爺のつぶやき

暮らしのつれづれに季節の話題や日本ハムのことなどを
綴っています。





2010年終る

2010-12-31 17:53:00 | 政治
きょうで2010年が終る。
テレビで本州各地は雪が降り続き交通障害もでているというのに、
豪雪寒冷地の当地方は、いつも年の暮れには1メートル以上も積雪があるというのに、10センチにも満たない程度で田んぼの稲株も見える。
向かいの山は、国際スキー場の「カムイスキーリンクス」で、雪が少なくてオープンができないと嘆いている。

お年寄りも、こんな年の暮れは初めてという。



photo by
おじたりあん
from OCNフォトフレンド


マチの通りにも雪が少なく、お正月が来るという感じがしない。

photo by
おじたりあん
from OCNフォトフレンド

農道はツルツル路面でブレーキもきかず40キロ以上のスピードは危なくて出せない。

photo by
おじたりあん
from OCNフォトフレンド

明日からは次第に風が強まり、ふぶいて交通障害や突風に注意と予報が出ている。

「仮免の首相のバスに乗る怖さ」
沼田町の高橋静雄さんの時事川柳です。

さて来る年はどんな年になるのか・・・?。

みなさん今年一年お付き合い有難うございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を迎えてください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未来は開けない

2010-12-27 09:18:42 | パークゴルフ
老夫婦のところにサンタクロースは来なかった。

来年は年金を減額するというし、高齢者医療は来春選挙があるので見送るという。

年令を重ねてきたが明るい未来は開けてこない、嫌な世の中になってきた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンタクロース

2010-12-23 13:28:00 | 政治
老夫婦のところにサンタクロースは来ない。

来年は年金を減額するというし、高齢者医療は来春選挙があるので見送るという。

年令を重ねてきたが明るい未来は開けてこない、嫌な世の中になってきた。

photo by
おじたりあん
from OCNフォトフレンド
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬   至

2010-12-22 18:50:00 | 政治
きょうは一年中でもっとも昼が短い。
「冬至からたたみの目ほど日がのびる」と旭川市壷屋の歳時菓子の包み紙に載っていた。
この日「一陽来復」と呼ばれる。
毎朝テレビ体操をしているが今朝の6時25分は電気をつけないとまだ暗い。

わが家の冬至は子供の頃から何時も「かぼちゃ」と「白玉だんご」が入ったしるこが夕食となる。
祖先は四国の観音寺だが、祖母はなぜか神戸のクツ屋の生まれ、母親は伊達藩のサムライの家系で仙台、家内は道産子だが母親は岐阜の大垣という。
先祖はバラバラだが冬至のしるこは忠実伝統が引き継がれてきた。


そして風呂は「ゆず湯」と決まっている。


忘年会などで遅くなっても、かならずしるこを食べて風呂に入るのが冬至の習慣になっている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

養 生 訓

2010-12-20 14:03:00 | 政治
道新「卓上四季」に江戸時代の儒学者貝原益軒の「養生訓」の記事が載っていた。

本棚を探してみると、2002年発行の「養生訓現代文」があった。
まだ、あの頃は若かったので医療技術も進み、よく効く薬もあると思って「食事は腹八分」「暴飲暴食をしない」などあたりまえのことと思い、パラパラとめくった程度しか見ていなかった。

労働と健康

健康でいるためには適度な運動が必要である。
  長く座っていたり、寝ることを好む人は健康を保つのは難しい。
  食後の散歩は食べたものを消化させ血行をよくするために必要である。
  食事のあとすぐ寝るという行為はよくない。

ところどころ読んでいくうちに、「養生訓」とはまったく違った生活をしている。
夏はパークゴルフに出かけていたが冬になったいまは雪が積もってプレーができないため、昼食のあと一時間も昼寝している時がある。
夜も晩酌をした後ソファで横になってテレビを見ていることが多い。
夕食後歩いていたが雪道はすべって危険なため最近は止めて動くことが少ない。


食事も気をつかって、「食品の安全・安心」と云いながら、なんでもおいしく添加物がいっぱいのものを食べている。

考えれば随分不健康な生き方をしている。


人は後悔をして初めて真実を知ることが多い。
病気になって初めて自分の愚かさを知る。
こんなことも書いてある。


「養生訓」を読むと、江戸時代から残してくれた先人の知恵が現代にも当てはまることが載っている。

健康で楽しい人生を送りたい。
誰もが願っている。

「養生訓」をもう一度読み直してみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あのころが懐かしい

2010-12-18 20:07:00 | 政治
昨晩、花の金曜日ということで8時に会議を終えおじさん6人で居酒屋に出かけてきた。

忘年会の最盛期というのに夜の繁華街は閑散としている。

客待ちのハイヤーも多かった。
顔見知りの運転手がいてどちらにも気になり乗り込むのに恐縮する。
車中話を聞けば「役所も、農協も、会社関係も長引く景気低迷で忘年会は軒並み取りやめ・・・」という。

居酒屋もスナックも客数は少なかった。
居酒屋のママさんは「宅飲み」でマチで飲む人が少なくなったという。
勤めが終わると飲み屋に寄らずまっすぐ自宅に帰って飲食をするらしい。


現役時代、クリスマスが近づくと、三角帽子に鼻メガネをかけたおじさんが、大声を出して大挙して歩いていた。
0時を過ぎるとハイヤーをつかめずわが家に帰るのに苦労した。

そんな景気のいい時代はもう来ないのだろうか・・・。
あのころが懐かしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルッ・・・寒い。

2010-12-16 10:53:00 | 政治
発達した低気圧の影響で12日から断続的に暴風雪に見舞われていたが、
ブルッ・・・寒い。
今朝は厳し「しばれ」となった。
道内で気温が一番低かったのは十勝の陸別で23.7度、2番は北見の生田原23.2度だった。


晴れ間を見てわがマチにある若者の観光スポット「戸外炉(トトロ)峠」まで車を走らせた。
ツルツル路面の峠を上ると一面の雪景色が広がっていた。


これから長い長い冬に入る。

photo by
おじたりあん
from OCNフォトフレンド


峠では寒風にさらされ「親子の猫バス」がマチを見下ろしている。

何にもない峠の馬鈴薯畑にバスを置いただけに年間20万人の若者が集まる。

吹雪で写真は取れなかったが、この先が三浦雄一郎さんが校長を勤めている国際クラーク高校の「元気の泉キャンバス」がある。



photo by
おじたりあん
from OCNフォトフレンド
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主党また敗北

2010-12-13 12:00:00 | 政治
今日は久しぶりに日がさして家の前の雪かきをしていると汗ばんできた。
きのうは暴風雪で道内の高速道も一時通行止めフェリーも欠航し、この冬一番の寒さとなった。


昨日の新聞に休刊日と載っていたのについ忘れて、5時すぎから2回ほどポストを見に行った。
年は取りたくない。
当たり前のように来る新聞が来ない日の朝は手持ち無沙汰というか、どうも落ち着かない。


テレビをつけると茨城県議選の結果が報じられていた。
定数65議席のうち、自民33、民主は24人候補を立てて6議席に止まり敗北した。
党派別も自民399、771票で民主は174,425票と半分にも満たない。




13日は民主党の役員会の日、菅執行部は小沢さんの問題だけではすまない気がする。

菅首相が山形のコメ農家を視察したそうだが、どんな反応があったのか気になる。
わがマチの議会の一般質問で「TPP」を締結し農産物の関税が例外なく撤廃された場合の影響は、市内全農業産出額114億円の64%73億円減少するという。
農業基幹とするマチは壊滅すると強い危機感を持っていると市長が答弁した。

地方の民主党の幹部はこのままでは4月の統一地方選は戦えないといっている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自業自得

2010-12-08 11:02:00 | 政治
歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの記者会見を見た。
先月25日、酒を飲んでのトラブルで顔など殴られて全治6週間の大ケガを負った。


会見で「私のとった行動が、社会人として節度を欠いて、日頃の自分のおごりが招いたこと」と反省し深々と頭を下げた。

忘年会シーズンで酒飲みには実にいい教訓になった。

世の中には、酒の席で威張り散らし、相手を見下げたり、乱暴な態度でふるまい、言ってはいけないことも平気で言う人もいる。
みんな殴ってやりたい気持ちもあるが常識人はガマンする。
そんな人は殴られても自業自得である。



自業自得とは仏教用語で自分のした善悪の行為が、自らの元に苦楽の結果を招き受けるという。


会見の折、海老蔵さん、実に丁寧にコトバを選びながら話をしていた。
普段からこれであればケンカすることも「死ぬかと思うほど」も殴られもせずに済んだ。


一方的に殴られたなら記者会見などする必要もないが、暴走族グループの男の事情聴取もされていないので状況把握はできない。
まだウラに何か隠されている気もする。
麻央ちゃん苦労するネ



今回の事件で、松竹は海老蔵さんに「無期限謹慎」という猛省を促した。
海老蔵さんは十分反省し日本の伝統芸能と文化を守る、立派な歌舞伎役者として復活して欲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日ハム「次代のエース」仮契約

2010-12-07 16:10:00 | 政治
暦では今日「大雪」という。
昨日まで雪がなかったが、今朝は銀世界となった。
photo by
おじたりあん
from OCNフォトフレンド

昨日の夕方は道内のテレビはどこも「佑ちゃん一色」になった。
日ハム「次代のエース」として道民は期待をかけている。

祐ちゃんが「理想の選手像」に挙げた球界を代表するダルビッシュも一軍の初登板は6月からでシーズン5勝だった。
仮契約後の会見で「18 開幕一軍 」と色紙に書いたが、相手打者も一振りに人生がかかっている。
プロの世界は厳しい。


ハムの期待の大砲「中田翔」も、もがき苦しんでいる。
佑ちゃん、まずは2軍でしっかりコントロールを身につけてから一軍に定着すればいい。


それにしても注目ルーキーはすごい。
北海道未来総合研究所によると「斉藤佑樹」投手がドームで11試合に登板したとして経済効果は推計58億4千万円という。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加