もっと乗りた~い,自転車に!

自然の中をロードバイクで走るのが大好き。現在の愛車ははPINARELLO GAN-RS(2016)。

定時で上がって夕どきラン55㎞( ^^) _U~~。

2016-07-28 | 自転車

そんなわけで,今日も仕事を定時で上がって(( ^^) _U~~),自転車に乗ってきました。
今日で関東地方は梅雨明けしたのですが,いまひとつパッとしない空模様。ですが自転車に乗れば爽快そのもの
半袖半パンに,夕方の湿度を帯びた空気が気持ちよいのです。
    
久慈浜海水浴場で「脚だけ海水浴」をしてきました。これ,自転車で火照った身体にはすごく気持ちがいいし,空冷とは違って強力な水冷効果によって血液が冷やされるので,一気に身体がクールダウン
カーッツと暑くなった日にはサイコーに気持ち良いのです。さあ,ドーンと暑い日来いや~~。
Dst55.7 Av24.7 

コメント

相馬の野馬追い~甲冑競馬と神旗争奪戦に興奮~

2016-07-26 | 写真

さて二週続いての福島入りです。今週は南相馬市で行われる「相馬野馬追い」へ(クルマで)行ってきました。ずっと観たかったんです。念願叶って嬉しいo(^-^)oです。相馬家の祖とされる平小次郎将門が一千年以上昔に軍馬の祭礼として始めたのが由来とされるこの祭り。
    
三日にわたって行われるうちの今日二日目がメイン。甲冑競馬と御神旗争奪戦が見所です。
会場に着いてみるととにかく広い!こりゃすごい!すでに沢山の馬が化粧仕立てをして馬場に準備していますよ。競馬が行われる馬場は一周1000メートル。古式に則った式典が行われたあといよいよ甲冑競馬の始まりです。
    
色とりどりの旗り(のぼり)を立てた馬が10頭立てでスタート。カッコイイなあ。僕が陣取ったのは第一コーナーの近く。地面を蹴る蹄の音が近づいてくるとゾクゾクと興奮します。画的にも大迫力です!うわぁーこりゃすごいなー!全部で6~7回出走したから見応えも十分。
    
お次は神旗争奪戦。広い馬場に集結した100頭くらいの馬が花火で打ち上げられた神旗を奪い合うという競技。これまたすごい迫力です。騎手が頭から落ちて救急車で運ばれる事故も発生。甲冑は付けてますが頭は何も被っていませんから実はかなり危険です。
    
1430に競技は終了。福島の名産である桃(あかつき)を買って帰途につきました。次回は自転車で来たいな\(^^:;)。それには国道6号線の二輪車・歩行者通行禁止区間が解除されて通れるようにならないとなあー。 

コメント

定時で上がって夕方ラン39㎞(#^^#)

2016-07-25 | 自転車


とゆーことで,今日は久々に定時で上がって(週の初めなのに大丈夫なのか??),心地よい風の中を走りに出ました。
夏の夕涼みランって本当に気持ち良い。カバー類を外して半パン半袖で走るのはこういう時だけなので,いっそう素肌に夏の空気が心地良いですねーー。
Dst39.3 Av24.1 

コメント

今週も福島入り~相馬野馬追~

2016-07-24 | 自転車

 
詳細は明日以降に・・・

コメント

いわき湯本の硫黄泉(源泉掛け流し)に入ってきた(#^.^#)

2016-07-18 | 自転車

さてそんなわけで三連休の三日目は,いわき湯本の温泉に入りに行くのです。片道約80キロ。早めに出ればお昼時には着くでしょうと,7時過ぎにスタートしました。
R6をググっと北へ。幸いに海からの北東風が入って涼しいです。日立の市街地を抜けるといっそう涼しく,気温計は25度
           
ちゅーコトでちょうど12時に湯本駅に到着。昼食は食べログで調べて評価抜群の「海幸」へ。初回なので無難に「刺身定食(1200円)」を注文しましたが,期待以上のクオリティー。
どれも切り身が大きくて美味しいのですが,特にサーモンは格別。ボタンエビとイカもヨカッタなあ
ご飯お替りしましたがサービスでした(嬉しい)。
    
お次は源泉掛け流しの公衆浴場「さはこの湯」へ。220円を払って硫黄泉の湯へ入ってみると,とにかく熱い源泉は60度ですから。ですが,不快な熱さではなく,ピリリと心地良い熱さ。肩まで浸かってものぼせない。あら不思議~
    
途中「温泉神社」なるものを発見し,行ってみると,源泉が流れていて湯の花が石にくっついてるじゃないですか。これは面白い。硫黄の匂いもしっかりとします。温泉街だなあ。

ひと休みしたらやはり公衆浴場「みゆきの湯」へ。こちらは加水して湯温を41度に下げています。なるほどこれならゆったり全身浴できる~
湯上りに自転車でマッタリと街を流すのが気持ちいいなあ
    
またまたひと休みしたら今度は足湯へ。街中と駅周辺で三ヶ所ありましたが,僕は駅前の足湯へ。そしたらこれが今日いちばんの熱さものの5秒も浸けていられないです。
しかし不思議に浴後はさっぱりして気持ち良いんだなー。それと,駅のホームにも足湯があるのには驚きました
帰りは常磐線で電車の人に。ああ楽しかった~~

Dst82㎞くらい(キャノンデール号はサイコン壊れているので・汗) 

コメント

サクッと湯草まで

2016-07-17 | 自転車


そんなわけで今日は曇天のなか,サクッと走ってきました。
久慈川⇒里川⇒R349⇒里美大橋⇒竜黒磯トンネル⇒水府街道⇒湯草の分教場まで。
今にも雨が落ちてきそうな雰囲気だったので,サッサと走って帰ってきました。
案の定,帰着10㎞手前で降られましたが,しばし雨宿りをしてほぼほぼ濡れずに帰ってきました。
自転車買い替えてからは雨を気にするようになったなー。
あとのメンテが大変なので…
Dst93.3 Av22.0 

コメント

昼・夕と連走。

2016-07-10 | 自転車


そんなわけで昼間に80km走りましたが,暑さの峠を越えた夕方にまた軽く30km走ってきました。
久慈川の向こうに沈む夕日を撮りたかったのですが、日没が遅いから叶わず。
またの機会にお楽しみ
Dst31.8 Av22.9 

コメント

暑いので里美往復してから「みなと寿司」へ

2016-07-10 | 自転車


そんなわけで梅雨明けはまだですが今日も暑い
ですから8000にスタートしたら里美の根岸のため池へ走ってサクッと折り返し。
久慈浜まで来ると海風が涼しい。でもって「みなと寿司」へINです。まだ12時前だ!
注文はいつもの「地魚丼(大盛り)」1480円。いやあ,今日もおいしかった~。凍ってない魚ほんらいの味ってこうなんだよな。と。
まず僕が知る限りでは最高の味です。
Dst79.8 Av24.9 

コメント

MAVICのアームカバーを購入

2016-07-06 | 自転車

そんなわけで今日は東京都内で仕事でした。夕方早めに終わったので,これ幸いと自転車ショップへ
今回はMAVICのアームカバーを購入しました。パールイズミの「コールドブラック」よりも薄くて涼しいサイズも自分的にはLだと思いこんでましたが,店員さんのアドバイスでMをつけてみたら,長さほとんど変わらずでフィット感アップ。やっぱりこういうモノはリアルのショップですね~~。

コメント

早起きして朝ポタ53㎞(^。^)

2016-07-03 | 自転車

そんなわけで昨日は30度越えの暑さのなかを130km走りましたが,今日もまた走りたくなってしまいました。ちゅうことで,朝5時台に起床し,7時ちょうどにスタート。軽く近場を走ろう。今日も33度まで上がる予報ですから。
    
大洗⇒那珂湊⇒阿字ヶ浦⇒ひたちなか海浜公園と,海際のルートを走行。時間も早いし,海の傍の道だから涼しくて快適です。朝錬の人たちともすれ違います。近くのショップのチームジャージきてるから分ります。
自分的には珍しくタリーズに入ってコーヒーブレイク。アイスコーヒー美味しかった~。たまにはこういうのも良いなあ
 Dst53.8 Av22.4 

コメント

暑くなり始めに130㎞走っとけば大丈夫(*^^)v

2016-07-02 | 自転車

そんなわけで今日は曇りのち晴れ。予想最高気温は30度越えです。ゆっくり起きてゆっくり朝食を食べて0900にスタート
今日は「走るだけ」にしようと,フラットな道を涸沼⇒北浦へ。鹿行大橋⇒北浦大橋で折り返し。
いやー,暑かった!体が熱さに慣れていないですからねーー。汗腺がじゅうぶんに働いていない感じ。。。
でもおかげで暑熱順応ができました
 Dst130.8 Av24.4 

コメント

ィトトンボの産卵@根岸のため池(旧里美村)

2016-06-27 | 自転車

さてこの頃は梅雨本番ですが,昨日は谷間の晴れ日となりました!(^^)!。予想最高気温は30度。あちーな~。朝食後0800にスタートです。R6⇒久慈川⇒ 里川⇒R349と繋いで旧里美村へ。折橋宿から根岸のため池へ。ここまで登り基調の道40kmを25.0km/hで来ちゃいました。
    
さてため池に着いてみると今年もスイレンが沢山咲いてます。いっぽうガクアジサイはまだ咲き始めですね~。やっぱりここは何度来ても,いつ来ても綺麗だなあ。地元の人たちが手入れしているというのも素敵です。僕は池の付近で撮影開始。
    
イトトンボやチョウトンボが水面近くをゆらゆらと飛んでいます。チョウトンボって皆さん知ってます??きれいな環境の所じゃないと生息しないんですよ。青いイトトンボが番いになって産卵して いるところを撮れました!
    
メスが尻尾を水中に入れ,水草に卵を産んでいます。かなりの時間粘りました。何枚もシャッターを押して,ようやくまともなのが取れました。嬉しいo(^-^)oです。
このあとはいつものとおり福島県境の明神峠へ。暑いと思ったら山の中のせいか意外に涼しい。
    
峠で折り返したらあとは下り基調の道を降りて行くだけ。平地まで下りてきたら,海からの東風が強い。。。夏はいつもこう。
そういえば,里美のリンゴも大きくなってきましたよ。それから,山の中はクマが出没するかもしれないので,良い子はしばらく注意してね(大人もだ…)
Dst106.8 Av24.4 

コメント

ィトトンボの産卵@根岸のため池(@^^)/~~~

2016-06-26 | 自転車


粘って粘って,ようやく撮れました(^.^)/~~~。嬉しい。クリックで拡大します。

コメント

五嶋みどりさんのコンサート@サントリーホール

2016-06-21 | 音楽

さて昨日は五嶋みどりさんのコンサート@サントリーホールでした。
2月にチケットを幸運にもゲット。以来楽しみにしていました。
S席12000円という価格も,,五嶋さんの演奏を日本で聴けるのを考えれば格安。しかも今回は8列目というベストな席。え?仕事ですか もちろん午前中で打ち切りですよ(^O^)/打ち切り
     
1815からはトークショウ。対話形式で五嶋さんのトークが聞けて嬉しかったです。
1900からは本編のコンサート。
曲は…
リスト/オイストラフ編曲: 『ウィーンの夜会』S427から「ヴァルス・カプリース第6番」(シューベルト原曲)
シェーンベルク: ピアノ伴奏を伴ったヴァイオリンのための幻想曲 op. 47
ブラームス: ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番 ト長調 op. 78 「雨の歌」
モーツァルト: ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 K454
シューベルト: ピアノとヴァイオリンのための幻想曲 ハ長調 D934 op. posth. 159
    
アンコールで…
クライスラー:愛の悲しみ,愛の喜び

どれも良かったけれど,僕はシェーンベルクが特に素晴らしかった。
全編を通して感じたことは,五嶋さんが言っていた「素直な気持ちで弾く」とはこういうことなのか…ということ。
曲が持っている力を引き出すために,思いを込めて正確に,実直に,強く,優しく弾く五嶋さんの演奏に引き込まれた幸福な2時間でした。  

コメント

『金砂の湯』でマッタリの休日も良し(^.^)

2016-06-19 | 自転車

そんな訳で近頃は忙しい日々なのですが,やはり週に一度は自転車乗りたい
本日は遅く起きてNHKの日曜討論を観て1000にマッタリスタート。薄曇りで風は南東。まずはしんすい庵で蕎麦を食べよう…って朝飯食べたばかりなんですけど
    
かなり席数はあるのですが(たぶん100席くらい)1130には満席。安くて美味しいですからね。僕は二枚天ざるをペロリと完食。表のバラもきれいに咲いていました。
食後は一山越えて「金砂の湯」へ。今日はマッタリdayにするのです。
    
自転車乗って温泉入るのって気持ち良いんです。ph8.8のお湯は身体に優しい柔らかな入浴感。温めなので長湯ができるのも嬉しいo(^-^)o。
浴後は大広間で仰向けになって休憩。窓の外の緑が心地良く,身体がほぐれて楽になりました。帰路も優しい風が体に心地ヨカッタなーー。3桁走るのも良いですが,たまにはこういう休日もアリ
Dst67.5 Av22.4 

 

コメント