ロードで箱根駅伝から逃げる企画考


2006年1月2日、逃げるTETさん @ 権太坂あたり(交通規制前だよ)

2006年の正月、僕とTETさんはふとした思いつきで箱根駅伝の前を走った。
 R134、封鎖しました!…orz @平塚~走り初め118.9km
 箱根駅伝を先導する by TETさん
大手町を箱根駅伝より30分早く出発して、箱根まで逃げるという企画ッスね。
だけど、逃げ切れなかったねぇ。花水川の中継所にさえ辿りつかなかった。
これは楽しかった。
2007年は今年よりさらに30分早く出発して見事に逃げ切るつもりだったが、
まぁ、靭帯断裂で叶わぬ企画になってしまった。
昨年のエントリーにコメントくれたみなさん、すんませんね。

2006年は、同じようなことをしてる人は見なかったなぁ。
今年は、どうだろう。

面白いッスよ、みんなやればいい。

このエントリーをした翌日のアクセスIP数は700(閲覧では1500くらい)に迫る勢いだった。
「箱根駅伝 自転車」でブログ内検索をした人がたくさんいたからですね。
箱根駅伝の後ろを追走する自転車海苔を見て、
「俺も」と思った自転車海苔が半分と、「何だ、あいつらは」と思った沿道の人が半分なのだろう。
僕は先行して逃げたわけで、「なるほど」という企画だったと思います。

2005年は藤沢橋から箱根湯本まで箱根駅伝の後ろを走った。
往路は20人くらいしかいなかったと思う。
復路は大集団になっていた。4~5列100mくらいをスクーターとバイクが占めていた。
信号ストップなしで、平均20km/hくらいで走れるっていうのがいいのかな?
ただ、沿道の人にしたら、「何だ、あいつら」と不快に思うこともあるだろう。
最終ランナーと警察車両の間に入って、規制解除を逃れて走ってるわけです。
警察は自転車海苔とバイク海苔のために信号規制してるわけじゃないもんなぁ。
そして、途中、信号を守って止まったバイクに自転車海苔が突っ込んでしまい、
バイクが転倒するという事故もあった。
警察の方にとっては面倒な集団だったと思う。

今年走った企画は、箱根駅伝の前を逃げるというもの。
当然車両規制前です。
普通に車やバスが走り、信号が作動している中を
僕らは一般道として走り、箱根まで逃げようとした企画です。

僕のブログにどんだけ影響があるか分かりませんけど、
この企画を見て僕らを知らない人も走るかもしれない。
ちょっと心配事がある。

今、あの法案を前提にした提言のために自転車の立場が危うくなるかもしれない状況にあるわけです。
 自転車活用推進研究会参照。

沿道には多くの人が見ています。
僕らはどんな小さな信号も守り、車とコミュニケーションをとりながら走ったのです。
それがために半分程度のところで追いつかれちゃったわけですけど…。

そう、逃げ切るために信号無視は勘弁ですね。絶対にしないで欲しいなぁ。
糸魚川ファストランを走るトップ集団のような悪評は勘弁して欲しい。

むしろ、小さな信号を意味がなくても守るマナーの良さを
自転車海苔ではない沿道の人々に見てもらうチャンスだと思うんだよね。
1時間早く出れば、平地巡航30km/hで箱根まで逃げられるから信号は守ろう。

あと、やっぱ後ろをついていくのは、
あれだけの集団になり世間に認知されちゃった今となっては駄目だなぁ。
日本テレビのアナウンサーも何やら言及してたというし…。

って、このエントリーなんて誰も見てないかな(^^

で、身内では誰が走るの?
誰が逃げ切るのかな

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )

自転車仲間の大忘年会 @ 双龍


この店の二階で繰り広げられた厳しい闘い…

7時5分、携帯のバイブでようやく目を覚ました。
本来なら職場の最寄り駅、喜多見駅で僕を起こすためのアラームだよ。
5時50分のアラームには気づかなかった。
大音量で「太陽に吠えろ」のメインテーマが10分毎のスヌーズ込みで6分間鳴ったはずだけど…

どうやら僕は生きていたみたいだ。
畳にうつ伏せ、頭の左に壁…右には人の足のようなものが転がっていた。

DEEさんの右足だ…、僕には彼の生死を確かめる勇気はなかった。

目を開けると目の前が白くかすんで見える。コンタクトレンズつけたままだったよ(≧◇≦;)ノ"

3時までは覚えていたのですが、そこから先は…いったい何が起こったのだろう。
ふらふらと立ち上がると宴のあとの丸テーブル越しに幾つかの屍が転がっていた。
部隊は壊滅状態のようですね。
1本のネクタイが残されていた…sudoban、さん…
この戦場から逃れた友は無事家族のもとに帰ることができたのだろうか…

頭痛い、眠い、うぅうう、…でも職場に行かなくちゃ。
えぇ、大人ですから。
っつうことで、仕事です。
とても長くて辛い一日が終わりました。うえっぷ。


盛り上がれ!sudobanさんお酌なんてしてんじゃねぇ、手酌ッスよ、手酌!

自転車仲間の忘年会は総勢25名が集結し、おお盛り上がりのうちに終えました。
いつ終えたのか分かりませんが(笑)

参加者は、幹事のTETさん(お疲れさま)、
 ふぉあぁさんtake4さんDEEさんsudobanさんyuzitoさん
 tetsuさんikedaさん510さんnice1さんCarmenさん黒シャチさん
 とらさんTёki-yaさんあきらさん@大将キムライダーさん
 tokidokiさんhiroさん赤オペラさんと彼女のharuちゃん
 初めましてが、境川のmasaさんこんさんしいちょさんtanakaさん、今後ともヨロシクです。
そして僕(いちにぃさん…25人いますね)
 
初めての人、久しぶりの人、さまざまに入り乱れての忘年会は楽しかったッスね。
ブログを介したつながりだから初めての感じがしないってのがいいんでしょうかね。


歌え!TETさん、そりゃあマイクじゃねぇッス

しかし、相模川組は呑み屋でしかあってないですよ。冷静に考えれば
相模川組のオフ会は呑み屋に始まり呑み屋に終わった1年でした。
来年はしっかり走りましょう。そう「直江津集合」ですよ、境川のmasaさん(^^


呑め!中華料理屋なのに焼酎、焼酎、日本酒 @ 2:30くらい

23時に何人かの離脱者に混じって脱出を試みます。
まだ、相模線の終電に間に合う!
さささっと荷物をまとめて、コートも抱えて、
何気なく階段を降りようとしたときに大将の視線が僕を捉えた。
「まさ!お前は…」
聞こえない振りをして店の外まで…たどり着いた。
さて、酔っ払いダッシュか!というその瞬間に捕捉されてしまった。
逃げられず、戦場に骨を埋める決意ですね。
いやいや、その後も盛り上がりましたね!
自転車海苔に捧げる歌はいかがでしたでしょうか?

不思議なことに今回は眠気もなく、
記憶も2時半くらいまではありましたよ。えぇ、2時半くらいまでは…。

出入口デス 一人のお父さんの「父」としての尊厳を守るために規制が入りました(^^

また、やりましょうね。
大将、いろいろ気ぃ遣ってもらってありがとさんです。

ところで皆さんはいつ、どうやって帰ったのでしょうか?
TETさんは5時前にエントリーしてるし…(歩いて帰ったの?)

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 19 ) | Trackback ( 5 )

明日の自転車海苔大忘年会@双龍に向けて


この宴会場に時間を追うごとに自転車海苔の屍が累々と…

どうやら双龍の宴会場にはカラオケがあるらしい。
そこで、神奈川県の自転車海苔がヤビツ峠に捧げる歌として、
表ヤビツを登坂中の僕がいつも口ずさんでいる歌を紹介。
 DEEさん覚えてくるように(^^
「ラストダンスは私に」のメロディでね。

 あなたの好きな峠に 登ってらしていいわ
 やさしいダンシングも その峠におあげなさい
 けれどもヤビツがここにあることだけ どうぞ忘れないで

 134号線はお酒みたいに 心を酔わせるわ(海が見えるしね♪)
 だけどお願いね ハートだけはとられないで
 そしてヤビツのため残しておいてね 最後のもがきだけは
  表に夢中なの いつも一人で
  お約束写真の処へ 旅に出るのよ

 どうぞ走ってらっしゃい 私ここで待ってるわ
 だけど"134号線だけにしてね"と頼まれたら断ってね
 いつでもヤビツがここにあることだけ どうぞ忘れないで

 きっとヤビツのため残しておいてね 最後のもがきだけは
 丹沢に抱かれて登る
 ラストダンスぃんぐ 忘れないで


以前Gibsonさんにプレゼントした歌があるッス。
大観山オフのことを歌った歌です。
ついでに、それを少し直して…。
「大阪で生まれた女」のメロディですね。

 登り疲れた 大観山の帰り
 これで52Tも終わりかなと呟いて
 ○○○(ここは愛車の名前を)のクランクを眺めながら
 コンパクトかなと思ったら泣けてきた

 52Tで生まれた○○○やさかい
 52Tのクランクよう捨てん
 52Tで生まれた○○○やさかい
 コンパクトはようつけて行かん

 登り疲れた 大観山の帰り
 箱根旧道で両足が攣ったオフ

 たどり着いたら 既に下山の準備
 両足のクリートを外したけど また付けて
 椿ラインの傾斜を思い出しながら
 終わりかなと思ったら泣けてきた

 52Tで生まれた○○○やけど
 52Tのクランクを外そう
 52Tで生まれた○○○やけど
 コンパクトでついて行こうと決めた

 辿り着いたら 下山の準備
 20kmの登りに両足を震わせたオフ

 52Tで生まれた○○○が今日
 52Tをコンパクトにするけど
 大観山は今日も活気に溢れ
 またどこからか52Tで人が登る

 振り返ると そこは灰色の道
 中年のプライドを 置き忘れた道
 中年のプライドを置き忘れたオフ


お粗末さまッス。
ってことでこれが歌詞カードですのでみんなで熱唱しません?

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

GIANTくんと快速2000円号


日曜日23時現在、ちょー筋肉痛ッス

昨夜はクリスマスっつーことで焼肉パーティっすね。
ボクシングの試合を観戦しながら肉をたらふく食いました。
僕らは観客でありボクシングの選手そのものであり…、

Wiiって面白いかも。

妹のボディブローが、親父の兄貴74歳の腹に決まる。
義弟のストレートがうちの母親の顔面を捉える。

実生活じゃありえませんねぇ。
大爆笑です。

で、僕は息子と対戦しますが、左肩があがらないので左はガード専門です。
かといって子どもに負けるわけにはいきません。
右で連打ッスよ。大人の厳しさを教えなくちゃいけませんね。
1R、最初にダウンを奪ったぜぇ、ふぅふぅ…。
終盤に僕がダウン。拮抗したいい試合です。
しかし、2R目に息子のストレートが顔面に炸裂!
続けてボディが腹に決まって、うずくまるようにダウン。一気に10カウントで負けッス。
なんだか、5年後の実生活を占うような嫌な予感…。

再戦を申し込みますよ。
「お願いだ、お父さんともう1回勝負しよう!」
亀田ばりにヒット&アウェイ作戦で勝ちに行きましょう。
しかし、僕の場合、ゴングが鳴れば止まらないッス。
ヒット&アウェイなんて忘れて、ヒット、ヒット、ヒットっす。
そして、同じく2R目にガードの間隙を縫って息子のストレートが顔面にヒットし、
何と1回転してリングにダウンです。
そのまま10カウント…うぅぅううぅ、屈辱。

3試合目、いえいえ、もう息が上がってしまい立てませんでした。
実生活じゃありえませんねぇ、なんて言ってる精神的余裕はないッス。
何だか実生活そのものですね。

そして、今、ちょー筋肉痛ッス。

GIANTくんと快速2000円号と… @ 茅ヶ崎北陵高校

今日、息子を連れて高校時代の通学路を走った。
僕が快速2000円号、息子がGIANTくんに乗った。
そう、久しぶりに、ちょっとだけ自転車を漕いだ。

隠居生活のようなGIANTくんと快速2000円号だが、
GIANTくんは大観山も駆け上がったし、快速2000円号はヤビツも登ったんだ。
本当の彼らは、とてもタフなんだよ。

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

大人二人がかりで…子どもに勝ちに行く


久しぶりに息子とビリヤード

無理だねぇ、キュー越しに球を見るまでに肩が動かない…。
ってことを言い訳にしますよ。もちろん完敗…orz

息子が友だちとボーリングに行って184を出したとか言う。
「お父さんさぁ、左肩が痛いとか言ってもボーリングぐらいはできるんじゃねぇ?」
なんて、とても挑発的なことをぬかしますよ。
一人だと心細いので義弟を誘ってボーリング場へ。

もちろんね、僕は下手ッスから、
ほら、何といっても前回も書いたけど
 こいつはまったく自信がない、生まれてこの方3回6ゲームしかやったことがない。
 20年以上前、職場の仲間と行って、3回連続ダブルガーターってやつをやった瞬間、
 「ボーリング場なんて全部火事で燃えちゃえ」と思ったもんなあ。
の人です。
お父さんがマンツーマンで子どもに凹まされるってのも、ちょっと耐えられないッス。
それで義弟を引きずり込んだわけですね。
大人の凄さを思い知らさねばなりませんよ。
大人二人のスコアで子ども一人に勝負です。

出だしの彼は、「1」の「-」…、わっはっは!

だったのに…

うーみゅ

結局、息子は201だった。
が、僕も意外や健闘して134ですよ。自己記録更新です。
義弟が98で、大人トータル232ですね…、当然大人の勝ちッス!
子どもには、まだ大人の凄さを思い知らせることができましたね。
まだまだ子どもには負けていられねッスから。


クリスマスプレゼントはNINTENDO DS Liteっつことで

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

結局、こういう運命だったのか(X'masプレゼント事後稟議)


¥28,066 @ イトイサイクル

諦めてたッスよ。
実はGIANTのサイクルトレーナーが入荷1ヶ月半待ちだとわかってキャンセルしたあと、
MINOURAのVFSならどうだろうと考え始め…、えぇと実走感4.5、静粛性5.0、負荷量5.0…
ふむふむ、GIANTよりいいかなぁなんて考えてるうちに「やっぱ欲しいなぁ」となり
一瞬気を失い、気づけば"ポチっ"としていたんだよ。
振動吸収マットとスウェットブロッカー、ディスプレイスタンドで40,000円弱。
言い訳はまだ生きていますよ。
団体交渉で最後の上乗せ回答分が、まさにこの値段!

ところが、

「入荷未定」、やっぱり…

 尚、入荷未定となっております商品は、誠に勝手ながらキャンセルとさせていただきます。
 ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

もう僕は一生サイクルトレーナーに跨ることはないんだな。
あぁ、神様分かったよ、諦めた!と全キャンセルメールを送ったのが昨夜の話。

喜多見駅からの帰りの小田急線は大概が各駅停車本厚木行き、のんびり1時間寝て帰る。
そのつもりでいたら相模大野駅で駅員に「お客さん!」って起こされちゃったよ。
相模大野止まりだったんだねぇ。
せっかくだからイトイサイクルにディスプレイスタンドを買いに行こ!と下車した。
3Fでディスプレイスタンドとニップル回しなどの工具を見ていたら、
何やらこっちを見てニコニコしている物件があるッス。
「ほれっ、ほれっ!こっちを見ぃ!」っていう視線を感じ振り向けば…

まさにMINOURA VFS!

おぉ、仮組み立てで展示してあるじゃないッスか!
こんなところにサイクルトレーナがあったっけっていうくらいの目立たない場所だ。
何度か通ったが初めて気づいたよ。

もうねぇ、「お前、こんなところにいたんか!」ってくらいの出会いです。
出会いは大切にしなくちゃいけない。
僕はサイクルトレーナなんて在庫は持たないだろうからショップにあるとは思わなかった。
それなのに、まさに彼(VFS)がいる!
一応店内を何周かウロウロして逡巡したポーズと言い訳をしますけど、もう止められないッスね。
本厚木駅行きに乗っていれば出会わなかったんだからねぇ。
相模大野で各駅に乗り換えていても会えなかったし、
ディスプレイスタンドでも買って帰るか、と思わなければ下車しなかった。
何よりも「こっちを見ぃ~」という声がしちゃったんだもんなぁ。

しかし、お持ち帰りは重かったぜぇ


ってことで自分へのクリスマスプレゼントとして事後稟議しましょう。
「1月分の小遣いをほぼ遣ってしまった…orz」なんてはじめから諦めたくはないッス
そして漕いで漕いで漕ぎ倒すぞ!

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

網棚雑誌を巡る…随筆のようなもの

昨日のランニング、夜になってじわじわと筋肉痛が攻めてきた。
階段を下りるのが難儀です。明日には攻略されてしまいそうです。
職場までたどり着けるのだろうか、不安だ。

僕は網棚の雑誌や新聞に手を伸ばすことができない。
あまり興味がないということもあるけど、これはとてもカッコ悪いことだと思っている。
たとえ乗客が一人もいない状況でもできないだろうなぁ。
ましてや駅にある雑誌のゴミ箱に手を突っ込んでる人を見ると別世界の人のようだ。
今日は若者二人のちょっとした居合い抜きのような鋭い攻防を見ちゃった。
何だかなぁ、とグッタリしたよ。
それで思い出したことがある。

随分前の話だけど…
小田急線の車内は微妙に満席という状況で、立ってる人がドア脇にいるという程度だった。
僕は7人掛けシートの真ん中に座ってたんだよ、めずらしく居眠りせずにね。
真正面の席が空いたとき、右手からお父さんが忍者のような早足で歩いてきた。
そのお父さんは、空いた座席を通り越して左手ドア脇の網棚にあった雑誌を確保した。
すげぇ!気づかなかったぞ(笑)
こういう人っていつも網棚を狙ってるんだねぇ、と妙に感心した。
雑誌を確保するとすぐに引き返して空いた席に座った。
一瞬にして座席と雑誌を手に入れたわけだ(僕からするとカッコ悪いなあ)。

そして、シートに深く座って「私は勝ち組だ」って顔つきで雑誌を広げた。

吹き出しそうになったねぇ。
エロ雑誌だったんだよ、っつうかエロ本だな。
こんなの何故に電車の中に…!という感じのエグいやつね。
もう、こっちから見える表紙と裏表紙だけでも、「アウト!だろ」と思ったもん。
結構ぎりぎりの写真ばかりの表紙に「人妻」とか「実話」とか、そんな文字が躍ってる。

その瞬間、お父さんは両脇の乗客をクイックイッって盗み見たねぇ。
わっかるなぁ(笑)
そして、ニヤッと笑い出したんだけど、嬉しくて笑ってるんじゃないよ、もちろん。
どーしよー状態ですよ。虚ろな笑いだな。
それが可笑しくて可笑しくて…。
何だろう。
100円玉かと足を伸ばして踏んづけて、手にしてみたらキャップって時の苦笑いかな。
いや、チョコボールだと思って手にしたら兎のウンコだったくらいの格好悪さだな。

パッと閉じて首をかしげたりしてますよ。雑誌があった網棚を見て首傾げたり。
少なくとも「この雑誌が私の手元にあるのは私の意思じゃないんだ」と
周囲の乗客に伝えたいようですね。
「罠なんです、これは罠なんです」とでも言いたいのだろうか?
無理だって、今さらねぇ。
雑誌を丸めてみたけど、表紙も裏表紙も凄い濃いッスからねぇ、どうにもならない。
カバンに入れたら入れたで、
「あの人、家でゆっくりおかずにするんだわ」なんて思われちゃうでしょうしね。

長かったろうなぁ、次の駅まで。
で、いよいよ次の駅という時、そう、本当のお父さんの下車駅ではないのでしょうが、
お父さんは、パッと立ち上がり何気なく雑誌を網棚に戻して下車していきました。
一瞬にして座席と雑誌を失ったばかりか、帰宅時間も遅くなったんだねぇ。

で、その空いた座席に座った大学生…
網棚に手を伸ばしちゃったよ、あぁ~あ(爆笑←心の中でね)

だから、そういうことしないほうが…(^^

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

とりあえず走ってみた

土曜の夜更けの衝動買いは、1月下旬の入荷待ちということでキャンセル。
メルマガを確認したら疋田智さんがインプレしてたやつだったね。
それでメーカー在庫までなくなっちゃったのかな?




何となくホッとしたよ。

【怪我をして114日、手術後110日目、ボルトを抜いてから61日目】
そして、高校生の特攻を受けて撃沈してから14日目だ。
いい加減運動から遠ざかっちゃった。
体重は67kgまで来ちゃったぞ。
筋力が落ちて体重が5kg増しってのは相当にヤバくて、
すっかり中年の腹って感じになっちゃったよ…OTL
メタボ君が腹の周りでくつろいじゃって、このままだと表札出して定住しかねないね。

っつうことで、ちょっと走ってみました。大丈夫かなぁ?
左肩はだらんと下げて体側に付け、膝のクッションで振動を与えないように走った。
行き先はやっぱ湘南の海だね。
家から産業道路を真っ直ぐ南下して茅ヶ崎柳島の海岸までの往復11km。
 走った距離 11.0km
 掛かった時間 1:03
 平均速度 10.48km/h

行きは28分で走ったんだけど(平均速度11.8km/h)、帰りは何度か歩いちゃったなぁ。
息が続かなかった。

そして、今太ももの前側がちょーヤバいッス。
振動を与えないように膝のクッションを使って走るって、下り坂を走る感覚に似てるんだ。
約2ヶ月ぶりにあいつが来る!それも明後日だ!

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )

夜中に一人で起きていると…

夜中に一人で焼酎のお湯割り片手に起きていると…



何かが憑依することがあるんだなぁ。以後気をつける、まる
まぁ酔ってたわけじゃないんだけど、気持ちがでっかくなる。
団体交渉で最後の上乗せ回答分が、まさにこの値段!という素敵な言い訳を考え付いた。

朝、注文確認メールを見て、ちょっといろんなことを反省する。

まぁ手遅れッスね。

 アルミフレーム&無段階負荷調整を採用したオートトレーナー
 オートトレーナーの無段階調整は、回転数に応じて滑らかに負荷が変化し、
 より実走感に近いトレーニングが可能になります。
 簡単装着スナップ式クイックレバー

ということだが、それがとてもいいことなのかフツーのことなのか分からない。
誰かのインプレでも読めばいいんだけど、面倒だし…
疋田智さんがメルマガに書いてたヤツだろうか?

ディスプレイスタンドも買ったんだよ。
持ってないわけじゃないんだよね。
この簡単な奴(MINOURA DS-30BLT)ね。

ロードと一緒にこれを買って2回目くらいのメンテナンスの最中だったなぁ。
ちょこちょこディレーラ調整をしてたんだけど、
「よーし、OKかな?」と
馬鹿なことに何を思ったか自転車に跨っちゃったんだよねぇ。
当然、バキンっと音がして、ガクンと自転車が地面に落ちて…

ホルダーが割れちゃったわけ、って当たり前だよ。
1500円くらいだったから、また買えばいいんだけど何だか悔しくて…

1年半越しに買ったぞ。

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

自転車海苔の忘年会の予行練習@双龍


12/27(水) 双龍@相武台前…本番まであと11日

忘年会の告知&参加表明は、ここです。
 『相模川組忘年会のお知らせ。v(^o^)v』 by TETさん
告知には
 >北京料理・双龍 @ 小田急線相武台前駅徒歩1分
と書かれていますが、「徒歩1分…?、んなワケねぇだろ」と思い、
皆さんが、忘年会会場にたどり着く前に遭難しちゃうことのないよう確認に行ってきました。
それが昨夜の話です。

で、今朝、目が覚めてびっくりです。
自転車乗ってた頃は前の日に呑んでも5時には起きる人でしたね。
天気と相談しながら、OKをいただければ出撃ッスよ。
つまりは「二日酔いは走って治す!」

最近は乗ってませんので堕落してしまいました。10時37分起床。
何だか目の前が霞んでいますが、コンタクトしたままッスね…とほほ。
だけじゃなく、妙に暑いわけですが…
Σ( ̄口 ̄;; ダウンジャケット着たまま寝てました。
こういうときは毎度不安になるのですが、布団の中で足先を動かしてみます。
えぇと…靴は脱いでいるようですね (´▽`;)ゝ
とりあえず今まで靴を履いて寝てしまったことはないのですが、
近い将来そんな日が来そうで怖いッス。

(゜σ゜) はて、どうやって帰ってきたんだろう?
相模線に乗ったのかな?

布団に入ったままデジカメをダウンジャケットのポケットから出して、手がかりを探します。

この車に乗った…

思い出したよ、酒を呑まないTёki-yaさんが送ってくれたんだ。
「このステップの高さは酔っ払いには優しくない!」と思ったんだ。
ありがとう。Tёkiちゃんがいなかったら今頃僕はどこにいたのか…。

さて、双龍の予行練習ですが、TETさんふぉあぁさんも来てくれました。
ふぉあぁさんは土曜日に海釣りだとかで、呑みませんでしたね。
呑まないふぉあぁさんを見たのは今日が初めてかもしれません、びっくりです。
 さらに昨日の予行練習の議事録メールが届いて二度びっくりです。
 呑まなければ誰でも議事録が書けるということを学びましたねぇ。
 忘年会の詳細は改めてTETさんのブログでアップの予定です。



2階の大宴会場は収容人数45名、奮って参加表明を

まずは「徒歩1分」の真偽ですけど、1分では駅のロータリーも抜けられませんでした。
双龍にはロータリーに土地を買って、店を移転してもらうしかなさそうです。
結局、双龍まで4分30秒というところでしょうか、ね。
走れば3分、全力疾走で2分、匍匐前進で20分くらいでしょう。
ただし運が悪いと車に轢かれます。


写真が下手だなぁ、双龍の大将に怒られるな

いやぁ、金曜の夜ということもあり、双龍は満員御礼状況でしたね。
料理はマジ旨いんだよなあ(写真が下手ですまねぇッス)。
他にも何品か出たんだけど、テーブルに置かれた瞬間に箸つけちゃうから写真を撮れず…。
この3品も反対側は既に箸がつけられてるッス。

やがてとらさんやTёkiちゃんが駆けつけ、あきらさん@大将の手も空き、
焼酎ボトルがテーブルに出てきて、
この辺りからまったりと、そして怪しく記憶をなくしていきました、とさ。

予行練習だったんだよね。
今回は記憶をなくしてもTёkiちゃんが送ってくれた。
当日はTёkiちゃんも呑んじゃうわけで、
予行練習から学ぶべきことは、27日は一人で帰れるか、ということだな。

「(≧∇≦;) 厳しー!

金曜日のアクセスIPは431(閲覧数895)、やっぱ100IPくらい減りましたね。
「あぁ湘南」「湘南の夜」「自転車通勤」
そんな検索ワードの組み合わせで入ってきてくれた人が20件くらいありました。
みなさん、ありがとう。

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

アクセスIP数とブログランキングと…

【怪我をして110日、手術後106日目、ボルトを抜いてから57日目】
年内のリハビリ中止です。そして、再び鎖骨固定バンド。
靭帯がどのようになっているのか、状況はわからないんだよなぁ。
体の中を見るために切っちゃうわけにはいかないッスからねぇ。
まぁ、靭帯が3本ともイカレちゃえば外からも明らかなんだけど…、それはない。
何もしなければ痛くはないんだけどねぇ。
動かし方によっては凄い違和感、というか引き攣るような痛みッス。
肩の中で小っさい人が駆けずり回ってるような感覚、って言っても分からないッスよね(笑)

ってことで、年内にもう一度自転車に乗ることはないだろうし、年明けも厳しいかな。

この日のエントリーから始まったんだ。

関戸橋@7:00、ここまで36.2km(1時間33分、平均速度23.5km/h)

4月14日、「クロスバイクは迂闊に抜かすな!~ママチャリ通勤 100.76km」の最後でこう書いている。
 「今日のアンタは頑張ったねぇ」と思った人は洒落で押してみてください。
 いつもはお任せのランキングで30位前後をうろうろしてますが(4/14 18:00 26位)、
 おねだりするとどんな感じになるんでしょうね。


そして、4月17日には8位に入ってしまった。

今、僕のブログへのアクセスは、
 ・IP数で500前後から600までを推移しています(閲覧数では800から1500くらい)
 ・そのうちブログランキング経由で入ってくる方が100人から120人くらいいます

さらに、ブログランキングの平均週間INが1400Pとすると、自分の70P(10P×7日)を引いて
 ・毎日平均で19人の方がポチっと応援してくれています(本当にありがとうございます)

早々の復帰がなくなった今、僕は悩んじゃったわけですよ。
ブログランキングから入って来られる100~120IPの方たち、
僕のエントリーを見ても自転車に乗ってないし、今後もしばらくは乗れない。
他にもこの冬に走り、エントリーを続けてる人がたくさんいるのに、「何じゃお前は!」と。
で、ランキングから撤退しようと思ったッスね。
ただ、何も言わずに撤退しちゃうと、
自転車に乗れない僕でも応援してくれる平均19名の人たちに申し訳ないような…。

だから、こんなグダグダしたエントリーをしてるわけです。
「ブログなんて個人の日記だから勝手に降りればいい」とも思うけど、
僕はブログで見えない人とコミュニケートしていたつもりだったから、
まぁ、つまりは自分にけじめです。

そうなんだよ。
ランキングの上位に入ってから、僕は自分の身の丈以上のロングライドをしてきた。
浜名湖300kmや直江津400km、房総半島445km、みんなブログランキングが走らせてくれたんだ。
アクセス数を見るたびに見えない人たちとコミュニケートしてると思った。
今でも毎日、これらのライドの閲覧数が10P近くあるというのが嬉しい。

とりあえずいったん休止しました。
ただ、ブログは続けますし、日々のエントリーも細々とやっていきます。
日記だからね。
で、下のブログランキングのバナーは当然ランキングに反映されません(笑)
ただ、ある日これを押したときに自転車カテゴリーにリンクが飛んだとしたら、僕はヤル気だ(笑)
その日から再び応援をお願いします。

 ここをクリックしてくれたみなさん、ありがとう(ご挨拶です)。
コメント ( 25 ) | Trackback ( 0 )

I give it up...

【怪我をして109日、手術後105日目、ボルトを抜いてから56日目】


いよいよアウト当確です。
間に合う、間に合わないとかではなくアウトです。
詳しいことや僕の思いは明日エントリーをしようと思う。

僕はブログランキングの自転車のカテゴリーにエントリーしている。
本来が自転車通勤100kmオーバーのブログだからだ。
さらに、ロングライド、ツーリングのブログだからだ。
ランキングは、みなさんの応援があって10位以内をうろちょろしてました。

怪我をしてからも、もうすぐ復活するんだという思いでこのカテゴリーにいた。
そして、真面目にリハビリをこなしてきた。
3ヶ月を前後して、湘南平、三浦100km、丹沢ヤビツツーリングと着実に走り始めはずだった。
 ◇ふたたび湘南平へ
 ◇三浦半島一周は軽く挫折 ~ 一から出直しだね
 ◇丹沢の紅葉には間に合ったぜぇ~84.2km
しかし、…12月4日にアクシデント。
 ◆特攻高校生の前に敢えなく轟沈 ~怪我から100日目の出来事
そして、信じたくなかったアウトが今日、確定です。

まぁ、仕方ないと諦めましょう(^^;
 14th Dec. 5:40a.m.追記
 自転車乗るのを投げちゃうとか自暴自棄とかじゃないです
 ちゃり猫さん、グレスさん、すみませんf^^;
 もう少し時間がかかるなぁ(年内復帰宣言してたからなぁ)、ということと
 ブログランキングへの一時的な始末のつけ方です(御礼とお詫びッスかね)


相模川組の忘年会が12月27日19時から『北京料理・双龍』でやりま~す!
よく知ってる人も知らない人も相武台まで来られる人なら誰でも大歓迎です。
詳しくは、TETさんのブログの告知エントリーを待って、コメント欄に参加の表明を!

 押してくれていた皆さん、今日は空振りです。明日には改めて御礼を…
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

週末徒然日記~2(ゆとも&こづゑ家大爆発)

【怪我をして106日、手術後102日目、ボルトを抜いてから53日目】

今日は自転車メンテナンス

参考書を片手に可能な限り分解してみた。
ハブやヘッドパーツなんてのも分解洗浄して、グリスアップしたッスよ。
鼻の穴も膨らんじゃって、ひとりでできるもん状態ですよ、もう。
パーツがピカピカになるって何だかとても気持ちいいですね。
どこかへ走りたくなった。だけどね、肩がやっぱ駄目ッス。

■神田川組決起集会■
土曜日は、ゆとも&こづゑ家の『神田川組決起集会』に呼ばれてきました。
参加者は、ゆともこづゑ夫妻(当たり前ッスね、ホストです)、
tokidokiさんTakさんショーゴくんさいとうさん&ゆうこりんGibsonさん
ussyさんソッシーさん鹿之助くん赤オペラさん&haruちゃん
初めましては、ジークフリートさんひととせさん、いっしーさん、
相模川方面からは、TETさんと僕…、ということらしいです。18人ッスかっ!すげぇ。
  
相模川方面…、takeちゃんもふぉあぁさんもDEEさんもDNSです。
僕とTETさんだけ…、非常に危ないですねぇ。
3歳児と4歳児の兄弟を東京まで二人旅に出すようなもんですから。
どうやらTETさんの奥さんは子供と賭けをしたようです。
僕とTETさんの二人だけで中野区まで飲みに行って無事に帰ってこられるか!
賭けは不成立だった模様ですね。

あのさぁ、飲む前からそんな話されちゃ緊張しちゃうべ(笑)

17時スタートですけど、はやる気持ちを抑えきれず(ウソ)14時には着いちゃいました。
早速ビールで乾杯です。その後、続々と自転車仲間が集結します。
バックでは4時間延々と世界選手権のビデオ。

お取り寄せ大会がテーマですね。僕は生牡蠣8パックを宅急便で送っときました。
それぞれのお持ち寄り品とお持ち寄りの酒で大盛り上がりッス。
さいとうさんがホタテを焼いたり(って僕食ってないな)
こづゑさんが生牡蠣にちょいと熱を加えてレモンを絞ったり(生牡蠣食えねぇッス)
ゆともさんが焼き鳥を焼いたり(って僕は食ったかな、記憶にないな)
とん漬けは絶品だったねぇ(これは食った)

楽しいッスねぇ。

部屋に入りきりませんよ、座卓の周りは立ち飲みです。でも楽しい!


突然僕の目の前でTETさんとTakさんが土下座して「申し訳ございません」と
お互いに額を床に擦り付けあってましたが、意味がわからなかったッス。
Gibsonさんのエントリーを見て、BPS(ビールポイントシステム)が実は破綻していたことの
カミングアウトと詫びだと知る。(写真はGibsonさんのエントリーから)

何だかもう部屋の中が爆発状態ッスね。
別室からはシューという音が聞こえる…

犯行現場…Takさんがゆとも号のエアを抜いていた(爆)

果てしなく宴は続く…と思われましたが、何故かTETさんと僕の目が合いますよ。
どちらともなく「そろそろ帰ろう」…って言ったッス。
僕は前日にね、「お先に失礼します」という言葉を学んだんだよ。
やっぱ、父ちゃん(ふぉあぁさん)も母ちゃん(Takeちゃん)もいなければ、
3歳児だろうと4歳児だろうと、しっかりしなくちゃと思うんだね。

宴もたけなわの頃、僕とTETさんが最初に離脱です。最初です、最初!
こんなことが、かつてあっただろうか。大体ねぇ、起きてるってのが不思議ッスよ。

幼い兄弟はタクシーで新宿を目指します。小田急線始発で座っていく作戦!
相模線の上りには余裕の時間だね。無事に帰れるよ。
僕らが乗った急行は微妙にちょこちょこ座席が空いていた。
んな中に2人分並んで空いている座席発見…罠ッスよね。

暖かなシートに座った瞬間、幼い兄弟の今日一日の緊張が緩んじゃいましたねぇ。
…終点の秦野です。どちら様も…

やっちまいましたよ。


あ~あ、です。

相模線への乗り換えは不可能となったわけですね。
慌てて反対ホームに向かうと、まだ上り列車はあった!
秦野止まりで良かったよ。小田原とか箱根湯元じゃ洒落にならねぇ。

幼い兄弟が「やっぱ父ちゃんや母ちゃんがいないと駄目だなぁ」なんて話していると、
23時56分に携帯電話の着信音です。Takeちゃんだよ。

で、開口一番
「TETさんと二人で遭難しましたね」(みたいなことを言ったぞ)
「えっ?えっ?」頭の中がぐるぐる回る、読まれてるじゃん。

会話を進めていくと妙にリアルです、まるで僕らの動向を目の前で見ているようだ。
と、思ったらTakeちゃん、だよ。目の前で見てたんだねぇ…

やっぱ母ちゃんはすげぇや、子供のことをちゃんと見てる。
っつうか、最後の最後を見られたってのが、とても悔しいッス。

惜しかったなあ、最初にゆとも家を離脱したまでは良かったんだけどねぇ。
本厚木駅からは迎えに来たTETさんの奥さんが僕を送り届けてくれました。
こんな酔っ払いのために夜中にすみませんね、ありがとうです。

ゆともさん、こづゑさん、そして自転車海苔のみなさん楽しい時間をありがとう。
春にはまたみんなで走りましょうねぇ。

◇本日の自転車◇
バーテープを青に戻しました。乗りたいなあ…

0.00km

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 14 ) | Trackback ( 4 )

週末徒然日記~1(漫画の世界じゃなかったんだ)

【怪我をして106日、手術後102日目、ボルトを抜いてから53日目】

手術後101日目の写真、ボルトを通してた穴が残ってる


かつてこんな恥ずかしい目に遭ったことがあるか
金曜日は職場の飲み会@つつじヶ丘。
土曜日朝一番で病院に行かなくちゃいけないですから無茶はしませんよ。
絶対家にたどり着く!というのが至上命題です。
いつも中生をカパカパいっちゃって自滅しちゃってます。
1回から9回まで150kmの直球だけで勝負するようなもんです。完投できるわけない。
この日は最初に中生ストレートを見せ球に、以降焼酎のお湯割りですね。
まぁ結局、嘱託さんと2人でボトルを空けちゃいましたけど…。
そして、7回の表で自ら監督に申し出て降板ですよ。
「お先に失礼します」…この言葉って何年ぶりに言っただろうか…。
大人になったものだと自分に感動です。
一人になって自分の酔っ払い度を確認します。
えぇと、片足では立てませんね、非常に難しいッス。酔っ払い度75%でしょうか…。
自分がどこにいるのかは分かったよ。携帯電話で乗り換え確認もできた。
23時32分に寒川駅に着くんだよ。
こんなことができる自分、大人になったものです。進歩ですねぇ。

相模線のドアには開閉ボタンがついています。

相模線は単線ですから、いくつかの駅で上下線が交換するわけです。
3分とか5分とか平気で停車しちゃうんですよ。
だから冷暖房の空気を逃がさぬように開閉ボタンがついてます。

降りる人が『開』を押してドアを開け、乗り込む人が『閉』を押す。
ドア閉まる、車内暖かなまま、みんなホカホカという素晴らしいシステムです。
でもね、乗り込む人がいない場合はドアが開いたままになっちゃいますよ。
開いたまま3分とか5分とか放置されちゃうんです。

金曜日の僕は酔っ払い度75%ながら冷静でしたねぇ。
前から3両目の真ん中のドアは降りる人が僕しかいない、で、ホームで待つ人もいない。
(寒川駅は、階段のある1両目と4両目に人が集中する、3両目は香川駅下車の人ばかり)
こんなときは思いやりを持ってスマートに行かなくちゃいけない。
つまり、『開』を押してドアを開け、列車を降りる瞬間に『閉」を押す。
エレベーターでも、自分しかその階で降りる人がいなければ、『閉』ボタンを押して出る。

『開』を押して、『閉』を押す。

ガン!

「(≧ロ≦;) あたたたた、
ちょ~~タイミング早すぎて、ドアが開ききる前に閉まっちゃった。
挟まっちゃいましたよ、しかも首ッス。
正確に言うと、頭と右足が車外です。体と左足は車内です。
こんな挟まり方って漫画の世界じゃないかと思ってましたが、
頭を車外の冷気に晒しながら「現実に起こっている」と実感しましたね。

電車のドアって挟まると開くと思ってるでしょ。
大きな間違いです。開きません。
ドアは車掌が開けるんですね、多分。そう車外の頭が考えますよ。
局所的に勝手に閉めたドアの面倒まで見てくれませんね。
前にも後ろにもいけませんねぇ、首が抜けません。
右足も外で良かったよ。首だけじゃヤバイって。

車内の様子がわかりません。ちょーwwwww恥ずかしいッス。
ボタンだ!ボタンで開けなくちゃいけない!っつうことで右手でボタンを探ります。
可笑しかったろうなあ、乗客はさ。
頭が車外状態で挟まっちゃった人が、右手でボタンを探ってるんだぜ。

ようやく『開』ボタンを探り当て、ドアは開いたんだけど
もう、周りを見る勇気はありませんでしたねぇ。ちょー早足でホームを去りましたよ。

寒川駅23時32分発上り列車の3両目で首が挟まってた人間を見た人。あれ僕です。
やっぱ酔ってたんですね、酔っ払い度は90%くらいだったのかな?
首だけ挟まるって、随分前のめりの歩き方だもんねぇ…

帰る道々一人で爆笑ッス。

土曜日は多少の二日酔いはあるもののきっちり目覚めて、病院に行ってきた。
肩の具合は、恐らくおおごとにはなっていないだろうということです。
だけどねぇ、一向に違和感が抜けないんだよなあ。
稼動範囲も小さいし、引き攣っているんだ。

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

クララは立ったが

【怪我をして103日、手術後99日目、ボルトを抜いてから50日目】

僕は確かに走り始めたはずだった

クララmasaはそれから毎日毎日、痛みをこらえて一生懸命リハビリに励みました。
腕を上げること、サウナでマッサージすること。
でもなかなか腕は思うように上がりません。
みんながmasaに「いつ走れるようになるの?」と聞きに来るので
masaはとうとう泣き出してしまいました。
「もし走れなかったらどうなるの?」
やがて、心も荒みはじめます。
「いいさ、一生走れなかくてもいいさ。」
もう辛抱足りませんから…
「僕はもうリハビリなんてしない、酒飲んだくれちゃうもん。」
そう言ってmasaは焼酎お湯割りを前に泣き崩れるのでした。

ある日徒歩でヤビツ峠に登ったときに"ヤビツの杉の木"がこう語りかけます。
「masa、事故したときは芋虫のようにのた打ち回るだけだったね。」
「…」
「しかし、今こうやってお前は峠まで歩いて登ってきた。」
目に見えては進歩しない、50日も経ってしまった。
でもさ、いつ走れるかなんってどうでもいいじゃないか、そんなこと気にしないで頑張るんだ。
さあ、勇気を出しなさい。そう、語りかけてきた。
「ヤビツさん、心配かけてすみません、僕頑張ります」

ヤビツの夏も終わり、やがて冬の足音が聞こえる頃、
masaは何とかポタリング(80日って言ったら、あ~た、そらも~)ができるようになっていました。

しかしもう少しのところで恐がってしまいmasaはなかなか一人でロングライドに出られません。
転ぶことを恐がり、ちょっとした理由をつけてリハビリをやめ、
隙を見ては焼酎のお湯割りに逃げようとする弱気なmasa。
そんなmasaを見たハイジは泣きながら、
「masaのバカっ! 何よ意気地なしっ!っつうか酔っ払い!」
きついッス…
「masaの甘えん坊! 恐がり! 意気地なし! どうしてできないのよ!」
くぅう
「そんなことじゃ一生走れないわ! あたしもう知らない!」
そう叫ぶとハイジはmasaをおいて駆け出してしまったのです。

masaはハイジを追いかけようと思わずサドルにまたがりました。
そうです、masaは気づくと一人で再び100kmを走ったのです。

ブログを読んだハイジはmasaが一人で走っているのを見てびっくりしました。
「ハイジ…、僕ヤビツも登ったんだよ!」
masaがそう言うと、
ハイジはmasaのもとに駆けつけ二人は泣きながら抱き合って喜びあうのでした。

「クララが立った! クララが立ったのよ!」(猫ひろしじゃねぇぞ)
そのような話のはずでした、が…
駐輪場で奴が突っ込んできた。
やっぱ肩はまったく変です。力が入りづらいのと引き攣られるような感じ。
今回の刺客はさぁ…
立ち上がったクララに後ろから膝カックンを食らわしたような奴だぜ。
立ち上がって喜びをかみ締めヨロヨロと歩み始めたクララの後ろから膝カックン。

さて、いよいよ明日が手術後100日目。
職場の忘年会ですが、無事に帰れるのでしょうか(^^;

◇本日の自転車◇
自転車ブログで自転車に乗れず…
0.00km

Blogランキングに参加してます~お嫌でなければ お一つ
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ