雨降りの予報だったのに…  (ようやく直江津エントリー)

雨の予報だったし、起きたら風がびゅーびゅーないていたし。完璧挫けた。
ということで直江津エントリーを端折って上げてみた。
 ○直江津集合!の参加者:46名の『直江津集合!2009』 ~397km
 ○嬉しかったエピソード:散々な今日という日、そして嬉しかった直江津エピソード
 ○2009年の告知:第3回『直江津集合!』~すっかり告知をさぼってた(≧▽≦
 ○モブログ@職場:『直江津集合!』出発なのか自転車通勤なのか、の片道54km
 ○モブログ@渋峠:渋峠、濃霧(笑)~まるでデジャブの『直江津集合!』
 ●エントリー:第3回『直江津集合!』 ~8時間デスクワーク耐久込みの397km(1)
 ●エントリー:第3回『直江津集合!』 ~8時間デスクワーク耐久込みの397km(2)

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

っつか、真鶴旧道も飽きちゃったんじゃないかと ~123km

『直江津集合!』のエントリーを書いている時間がねぇッス(´Д`)=З
忘れちゃいそうだし

晴れてるから ぴ~ちゃんで走り出しちゃったけど、何にも考えてなかった。
走りながら、行き先を考える。
伊東から一碧湖、大室山と回って中伊豆を抜けて、山伏峠から帰ってこよう(*^-^)b

ところが根府川への旧道を走っているときに、
「この先の真鶴旧道も飽きちゃったなぁ」なんて思っちゃったわけですよ。
で、曲がっちゃった。

[山肌沿いに湯河原ぐらいまでつながってないッスかねv(^-^)v]

すぐに高度を稼ぐ。石垣農道とつながってるんかな?

[この先には何があるんだろう…  ってミカン畑なんですけどね(笑)]

上には何があるんだべ。

[そして、どこに繋がるのかな。っつか、結構登りますね(≧▽≦;]

ずっとダンシング。でもいい感じに山肌を伝って行きます。

[真鶴旧道に飽きた方のための新規開拓中]

おっ!ピークじゃん? v(^o^)v

[ひんやりとした石積みの切通し]

ピークの先は下りではなく、のんびりと、ゆるゆると登ります。ピークじゃないじゃん(笑)

[随分距離を稼げそうじゃん! この先には何が・・・、ってミカン畑ですよ]

一瞬、悩ましい分岐

[まぁ、右はないでしょ、形ばかり封鎖されてるし(笑)]

ここからしばらく登りが続くよ。「どこまで行くんだろう、ワクワク」状態。

あ、

[い・き・ど・ま・り…orz]

判断誤りましたね。難しいもんです。見かけじゃ駄目ッスね。

[っちゅうことで、ここを右へ(*^-^)b]


マウンテンバイクを持ってきてくれ!

[万事休すッスな(≧◇≦]

戻るにしても随分走ってきちゃったもんねぇ。
景色は最高だったけど、つながらなきゃ意味ないや。オフ会の帰り道に使えない。

戻る途中に分岐を発見。さっきはここを右上に走っちゃって行き止まり。

[ならば左へ下ってみようv(^o^)v]

ミカン畑の中を下って、登って

[何だかイケそうな気がする~♪ あると思います!]



[寸止め(笑)]

往生際が悪かったな…、山の中を1時間近く彷徨った挙句、最初の場所へ戻る。

東海道線に沿って走ろう!

[左上のガードレール、あそこを通れば向こう側に行けるぞ…多分。懲りてない?]


[登ってるからいい感じ、かな。]

線路脇から見えた場所に着いた。

[さっきまであっちにいたんだ]

ここからの道は凄かった。悔しいけど1ヵ所押したよ(笑)
そして、こんなところからポコンと真鶴旧道に出てきた。って根府川駅のちょい上。

[えぇと…全然距離をゲインしていないことに気づいて、ぼ~ぜん(笑)]

ただね、景色は良かったよ。湯河原からの帰り道に引きずり込みたいものです(^^;


農道ですね。…これだな(笑)

[看板の絵を見ると全幅5mの農道は湯河原近くまで行けそうな感じ]

ついね、曲がっちゃうわけです。
もう既に一碧湖のことや中伊豆のことなんて忘れちゃってますな。

[出だしはきついが、すぐにこの景色ッス! 下には真鶴旧道。]

真鶴半島が見える。

[っつか、全然横移動していないんかな…]

あっ…!

[未開通…、あはは]

もう二度と戻りたくない僕は、途中まで戻って、この分岐を左へ降りる。

[下まで直滑降みたいな道で、あまりに恐くてフルブレーキングで下ったよぉ(><]

で、水無川で真鶴旧道に合流。とりあえず、何となくつながったよん。
真鶴旧道より高い道を走ろう! 真鶴旧道は飽きちゃったでしょ?(笑)

ここまでで相当に疲れちゃったし、時間も使っちゃった。
が、これじゃあ何のために走ったのかわかんねぇべ、っちゅうことで大観山で茶ぁ濁すべ(笑)

[知ってる道は安心だ。]

ここで標高850mくらいかな。

[霞んだ感じの山並みもいいが、芦ノ湖越しの富士山はないだろうね]


[ほら、富士山はねぇべ @ 大観山]

同じ道を戻って、今日学んだルートを復習しようかと思ったが、あの坂がねぇ…
っつことで箱根旧道を降りよう。


そー言えば、箱根旧道の登りのゴールにある「ラーメンどさん子」
先日、TETさんが食ってたな。
僕も通過時間が大概朝一番か、疲れて一刻も早く帰りたい時間だったから、
「営業をしている」ということなんて考えもよらなかったよ。
ってことで食っとくべv(^o^)v

[味噌ラーメン700円]

結構自転車乗りが来るらしい。"さんまいはし"からのタイムなんて知っていたよ。
安くて美味い飯屋のない芦ノ湖周辺では「あり!」ですね。席数は少ないけどね。

ってことで、このエントリーのタイトルは「箱根どさん子初体験のために」です(うそ)

[ブルーは箱根旧道-椿ライン-真鶴旧道、オレンジは今回のルート、ピンクは行き止まり]


◇今日の自転車◇
ぴ~ちゃんはノーマルクランクだから坂を避けてたけど、まぁ、何とかなるわな(*^o^)b

123.4km 5時間55分 平均速度20.8km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )

散々な今日という日、そして嬉しかった直江津エピソード

嬉しかったこと、その1

[2007年の「直江津集合!」、僕が走り出したルートだった]

あの日、僕は息子の骨折の知らせに「直江津集合!」を諦め、石和温泉で急遽引き返した。
このルートを仲間の一人が走った! 僕はそのラサールさんと直江津で握手をした。
昨日、湘南のmasaさんのブログを読み返していると、飛び込んできたのが
 以下の記事。
 http://blog.goo.ne.jp/masayoshi0809/e/4ab1e14d5e412bb5a1b2cef360d9d6f4
 「続きは仲間に託して、僕はまたいつか走るよ」
 うーん、託されよう。ということで、乗鞍経由で、直江津に行くことにしました。

悔しくもあり、嬉しくもあり、だな。【エントリーはこちら

今日は散々だったよ。
■その1
今朝、目覚めたら、100発くらいクリーンヒットを食らったボクサーのように顔がむくんでいたよ。
飲みすぎ(笑)
■その2
寒川駅の駐輪場に着いたら前の電車が停車しているのが見えた。遅れかな?
携帯電話で話しながら駅から歩いてくる人たち、
「人身事故で…」とか、「何時になるかわからないから迎えに…」とか、断片的に聞こえる。
いろんな話を総合すると、
「相模線は人身事故で、今後も1時間以上は動かない、それ以上でもそれ以下でもなし!」
「事故した場所は不明! 以上!」って感じでした。
ということで、僕は久しぶりに9km先の厚木駅までママチャリ通勤ですv(^o^)v
日ごろチャリが身近な人間、解決手段もチャリっすな。
ところが6.5km地点で踏み切りの警報機音を聞く。「ん?動いているの?」
さらに厚木駅の500m手前で…

抜かれた(><

どうやら海老名の先の入谷近くで人身事故。電車は海老名-茅ヶ崎間の往復運転。
結局、厚木駅でいつもの見知った乗客と再会。僕だけ滝汗(笑)
早合点は損だな。
■その3
乗り過ごした!
いつもは各駅停車。今日乗ったのは準急だから途中から急行、あはは。
喜多見駅には停まらないや…
■その4
夏休みの最終日に工作と自由研究の宿題を思い出したような心境さ。
仕事…終わんね~~~!
1週間間ばかり期限を違えていたよ。
どうすんだ?
今週は死ぬ…ばた!
■その5
寒川駅で電車を降りた。
あ、今朝は厚木までチャリ乗っていったじゃねぇか(≧▽≦; 健忘症か、自分?
ところが、寒川に着いたら土砂降りの雨ッス。ゲリラ豪雨?
よかったぁ、厚木からチャリ乗っていたらずぶ濡れじゃん(*^-^)b
寒川の豪雨、止みませんので駅のベンチで時間を潰す。潰す。潰す。1時間ほど潰す。
ん? でも、止まないね。
っちゅうことで"豪雨"が普通の"雨"になったタイミングで家まで歩き始めた。
ら…、1分で豪雨(爆)
んだよ~~~~ww

嬉しかったこと、その2
ボスじいさんとの出会いと、このコメントです。
これは「直江津集合!」の参加者、すべてへのメッセージです。そして、僕の財産です。
ブログがなければ交わらない世界(これまでの知り合いのほとんどがそうか(^^; )

 Title:本当に着いちゃったよ
 Posted:ボスじい
 勝手に「直江津」、勝手に「集合」の『ボスじい』です。
 勝手に参加したにも関わらず、みなさんの暖かさに、なによりの感謝です。

 勝手に参加を決めたのは、走りきる自信がまったく無かったからに他なりません。
 渋川まで辿り着けるかどうかも、判りませんでした。

 思いの外早く渋川に着いて、さらに先を目指した時、
 お会いしたのは「SSR」ジャージの若者たち。真っ暗な中で嬉しかった~。
 22時過ぎて、ようやく辿り着いた草津で声を掛けていただき、
 一緒にレスキューシートビバークしたのも、やはり「直江津集合」の参加者の方 でした。

 渋峠への登りで、4本の轍の跡に勇気づけられながら、
 唯ひたすら漕いだのは途中でお話した通りです。

 結果、なんとか直江津港に辿り着けました。
 直江津港から船見公園までエスコートして下さったのもやっぱり「SSR」の方でした。

 事情により、集合時間を前にみなさんとお別れしなければなりませんでしたが、
 すべての方々に、「ありがとう」と申し上げます。

 表題の「本当に着いちゃったよ」は、直江津港から我が女房に送ったメールの件名です。
 これが、私の気持ちのすべてを表しています。

 ありがとうございました。


[一緒に渋峠を目指した]

渋峠を目指し登りながら話しながら、そんな時に、
「masaさんにメールをしようと思ったんだけど・・・」
電気が流れました。
「僕、masaです」
「白いFELTで分かりましたよ」

64歳の普通のお父さんに走り出すきっかけを作れた、そんな喜びッスね。
ボスじいさんが、草津までの登りで出会ったのは
tetsuさんやyoshikawaくん、Carmenちゃん、510くんのk2kの若き面々です。
そして、道の駅でレスキューシートでビバークしたのはU-kiさん。
草津で会ったのがnanちゃんや僕。
4本の轍を追った、その4本はtakkunとU-kiさんです。
船見公園までエスコートしたのが、またしてもnanちゃんかな。

◇今日の自転車◇
やっぱブログ、ここから始まった(笑)
0.00km

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 15 ) | Trackback ( 1 )

46名の『直江津集合!2009』 ~397km 

最高の夕日、サンクス!

[今年も僕らの『直江津集合!』が終わった。みなさん、ありがとう!]

参加者と完走者です(◆は完走者) …抜けてしまった人がいたらこっそり教えて(^^;
千葉県から
 ◆ななすたさん、◇sakakazeさん(ハブトラブル)、◆いしこうさん、◆U-kiさん、◆潮こんぶさん
東京から
 ◆potittoさん(伊豆大島)、◆おいちゃん、◆commuterさん、◆きっぱん、◆nanちゃん
 ◆べんべさん、◆Takさん、◆prattoさん、そして結果的に一緒に走った◆ボスじいさん
埼玉から
 ◆nice1くん、◆tanyさん、◆らんたさん、◆3kさん
神奈川から
 ◆noahponさん、◆seiyaさん、◇ふぉあぁさん(膝痛)、◆TETさん、◆yoshikawaくん、◆こんさん
 ◇なおさん(スポーク切れ)、◆YASUさん、◆大学生のMasaくん、◆tanaさん、◆よこやくん、
 ◆やまださん、◆うめさん、◆akiraさん、◆takkun、◆ラサールさん、◆yuzitoさん、◆Tonyさん、
 ◆510くん、◆Carmenちゃん、◆tetsuくん、◆ショウさん、◆あきくん、◆yoneちゃん、
 ◆Bongoちゃん、◆takkunのお友達、◆僕、そして飛び入りの◆W_ANC(あさの)さん
富山県から
 ◆NOJIさん
福島県から
 ◆蒼猫さん
愛知県から
 ◆豊川のtakeさん
お出迎えはyoneちゃんの奥さんの◇atsuさん(@@
50名が参加し、無事に走りきった仲間が46名。

[勝手に走って45名だよ(笑)]

直江津の経済に貢献したんじゃね? っちゅうか酒税の話か?

みなさん、あざした!
それぞれの場所で雨や眠気と闘いながら、漕いでる様子がSNSで共有できた。
これって励みだよねぇ。
そして事故もなく、最後には晴れてみんなで夕日を見ることができた。
最高のオフになりました。
来年の第4回『直江津集合!』、既に宣言されましたね(*^-^)b

 ●2009年の告知:第3回『直江津集合!』~すっかり告知をさぼってた(≧▽≦
 ●モブログ@職場:『直江津集合!』出発なのか自転車通勤なのか、の片道54km
 ●モブログ@渋峠:渋峠、濃霧(笑)~まるでデジャブの『直江津集合!』
 ●第3回『直江津集合!』のエントリー

◇今日の自転車◇
げっ!直江津駅のマイホテルのベッド…寝られないじゃん(><

[仕切りが…]

397.01km 17時間56分、平均速度22.1km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 25 ) | Trackback ( 1 )

第3回『直江津集合!』 ~8時間デスクワーク耐久込みの397km(1)

中島みゆきのアルバム『生きていてもいいですか」を聞きながら打ってます。
エレーン」なんて聞いてるとディープなところに入ってちゃいますな。
直江津、もう8日日も前の話しだし…、新しいことから忘れていくお年頃だし(笑)
っちゅうことで端折りつつ。【打っているのは30日ッスからね】

今年の直江津は金曜日に抜けられなかった。
途中の54km地点で8時間耐久デスクワークを挟んで直江津を目指すことになっちゃった。
まずは金曜日の朝5時に柳島海岸の海にタッチ!

[結局、土曜日の未明に川原湯温泉駅で40分の仮眠を取っただけで直江津まで走ったよv(^o^)v]

職場には多摩水道橋を越えて最短経路で

[ただね、職場とは逆方向の茅ヶ崎の海まで往復11km走ったから50km超えだね]

ここまで54.25km(2h06m、ave25.8km/h)

10時間拘束(7時40分~17時40分)の8時間耐久デスクワーク。
時折ホワイトアウトしながらも乗り切った。ここを乗り切らんと、先はないもんな(笑)


[ストレスの環八、でも慎重に行くべ!]
 
和光で川越街道に入ってからは順調に走れるようになったが、…つまんねぇッス。

20時30分、荒川をわたって熊谷へ

ここまで119.03km(4h39m、ave25.6km/h)

今回は事前に地図を確認する時間もなかったし、地図も持たなかった。
「まあ、前橋目指せばいいんだべ、去年と同じルートだし」なんて走り出した。
結局2ヶ所ほどで道をロストし、コンビニの兄ちゃんに道を聞いた。
23時50分、渋川駅へ
ここまで184.68km(7h08m、ave25.8km/h)

[平坦な道はここまで!]

前橋あたりで普通に雨が降ったが、渋川では路面も乾いていた。

が、中之条に入ったあたりから きっちり「雨」

[去年と同じパターンかいな、去年との違いは多少暖かい(^^]

同時に走っている49名の仲間がSNSに書き込みをしているのを見ると、
山梨や長野や群馬、埼玉でそれぞれ局所的に雨に降られているね。
同時に、この雨は移動していれば上がるってのもわかった。それは明るい材料。

いよいよ本降りになってきた、が、合羽持って来てないし~(><
眠さもあって川原湯温泉駅で仮眠

[2時15分~3時15分まで雨宿り、40分ほど横になる]

3時10分の携帯アラームで目覚める。「漕がなくちゃ」

3時52分、大津。

[コンビニでようやく合羽を買ったら雨が止んだ…。んだよ~(≧▽≦]

ここから草津までの9.5kmは気合の登坂ッスね。

[途中の温度計は19℃。去年は12℃だったかな?]

そういえば20時にサンドイッチを2個食ったきりだったことに気づいた。
途中のコンビニで飯を食っているとnanちゃんが登ってきた。

[今回初の出会いッスね、しばしのランデブーv(^o^)v]

草津には5時10分に着いた。
ここまで242.53km(10h17m、ave23.5km/h)

ここで湯畑に行くnanちゃんとお別れ。「じゃ、直江津で!」
「直江津集合!」は、直江津に集合することが目的のオフ会です。
その直江津には、自分の力で漕ぎ続けることだけで たどり着くことが条件ですね。
まあ、漕ぎ続ければ直江津には着きますからね(*^-^)b

いろんな仲間と路上で出会うけど、それはそれぞれのプロセスです。
「あとで、直江津で!」そうやって右に左に分かれていく、なんだかいいッスね。
直江津で会えればいいんだから。

さぁ、僕はそのまま国道最高標高地点の渋峠を目指そう!
雨が上がった国道299、木立の影の乾いた路上にはロードレーサーの轍が見える。
仲間が登り始めている。
最初に出会ったのが、『「勝手に」直江津集合!』のボスじいさんでした。

[ボスじいさんも前を行く轍を追っていた]

しばらく、ボスじいさんの出会いや昨夜の顛末を聞きながら一緒に登り、
そして、「では、直江津で会いましょう!」と先を進んだ。


[メカトラとか勘弁ですよ、本当に(笑) @ 硫化水素の流れる殺生川原]


[去年は真っ白けだったから、どんより曇ってるとは言え、この景色に感動ッス]


[このあたりでハジメマシテのU-kiさんの轍に追いついた。そして、「直江津で!」]



白根山のレストハウスの手前でもう一つの轍・3Kさんに追いついた。

[昨年も草津で出会った。バスロータリーの野宿、二人で凍死する寸前だったんだ。]

らんたさん情報で僕らは地元の人の温泉・白旗の湯に避難できた。
そのらんたさんも今、直江津を目指して関東甲信越のどこかを走ってる。

6時40分、白根山

[多少は景色が見通せるようになってきたよv(^o^)v]

いよいよ期待の渋峠ッスな。

北からの風が渡ってきたから峠も近い。尾根筋を行くと、

[げっ、北風が霧を運んできたよ…orz 10m前を行く3Kさんも見えねぇッス(笑)]

7時20分、渋峠。な~~んも見えん(笑)
ここまで262.37km(12h04m、ave21.7km/h)

[今年はいいところで隠しちゃうストリッパーみたいだな、また来店したくなる。]


渋峠ヒュッテにはtanaさん(宿泊してた)とU-kiさん。

[僕は県境をケツに敷いてホットチョコレートを飲んで体を温める]

ここで約50分、ブログアップの準備をしつつ沈没(^^;

そして、後半へ

◇今日の自転車◇
細かいことは忘れてるな…

[東京-草津って随分あるもんなのね、地図に起こして改めて知った。]

397.01km 17時間56分、平均速度22.1km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

第3回『直江津集合!』 ~8時間デスクワーク耐久込みの397km(2)

8時、渋峠ヒュッテを出発。この間にtanyさんが奥志賀に向けて通り抜けている。

[合羽着て渋峠ヒュッテで分けてもらった軍手をはめて長野県に落っこちるよん♪]




途中の電波状態がいいところでブログアップと関係諸氏に「無事です」メール。
ところが「サーバから応答がありません」状態。30分くらい悪戦苦闘。

の最中に脇をボスじいさんとノアポンさんが下っていった。

[4人目の出会いはノアポンさん]

ボスじいさんはそのまま飯山に下っていく。僕とノアポンさんは奥志賀スーパー林道へ。
腹が減った僕は奥志賀のホテルにパンでもねぇか、と物色するが見つからず、
ポテトチップスを一気食い。朝飯にポテトチップスを食うとは…(笑)
ノアポンさんはレストランでカレーを食ってるね、余裕がある。

ここから無補給地帯ッス。

[食料はキャラメル1箱、ガム、そしてシングルボトルの水・・・大丈夫なんかな?]


[陽射しが出てきちゃったよ、生命の危機すら感じる(笑)]


[あっちのほうは雲の中、こっちのほうは炎天下ッス。]

ガムを噛むと唾液が出てきて口の中が潤うことが分かった。
でもガムとキャラメルじゃ甘すぎて、水を欲することもわかった(笑)

奥志賀スーパー林道は標高1500mのアベレージでアップダウンが続く、そんな道。
そんな中でのこの景色、奥志賀スーパー林道に来て正解!と思う瞬間だ。


野沢温泉村に入ったよ。もう下るだけだし、水の心配も要らんな。

[あの道を下っていく]

そう、1000m以上を一気に下って、野沢温泉村へ

[この後、1100mの関田峠まで登らなくちゃいけないんですけどね(≧▽≦;]

地図がないからどこだか分からんが、この橋は間違いです。行き過ぎました(笑)
ここまで339.68km(15h07m、ave22.4km/h)

[何故か千曲川を3回も渡る羽目になった]

この橋が正しい。次は新潟との県境・関田峠を目指す。標高は1129m。

[海抜317mなのねぇ…]

関田峠への曲がり口を間違えた

[でも、千曲川沿いに川を下るのは気持ちいいッス。]

「気持ちいい!」に任せて走っていたら、結局迷子(><
関田峠へのアプローチに復活するために、ひと山超える羽目になっちゃった。

関田峠… やっぱ半端なくきついッス。昨年よりもきつい。

[あの道がくねったあたりで一昨年のテツさんが熊の親子に出会ったいる(@@]

昨年はsakakazeさんと一緒に登ったなぁ。ハジメマシテ!だったんだよ。
今年は一人、もろに傾斜を感じてしまう。時折ダンシングでも背中がしなる。

[それでも上へ! ここを越えなくちゃ新潟県に入れないッスからね]

14時18分、関田峠へ
ここまで360.57km(16h42m、ave21.5km/h)

[上越市の先にかすかに日本海が見えた。これを見るために走ってきたんだ。]

ここからは「もうすみません、勘弁してください」っちゅうくらいの下り坂が続く。
途中tanaさんと前後しながら、国道18号にぶつかった。
おや、目の前を2両連結のトレインが通過した。左から右へ。つまりは直江津方向へ。
ピンポイントの出会いッスな。
ただね、二人とも下向いちゃってるんですよ。こっちに気づいていない。
ペダリングにも覇気がないっちゅうか(笑)
ということで追いついてみたら、コミューターさんとTakさんでした。

[前に出て、25km/h巡航の列車を30~35km/h巡航の列車にしてあげましたv(^o^)v]

直江津到着のスパイスにしてあげようかと思ってね(笑)

15時44分、直江津港
ここまで395.23km(17h50m、ave22.1km/h)

[コミューターさん! 思い続けれてきた直江津港ッスよ。]

しばらく休んで集合場所の船見公園に移動した。
そこには既に多くの仲間が集まっていた。
ボスじいさんはすでに直江津を離れていたけど、たぢり着いたことを聞いて安心する。


17時30分くらいから円形に集まって、自己紹介と走ってきたルートを報告しあった。
結果的には46人もいるわけで、ひとり1分としても小一時間かかる。

[途中で日没、自己紹介タイムは中断(笑)]

いい夕日だったな。これを見るために漕いできたんだから。
それぞれにドラマがあったんだろう、そう思うと一人1分の自己紹介じゃ足りないね。

締めは、うめさんの「来年も直江津集合!」でした。
みなさん、あざした!

◇今日の自転車◇
細かいことは忘れてるな…

[奥志賀スーパー林道(青線)って長いッスよ。シングルボトルじゃ厳しいべ(笑)]

397.01km 17時間56分、平均速度22.1km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

渋峠、濃霧(笑)~まるでデジャブの『直江津集合!』


[7:20、漕ぎ続けたら2172m @ 渋峠]

相変わらず直江津に22日18時に集合するだけのオフ会中だ。
漕ぎ続けてるよ♪

中之条あたりからは雨(≧▽≦)ゞ
って昨年と一緒じゃん(笑)
合羽はないし、コンビニで買い損ねたし、眠いし、
ってことで川原湯温泉駅で正味40分の仮眠ZZzz....

草津でようやく雨が上がった。
昨年は草津から濃霧で「何も見え~んヾ(≧∇≦*)ゝ」状態だったが、

[2008年はtakkunと3kさんと止まない雨の中、登り始めたんだ]


今年は2160mの白根山までは景色が見えたよ。


ここまでで出会った人、nanちゃん、ボスじいさん、U-kiさん、tanaさん、
そして二年連続の3kさん(笑)

「後ほど直江津で!」

勝手に走る『直江津集合!』のいいところは、「後ほど直江津で!」だね(*^-^)b

◇今日の自転車◇
渋峠ホテルでホットチョコレート中、超寒いんですよ(笑)
262.37km 12時間04分、平均速度21.7km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

『直江津集合!』出発なのか自転車通勤なのか、の片道54km


[5:00、太平洋にタッチ @ 茅ヶ崎・柳島海岸]

さぁ、直江津に22日18時に集合するだけのオフ会、『第3回 直江津集合!』だ。
既に未明あたりから何人かの仲間が走り出しているみたいだね(b^-゜)

僕はお仕事…うっちゃり失敗。
走り出しは何時になるんだろうか(´・ω・`)
ということで、今日は職場までFELTで自転車通勤です。

4時40分に家を出て、職場と間逆の茅ヶ崎の柳島海岸へ。
…で、5時ジャストに太平洋にタッチ♪
僕の『直江津集合!』がスタートです。

途中、54km地点で最低8時間のデスクワークが入りますが(笑)

っつことで再び自宅前を通過。11kmの寄り道をして職場まで。

[FELTで越える久しぶりの多摩川 @ 多摩水道橋]

既に眠いッスよ(笑)
夕方までに、いかに仮眠を取るかだな。
って、仕事だから無理ですなヾ(≧∇≦*)ゝ

2007年3月10日に三浦半島のんびり一周オフを企画したときの参加者は72名。
『三浦半島一周、決して無理をしないオフ会』
すごいことだ、と思ったし、感慨深かったなあ。
が、わずか3年半で直江津に45人だもん、距離の超インフレーション(笑)

◇今日の自転車◇
『直江津集合!』中なのか、自転車通勤なのか(≧▽≦
とりあえず54.25km 2時間06分、平均速度25.8km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

第3回直江津集合、の告知

端折った告知エントリーはここね(*^-^)b

只今の参加者は…41 →45ッスね
参加者はこちら
既に2名がスタート(@@ @ 20:50
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

たまにゃあじてつうすっぺえか~往復87km


[多摩水道橋 のような橋を越えて(^ε^)♪]

最寄り駅までの43.4kmをピストで通勤。

ピストにしちゃあ、頑張ったべv(^o^)v

43.40km 1時間42分、平均速度25.3km/h

帰りはどこいこ~♪

そーだなー、"横浜みなとみらい21"あたりを走ろう!なんて考えていたが、
チェーンロックを忘れてることに気づいた(@@

安心して飯食えないじゃん(≧▽≦;)ノ"
っつか、飯食って戻って自転車がなかったら泡吹いて倒れちゃうな。

[っつことで最短距離の往復ルートが確定ッスな]

町田あたりで腹が減ってきた。
『双龍に寄る→胡麻だれの鶏冷やし中華を頼む→幸せ』の公式が浮かぶ。
双龍で飯を食って帰ろう!胡麻だれ冷やし中華じゃ!


が、…夏休みでした。

キムちゃんの夏休み告知を確認していたはずなのに…やっちまっただよ…orz
腹が減ってるって恐ろしいぞ、記憶があいまいになる。

でも不憫に思ってくれたか、おばちゃんが『温麺』と『鮭の切り身』を出してくれた。

[双龍が夏休みだ、ってえのに何故か よし○さんが酔っぱッス。休日、関係ないな(笑)]

何故か夏休み中の本格中華料理屋で、温かい素麺と鮭の切り身を食う。
それって、どーーよ(笑)  でもね、ありがたかった。

ただ今、直江津は追加1名(ひなともさん)の42名ヽ(゜▽、゜)ノ
ちなみに僕は船見公園か直江津駅のコンコースで始発を待つ予定ッス。
あまりに寒いようなら急行能登かも知れない。
未定、ってことかな。

◇今日の自転車◇
ちょー久しぶりのじてつうでした(b^-゜)

87.25km 3時間48分、平均速度22.9km/h ←夕方の津久井みち、平均速度がた落ち(^^;

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

第3回『直江津集合!』~すっかり告知をさぼってた(≧▽≦

告知ッス、告知!

[2008年の渋峠、凍えるほどの冷たい雨だった]

今年も「直江津集合!」ですが、もう説明は不要でしょう(^^;
自転車で漕ぎ続けて、直江津に集合するだけのオフ会です。
集合は8月22日(土)の18:00、直江津港のちょい西にある船見公園。
…って、今週末じゃん(≧▽≦;
すっかりブログでの告知をさぼっていました。今から間に合えば是非!
そういえば、最初の年の告知は随分、丁寧だったな…

SNSでの参加者は今のところ45人ですね。
◆NOJIさん◆noahponさん◆seiyaさん◆sakakazeさん◆ななすたさん◆ふぉあぁさん◆藤之助さん
◆いしこうさん◆potittoさん◆TETさん◆大学生のMasaくん◆なおさん◆YASUさん◆こんさん
◆tanaさん◆よこやくん◆やまださん◆うめさん◆おいちゃん◆ikedaくん(残念!)◆yoshikawaくん
◆nice1くん◆akiraさん◆tanyさん◆commuterさん◆U-kiさん◆takkun◆きっぱん◆ラサールさん
◆潮こんぶさん◆nanちゃん◆yuzitoさん◆らんたさん◆べんべさん◆510くん◆Carmenちゃん
◆3kさん◆tetsuくん◆Takさん◆ショウさん◆yoneちゃん◆Bongoちゃん◆あきくん◆僕
そしてSNS外から◆蒼猫さん◆prattoさん の合計45名だね。

「直江津集合!」
2006年5月に僕は太平洋にタッチして日本海の糸魚川を目指していた。
が、何となく直江津に着いちゃった(あはは)

[まぁ、いいか。太平洋から日本海だべ]

同じ年の夏にyuzitoさんが江ノ島から直江津まで渋峠を越えて走った

[yuzitoさんの2006年の渋峠からの風景、みんなの走る動機になったな]

あの頃は、そんなロングライドって珍しかったんだよね~。今は普通だしぃ~(笑)
2006年の双龍最初の忘年会の席でも
「直江津まで走り続けるなんてあり得ない」っちゅう反応だった。
yuzitoさんと僕は、「みんなも直江津まで走れるんだよなぁ」なんて話していた。
「yuzitoさん、マイク持って直江津集合!って宣言しちゃえばいいんじゃね」
そして、宴もたけなわの頃、yuzitoさんがカラオケマイクを持って
直江津集合!」と叫んだ。
酔っぱらいが「おー!」と反応(爆)
盛り上がったねぇ。集合するだけのオフ会だもんな、あり得ない。
酔っ払い 恐るべし!だな(笑)
その瞬間に『直江津集合!』オフが立ち上がったんだ。

2007年、第1回目の夏は21名の仲間が船見公園に集合した。(みんなの足跡
僕は息子の骨折を知らされ石和から戻ってDNF
2008年、第2回目の夏は宮城や豊川から来た仲間を含め38名が完走している。

[船見公園に集ったのは42人(@@]


さて、2009年の今年は…

なんだけど…
休もうと画策していた金曜日、
品質保証システムの内部監査っちゅう抜けられない仕事が入っちゃったよ(≧▽≦)ゞ
ヤバいッス(笑)←笑えないんだな、これが…。
夜スタートで渋峠経由の直江津18時は間に合うんかいな…

ま、出たとこ勝負で(^~^)

◇今日の自転車◇
ちょいとお仕事忙しく、チャリ抜きッス
0.00km

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

空いた時間にちょろっと11km


[相模縦貫道は着々と北へ伸びてる]

今日は親類縁者が家へ来る、ってんで不自由の身。といっても中途半端に時間があく。
仕方なく7ヶ月ぶりに車の洗車をして、ワックスをかけた。
7ヶ月ぶりともなると洗い甲斐があったぞ(笑)

それでも1時間くらいの時間ができた。

ので、ピストでふらふらと寒川町内限定で走る。

[相模川沿い、縦貫道の下はダートです。ピストで走る意味が分からん、ケツ痛いし。]

シッティングのスタンディングスティルなんてやってたけど、
座ったままの場合はスタンディングスティルっちゅうのかな?

縦貫道の建設現場も行き止まりになっちゃったので、相模川を離れ、小谷の方へふらふらと

[1時間限定って中途半端だよなぁ、目的がない…]

合間を見て、昨日の西伊豆オフのエントリーをあげた。
 ミステリーツアーは炎天下、補給なし、シングルボトルの163km~その1
 ミステリーツアーは炎天下、補給なし、シングルボトルの163km~その2

◇今日の自転車◇
あと1個、見つけたかったが…(何を?)

[空は青いのに、今日は籠の中の小鳥ちゃんでした]

11.40km 0時間50分、平均速度13.5km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ミステリーツアーは炎天下、補給なし、シングルボトルの163km~その1


[西伊豆・田子港、ここに僕らのゴールはあった]

金曜日にSNSの日記を読んでいたら、
モリさんが熱海~山伏峠~修善寺~戸田峠~西伊豆スカイライン経由で実家に向かっていた
ん? ここで、ふと思い出したのは、この寿司だ。

[5月3日の波止場寿し、本マグロのちらし寿司 photo by モリ]

伊豆一周倶楽部の4番目の完走者、モリさんは実家に寄ってこの寿司を食ってる。
このエントリーに僕は早速コメントを入れている。用は「寿司食いたい」だ。

これだ、モリさんが実家にいる間にこの寿司を食いに行こう!と閃いた。すごいな自分!

モリさんに探りのメールを入れる
 TITLE:森寿司は
 長男の帰省で盆休みでしょうか?

に対して
 TITEL:RE:森寿司は
 結構忙しいみたいで僕どころじゃなさそうです(笑)
 どうして?(^_^;)

どうやら行ってみたら閉店、っちゅうことはなさそうですねv(^o^)v
「どうして?(^_^;)」…殺気を感じたのでしょうか(笑)

ただね、自分は飲み会なんですよ。
ということで誰かを引きずりこまなくちゃ、起きられないな。
まずはTETさんとネゴシエーション。強引にOKを取る。
これで、自分を追い込んだ! 数名に打診をしてみるが…。
そして、飲み会を一次会で抜けた段階で、SNSに日記をアップ。
 『6時半にサザンビーチはいかが?』
 何とか飲み会は一次会で離脱('-^*)/
 23時45分におうちに帰れるじゃん。
 ということで、6時半にサザンビーチっす。
 どこへいくかはシークレットだけど、遅くない時間で日帰りッスね。
 もし都合がつけば是非一緒に走りましょう。あ、輪行袋は必携です。
 と、急なおさそい(*^-^)b
 えびばでぃうぇるかむッス。

 ベンチで寝ているお兄ちゃん。
 "大丈夫?"
 "大丈夫です"
 "ケツの財布、抜かれちゃうよ"
 "大丈夫ッス"
 "どこまで帰るの"
 "ジョッキっす"
 "ん?電車なくなっちゃうよ"
 "ジョッキっす"

 まあ、いいか、夏だし(=^▽^=)


逃げられないぞ。

この道を絹の道(シルクロード)ならぬ寿司の道(寿司ロード)と名づけよう。
遠い昔の昨日、モリコポーロが辿った本場の港の寿司への道だ。
炎天下、西伊豆スカイラインには店はおろか自販機の補給すらない。

まさに決死の覚悟の寿司ロードへ。

[とりあえず6時過ぎにサザンビーチへ、誰が来るんだろう]


そのミステリーツアーに集った面々。TETさんyuki3110さんnanちゃん

[輪行袋必携なので、つまりはシングルボトル。西伊豆スカイラインでは致命傷じゃね?(爆)]

いやぁ、まじにシングルボトルじゃ死者がでるかも♪


[見送りのnoahponさんと小田原までご一緒したsudobanさん]

かわいそうなのは何も知らずに東京から走ってきたnanちゃんだな、すでに50km走ってる(笑)
ブリーフィングで後ろに仰け反っていたな。
さぁ、出発です。

本編

◇今日の自転車◇
青い道が「寿司の道」、その先に僕らのゴールの波止場寿司があるのだ。

[ゴールから最寄り駅までが遠いんだよ、婆沙羅峠を越えなくちゃいかんし…]

163.69km 7時間24分、平均速度22.0km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 3 ) | Trackback ( 2 )

ミステリーツアーは炎天下、補給なし、シングルボトルの163km~その2


[炎天下の西伊豆スカイラインはシルクロードより過酷じゃね? って知らないけど(^^;]

ということで僕ら4名は西伊豆にあるという幻のちらし寿司を求めて旅立った。
早めに帰らなくちゃいけないsudobanさんとは小田原まで一緒ッスね。
先頭をyukiさんに任せると部隊が自滅しちゃうので、
「西伊豆までは自信がないなぁ」と気の進まない感じのTETさんに先頭を任せた。
そう、TETさんは昨夜OKしたものの、何とかDNSの理由を考え続けたらしい。
が、失敗! そ~だよ、TETさんの平地はすげぇ速いんだよ(><
「小田原がゴールですか?」って走りです。というか部隊の自滅=DNFを狙ってねぇか(笑)
「修善寺でいいかな」…「伊東」…「湯河原で終了」…走りながらゴールが近くなって行きます。

箱根を登るsudobanさんと早川口で別れ、僕らは熱海へ

[逆光じゃないと寛一の迫力を引き出せないな(笑)]

さぁ、

[伊豆多賀から平均斜度10%の山伏峠へ]

そう言えば、僕のイメージの中の山伏峠って"へなちょこ峠"だったんですよ。
この日の僕は、とんでもないことを書いている。
 標高が高くないから、覚悟していたよりあっさりと山伏峠に着いた
 駿河湾に抜けるには一番楽なルートかも、景色もいいし


「あっさりと」…、んなわけねぇべ! きついッス(≧▽≦;

[もう一杯いっぱいです]

ただ、あの頃はそれくらい走っていたんですね。
山伏峠の前にふらりと石垣山の新ルートを開拓している(^^;

[峠には風は吹き抜け、ちょっと寒いくらいだった]

坂マイペースのTETさん、8分遅れで到着♪


いったん中伊豆に落ちる。

[中伊豆ののんびりした景色が好きッスね]

その中伊豆では漕がずに修善寺まで下る。

[ここの区間が一番気持ちよかった~v(^o^)v]

とにかく緩~~く下るんだ(^ε^)♪

[そんくらい山伏峠は急激に登ったッスね(^^;]

修善寺からは戸田峠を目指す。が、シングルボトルだ(笑)
保険のためにバックポケットにフローズンのペットボトルを入れた。

ここで登りで遅れがちだったTETさんから提案が…。
「お、俺は西伊豆の山で果てるかもしれない…待たずに先に進んでくれ…」と。
そう、場合によっては、待つことで全員が幻の寿司を失うかも知れない、そんな時間帯だった。
気ぃ遣い家のTETさんの判断。
「その心意気は無駄にしないよ」、そんな覚悟で僕らは先へ進む。

達磨山レストハウスからの富士山は駄目でしたね(><

[ここが最後の補給地点]


[モリ寿司(波止場寿し)に予約(?)を入れる]

この場所でTETさんからメールが入った。「達磨山レストハウスに着いた」と。

[眼下のあの白い建物にTETさんがいる。一人なのにタフです。必ずTETさんは来る!]


[毎度の風景、達磨山から戸田港を見下ろす。そして毎度思う、「チャリすげぇ!」]

空へ…

[陽射しを遮るもののない西伊豆スカイラインは、同時に風も吹き抜ける道でした]

走るべき道、



[とにかく寿司のためだけに漕ぐ]

標高916mの伽藍山から土肥峠まで一気に下って、

[その先に見える尾根道は、仁科峠へ続く道。まさにスカイラインだ。]


[寿司のためだけに登れ]

目の前に天城牧場が広がる。まもなく風早峠だね。

[yukiさん、ちょい弱り(笑)のころ]

この陽射しの中、風早峠から仁科峠への10%の坂は、こ・た・え・た(≧▽≦

[13時半過ぎに仁科峠に着いたv(^o^)v]

ただ、TETさんを切り離してしまった(ToT;
そうだ、TETさんの分まで寿司を食おう。

仁科峠からは松崎方面と宇久須方面に下る道がある。僕らは最短距離の宇久須への道を選んだ。
が、びびりが入るようなくだりでした。

[ブレーキ握りっぱなしで、時速30km/hでもおっかないッス]



宇久須に着いたらTETさんからメールがあった。
仁科峠に着いていた。僕らと30分と変わらない。
そうだな、「漕ぎ続ければ着くんじゃね」だ(*^o^)b

田子港の入り口にモリさんが迎えに来てくれていた。

[サンダル履き…まさにロコ!]

20分後、TETさんも辿り着き、そして、僕らは「港の寿司」をゲットした。

[このために漕いできたんだ @ モリさんの実家・波止場寿し]

突然押しかけたのにモリさんのお母さんには歓待していただき、感謝ッス。
とても若くて綺麗な人でしたね。誰かが言ってたな「モリさんの奥さんでも通るね」
ちらし寿司は本マグロも美味かったが、穴子の煮付けが最高! とにかく美味い!
「口に合うかどうか…」とサービスで出てきた鰹の生酢も絶品でした。
4人で7切れしかなかったのが可笑しかったです。挑戦的です(うそ)
波止場寿しは基本、要予約です。バイクでツーリングしている人たちが訪れるそうです。
「バイクの人たちは予約時間に10分もずれないから」いいんだそうです。
自転車は…あはは、予約時間をどう伝えたらいいんだ?
当てにならない・・・、辿り着かないかも知れないし(爆)

さぁ、ここは西伊豆です。鉄道なんて通っていません。
駅まで行かなくちゃ電車に乗れませんが、最寄り駅は36km南東の下田駅。
「泊まってっちゃえばいい」、
たまたま訪ねてきたおばちゃんの甘い誘惑もあったが、日も高いうちにお暇する。

松崎港に寄り道。西伊豆ののんびりした感じ、いいッス(^^

[目の前に僕らの伊豆一周を苦しめるマーガレットラインが見える]

松崎で左折し、

[最後の登坂ッス…最寄り駅への道は通し(≧▽≦]

婆沙羅峠を越えちゃえば、下田までは下るだけですね。

[まもなく僕らの「寿司の道」もおしまいッスね]

17時、下田駅に着いた。

[TETさんのFELTと僕のFELTと]

思いつきに乗ってくれた皆さん、あざした!
そして、嬉しかったのは、一時はDNFも考えていたTETさんと一緒に寿司を食えたことだな。

◇今日の自転車◇
青い道が「寿司の道」、その先に僕らのゴールの波止場寿司があるのだ。

[ゴールから最寄り駅までが遠いんだよ、婆沙羅峠を越えなくちゃいかんし…]

163.69km 7時間24分、平均速度22.0km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 14 ) | Trackback ( 1 )

おおむね押した、稀に乗ったシングルトラック ~77km

ということで、yuzitoさんにシングルトラックに連れて行ってもらった。
いやあ、ほとんど押していました。あるいは担いでいたか、地面を足で蹴っていた(笑)

[稀に漕いだ(笑)]

飲み会の席で決まったことですが、今日も"おおむね"8時に滑川集合です(≧▽≦
参加者は、◇師匠のyuzitoさん、◇モリさん、◇sudobanさん、◇TETさん、◇僕…の予定
が、起きたらとんでもない二日酔いッスよ。
1杯あたり単価を100円以下まで持っていった成果ですねv(^o^)v、って違っ!
おまけに何だかすげぇ腹一杯だし…
ただ、言いだしっぺですからDNSは許されないな(><

漕げば漕ぐほど気持ち悪いッスけど…

[午後には雨の予報もあるね、波が高いッス @ 稲村ガ崎]

まずはTETさんからリアディレーラのトラブルでDNSのメールが来た、(≧▽≦; アチャチャ
でも、ロードで滑川まで見送りにきてくれた。

[厚木から、ありがとね♪ 次はシングルトラックを走りましょう!]

続いてsudobanさんのおおむね8時のDNS宣言…
 07:51
 DNSですm(_ _)m
 すみません(T_T)しんでます。かろうじて生きている感じです。

昨夜の飲み会は僕より逝っちゃっていたみたいッスからね(笑)

ということで、師匠の◇yuzitoさん、◇モリさん、◇僕の3名です。
シングルトラックを2本行くことになりました。まぁ、師匠についていくだけですけど(^^;

[この出だしは「自転車サイコー!」気分でしたね(^^;]

冬の枯れたトラックなら、ほとんどの区間を乗車できるらしい。
もちろんyuzito比の話ですね。

[行けそうなんですが、びびって途中で足着いちゃいました(><]


やがて滲み出しでトラックはヌルヌルのドロドロに…

[押していても転びそう…、「ぁああ」とか「あぶねっ!」とか(笑)]

たまにゃあ漕げる。が、ネチャっちゅう感触。そして、内腿に泥がはねる。

[でも、漕げる♪]

第1ラウンドは正味40分くらい山の中で格闘。汗びっしょりッスな。
熱帯雨林でスコールを浴びたようばかりの人のような状態で、水を求めてコンビニに…

第2ラウンドのシングルトラックに場所を移す。
痛っ! 前輪のブロックに挟まった半乾きの泥が、顔面を襲う(笑)

[相当疲れたな、「舗装路サイコー!」な自分がいる(笑)]

いつの間にか炎天下♪

第2ステージは比較的ドライなトラックでしたね。
といっても相変わらず押していますがな…(><

[お待たせしちゃって申し訳ねぇッス]


[夏草が生い茂るも眺望は最高! という場所ですが生ける屍、魂が抜けてました(笑)]

yuzitoさんの残像(笑) 動画はこちら

[あはは、「どう?」って勧められても無理ですから(笑)]

夏ー! だけど切通しはひんやりッス。

[こんな景色を走れる 押せるなんて、ちょっと前まで考えていなかった]


[走れないなりにも気持ち良かった!]

が、「もう一本短いトレイルに行きましょう」by yuzito
という提案はソッコー却下です。死んじゃいますもん(^^;

解散前の豆乳アイス(桃)、疲れた体に沁みるぅ~。

[このとき脛がヒクヒクしていたのは内緒だ。最後尾で随分と地面を蹴ったもんなぁ。]


yuzitoさんの写真を見れば、よく分かるわな

[押しているか、うな垂れているか、だ(笑)]


また、連れて行ってくださいな。一人じゃ恐いから(≧▽≦

帰り道、漕ぐのが嫌んなっちゃって、茅ヶ崎サザンビーチへ。
そこには…

[こんさん! すんごい偶然です]

こんさんの『勝手にGO WEST』のスタートに立ち会えました。
2008年8月2日に僕とこんさんは一緒にこの場所をスタートしたんだ。
GO WEST。僕は下関へ、こんさんは大阪へ。
2009年、再びGO WESTッスねv(^o^)v をお見送りした。
 ※台風のため清水でDNFになっちゃいましたね、また来年走りましょう!

◇今日の自転車◇
体力的にも技術的にも、もうちょっと乗れるようになりたいな。

[泥だらけで遊んだあとは洗車&メンテナンスです]

77.48km 4時間15分、平均速度18.23km/h

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ