、ススキの穂に、産卵前のシロオビアワフキが雨の中、

体に水玉付け頑張っていたが、産卵を無事に終えたのであろう

か、今日は1匹もいなかった。

 ヒメアカボシテントウが、ススキの穂を雨避けにして休んでいた

が、他には何も見当たらなかった。

 ススキの穂には重そうに水滴が付き、その水玉レンズには、色

付き始めた西丹沢の景色が写っていた。林道脇の草原は、赤褐

色に草紅葉をし、美しい“日本の秋景色”だ、と叫びたいところだ

が、実は一面“メリケンカルカヤ”の草原で、北アメリカの秋の景

色を見ているのだ。

 「今年の秋は、又々鳥の影が少ない。どうしたんだろう」とは、

野鳥を観察しているWさんの声。その声が聞こえたのか、ジョウ

ビタキの囀りが聞こえ、姿を現した。一段と雨足が強くなっても

動かない。晴天なら、紅葉を見に来る車で、いつもは静かな西

丹沢も混雑するが、この雨では車も少なく静かだ。

山は、雨雲のベールで包まれてきた。

今日も また雨だ。

ヒメアカボシテントウ がススキの穂で 雨宿り。 

穂先にできた 水玉レンズに見える。

写っていた 林道。 

草紅葉が 綺麗だが!

雨の中 ジョウビタキが。

玄倉川 対岸の山。

リュウノウギクの花は、まだ残っていた。

コメント

No.1364 ~ 雨の夜 の 訪問者 ~

2015年11月19日 | 野生動物

観 察 月 日  2015.11.15.雨のち曇 19℃

観 察 場 所  秦野市 くずはの家

 TVの天気予報を見る度に、天気になる事を祈っていたのに、今日は

雨降りになってしまった。それは、講座を頼まれていて、前半は研修室

内で、後半は野外施設で“ウグイスの紙芝居“と予定しているからだ。

 昨夜から早朝にかけて、雨が確りと降ったと見えて、くずはの家の木

も草も雨水の重さにしだれ、地面は水溜りが出来ていた。

 入り口で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えると、職員の方が出迎えてく

れた。

 そして、「今朝は、イタチの足跡が、こちらにはタヌキの足跡が、つい

ているんですよ」と職員の方が、挨拶に続いて話す。

 玄関を挟んで両脇に、板張りの屋外廊下が作られていて、そこに小

さな足跡がペイントで捺された様に附いている。粘土質の所を歩いて来

たのか、黄土色にはっきりと印されているが、水気が多く滲んでいる。

 「雨が降ると大抵やって来るようで、翌朝には足跡が付いているんです

よ」と職員の方が話を続けた。今は綺麗に足跡が付いているが、人がス

リッパで歩けば、忽ち消えてしまう。「このまま残して置ければいいんで

すが」職員の方が微笑んだ。

 ここは、国道246号線の近く、葛葉川が大きく蛇行して渓谷を作り、土

砂を堆積して緑地を残している。

 “雨が降ると、夜、野生動物がやってくる”それが、街の中の緑地なの

だから、うらやましい!すばらしい!

くず葉の家の入り口付近。

屋外廊下に 野生動物の足跡が。

「イタチの可愛い足跡が!」

体や脚が 雨でびしょぬれなのだろうか。足跡が水で滲んでいる。

こちらは タヌキ。

入り口付近。

野外施設で 受講者みんなで 「ウグイスの紙芝居」を。

コメント

No.1336 ~ サルヴィア ニッポニカ ~

2015年11月10日 | 植物

観 察 月 日  2015.11 晴 20℃

観 察 場 所  秦野市 くずはの家

 「この植物は・・・・・」と一瞬言葉が止まると、「キバナアキギリでしょ」

とRさんから返って来た。

 そう言えば“くずはの家”の駐車場の土手には、黄色い2唇に別れた

花弁が突き出した花が咲いていた、秋の頃を思い出した。

 今日はほたるの里への道を歩いているのだが、一面キバナアキギリ

の鉾状の葉で覆われ、その葉がよくもこんなに穴を開けたものかと感

心する程、虫に食われている。その中から数多くの茎が立ち上がり、

上下に掌を合わせた様な蕚が緑鮮やかに残っている。蕚の奥を覗き

こむと、2個3個の茶色の種を抱えているのが見えた。その時、真紅の

花で花壇一面を飾るあのサルビアの花が頭に浮かんだ。

 キバナアキギリの学名を見ると、Salvia nipponica 日本のサル

ビアと言う事なのだろう。秋の花が咲く頃には、マルハナバチが忙しく

やって来る。蜜を貰う代わりに、花粉を運び受粉をする。その結果が

結実として、今、目の前に見えているのだ。

花壇のサルビアは、Salvia splendens 花の仕組みは同じなのだ

が花筒が長く、クロヤマアリが花の中に入っているのは見掛けるが、

(口吻の長さが足りないのだろう)他に昆虫を見掛けない。だが、花弁

が落ちた蕚の中を覗いて見るとキバナアキギリに似た種が確りと

出来ている。花粉媒介者は 誰なのか 解っていない。

サルビアの故郷はブラジルだ。そこでは、嘴の長いあのハチドリ

がポリネーターだという。

一面 のキバナアキギリ その中に 小道が。

鉾状の葉は 穴だらけ。

茎が無数に立ち上がり 緑の蕚が。

秋の頃、花にはマルハナバチが 大忙し!

 蜜を吸おうと 入り口のペタルを押すと 上唇に隠れていた雄蕊が降りて来て花粉を体に付ける。

蕚も 上唇と下唇に分かれて その中に種の粒が。

何故か ミノウスバ (蛾)が休んでいた。

 ★ ブラジルのサルヴィアが 日本でも種が出来る不思議!

コメント

No.1362 ~ 今年出会った テングチョウ ~

2015年11月01日 | 昆虫

観 察 月 日  2015.10.13.晴 25℃

観 察 場 所  愛川町 中津川

中津川が長い時を掛けて運んだ、肥沃な土地、そこにある田の

稲は黄金に輝いている。田の中に付けた道を歩いていると、す

ぐ目の前から1匹のチョウが飛び立った。そして目の前5~6m

先の道へと降りた。双眼鏡で見ると口吻を伸ばし、道に沁み込

んでいるミネラルを吸っている、頭部が突き出した“テングチョウ“

であり、何故か胸のときめきを感じた。それは、7月24日に宮が

瀬湖畔の小中沢林道で出会って以来、真夏を通じて久し振りの

出会いだったからだ。テングチョウと同じ食草のエノキを食べる

ヒオドシチョウは、暑さの夏は夏眠し姿を現さないが、テングチョ

ウはどの様に過ごしているのだろうか。

 季節を早春に戻すと、3月5日東丹沢の西山林道では、枯葉

や枯れ草の世界なのに、多くのテングチョウが飛び立ち、日光

浴をしていた。厳しかった冬を越したチョウ達が、一斉に目を覚

ましたのであろう。その後も各地で出会ってはいるが、3月30日

には、弘法山へ登る道で、やっと冬芽の鱗片がほころび始めた

ばかりの“エノキ”の小枝に、産卵しているのに出会った。

 その後は、5月15日横浜市緑区の県立四季の森公園で、枝に

下がっている蛹が芽に止まり、6月2日には、伊勢原市の仁ヶ久

保林道では、羽化したばかりと思える新鮮なテングチョウの群

れに出会った。

 テングチョウは、基本的には年1回発生、このチョウが夏を過

ごし、秋を送れたものが、春を待つ厳しい冬越に入る事が出来

るのだ。

 中津川で出会ったテングチョウは、セイタカアワダチソウの花

からハイオクのエネルギーを吸油している所であった。

10月13日中津川の田んぼの道を歩いていると

突然 道からチョウが飛び立った。 テングチョウだ!

7月24日 宮が瀬で見た以来出会っていない。

3月2日東丹沢で

3月26日仁が久保林道 産卵を

5月15日緑区 蛹を

6月2日仁ケ久保林道 羽化して間もない個体を

10月13日セイタカアワダチソウで吸蜜 そして越冬へ!

夏を乗り切れずに。 10月13日中津川で。

 

 ★ 自然は 生きると言う事は厳しいですね。

 

 

 

コメント