気ままに

大船での気ままな生活日誌

円山公園の枝垂れ桜に想う

2010-03-31 18:21:03 | Weblog


醍醐の桜を観てから、地下鉄で東山まで行き、そこからバスで祇園まで行った。いつもなら歩く距離だが、この日は京都発の新幹線が6時半と決まっているので、しようがない。八坂神社は素通りして、円山公園に入る。あちこちに夜桜見物用のシートが敷かれ、若い人が番をしていた。

有名な祇園枝垂れ桜は、すぐみつかった。丸い垣根に囲われて、いかにも大事にされているという感じだった。もう、八分咲きといったふうだったが、醍醐の桜の残影があるせいか、今ひとつ、ぱっとしない。というか、やはり年々歳々、弱っているような感じがする。初代の祇園枝垂れ桜はすごかったようだ。樹齢200年で、堂々たるものだったらしい。昭和22年に枯死したとのことだ。今の桜は二代目で、昭和の初め、初代の種から育ったもので、戦後、ここに二代目としてデビューした。それでも、もう80歳を過ぎているわけで、これだけ咲かすのはりっぱなものだ。



夕陽になるちょっと前の太陽を入れて、撮ってみた。ふとあの絵を思い出した。お日様がお月さまだったら、と。そうだ、今日はちょうど満月だ。東山魁夷の名画”花明り”も、この祇園桜の上に輝く満月という構図だった。彼はこのスケッチをするために、綿密に計算し(満月と満開の桜)、その宵を待っていたのだ。まさに、この日(3月30日)だ。ぼくはそのことを想い、なんという幸運に恵まれたのだろうと思った。まだ月は昇ってきていないが、このまま帰るのはしのびないと思った。


これが東山魁夷作”花明り”だ。当時の枝垂れ桜は今より、もっと枝ぶりも、花の咲き具合も見事だったことがわかる。


ああ、この風景を観たかった、と、帰途、大船で撮った満月と、祇園の枝垂れ桜を組み合わせてみた。やはり、絵には適わない。


円山公園脇の、この建物も、明治時代、京の迎賓館として華やかに活躍していたそうだ。凋落館、(す、すいません)いや、長楽館という名で、現在も現役で100歳を超えているが、ホテルとして活躍している。二代目より若々しかった。(二代目の気持ち)京都市指定有形文化財だそうだ。



そして、ぼくは、ネコの道じゃない、ねねの道を通り、高台寺に向かった。ここで、枝垂れ桜だけではなく、あっと驚くものをみた。さてなんでしょう、次回のお楽しみに。

(つづく)
コメント

ぼくの春場所予想は負け越し 把瑠都海峡春景色 

2010-03-31 12:16:15 | Weblog
旅行に行っていたので、ぼくの春場所予想の結果を報告するのが遅れてしまった。白鵬の全勝優勝はぴたりと当てたが(えへん)、あとは、だめ。とくに把瑠都海峡がここまで頑張るとは思いもよらなかった。把瑠都海峡冬景色で、しょぼんとすると思っていたが、なんと、14勝、誰にも文句を言わせない成績で大関に昇進してしまった。さきほど、かしこまって、使者を迎えていた。ぼくとしては、もうしばらく把瑠都海峡にもたついてもらって、その間、稀勢の里に大化けしてもらい、先に大関になって欲しかった。

今場所の稀勢は、前向きに評価すると(汗)、前場所に引き続き、下位に取りこぼしが少なくなった。でも、その分、上位陣に負け越し、結局、二桁勝利はならなかった。白鵬、日馬、欧州、把瑠都には、なかなか勝てなくなってきてしまった。こやつらに3勝1敗で、悪くても五分でいかないと大関にはなれない。出稽古に行って、もっと相手を研究してほしい。とくにライバルの把瑠都海峡には、張り手、けたぐり、くすぐり、べろだし、あかんべ、にらみつけ、ねこだまし等々、品格などどうでもいいから、どうしても勝ってほしい(爆)。
。。。。。

以下、予想(左)と実際の成績(右)です。ピタリ賞が、1勝違いがで、ここまでが、ぼくの勝ち星とします。7勝8敗でした。

平成22年・春場所予想と結果

白鵬 15勝0敗   15勝0敗 
日馬富士 12勝3敗  10勝5敗 ●
琴欧洲 11勝4敗    10勝5敗
稀勢の里 11勝4敗  9勝6敗 ●
把瑠都  10勝5敗  14勝1敗 ●
琴光喜 8勝7敗    9勝6敗
豪栄道 8勝7敗   途中休場
魁皇 7勝8敗    8勝7敗
琴奨菊 7勝8敗    10勝5敗 ● 
鶴竜 7勝8敗      6勝9敗
豊ノ島 7勝8敗   6勝9敗
安美錦 5勝10敗   8勝7敗   ●
若の里 4勝11敗   6勝9敗    ●
旭天鵬 5勝10敗   3勝12敗   ●

(以上、前頭3枚目まで)

栃煌山 9勝 6敗  11勝 4敗   ●     
豊真将 9勝 6敗  9勝 6敗 
。。。。。

把瑠都関、大関昇進おめでとうございます。お祝いに熊本名物、いきなりだんごを差し上げます。おいもの入ったおいしい団子ですよ。稀勢関にも贈ります。来場所、把瑠都関との対戦直前に、いきなり団子をたくさん食べてもらって、仕切りの途中、おならをさせて、把瑠都関を笑わせ、集中力を落とす作戦です。



コメント

醍醐の桜

2010-03-31 10:53:15 | Weblog
今度の4泊5日の旅行では、ガガガの女房(があがあ、うるさいので、新たなあだ名をつけた)の故郷、熊本に二泊し、お城の満開の桜を楽しみ、佐賀の吉野ヶ里遺跡、大宰府の国立博物館に寄り、博多に二泊した。博多では、舞鶴公園の、これまた満開の桜を堪能して、翌日、飛行機で羽田に帰るつもりだった。しかし、前夜、京都の桜がどうしても見たくなり、新幹線で京都へ向かい(熊本を離れてからは一人旅)、半日、桜見物してきた。これが大当たりだった。まず、それから紹介してみようと思う。

京都につき、案内所の桜情報をみると、はじめ行こうと思っていた、哲学の道や嵐山の表示がまだ、なんと、一、二分咲き。とほほのほ、九州では満開だったのに、どうもこの寒さで開花が進んでいなかったのだ。そこで、よくみると、8分咲きのマークをいくつかみつけ、5時間ほどの限られた時間で回れるところを即決した。醍醐寺、円山公園、そして高台寺だった。いずれも、ソメイヨシノではなく、枝垂れ桜である。

(3月30日の表示です、参考にしてください)


今は地下鉄だけで醍醐寺に行ける。京都は何度も行っているが、ここは、はじめてだ。あの豊臣秀吉が亡くなる年に最後の豪華な花見をここでやった、醍醐の桜だ。すばらしかった、何故、今まで来なかったなのだろう、と思った。境内のあちらこちらに大きな枝垂れ桜が、満開になって咲き乱れていた。こんな時期にみれれて本当に幸せだった。何年か前にみた、身延山の枝垂れ桜に劣らない豪華さだった。いくつか代表的なものアップする。

総門をくぐって、すぐの三宝院前の大枝垂れ。悠々としている様で、”ゆうゆう桜”とあだ名をつけた。




赤松もとても、うるわしい姿だった。赤松脳躁(爆)のおかげで、まぐろの刺身が食べられてうれちい


霊宝館の前の大きく翼を拡げたような、枝垂れも見事だった。大鷲が飛び立つ様だったので、”大鷲さくら”とあだ名をつけた。



国宝五重の塔と枝垂れ桜。ライトアップされると、五重塔と並んできれいだろうな。”夜桜お七”とあだなをつけた。


あちらこちらの枝垂れ桜。枝を気の向くまま、あちこちに伸ばしていたので”気まま桜”(汗)とあだ名をつけた。

ゴルフが好きそうな桜だったので”横峯桜”とあだなをつけた。




このポスターがあちらこちらに。ポスター絵は”醍醐”。山種美術館、行かねばならぬ。どこの桜ですかね、と係のお坊さんにお聴きしたら、塀の様子から三宝院前のではないかのこと。あ、そうそう、JRのそうだ、京都へ行こう、のポスターも醍醐寺の桜で、あちらこちらに貼ってあった。


今日は桜のことばかりだったけど、霊宝館の仏像さんや美術品の宝物もすごかったですよ。なんと、国宝41点、重要文化財63,692点。

これからは醍醐寺も見逃せない。そうそう、明日、NHKのおはよう日本で、醍醐寺の桜が出ますから、みてくださいね。今日は天竜寺の枝垂れ桜でした。あそこもすごい(一昨年観た)。NHKのまわし者か?って。そうです

一端、インターミッションに入り、このあと、京都の部を続けます(笑)。
コメント

満月桜

2010-03-30 22:32:31 | Weblog


今日、4泊5日の九州旅行+京都半日桜見物を終えて、今、帰ったところです。大船に戻ると、お月さまが満月で迎えれくれて、砂押川沿いの桜もこの寒さで、ぼくの帰るのを、散らずに待ってくれたようです。一部、満開に近い桜もあって、満月と桜の写真をはじめて撮ったような気がします。





明日から、また、関東地方の桜見物で暇なしですが(汗)、合間に、熊本、博多、そして京都と、桜三昧のお話しを綴ってみたいと思います。では、今日は遅いので、おやすみなさい。
コメント

上野の桜 東博の花見

2010-03-26 08:37:08 | Weblog


上野公園の桜も咲き始めた。早いのは、三分咲きくらい。もうお花見の準備万端。東照宮前の桜は、もっとすすんでいる感じ。屋台も週末には大賑わいだろう。


東博は等伯がいなくなってさびしくなっていたが、”花見客”が結構いた。


本館の常設室で桜のマークがついた作品がいっぱい。

国宝室の花下遊楽図屏風(狩野長信)右隻の一部が空白になっているのは、震災のときに破損したらしい。



振袖と襦袢の桜模様

小袖も。宇野千代さんも桜模様の着物が好きだった。

広重の飛鳥山のお花見

北斎の御殿場山の桜と富士

これも北斎。桜花に鷹。

これは桜に関係ないけど色っぽかったので(汗)。国貞(三大豐国)の江戸名所百人美女

これも桜に関係ないけど、春信美女がいたので、おせんちゃんなら、もっと良かったけど(汗)

ぼくのクラスメートに再会。

めがねの土偶ちゃんにも再会。土偶展に出てたね。東博所蔵だったんだ。

君が咲く頃、また来るからね。


これから、九州へ行ってきます。熊本と福岡、佐賀あたりをハイカイしようと思っています。で、数日間、ブログを休みます。福岡の桜はもう満開だそうですね。桜吹雪の夜桜お七かな。♪さくら さくら はな吹雪 燃えて燃やした肌より白い花 浴びてわたしは 夜桜お七 さくら さくら 弥生の空に さくら さくら はな吹雪♪ 楽しみだな。
コメント

大阪 大川端の風景

2010-03-25 18:39:37 | Weblog
大阪 大川端の風景

第1章 猫に小判。

ノラちゃんが多かった。


小判でなくて大判でした。慶長大判、4000万円の価値があるそうですよ。造幣博物館で。幕末、開国したときに為替がいい加減にごまかされて、大分、海外に流出したんゼヨ。


わてらはこれが似合うゼヨ。


鳩ぽっぽはこれが似合うゼヨ。贈与税は忘れんといてな。


第2章 光と影







第3章 花のワルツ









第4章 水色のワルツ






館内にも天青色の汝窯の作品が。よかったなあ来て。ついでながら、茅ヶ崎熊澤酒造の天青も好きです。小町通りの天青の天丼も好きです。


第5章 黒猫のタンゴ



稀勢の里、5連勝ならず。黒星のタンゴ。これから千秋楽まで、黒星のダンゴにならないでね。万一、負け越したら、もう応援しないゼヨ。
コメント

藤田美術館で曜変天目茶碗

2010-03-25 10:08:16 | Weblog


大阪の藤田美術館で”歴史を彩る/教科書に載る名品”展を開催していた。去年、造幣局の”桜の通り抜け”を観に行ったときも訪ねているので、今回が二回目である。そのときは、長次郎やノンコウの楽焼茶碗が印象に残っていたが、今回は、なんといっても、世界で三つしかないという曜変天目茶碗である。黒い釉に、曜変と呼ばれる瑠璃色の宝石をちりばめたような、うつくしさは、さすがであった。世界で三つといっても、すべて日本にあり、ひとつは、静嘉堂所蔵、もうひとつは、大徳寺の龍光院所蔵だそうである。目の保養になった。


他に、茶碗としては、柿蔕茶碗(かきのへた)銘大津(朝鮮時代16世紀)とやはり朝鮮の同時代の本手利休斗々屋茶碗があった。前者は茶碗を伏せた形が干し柿のへたに似ているからそうゆう名がついたとのこと(笑)。後者は、利休から織部、そして遠州に伝わったとゆう名品だそうだ。
(柿のへた)


展示品数はさほど多くないが、あれも国宝、これも重文といったふうに並べられていて、驚いてしまう。さすがに品格のあるものばかりだった。国宝、玄奘三蔵絵大五巻や国宝、紫式部日記絵詞等々。英一蝶の職耕図屏風うなども面白く拝見した。稲作の作業を描いた珍しい屏風だった。島流しにあった英一蝶ならではのモチーフといえるだろう。

(紫式部日記絵詞)藤原道長の姿が描かれている。

(英一蝶)


野々村仁清の重文、色絵輪宝かつ磨文香呂とか、乾山、光琳コラボの重文、錆絵絵替角皿や、正倉院展でみたろうな、平家琵琶や、亀形の香合(交ち大亀香合)も可愛かった。

(野々村仁清)

(カメちゃん)


たしかに教科書でみたような、名品ばかりで楽しめた。春季展は6月13日までやっている。

最後に特別出演(笑)。世田谷の静嘉堂文庫美術館蔵の曜変天目茶碗。(3月22日まで展示してたらしい、残念なことをした。次回の展示はいつだろうか)

コメント

ぼくの誕生日に 稀勢、4連勝

2010-03-24 21:41:52 | Weblog
今日はぼくの誕生日。3月24日。だから、絶対、今日は稀勢の里に勝ってもらわなければならないノダ。相手は、アランドロンみたいないい男じゃないけど、油断はできない阿覧。ここ数日は、”稀なる勢い”の攻めの稀勢の里。押し出しで4連勝。ユーミンの♪春よ来い♪のように、春を目指してひた走っている。

一方、把瑠都は、ぼくが昨日予想した通り、白鵬に完敗。把瑠都海峡冬景色に突入した。把瑠都は愛敬があって好きやねんけど、稀勢より先に把瑠都海峡を大関にさせるわけにはいかんぜよ、と思ってるんや。

今日は本当は、誕生祝いに、うちのグググの女房(朝寝で7時ごろまで、ぐーぐー寝てるやさかい、そうあだ名をつけたんや、大阪に行ってきたばかりなんで、大阪弁を使ってみたいんや)が、大船の和食店に連れて入ってくれるとゆうので、楽しみにしてたんやさかい、この雨、この寒さでは、と止めにしたんや。その代わり、1500円のお刺身盛り合わせを中島水産でこうてきて、祝杯をあげたんや。 お酒は、いつものと違って、母も好きだった、ワンカップ大関を2杯あけた。まあ、稀勢関にはやく大関になって欲しいと思う気持ちと、毎日、仏壇の母に供えているお酒とゆうことで、そうしたんや。大阪場所で是非、二桁勝利して、大関の足場をつくってほしいと思ってるどす(大阪弁も京都弁も区別がつかんどすねん)。

この際、ばらしてしまうけど、ぼくの本当の誕生日は3月19日で、どうゆうわけか、戸籍上では24日になっている。母なんかもっとひどくて、本当は前年の暮れに生まれたのだけど、戸籍上は3月10日になっている。本当は鼠年だが、丑年になってしまっているのだ。鼠と牛ではえらい違いとおもうけど、むかしは、学年が変わらなければ、どうでもいいと適当にしていたのだろう。

本当に、そんなことはどうでもいいことで、最近のやつらは、キソクキソク、キセイキセイ、と、うるせえことばかり言ってやがる。もっと大目にみろよと言ってやりたい。そんなことじゃ、大きな仕事はできねえゼヨ。キセ関も、オヤカタの言うことなんぞ聞かねえで、もっとのびのびと、アサショーリュー的相撲をとれば、オオゼキ間違いなしだゼヨ。

今日の祝い酒はとてもうまかったゼヨ。


明日も大事な一番だゼヨ。

把瑠都海峡冬景色ゼヨ


コメント

ご近所の桜とハクモクレン

2010-03-24 07:58:55 | Weblog
東京でも横浜でもソメイヨシノの開花宣言が行われ、いよいよ、桜好きには、”世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし”の候となった。今朝の小雨模様の散歩でも、もう満開になっている、ご近所の神社の大木の山桜を仰ぎみてきた。もう花びらが散り始めていた。

ちょっと、遠くからもみつめる。


ソメイヨシノも、昨日の暖かさで一気に開花が進んだ。昭和11年4月、松竹大船撮影所落成記念に植樹された1200本の(現在は少なくなっているけれど)、砂押川沿いの桜。平均寿命はすぎていると思うけど、まだまだ元気、昨日の撮影だが、こんなに花が開いていた。

ちょっと心配なのが原節子桜(ぼくの命名)。ここ数年、いつも一番早く咲き、みどりの日ぐらいまで、最後まで咲き続けていたが、今年、去年と、松竹2号橋近くの司葉子桜に一番を奪われている。隣りの小津安二郎桜まで、遅れが目立っている。元気を出してほしい。でも、昨日、ようやく咲き始めてくれた。

川端にたつ碑。松竹大船撮影所落成記念碑。贈1200櫻樹の文字がみえる。


一般のお宅の枝垂れ桜も見頃。ああ、また六義園にも行かねば(汗)。今日はちょっと天気が悪いな。明日かな。


そして、ご近所といっても、歩いて20分くらい。そこの旧家のハクモクレンがすごいのだ。あんまりいっぱい花をつけるものだから、ちょっと遅れて見頃になる。ちょうどいいかな、と思って昨日の朝散歩はそちらに向かった。思った通り、すごい花盛りだった。相当な年と思うが、いつまでも女盛りだ(爆)。


まるで渦をまいているような勢いだった。鎌倉一の白木蓮だろう。


明後日から、九州の桜を観にゆく。熊本城の桜も見事になっていることだろう。中学校のクラス会をやったばかりだが、昨日、三鷹の小学校のクラス会を校庭の桜を見ながらしないかと電話がきた。もちろん、行くよと言っておいた。でも4月の初めまで残っていてくれるだろうか。

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし(笑)
コメント

稀勢の里、3連勝で五分に

2010-03-23 18:35:11 | Weblog


稀勢の里、3連勝で、星を五分に戻した。勢いが出て来たぞ。これで、残り全勝、二桁勝利はまちがいない。そして、関脇昇進も。 (甘すぎるかな)


そして、今日の大一番。把瑠都対琴欧洲。力の入った、いい相撲だった。把瑠都が寄り切って、貴重な勝ち星をあげる。これで大関間違いなし・・というと、明日から崩れる、たぶん。 把瑠都海峡春景色から、把瑠都海峡冬景色に。
♪さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 把瑠都海峡冬景色♪

稀勢の里は”春よ来い” ♪春よ遠き春よ まぶた閉じればそこに愛をくれし君の懐かしき声がする 春よまだ見ぬ春 迷い立ち止まる時 夢をくれし君のまなざしが肩を抱く♪ 
大関の春はまだ遠いか。   



コメント