河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

【生演奏でベートーヴェンを⑤】4/24(土)13時30分「ソナタ/テンペスト」NHK文化センター京都・満席になり次第締切

東京藝大大浦食堂閉店

2021-04-06 19:59:15 | モーツァルトに関係ないですが。音楽関連♪
練習などのため東京藝大に行くたびにお世話になってました
大浦食堂。
美術学部の方にあるのですが、いわゆる和食定食屋みたいな。。。

このたび閉店とのことで、「サラメシ」に登場。→ ここへ。

長い間ありがとうございました! 

コメント

ソナタ「田園」と「歓喜の歌」

2021-02-05 16:58:14 | ベートーヴェン
明後日日曜日開催です!

今回のソナタ「田園」は、第一楽章冒頭のメロディが、第九フィナーレ(歓喜の歌)のメロディと、くりそつ、
とまでは行かないまでも、ほぼ同じ(?)なお話や、
なんで「田園(パストラーレ)」的に聞こえるのか、などを。

もちろん全曲通し演奏します。

コメント

明日は雪かも

2021-01-11 22:36:02 | 京都の暮らし
明日は雪かもしれないそうです。

コメント

「月光」はモーツァルトのパクリ

2020-12-11 17:04:20 | ベートーヴェン
本当は4月から始まるはずだったシリーズ、
9月30日に①、11月8日に②、そして明後日12月13日(日)に③を開催。

密を避けるため人数制限があり、毎回満席となっています。

今回の「月光」、実はモーツァルトのパクリだったというお話など(前回の「悲愴」第二楽章もモーツァルトのパクリでした!)。

「月光」の自筆譜は、第1ページと最終ページが失われているのですが、
初版や原典版などと見比べるとおもしろい。
原典版(Henle)と言っても、ときどき、要らぬおせっかい的な( )内の「松葉」があったりして、
ツッコミ入れてます。(^^

コメント

虹です!

2020-09-26 22:26:20 | 京都の暮らし
今日の夕方、虹が!!

うっすらと二重です。

あっという間に消えてしまいました。

コメント

半年遅れで始まります!

2020-09-20 21:33:59 | ベートーヴェン
最近NHKのTVで、やたらと「ベートーヴェン生誕250年」やってますね。

ほんとは4月から始まるはずが、約半年遅れでようやくスタートです。

ベートーヴェンって、しゃべろうと思ったらいくらでもしゃべれるので、
さて、どのようになるか・・・?

★開始時間は13時30分です。
 以前お知らせしていた時間が変更になりましたのでご注意ください。


 

コメント

youtube 第3弾

2020-09-14 15:57:05 | モーツァルトに関係ないですが。音楽関連♪
静岡音楽館アーカイブ第3弾!

シューマン「トロイメライ」を、チェロとピアノで演奏しています。
こちらへ。



コメント

youtube 第2弾です

2020-08-10 01:11:28 | モーツァルトに関係ないですが。音楽関連♪
静岡音楽館アーカイブ第2弾!

間宮芳生作曲「チェロとピアノのための6つの日本民謡」より
〈田の草取り歌〉 → youtube こちらへ。 全曲お聞き頂けます。



コメント

youtube にアップされました

2020-07-24 13:14:06 | モーツァルトに関係ないですが。音楽関連♪
チェロ・河野文昭、 ピアノ・河野美砂子    
サンサーンス「白鳥」

ずいぶん以前の演奏ですが、このたび youtube (静岡音楽館アーカイブ)にアップされました。
全曲お聞き頂けます。 → こちらへ。
https://www.youtube.com/watch?v=hQwsemSBDGU&feature=share&fbclid=IwAR16HLMHXMAVNCXSQSJmcUl6YG0DKoE17doBN8mdJ5sLUSkXd8urcumHu2A

コメント

岡井さん

2020-07-13 17:05:05 | 短歌
岡井さんの思い出です。
コメント

岡井隆氏死去

2020-07-11 23:50:29 | 短歌
岡井隆氏死去。 


コメント (1)

ヒメシャラ(沙羅の花)

2020-06-30 17:54:04 | 短歌
沙羅(ヒメシャラ)=夏椿。
これは6月中旬の写真です。、

白いはなびらの中に、ほのかな薄みどり色の斑点があります。
迂闊にも今年まで気づきませんでした。

本阿弥書店「歌壇」8月号(7月初旬発売)に掲載される新作12首に、この斑(ふ)が登場します。

コメント

静岡音楽館/AOI レジデンスクヮルテット 2

2020-06-01 00:06:48 | ベートーヴェン
聞けば聞くほどすばらし!! 
感動します! → youtube こちらへ。 

★静岡音楽館/AOI レジデンスクヮルテット の、動画配信第2段。

夜中にちょっと見始めてやめられず。
1st vn, 松原さんの、
足が上がるとき、または足が広がる時の必然性に納得しながら・・・
つまり、音楽的な足! 

ベートーヴェンの、初期’(op.18)の、ヴィヴィッドで、しかも実験的な音楽のおもしろさが、
音として体現されてます! 

ほんま素晴らしい。


コメント

You tube 配信! 静岡音楽館/ AOI レジデンスクヮルテット

2020-05-18 00:54:12 | ベートーヴェン
コロナ騒ぎのせいで、ベートーヴェンの生誕250年記念年であること忘れがち。。。

静岡音楽館/AOI レジデンス・クヮルテットがこの数年行ってきた、定期公演でのベートーヴェンの弦楽四重奏曲連続演奏の中から、
作品18の3曲をYouTubeで配信することになったそうです。 → こちらへ。

全楽章最後までお楽しみください。

毎回の演奏、私はいつも静岡まで行って、驚嘆しつつ聞いています。
これは記録映像なので、画像は不鮮明なのがなんとも残念ですが。

第4番は5月26日頃、第5番は6月2日頃、それぞれ1か月限定の配信予定だそうです。

★メンバーは1.vn 松原勝也、2.vn 小林美恵、va 川本嘉子、vc 河野文昭


コメント

たけのこ!

2020-04-26 18:35:18 | 京都の暮らし
ソプラノ歌手、日下部祐子さんから、日下部邸の掘り起こしタケノコを、二度にわたり(!)頂戴しました。

きっかけは、私の「京都のチベット」発言(誉め言葉)。

一度目は甥っ子さん、二度目は弟さんが掘り起こされたとのこと、ありがとうございます!! 

今月の河野vcは、チェロの代わりに包丁を持ち、ひたすら料理を作ったはります。


日下部邸タケノコは、まず若竹汁として頂きました。
新鮮なタケノコってほんま美味しい! 
続いて木の芽和え(イカ入り)、昨日は青椒肉絲(チンジャオロース)となり、どれも堪能。

★角川「短歌」5月号〈いろいろな現場から〉に、
クラシック音楽界ピアニストとしての散文「生きることと夢と」が2ページにわたり掲載されました。


コメント