もっと乗りた~い,自転車に!

自然の中をロードバイクで走るのが大好き。現在の愛車ははPINARELLO GAN-RS(2016)。

行ってきま~す 新潟へ!(^^)!

2017-04-21 | 自転車


自転車じゃないですけど
新潟は二度目です。とにかく魚とお米が美味しいので,とーっても楽しみ
それから,上越新幹線にしかない二階建て車両にも乗れて嬉しい。
残念なことに,もうすぐ廃盤になるのです。

コメント

ようやく桜見物"(-""-)"

2017-04-15 | 自転車

そんなわけで先週末は天候不順で土日とも雨。じゃあ今週はというと,おおむね晴れではありますが,桜の見ごろは過ぎてしまいました。
でも一度は自転車で出かけよう!!と,遅く起きた朝にゆっくりと朝食をとった後に千波湖まで軽く一走り
    
けっこう人が出ていますねー。もう皆さん半袖姿。ジョギングやウオーキングしている人が多いです。ぼくも周回道路の端をゆっくりと走らせてもらって桜見物。一部で桜がトンネルのようになっているのです。気持ちいいですねー
    
花壇のチューリップが鮮やかに咲いていました。きっ入れも良いのでしょうね。花は手入れをしている人の心の分だけ咲きますから。。。
うわ,こりゃほんとに暑い。ちゅうか南風が強いんですけど…。日差しも強いです。
もうこれは自転車ウエアも夏物に入れ替えなくちゃなあー。
Dst..38.2 Av21.6

コメント

今日も雨((+_+))

2017-04-09 | 自転車

昨日に続いての雨。雨。雨…。
土日つづきの雨。雨。雨…。
桜が見頃なのに

クヤシイなーーー。  

コメント

桜の見ごろというのに雨(*ノωノ)

2017-04-08 | 自転車

水戸でもようやく桜が見頃になっているというのに,今日は朝からしっかりと雨。
曇り空の合間を縫って…という間もないくらいの雨…。
いかんともし難いです。
予報では明日も芳しくない。なんてこった

コメント

水府の湯草はまだ梅が満開(#^.^#)

2017-04-02 | 自転車

そんなわけで今日は久しぶりに,じもてぃー水府を走ろー!。朝は思いきり寝坊して0900にスタート。まだ北からの風が冷たいなー。それに朝から結構な強い風…。東京では桜が満開だそうですが,このあたりはまだまだですよ。
      
久慈川⇒山田川と繋いで旧水府村へ。20キロちょい走ったところで右膝が痛くなってきました。ヤバーイ( `ー´)ノ。実は先月那須へ登ったときから痛いのです。しばらく自転車お休みしてたのに,乗ったらまた痛いなんて!!しかも往路のまだ途中ですよ…。
    
でもそこは痛みをごまかしながら先へ進んでしまいましょー。ちゅうことで高倉⇒湯草の集落へ到着~。
この辺りはまだ梅が満開。キレイだなー。一本の同じ木から色々な色の梅が咲いている木を発見。クローズアップで写真に収めてみました。
    
僕はいつものように湯草の分教場へ上がってしばし周辺を散策。かつての校庭は立ち入るひとがいないから,土がフカフカ。踏む感覚が実に気持ちが良いです。本来の土ってこんななんだろーなと思いますね。
    
ここで折り返し。復路は膝の痛みが増して大変でした。力を抜いていても,脚が回転するだけで痛い。こりゃ今までで一番痛かったかも。明日仕事場で足を引きずるような歩き方をしている人がいたら,それはワタシです(笑)。
Dst.81.2 Av19.6

コメント

車両の下は…

2017-03-26 | 自転車

こうなっています

コメント

自転車も好きだけど鉄道も好き(*^。^*)

2017-03-25 | 写真

こんなところへ行ってきました( ^)o(^ )。

この写真で場所が分かってしまう人は,かなりの鉄道フアンですね。

コメント

もう,ずっと読んでいます。

2017-03-21 | 写真

もう,ずっと読んでいます。
展覧会で買ってきた草間彌生さんの画集を。
首っ引きで…。 

画集を「読む」というのも変かもしれませんが,この画集は文章も多いし,何より絵を見ることが草間さんの心の中を読む行為であるから,画集を「読む」で良いのです。 

コメント

草間彌生展「わが永遠の魂」@国立新美術館

2017-03-18 | 写真

初めて草間さんの絵を観たときに,僕はとても引き付けられました。

初めてなのに初めてでないような不思議な感覚。
激しい色調なのにとても癒される感覚。



草間さんが幼いころから幻覚に悩まされていたという話も,「そうだろうな~」と思いました。草間さんの表情を見ているとうなずける。

きっと草間さんは自分の中から迸るようにイメージが湧いてきて,それを絵にし続けることのみでしか精神のバランスを保てないんじゃないかな。


草間さんの絵に吸い寄せられるようにして,六本木の展覧会に行ってきました。
素晴らしかったです。 会期中にまた行きたい

コメント

いわき湯本で極上の刺身&温泉で温まったよ(駅の足湯もイイね)

2017-03-13 | 自転車

そんなわけで今日は久しぶりにいわき湯本へ行ってみよーー。ってコトで,0600起床⇒0730スタート。花粉で目は痒いし,大型車に幅寄せされるし,排ガス吸わされながらR6を北上すること約80km。ちょうどお昼に現着しました
    
まずは湯本いちばんの魚の店「海幸」にIN。ちょうどカウンター席が一つ空いていたので運良く座れました。人気No.1の「海幸刺身定食(1940円)」を注文です。この刺身のボリュームが半端じゃない。まさにテンコ盛り!しかも抜群の美味しさ
    
どれも美味しいですが(それに切り身が大きい),特にヒラメのエンガワ、シメサバ、ホタテ、甘エビ、カンパチが素晴らしい。一品一品,魚の旨味と甘味が口のなかでフワーと広がってシアワセ~。これを食べられただけで今日は星三つだなぁ。
    
食後は「石炭化石博物館」へ。僕は地質にも興味があるので実はウキウキ。古生代に形成された常磐炭田と,この近辺で見つかったクジラや恐竜類の化石の数々は,見応え十分でした。状態が良いものが多いし,展示品を手で触れる(実物も!)のがここの特徴ですね。お次は「さはこの湯」で暖まりましょう。
    
源泉掛け流しの硫黄泉は少し熱めですが,不快な熱さじゃありません。しかも結構な時間入っていてものぼせないし,湯疲れしない。良いお湯だな~。
帰りには湯本駅のホームにある足湯に30分ばかし浸かったあとに輪行のヒトに。いやあ~~,極上の刺身と温泉を愉しめた今日も楽しかった
Dst.86.2 Av20.9

コメント

この味とこの量で1940円は…(*^。^*)

2017-03-12 | 自転車


安すぎです。ありえないくらい…

コメント

史上最強の刺身定食(^O^)/

2017-03-11 | 自転車


今まで自分が食べた刺身定食のなかで,群を抜いておいしかったです
魚って本当においしい…。
本当に美味しいものを食べると,心身ともに幸福感に包まれますね
クリックで拡大します。どうぞ目で味わってみてください。
これ,一人前です。

コメント

自転車で白銀の世界へ行くのはサイコー( ^^) _U~~

2017-03-04 | 自転車

ヒャッホー冬も終わりに近づいているので,ドーンと雪山を見に行ってきました。0530に起きてクルマに自転車を積み込んで出発GOGO。某所へクルマを置いたら,自転車を組み上げて那須岳へGO。空は青く澄み渡り,東からの太陽に照らされた白い那須連峰のなんと美しいこと
    
いつものように湯元の温泉街⇒殺生石を過ぎたら,旧ボルケーノ・ハイウエイ。追い抜いていくクルマも少ないので,ほぼほぼ景色を独占状態。展望台で休憩してたら,キレイな女性に声を掛けられました。「え?自転車なんですか」「これから上ですか?下ですか?」と。
    
標高を上げていくと,みるみる雪が深くなっていくのが面白いです。でも道路は除雪してあるので快適に登れるのが,これまた楽しい。スキー場を超えたところで路面が積雪していましたが,自転車を担いで行っちゃいました。
    
そいでもって県営大丸駐車場へ到着~~。標高は1,270m。自分の脚で1,000m登りました~。僕はお茶屋で休憩。お汁粉を注文すると,気のいいおばさんが自家製の漬物も出してくれましたが,これが美味しいのなんの…。
    
帰りしなに「おいくらですか?」と聞くと「450円だけど自転車の人は400円です」と。来るたびにそう言ってくれます。僕は休憩後にも写真撮影。青い空に白い雪が映えてほんとに気持ちがいいなあー。駐車場には山から下りてきた登山姿の人も多いですね。雪山は気持ちいいだろうなー。
    
帰りはほとんど下り。僕は温泉に入りたかったので,ちょっと足を延ばして板室温泉・幸乃湯へ。お湯の量が半端じゃなく,滔々と溢れる掛け流しの露天風呂は最高でした。クルマに戻ったら一休みして帰還。帰り道は若干眠かったけど,無事に帰還いたしました。また行きたい
Dst.77.2 Av17.9

コメント

この先通行止め(*^。^*)

2017-03-04 | 自転車


那須岳県営大丸駐車場にて。
クリックで拡大します

コメント

今季最高の気分(@^^)/~~~

2017-03-04 | 自転車

ええ,自転車ですよー。登れました(お前はア〇か?)。この地点の標高は1,260m。自分の脚で1,000m登りました。気持ちヨカッタ~。
間違いなく今季最高

(クリックで拡大します。雪の質感を…)

コメント