河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

6/18(月)14時【生演奏でバッハを】「パルティータ」3番、4番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

爆笑チェリスト

2008-12-11 23:21:15 | その他・ものまね、プロレス、など
最近モノマネづいている。

以下、気鋭のピアニストO井クンから教えてもらったサイトです。

http://youtube.com/watch?v=hC5TQqW44dY

そういえばO井クン自身も
師匠であるブルーノ・カニーノ氏のモノマネがやたら上手い。

もちカニーノ氏はイタリア語または英語のはずだが
それを日本語訳で
しかも
声の出し方だけでなく
その言葉グセなどをも真似てやるところが常人ではない。

そのうちyoutubeに投稿してもらお。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルトに会いたい最終回

2008-12-08 22:59:28 | モーツァルト関連
来年3月20日(休)午後6時より
京都府立府民ホール・アルティにて
「モーツァルトに会いたい5・最終回」【ピアノコンチェルト】

ピアノ協奏曲第23番イ長調
 同    第24番ハ短調

の2曲を、凄い最強メンバーで。

詳細は下記へ。

http://music.geocities.jp/misakn95/event.html

その2曲のあとのアンコールを
今日決定。

す~んごくいい曲!

どの曲か書きたくってたまらないけど
秘密にしておきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュピター冒頭

2008-12-07 19:42:35 | モーツァルトに会いたい・4
交響曲「ジュピター」第1楽章の冒頭部分、
モーツァルトのひらめきが素晴らしいと思うのだけど
それをなかなか上手く説明できず

この何日か
ことあるごとに・・・たとえば、ろくの散歩しながら・・・
そのことを考え続けてた。

①「ド ソラシド ソラシド ・・・ ドドーシレード ソーファ 」
②「ソ レミ#ファソ レミ#ファソ ・・・ レレードソーファ ラーソ 」

①②の各後半部分、すなわち
①「ドドーシレード ソーファ 」
②「レレードソーファ ラーソ 」 
これらをすごく簡単に書くと

①A「シードーファ」
②A「ドーレーソ」

となる。
つまり、アッポジャトゥーラ(倚音、前打音)を略したわけ。

この①Aと、②Aを
もっと簡単に書くとこうなる。

①B「シーファ」
②B「ドーソ」

もう一度「ジュピター」冒頭部分を最初から書くと

①「ド ソラシド ソラシド ・・・ ドドーシレード ソーファ 」 
②「ソ レミ#ファソ レミ#ファソ ・・・ レレードソーファ ラーソ 」  

になるけど
これを骨格だけにするとこうなる。

①C「ド ・ ド ・ ド ・ ・ ・ シーーーファ ・ ・ ・」
  (Ⅰの和音・・・・・・・Ⅴの和音)
②C「ソ ・ ソ ・ ソ ・ ・ ・ ドーーーソ ・ ・ ・」
  (Ⅴの和音・・・・・・Ⅰの和音)

これならとても単純で
誰でも思いつきそう。

モーツァルトの天才は
この後のアッポジャトゥーラの付け方なんですね。

続きはまたあした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュピター音型①

2008-12-05 20:23:50 | モーツァルトに会いたい・4
11月22日の日記に書いたことなのだけど
交響曲「ジュピター」冒頭の音型

①「ド ソラシド ソラシド ・・・ ドドーシレード ソーファ 」
②「ソ レミ#ファソ レミ#ファソ ・・・ レレードソーファ ラーソ 」

これがなんでもないようで

特に①②のそれぞれの後半
①「ドドーシレード ソーファ 」、②「レレードソーファ ラーソ 」
これらが本当にすばらしい。

以下のことをやってみるとそれがよくわかる。

この聴きなれた8小節を
暗譜で弾いてみる(ドレミで歌ってみる)。

①「ドドーシレード ソーファ 」は、問題なくクリア。

ところが②になると怪しくなる。

その証拠に!

実は私が11月22日に書いた日記のなかで
この音型を
みごと間違えて書いていたノデス。

正しくは
②「レレードソーファ ラーソ 」なのに
②「レレードファーミ ラーソ 」と、真ん中の2音(ファーミ )が違う。

自慢じゃないが
私は絶対音感バリバリ少女だったので
通常ドレミを間違えるということはまずあり得ない。

・・・・ここまでやっと書いたのに
さきほどバカな単純ミスをして
書いたもの全部消えてしまいました・・・(泣)

今日はこれ以上書く気力なし。

つづきは明日。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしあほです

2008-12-03 20:24:46 | 京都の暮らし
おトク、というコトバに
何となく
私も含めてみんな弱いような気がする。

モノを、定価では買わない。
あるいは、マイルやポイントが付くのを半分目当てに買う・・・。
つまり
いかにお得にモノを買うか、ということに
みんな異常なほど熱心。
      
お財布にはカードがあふれ
ポイント換算に追われ・・・。

私はときどき
こういうことがす~ンごくイヤになる。

定価で買っても
結局そんなに変わらへんやんか。

カードやポイントに煩わされることを思えば
カードやポイントなしで買う方が
よっぽどすっきりしてる。

あるいは、
お昼におうどん屋さんに入っても
「親子丼セット」とか
「カレーうどんセット」とかがあって
メインの親子丼に小さいおうどんが付いてたりする。

なんとなくおトク感がありそうで、
でも
私の場合
いつもそのセットを注文したことを後悔する。

そのメインだけを存分に味わう方が
ずっと美味しい。

で、このごろはかならず
「カレーうどん単品」とか
「カツ丼単品!」とたのむ。

「単品」と言わないと
「セットですか?」と言われるので。

・・・とかなんとか言いながら

今日はリカマン(リカーマウンテン)の
月に一度の3%割引日。

ビールなどをケースで買うため
堀川今出川のリカマンへ。

リカマンも例に洩れずポイントカードがあって
買うたびにポイントがたまり
それを次回買物するときに使うことができる。

前回、一ヶ月ほど前リカマンで買物したとき
そのポイントカードを失くした。

その時のことを詳しく書くと、

キャッシャーでお金を払ったあと
カードとレシートを受け取る。
それをたぶん手に持ったまま駐車場へ。

買ったビールのケースなどは
リカマンのお店の人が駐車場まで運んでくれる。

で、その後おもむろに乗車、
駐車場を出てほんの10秒後
運転しながら気がつく。

あれ?カードは??

すぐに車を止めて
お財布やポケットやさまざまな所を捜すも
見つからない。

夜遅かったので
一応そのまま家へ帰り
すぐにリカマンへ電話。

事情を説明すると
親切にも駐車場を見回ってくれたのだが
見つからない。

落し物として届いたら連絡してくれる、とのことで
でも
結局今日まで連絡ナシ。

で、今日リカマンへ行って尋ねたところ
やっぱり届いてなかったので
カード再発行をしてもらう。

手数料100円。

カードは失くしたけど
そこに溜まっていたポイントは
お店のPCに記録されているので
新しいカードにそのまま引き継がれる。

で、今回
その新しいカードを使って
ビール2ケース、水1ケース、紹興酒、ワインなどお買物。

キャッシャーでお金を払ったあと
カードとレシートを受け取る。
それをたぶん手に持ったまま駐車場へ。

買ったビールのケースなどは
リカマンのお店の人が駐車場まで運んでくれる。

で、その後おもむろに乗車、
駐車場を出てほんの10秒後
運転しながら気がつく。

あれ?カードは??

すぐに車を止めて
お財布やポケットやさまざまな所を捜すも
見つからない。

・・・・この文章、どこかで読みましたよねぇ。

そう、
あろうことかあろうことか、
またまたカードを紛失!

しかも
前回とまったく同じシチュエーション!!

なんでなん~?

・・・
今回はその後ハジを忍んでお店にバック、
「ほんの1分前に・・・」と説明するも
やっぱり見つからず。

ひごろ私は学生さんに

人間は誰でも間違いはするもの。
そやけど
おんなじ間違いを2回するのは

アホや!

・・・
そうです、
わたしほんまにあほです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかる、わかる

2008-12-02 23:52:42 | その他・ものまね、プロレス、など
去る11月30日の日記に貼った
清水ミチコのyoutubeをサーフィンして
睡眠不足になった、という連絡あり。

みなさん、気をつけましょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モツ愛4 打ち上げ

2008-12-01 22:19:28 | モーツァルトに会いたい・4
11月24日の「モーツァルトに会いたい4」の事後報告つづき。

終演後、1階のマエダコーヒーで
簡単にビールでカンパイ、サンドウィッチなどをつまんだあと、
近くの居酒屋さんで
10人あまりと飲んでは食べ、食べてはしゃべり・・・。

今回は
気鋭のピアニスト・O井クンが打ち上げに参加、
喋くりマシン全開だった。

私が覚えているものでは
以下のような会話がかわされていました。

お客様F氏
「むかしバレンボイムが弾くモーツァルトのリサイタルを聞いて
それ以来モーツァルトに全然魅力を感じてなかったのが

『モーツァルトに会いたい』でコーノさん(私のコト)のピアノを聴いて以来、
モーツァルトに惹かれるようになったんですけど
なんでなんでしょうねぇ?」

わたし
「そらモーツァルトに対する『愛情』がちがうんよ~!」(たぶん半分酔ってる)

O井クン
「あんた~(私に対して)、
普通はそういうとき
『いや~、そんなことあらへんわぁ』
ていうもんやでー!」

・・・・11月24日の夜はこのように更けていきました・・・。

翌朝、O井クンは関空よりヨーロッパへ飛ぶ・・・はずが・・・。

O井クン、
前夜わたしにアラレもないコトバを投げた
そのバチが当たったのでしょうか、

JR特急「はるか」で関空に余裕で着く、と思いきや
大阪環状線で飛び込み自殺が発生、
あろうことかチェックインに間に合わなかったとか。

お気のドク・・・・。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加