爺のつぶやき


田舎の爺が季節の話題や日本ハムのことなどつれづれに綴っています。




大雪に悲鳴

2005-02-20 15:58:00 | 政治
きょうも天気予報は大雪や吹雪、雪崩にも警戒と発表された。
すでに朝から高速「道央道」は通行止めになったり解除されたりとめまぐるしい。

札幌市内も積雪が5年ぶりに1メートルを越えバス、トラック業界も悲鳴を上げていると新聞に載っている。

札幌と小樽、千歳空港間の都市間高速バスがこの冬1000本運休、道内と本州を結ぶ長距離トラックは「高速の通行止めで、フェリーへの積荷が間に合わない」という。

タクシーも渋滞はするし、排雪が追いつかずうずたかく積み上げられた雪山で駐車も出来ず困っている。

この冬の積雪は、札幌が前年より30センチ多い104センチ、小樽は44センチ多い126センチで豪雪地帯の北空知は160~200センチで昨年より40%も積雪量が多い。

行政も補正予算を組んで苦渋の対応をしているが、北海道は不況とドカ雪のダブルパンチに見まわれている。




コメント

親に先立つ不孝者

2005-02-19 20:54:00 | 政治
江別市の石狩川の右岸で男3人と女1人が集団自殺した。

警察の調べでは4人のうち1人が「札幌付近で死ぬ人を探しています」という書き込みがあったという。

2005年になって、すでに男9人、女6人の15人もサイトを通じて集団自殺している。

IT時代とはいえ、1人の男は、一緒に死ぬために、わざわざ、福岡から札幌まできている。
しかも、4人は、自殺当日までお互い名前も知らず札幌に集まって集団自殺したと見られている。
一人では死ぬ勇気がなくて、相手があれば死ねるというのだろうか。


新明解さんによると親より先に死ぬことを「逆縁」と言うらしい。

最近「親孝行」と言うことばもサッパリ聞かないが、親より先に自らの命を絶つことは、最高の「親不孝」だと思う。

死ぬ勇気があるならば、昔流に言えば歯を食いしばっても頑張って生きる勇気をもってほしいとおもう。









コメント

高齢者に冷たい政治

2005-02-16 17:12:00 | 政治
例年どうり確定申告の時期になり、税務署から送られてきた手引きの下書きを書き終えた。

今年は、38万円の配偶者特別控除(上乗せ部分)が廃止されている。
結局、今年から納付が避けられない状況になり住民税の33万の控除もなくなる。

来年はさらに税金がアップする。
65才以上が対象で所得からの「老年者控除」が廃止され、年金収入に認められている「公的年金控除」が縮小される。

控除が減れば課税所得が増えて納める税金が増える。

現在定率減税の見直しなど、新たな税制改正の議論がされているが、これに消費税のアップとなれば高齢者にはさらに追い討ちをかけることになる。

世の中には少額の国民年金で何とか生活をしている人が大勢いる。
最近の政治は高齢者に冷たい。
国民健康保険料も介護保険料も医療費の個人負担率を上げ、年金は引き下げらている。

小泉さんは高齢者は金持ちだと言ったが、それは国会議員などの限られた人だけ、役人主導の増税路線、一般の年金生活者に直撃している事実を知ってほしい。



怒らない民に政治の得手勝手(函館・小林 晃さんの川柳より)





コメント

シニア・ドライバー

2005-02-14 19:48:00 | 政治
運転免許の保有者65歳以上が65万人で最高齢は105歳と新聞に載っていた。

65才も越えると、反射神経、動体視力など身体機能が落ちてきます。
それにもかかわらず、平気でわき見をしたり、飛ばし過ぎたりして、冷や汗を掻くこともたびたびあります。
そのたびに気をつけよう自覚が足りないと反省しています。

全国で運転免許を持っている人は約78、247、000人でそのうち65歳以上が11、8%の9、271、700人いるという。
100才以上は5人で最高齢は宮崎県に住む105才の男性と載っている。

道内では、65歳以上は、398、465人で総数の12、0%で、最高齢は98才で、札幌と美唄にいる男性二人という。

2004年の交通事故死は
全国 7、358人 ? 北海道 387人 ? 愛知 363人 ? 千葉 332人

今朝のNHKのニュースで昨年の高齢者の交通事故は81、890件で、死亡事故は、1、019件、10年間に若い人の事故は4割減ったのに、高齢者は、1.2倍になったといっていた。

原因は、漫然とした運転や誤った運転操作、わき見が、4割占めているという。

シニアドライバーの皆さん、一年一年反射神経が衰えてきています。
今更事故に遭わないように気をつけて運転しましょう。





コメント

何故かおかしい・・・?

2005-02-13 17:41:00 | 政治
■ NHK
 ラクビー日本選手権「トヨタ自動車対早大」戦が実況中継から翌日に録画で放送すると変更したことで二転三転し、結局視聴者の抗議が殺到して、昨日午後2時から生中継で放送された。
 日本ラクビー協会が詫びをいれたようだが、落度があったにしても、従来のNHK姿勢からして協会と密約でもあったのではないかと疑いたくもなる。

■ ヤミ金裁判
 東京地裁で山口組傘下の暴力団幹部によるヤミ金融事件の判決があった。
 暴力団幹部には懲役7年、罰金3千万円の実刑が言い渡されたが、97億円も隠しているカネが被告の手元にのこり、損害賠償を求めている被害者には「民事で回復」をという。
納得いかないおかしな判決の気がしてならない。

■ 芥川賞
 今回芥川賞を受賞した阿部和重さんの「グランド・フィナーレ」を今月の文芸春秋で読んだ。
 昨年も、そうだが、金原ひとみ「蛇にピアス」/綿矢りさ「蹴りたい背中」も私にはイマイチ理解できない。
 わがマチ出身で東大病院の医者石黒達昌が4回も候補になりながら受賞を逸しているからかもしれないが・・・・

■ アニータ
 青森県住宅供給公社の経理担当職員が、15億円を横領して、14億円をチリーの女に渡していた事件があった。
 その女アニータ・アルバラード(32)がチリーの司法当局に売春ほう助の容疑で逮捕された。
 男は14年の懲役が確定して監獄に入っているようだが、日本につれてきて法廷に引出す方法がないものか金も戻らず、何とも悔しい話だ。

きょうは、とりあえず、ここまで
コメント

米に追従する日本

2005-02-11 11:12:00 | 政治
イラクの米海兵隊師団を率いる現役中将が「人を撃つのがめっぽうおもしろかった」と発言した。


アメリカはイラク人捕虜虐待で世界中から非難を浴びたが、それでも懲りずに、国防長官は中将のこれまでの軍功をたたえて懲戒処分にはしなかった。
イラク戦争している米軍の非人道性を見せ付けられた気がした。

きょうの道新「読者の声」で空知管内北村の片山進(66)さんも「戦場は人を狂気にさせる恐ろしいところだ」と同じような思いを投稿していた。

アメリカではイラク派兵の米兵のうち、上下両院議員の子息はたった1人で移民の子息が圧倒的に多いといつかの新聞に出ていた。

枯れ葉剤から劣化ウラン弾へ、テレビ報道を見ていると、今後、戦争がロボット化になるといっている。

世界は、アメリカ主導で進んでいる。
それに日本が追いすがる。

戦争放棄の思想を貫いてきたわれわれ世代、戦後60年足元が揺らぎだんだん不安になってきた。


コメント

サッカー北朝鮮に辛勝

2005-02-10 15:13:00 | 政治
昨日の夜は日本中がサッカー北朝鮮戦に熱中したのではないか。

北朝鮮とは拉致や、経済制裁発動をめぐっての緊張が続く中での対戦となり、警察官2000人、民間警備員1400人を動員したという。

日本は、勝ち点3が求められるホームの初戦、開始早々小笠原が直接FKを決めて先制、後半北朝鮮の猛反撃を受けて1-1と追いつかれたが、ロスタイム残り1分となったとき、途中出場の大黒将志(G大阪)が決勝点をけりこんだという激戦であった。

厳重な警備体制が敷かれ、試合は59399人の観衆を集めたが、両チームのサポーターは礼儀正しい応援をして懸念された混乱は全くなくなかったという。

この日、試合は北朝鮮で報道されなかった。
対外試合に負けると選手には過酷な強制労働が待っているとテレビ報道されていた。
北朝鮮の国民が純粋にスポーツを楽しめる日が来ることを祈りたい。

コメント

「政治不信」

2005-02-09 15:51:00 | 政治
衆議院予算委員会の「政治とカネ」の集中審議を見ていたが、馳議員の「売られたケンカは買いたい」で始まり、ヤジ、怒号、中傷、個人攻撃の泥仕合を4時間に及ぶ議論に終始した。

国民は、日歯連の1億円、村岡さんが、起訴されて、現場にいた橋本、青木、野中さんの3人が罪にとわれない、「おかしい」とみんな思っている。
東京第2検察審査会は「不起訴不当」と議決したが、与党側は証人喚問そのものを拒否している。今だに真相は解明されない。


「政治とカネ」は充分議論していかなければならないが、国民が求めているのは、特に社会保障制度、北朝鮮との問題、郵政民営化、など党派を超えて議論をする重要な課題があるはずだ。

野党の非力と無為無策、小泉首相粗っぽい誠意のない答弁、有権者に選ばれ国民の代表である議員が、国家の方向を議論するのが、議会政治ではないのか。

こんな国民を置き去りにした国会ではあきれ果てて、一層国民の政治不信が高まってくる。




コメント

止まらぬ転落・・・・

2005-02-08 13:58:00 | 政治
坂道を転がりだすとなかなか途中では止まらない。

7日、池袋署に萩原健一 (54)が恐喝未遂容疑で逮捕された。

40年も前になるが、グループサウンズ全盛期に「ザ・テンプターズ」のボーカルで「ショーケン」ともてはやされていた、その後、俳優、歌手としてたまたま見かけていた。

いしだあゆみ・賠償美津子と結婚していたが離婚し今はどなたかと結婚しているようだが、テレビ報道で町内会長は月200円の会費も支払ってくれないと言っていた。

昨年10月横浜で人身事故を起こして現行犯で逮捕された、覚せい剤で逮捕されたこともあるはずだし、暴力団との関係も見え隠れする。

栄光から転落、そんなドラマを見てるような気がする。

同日、元タレントの田代まさし(48)が東京地裁で懲役3年6カ月の実刑判決を受けた。

相変わらず覚せい剤の使用で交際相手にも注射したという。

スカートの中を隠し撮りしたり、風呂場をのぞいたり、大麻や覚せい剤の使用など、バカとしかいいようのないダンナを持った奥さんと子供達は、どんなにか恥ずかしくつらい思いをしていることだろう。

とても気の毒に思う。



コメント

首相は「庶民の痛み」わかりますか・・・?

2005-02-07 19:32:00 | 政治
1月27日の衆議院予算委員会で菅さんが首相の答弁を「妄言」と批判した。

? 国民年金の未加入
  人生いろいろ~おかしいと思うほうがおかしい。
? 自衛隊が活動する地域が非戦闘地域だ
  一番国民にわかりやすい適切な答弁と思っている。
? 大量破壊兵器はいずれ見つかる
  予想と見込みは外れる場合はある。
? 約束を守れなかったことは大したことではない
  今考えたら良い言葉ではない反省している。


菅さんとの論戦はおよそこんなやり取りであった。

その後の国会の小泉首相の答弁を聞いていると、この人が日本の首相なのと疑いたくなる、国民の常識で考えられない答弁をしている。

4年前さっそうと登場し、「改革なくして成長なし」「自民党をぶっ壊す」と叫び、「改革には痛みが伴う」と言った。

国民は、痛みに耐えれば、明日があると錯覚した。

就任5年目、景気の低迷、年金減額、各種控除の廃止、または段階的廃止、など、次々と痛みを強いてきた。

さらに、最近の答弁では、自民党から受け取った1億円の政策活動費の使途を追求されて、「政治には金がかかる」と開き直った。

11日間で200万円を越える飲食店での支出を指摘されると、「飲食費の何が悪いのか、人間関係の潤滑油として、たまには酒を飲む、食事もする、普通のことだ」。

サラリーマンの小遣いと政治活動とはおのずから違う、それをおかしいと言うほうがおかしい



小泉首相は、「私は常に誠意を持って答弁している」というが、この答弁を聞いて、これではわれわれとあまりにもかけ離れすぎて「庶民の痛み」などわかるはずがないとつくづく思った。




コメント

<font color=5599dd>スキミング</font>

2005-02-02 22:48:00 | 政治
キャッシュカードの磁気部分に書きこまれた暗証番号を読み取って、複製を作るカード偽造方法という。

財布にキャッシュカードがあるのに知らぬ間に139回も預金が引き出されて3200万円も被害にあった人もいる。

盗まれたカードで預金を引き出された人が「ひまわり草の会」を結成して、カードに偽造の危険があるとわかった時点できちんと対応を取らなかったとして銀行を提訴するという報道があった。

ゴルフ場で発生した事件は新聞テレビで知っていたが、偽造カードで銀行口座から現金が引き出される被害が04年には20億円にも達していると聞いてビックリした。

被害続出で銀行は「金融秩序維持の観点から重大な関心を持って受け止めざるをえない」といっているが磁気カードに欠陥があるのは明らかだ。

アメリカでは、預金者に重大な過失がない限り、どれほどの被害を受けても本人負担は50ドルでよいという。

日本は自己責任で銀行には法的補償はナシというのは法整備が遅れているのか、銀行が責任逃れしているのかどうしても納得できない。









コメント