表丹沢はそれどころぢゃないッス~神奈川グランフォンドアゲイン、その1

[写真ばかりとはいえスクロールが大変なんで読まずにコメントするボタン]→

僕のエントリーに『『丹沢一不幸な自転車海苔…orz』というのがある。
2006年7月10日の不幸は、そこそこのインパクトを与えたMy Favoriteエントリーです。
そして、今回はまさに、『丹沢一不幸な自転車海苔AGAIN』となってしまった…orz

6月30日に神奈川グランフォンドというオフ会を企画した。
浅間山林道を手始めにヤビツ峠-菩提峠‐表丹沢林道-荻山林道-秦野峠林道-秦野峠-日影山-
丹沢湖周遊-足柄峠-矢倉沢林道-矢倉沢峠‐仙石原高原‐箱根-大観山‐湯河原‐真鶴旧道と
神奈川県の外周の山々を越えて、最後に海岸線を走って茅ヶ崎にゴールという企画。
総距離は200km、GPS実測の累積標高は4270mにもなる。

※当時の案内はこちら、僕の6月17日の試走はこちら(丹沢編箱根編
そして見送りも含め29人が集ったオフ会は残念ながら仙石原で土砂降りのためDNF。
唯一の完走者はブルベ1000kmを小径車で走ってしまうというリュウさんのみ。
リベンジネタとなってしまった

秋に再戦!しますよ。
ただ、yu-jinさんが「一日フリーになるのは今日しかない!」ということらしく、
yu-jinプレゼンツの「0902神奈川グランフォンド」が開催されました。
僕は、本番の「神奈川グランフォンド、アゲイン」の試走として参加した。

6時50分、浅間山林道の入口、大山参道の清水屋にて

8名の参加者 @ 浅間山林道入口

ここに集結したのは8名。完走狙いはyu-jinさん、Tonyさん、僕の3名。
FireBallさんと風太さんは行けるところまで(丹沢湖)。
sudobanさんとYさんはヤビツから離脱し、唐沢林道-半原越え-双龍峠。
モリさんはヤビツから裏ヤビツ、宮ヶ瀬湖へ抜ける。
 前列右手の風太さんはママチャリで日本を一周しちゃいました。
 今日はFireBallさんに借りたマウンテンバイクで参戦
 ジャージにTシャツ Σ(°◇°;


浅間山林道を気持ちよく行く。


菜の花台の手前、展望が拓けたところで

正面に箱根の外輪山が…あの向こうへ!

yu-jinさん、Tonyさん、モリさんとバラバラになりながらも同じペースで登る。

8時、まずはヤビツ峠、ここまで32.68km(1時間42分、平均速度19.1km/h)

峠にはヲレさんが待っていた。

一旦裏ヤビツを護摩屋敷まで下って湧き水をボトルに満たす。
そして、菩提峠へのきつい坂を行く、と

下には表丹沢林道、左手には相模湾と真鶴半島も見えた

ここで、モリさんとヲレさんがお疲れ様。
いよいよ、yu-jinさんとTonyさん、僕の3名に。

まずは表丹沢林道まで下るんですけど、傾斜がきつい上に路面が滅茶苦茶。
ブレーキ効きません、というかブレーキが危ないッスよ。
何があったんだ、丹沢!というくらい路面にガレ岩や土や木の枝や…

そして、合流地点は…

でもこれは序の口、というやつでしたね

いきなり崩落現場。
yu-jinさん(以下、変換が面倒なので仁丹と呼ぶ)が斥候となって偵察。

手前の水溜りは、無理ッス(^^

「何とかなりそーでーす」という言葉を信じて僕らは進んだ

「にゅっ」という音、「ぐぇ」という声(笑)

シクロクロスじゃねぇ、って

湧水で泥にはまった靴を洗う

ふぅ…

という間もなく

自転車担いでる時間の方が長いッス


一難去って…

ここは難儀した。Tonyさん、崖から落ちるなよ~!

水溜りは深さの見当がつかないし、泥沼だ(笑)
仕方ない、ガードレールの外を進む。左下にはがけ下に桜沢林道が見えた、怖っ!

クリートがはまらないらしい(爆)、僕はSPD~♪

Tonyさんは新品の靴がずっぽりと

とりあえずタイヤと靴をちょこっと洗って、yu-jin隊は先を進んだ…

せっかく洗ったクリートが…orz


でも、進むためには仕方ない


この頃には感覚が半分麻痺するとともに、最大の不安がムクムクムクと頭に。
「もし、このまま進んで行き止まりになったら…」
う~ん、考えないことにしよう。

担げ!


ちっとは乗れる

仁丹、走れる喜び、わっほ!

も、15秒…


走れる喜び

といっても路面にはガレ石

もうね、


ようやく


んなワケもなく


そして、再び展望が開けると荻山林道への分岐・牛首も近い

もう一度確認しよう、相模湾に突き出た真鶴半島の向こうに僕らは行くんだ

牛首までの下りはガレ石を避けながら行きま~す♪

…パシュッ!

やべぇ…、少し大きなガレ石を踏んじゃいました。
後ろでも、パシュ!という音とともに「あっ」という仁丹の声。
こいつは危ないんだよ。先週も唐沢林道でやっちゃってるんだ。

お互いにセーフのようで表丹沢林道のゲートを越えて、三叉路に自転車を倒す。
そして、適当な小枝と座る場所を求めて、それぞれがウロウロ。
クリートの泥をかき出さないと、まともに漕げないもんね。
そのとき、いきなり数メートル離れたマイバイクからプシューという音。
Tonyさん、「随分勢いいいッスねぇ」って(≧◇≦;

時間差パンクだよ…orz

これは不幸の序章にしか過ぎなかった(笑)

丹沢一不幸な自転車海苔アゲインに続く(予定)

ところで、表丹沢林道が崩落していたので、残念ですけどリベンジオフは中止です。
ある意味、今日試走できたことは良かったです。
同じように崩れた葛葉林道は1年半近く経っても未だ通行止めです。
再開はいつになるのだろうか・・・

その2

◇本日の自転車◇
まだ、ここには書けないッス。完走すれば200kmですけどね
**.**km

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 38 ) | Trackback ( 1 )