河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

講座再開します。9/30(水)13時30分【生演奏でベートーヴェンを】「ソナタ第1番」NHK文化センター京都

モーツァルトに会いたい3本番 アマデウスへの手紙3-6

2008-03-12 00:50:54 | アマデウスへの手紙
モーツァルトさん、こんにちは。

昨日は、「モーツァルトに会いたい③ モーツァルト・マニアック」の本番でした。

谷川俊太郎さん人気で、超満員。
会場に出ると熱気がすごかったです。

アンケートや頂いたメールなどによると
皆さんたいへん喜んでくださったようです。

約100歳のピアノ・ペトロフは
その時によってずいぶんご機嫌が違うのですが
昨日は
修理直前の、ちょっと危うい感じではありましたが
楽器の良し悪しを越えたあの場の空気感があり
それはそれで「味」になっていたと思っています。

冒頭に弾いた「前奏曲(カプリチォ)K.284a」は
これがモーツァルトさんの曲か、と驚かれた方も。

ロンドイ短調も、やはり印象深かったという方が何人もいらっしゃいました。

私としては、一時は開催も危ぶまれる感じだったので
(母が病気+父が要介護……チケットだけが飛ぶように売れて)、
準備不足のままの演奏会をたいへん心苦しく思っていたのですが、
谷川さんのおかげで
皆さんが喜んで下さったようなので、本当にラッキーでした。

谷川さんとのこの8年のご縁を
今さらながら貴重に思いました。

谷川さんと私との掛け合い漫才を喜ばれた方も多かったみたい。

私が書いたプログラムノートを
またアップしたいと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« 明日、たのしみです アマデ... | トップ | 当日プログラムノート+コメ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アマデウスへの手紙」カテゴリの最新記事