爺のつぶやき


田舎の爺が季節の話題や日本ハムのことなどつれづれに綴っています。




ニッポンはどうなる・・・?

2008-12-30 17:03:00 | 政治
わがマチはきょうも吹雪、5日連続で積雪も平地で54センチになった。

今年の世相を表す漢字が「変」。

たしかに、2008年は異変、大変、変動の年であった。

今冬は思いもよらない出来事が起こっています。

職場を追われ、住むところもなくなった人たちのことを思うと「吹雪の中」に放り出されたのと同じ気持ちが伝わってくる。

12月24日「人員削減4万人の影でトヨタやキャノンなど日本を代表する大手製造業16社、人員削減をする一方で、貯金33兆円」と報道されていた。

この夏まで、未曾有の収益を上げて株主対策や、財政基盤強化を重視し体力を温存してきた大企業、それが、一瞬にして世界的大不況「苦渋の選択」などと云って労働者の首を切る。

かっての経営者は儲けは公平に分配し、厳しいとき会社と従業員を想い耐え忍んで生きてきた。

いまの経営者は、派遣きり、雇い止めとして、労働者を簡単に使い捨てにする。

人を物や商品として扱う風土はもともとなかったはずである。

当時の小泉、竹中コンビの規制緩和から始まった。

また、雇用対策に責任を持たなければならない政府、麻生首相も100年に一度危機といいながら第2次補正予算も先送りして国民の信頼すら失っている。

国民の支持を得られない「定額給付金」は早急に雇用対策にまわすべきと思う。

安倍、福田、麻生と世襲議員に引き継がれた内閣は、国民の信任を受けることなく継続されている。

小泉政権以来、国民の目線と云いながら、財界の顔色を伺っている。

麻生首相は解散総選挙で国民の「信」を問うべきである。



このまま先送りは誰しも「変」だとおもいながら年を越すことになった。

吹雪は天災、首切りは人災です。

来春3月までの首切りは、正規社員にまで及び報道によると、85000人になるという。

「いったいニッポンはどうなるのか」・・・?。


先行き不安を抱えながら2008年が暮れる。








コメント

胃の検査

2008-12-26 18:32:00 | 政治
けさ、暴風雪で前がよく見えなかったが、のろのろ運転で無事病院に到着した。

8月2日、住民検診のバリュウムで胃炎の疑いで引っかかり、精密検査を受けるよう指示されていた。

忘年会も続き、連日の暴飲暴食で、すこぶる胃の調子も悪く、周りからも早く受診しないと手遅れになると脅されていた。

それでも、胃にカメラを入れるということには抵抗があった。

今までに4~5回カメラを口から入れたが、とっても苦しかった。

病院の婦長さん「大丈夫、大丈夫、今は鼻から入れるから苦しくない」という。

それではと、きょう鼻から挿入することを承諾した。

口に噴霧と鼻にはゼリー状の麻酔をし、腕に注射をして、スコープの先端部を徐々に挿入されたが、ゼリーで鼻の粘膜を保護しているのか、特に違和感もない。


医師もカメラの映像を見ながら挿入しているのか、苦しくもなく、何分かかったかわからないまま終了した。

従来の内視鏡は喉を通過する時、ゲイゲイ吐いて苦しかったが、鼻から入れたスコープは先端部分も通過するのに適した柔かさであった。

これからは胃の検査も抵抗なく受けることができる。

きょうの検査結果は、胃も、十二指腸も異常なし。


「これで一安心、お正月にはうまい酒がのめる」。




コメント

読めない書けない

2008-12-22 16:14:00 | 政治
国会答弁での麻生首相の「漢字」の読み間違いが話題になった。

首相の漢字の主な読み間違いは。

踏襲(ふしゅう)、措置(しょち)、有無(ゆうむ)、詳細(ようさい)、前場(まえば)、未曾有(みぞうゆ)、頻繁(はんざつ)、思惑(しわく)、低迷(ていまい)、破綻(はじょう)、
焦眉(しゅうび)、完遂(かんつい)、怪我(かいが)、参画(さんが)など。

学習院大学を出られたのに、どうして読めないのだろうか、不思議なきがしていた。

ところが首相の間違えた漢字を読むことはできたが、いくつか書けない漢字があった。

いかに自分自身、誤読、烏鷺おぼえ、勘違いで過ごしてきたか。

ワープロからパソコンへ、読みをキーで打ち込み返還ボタンを押せば漢字が出てくる。

やはり漢字は書かないと覚えないことがつくづくわかった。

「道新」に「頌春」(しょうしゅん)「独擅場」(どくせんじょう)・・・読めますか ? と載っていた。

恥ずかしながら(こうしゅん)(どくだんじょう)と読んでいた。

他人事ではない。

漢字の教養本「読めそうで読めない間違いやすい漢字」二見書房(出口宗和 著)500円。

早速取寄せた本が明日着く。
70歳を超えてもまた勉強しなければならないことになった。







コメント

2008年 師走

2008-12-20 17:46:00 | 政治
雨が降っている。
気温も高い、今年もあと10日というのに、こんなに雪の少ない年はあまり記憶にない。

70年の人生を過ぎ、こんな師走は初めて経験する。

米国の金融破綻で、株価は暴落し、企業倒産、労働者の解雇で世の中悲鳴を上げている。

首相は100年に一度の不況というのにいたってのんきに18日も相変わらずニューオータニの「カトーズダイニング&バー」で酒を飲んでいる。

きょうは、ハローワーク渋谷店にも行って来たようだが、札幌出身の男性(24)に「やりたいことを絞らにゃいかんな・・・」。

解雇された労働者は住む家もないというのに職業の選択する余裕はない。

緊急経済対策を発表したが、即効性もなく国民の目線には程遠い。

内閣支持率は最低の危険水域を超え、またも、選挙をしないまま退陣の噂が飛び回る。

暮を迎えて、職を失った人はどうやって生活するのか毎日テレビを観ているが他人事ではない。
コメント

「大義なき戦争」

2008-12-17 20:32:00 | 政治
イラクから航空自衛隊が撤収を始めた。

当時、小泉元首相は国会で「自衛隊の活動地域が非戦闘地域」と自衛隊をイラクに派遣した。

人員  46,500人
物資  673トン

国際貢献を掲げて、人道復興支援活動という。


ブッシュ大統領のイラク侵攻の根拠であった「大量破壊兵器」はとうとう見つからなかった。

先日イラクでブッシュに「親を失った贈り物」と、クツを投げつけたジャーナリストがいる。


開戦以降有志連合軍の死者4519人 負傷者30879人(12月16日)民間人の死傷者は100万人を超えるという。

「大義なき戦争」で、国土は破壊され住む家や家族も失った犠牲者がこれだけ出ている。

この戦争はいったいなんだったのか・・・?。

戦争は悲惨だ。

名古屋の裁判で空自の「多国籍軍兵士のバグダットへの輸送は他国の武力行使と一体化し違憲」と判断した。

それでも日本政府は反省も検証もすることなく国際貢献の大義のもとで空自のイラクでの活動を続けてきた。


きのうの朝刊に任務経験自衛官23人自殺という記事が載っていた。

年が明けると米大統領はブッシュからオバマに変わり軸足をアフガニスタンに移すようだ。

米追従してきた日本、再び自衛隊の派遣を求められたら現政権はどう対応するのだろうか。

司法判断を無視し「大義なき戦争」に自衛隊の海外派遣は決して許されることではない。









コメント

やった!!「真央ちゃん」

2008-12-14 17:58:00 | 政治
韓国高陽で開催されている、フィギュアGPファイナルで真央ちゃんがやってくれました。

前夜のSPは真央ちゃんが三回転ジャンプの2っ目が回転不足で65.38点、ヨナちゃん65.94点と0.56の差で2位となった。

GPファイナル最終日、真央ちゃんの逆転優勝を期待して、テレビの前で、転倒しないよう祈りながら

「 それ!!真央ちゃん飛んで!!よし!! 」

ジィとバァは解説の伊藤みどりさんより大きな声で応援した。

そして、真央ちゃんは飛んだ!!

しかし、後半に三回転の一っ目でころんだ、「ああ、きょうもまただめか~}とがっかりして見ていた。

それがどうしたことか・・・?、真央ちゃんが三回転半を二度成功させたのが重圧になったのか・・・?、
それとも、リンクに魔物がいたのか、それまで順調に演技をしていた*ヨナちゃん、ルッツが一回転、さらに三回転のサルコーまでころんでしまった。


真央ちゃん、ヨナちゃんの18歳ライバルの優勝争いは思わぬところで、真央ちゃんの勝利となった。

やった!!真央ちゃん。
*(ビール)* カンパイ


http://www.tv-asahi.co.jp/figure/pc/movie/gpf.html
コメント

総理の資質と品性

2008-12-13 15:52:00 | 政治
YOU TUBE からダウンロードしました。

http://www.youtube.com/watch?v=N4c1MHIW29s&eurl=http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1308.html&feature=player_embedded
コメント

後世の恥辱

2008-12-12 19:29:13 | パークゴルフ
組織には、どんなに優れた指導者がいても、
その回りには必ず、片腕といわれるブレーンがいる。

陰に、陽に、忠告や示唆を与え、時には厳しく戒めたりする。

処が無能な指導者ほど、己の面子と地位に拘るあまり個性を出そうとあせって独走しがちになる。

上に立つものの最大の使命は、万般の施策に精通した人材を起用し、慎重に人の意見に聞く耳を持つことである。

それができそうもない人は何時しか権力の座に溺れ、後世に恥辱をさらすことになる。

消費税の3年後、たばこ増税、首相の意向はことごとく潰され、メンツも何もないそれでも「政局より政策」の麻生という。

後ろから鉄砲玉を撃つことがあってはならない」(古賀選対委員長)

「自民党が悪い、麻生が悪いという行動を取って、自分にツケが返ってくる事もわからないとは遺憾だ」(町村前官房長官)

何もしない、何もできない、それでも選挙が怖いから麻生政権を支えるよう脅しをかける派閥のボス。

支持率急落ですでに政権末期。

1月危機説が霞ヶ関を覆う。

後世に恥辱・・・

そろそろ、自ら身を処すべきときではないか。

コメント

後世に恥辱

2008-12-12 16:10:00 | 政治
組織には、どんなに優れた指導者がいても、
その回りには必ず、片腕といわれるブレーンがいる。

陰に、陽に、忠告や示唆を与え、時には厳しく戒めたりする。

処が無能な指導者ほど、己の面子と地位に拘るあまり個性を出そうとあせって独走しがちになる。

上に立つものの最大の使命は、万般の施策に精通した人材を起用し、慎重に人の意見に聞く耳を持つことである。

それができそうもない人は何時しか権力の座に溺れ、後世に恥辱をさらすことになる。

消費税の3年後、たばこ増税、首相の意向はことごとく潰され、メンツも何もないそれでも「政局より政策」の麻生という。

後ろから鉄砲玉を撃つことがあってはならない」(古賀選対委員長)

「自民党が悪い、麻生が悪いという行動を取って、自分にツケが返ってくる事もわからないとは遺憾だ」(町村前官房長官)

何もしない、何もできない、それでも選挙が怖いから麻生政権を支えるよう脅しをかける派閥のボス。

支持率急落ですでに政権末期。

1月危機説が霞ヶ関を覆う。

後世に恥辱・・・

そろそろ、自ら身を処すべきときではないか。











コメント

世襲議員

2008-12-10 17:25:00 | 政治
YES WE CAN
 
「この国の私たちは、ひとつの国として、ひとつの国民として、共に栄え、共に苦しむのです。この国の政治をあまりにも長いこと毒で満たしてきた。相変わらずの党派対立やくだらない諍いや、未熟さに再び落ちてしまわないようその誘惑と戦いましょう。」これは、オバマ次期大統領の勝利演説の一部です。11/5gooニュース


全責任は私にある。自力で登りつめた人の底力と、世襲議員が出世する日本との違いを痛感しました。

選挙に勝利するには「地盤・看板・カバン」といわれます。

今は、「地盤・看板・息子の番」に変わったようです。

きのう、郵政民営化を進めてきた人たち60人を前にして小泉元首相が「難局にあればあるほど冷静に常識ある行動をとってほしい。」と演説する姿を見た。

その、小泉元首相が引退表明した時、「私が始めて立候補した27歳の時よりしっかりしている。やりたいかと聞いたら、やりたいといったので、ヨロシクたのむ・・・」と。

ただの「親馬鹿」としか言いようがない。

世襲議員を規制する方法はないものだろうか。

コメント

「いちご大福」

2008-12-09 15:59:32 | パークゴルフ



わが家のつれあいが「いちご大福」を買ってきた。

東海林さだおさんの文春文庫「パンの耳のまるかじり」の中で「苺と大福」がある。

それを読んで、一度は食べてみたいと思っていたが、自分ではなかなか手が出せなくて「あ 苺大福がある」程度で過ごしてきた。

つれあいも「なんの反応もなく」見過ごすことが多かった。

夫婦も40年以上連れ添うと相手の考えていることがわかるらしい。

私がいつも「いちご大福」を気にして見ていたので1個100円で買ってきたという。

原材料は こしあん、もち米粉、砂糖、苺、トレハロース、グリシン、乳化剤、香料、コチニール色素、酵素と添加物も多い。

手に持ってみると全体がピンクで普通の大福餅よりぽたぽたして軽い。


包装を取って、でん粉をふるい、一口かじるとグニャとしてこしあんの味がする、苺までには届かなかった。

二口目であんの中で丸まっている苺に達した。


なんだ、この酸味と果汁は・・・?
饅頭とも違う、大福餅とも違う、
あ・・・これが「いちご大福」なんだ。

あ・・・やっぱり。
手の出せない理由があった。

初めて食べてみて大福は、大福、そのあとデザートに苺と、なんとなくそんな感じがした「いちご大福」でした。







コメント

「いちご大福」

2008-12-05 19:31:00 | 政治


わが家のつれあいが「いちご大福」を買ってきた。

東海林さだおさんの文春文庫「パンの耳のまるかじり」の中で「苺と大福」がある。

それを読んで、一度は食べてみたいと思っていたが、自分ではなかなか手が出せなくて「あ 苺大福がある」程度で過ごしてきた。

つれあいも「なんの反応もなく」見過ごすことが多かった。

夫婦も40年以上連れ添うと相手の考えていることがわかるらしい。

私がいつも「いちご大福」を気にして見ていたので1個100円で買ってきたという。

原材料は こしあん、もち米粉、砂糖、苺、トレハロース、グリシン、乳化剤、香料、コチニール色素、酵素と添加物も多い。

手に持ってみると全体がピンクで普通の大福餅よりぽたぽたして軽い。


包装を取って、でん粉をふるい、一口かじるとグニャとしてこしあんの味がする、苺までには届かなかった。

二口目であんの中で丸まっている苺に達した。


なんだ、この酸味と果汁は・・・?
饅頭とも違う、大福餅とも違う、
あ・・・これが「いちご大福」なんだ。

あ・・・やっぱり。
手の出せない理由があった。

初めて食べてみて大福は、大福、そのあとデザートに苺と、なんとなくそんな感じがした「いちご大福」でした。









コメント

若さの秘訣は「姿勢」

2008-12-04 19:49:00 | 政治
自分ではまだまだ若いとっていても、老いは知らず知らずのうちにやってくる。

新聞に札医大の當瀬医学部長が「お年寄りの若々しく見える人とそうでない人」の違いを載せていた。

それによると、新しい流行の服装をしているとか、積極的な活動をしているとかでなくて「姿勢」だと言っています。

若々しく見えるお年よりは背筋がピンと伸びて立ち振る舞いもさっそうとしているのに対し、同じような年令でも背中が丸くなっていたりすると、たとえ小ぎれいな服装であっても、より老けた感じを受けるのだそうです。

いわれてみればそんな感じがします。

普段から「姿勢」に気を使うことが若さの秘訣かもしれません。

わたしは、少し前のめりに急ぎ足で歩く癖があります。

現役時代と違い急いで歩くこともない。

これからは、少しでも若々しく見せるように、背筋伸ばして気をつかいながら歩くことにしょう。



コメント

裸のマナー

2008-12-02 10:16:20 | パークゴルフ
相棒(犬)と散歩から戻り、となりマチの公共温泉「ペペル」で入浴した。

この公共温泉は地下1500㍍から出る50℃と38℃から自噴するお湯を混ぜ加温、加水のない天然温水である。

平成5年1月にオープンしたが、水田地帯で、本当に温水が出るのか、ボーリングしていた当時から興味を持って度々覗きに来ていたところである。

4年前から冬は半年券を購入してほとんど毎日入浴するようになった。

露天風呂で熱い湯に首までつかって足を伸ばす。これが至福のときというのか、何ともいえない「いい気分」になる。

ところが、せっかくの「いい気分」が台無しになるときもある。

体も洗わず、はっきり言えば下半身も洗わずに湯船に入ってくる中高年がいる。

サウナから流れる汗もそのままに水風呂に飛び込んでくる。

脱衣場に濡れたまま上がってくる。


かっての銭湯は、公衆道徳やエチケットが厳しく守られていた。

うるさいジジイがいつもいて、子供の頃、入浴のルールやマナーを教わった記憶がある。

かかり湯、かけ湯、かぶり湯は、体を慣らすための準備であると同時に「モラル上、体をきれいにして入る」ということを聞いた。

そのジジイの年になったが、子供なら注意もできるが、中高年にはなかなかできることではない。


施設には必ず「タオルを湯船に入れない」など入浴の注意書きがある。

相手が不快にならないよう「裸のマナー」をぜひ守ってほしい。
コメント

裸のマナー

2008-12-01 19:04:00 | 政治


相棒(犬)と散歩から戻り、となりマチの公共温泉「ペペル」で入浴した。

この公共温泉は地下1500?から出る50℃と38℃から自噴するお湯を混ぜ加温、加水のない天然温水である。

平成5年1月にオープンしたが、水田地帯で、本当に温水が出るのか、ボーリングしていた当時から興味を持って度々覗きに来ていたところである。

4年前から冬は半年券を購入してほとんど毎日入浴するようになった。

露天風呂で熱い湯に首までつかって足を伸ばす。これが至福のときというのか、何ともいえない「いい気分」になる。

ところが、せっかくの「いい気分」が台無しになるときもある。

体も洗わず、はっきり言えば下半身も洗わずに湯船に入ってくる中高年がいる。

サウナから流れる汗もそのままに水風呂に飛び込んでくる。

脱衣場に濡れたまま上がってくる。


かっての銭湯は、公衆道徳やエチケットが厳しく守られていた。

うるさいジジイがいつもいて、子供の頃、入浴のルールやマナーを教わった記憶がある。

かかり湯、かけ湯、かぶり湯は、体を慣らすための準備であると同時に「モラル上、体をきれいにして入る」ということを聞いた。

そのジジイの年になったが、子供なら注意もできるが、中高年にはなかなかできることではない。


施設には必ず「タオルを湯船に入れない」など入浴の注意書きがある。

公共温泉に入浴する時は、相手が不快にならないよう「裸のマナー」をぜひ守ってほしい。


コメント