爺のつぶやき


田舎の爺が季節の話題や日本ハムのことなどつれづれに綴っています。




日本ハム「無念の連敗」

2011-10-31 20:02:00 | 政治
「北海道日本ハム」はクライマックスシリーズ(CS)で西武に連敗して悲願の日本一を果たせず2011年の戦いは終わった。


エース・ダルビッシュ
来季メジャー挑戦かチーム残留か去就が注目される。





日本ハムはソフトバンクと後半戦同率首位で折り返したが、8月末に突然の梨田監督の退任報道でチームの歯車が狂いだし、接戦を落とす試合が続いた。
2007年にもトレイヒルマン監督の退任表明で日本一を逃がした。
歴史は繰り返すというが今年も同じ結果となった。




来季は栗山英樹氏(50)が監督に就任する。
レギュラーシーズンは2位で終えたが、後半戦の失速を見る限り、まずは打線の強化が不可欠となる。
さらに四球やエラーも多くそれが失点に結びついた。
以前のように1点を取りに行く泥臭い野球に徹して欲しい。
栗山新監督には課題が積み残されている。



ドラフト会議では巨人単独指名といわれていた「菅野智之投手」を指名し交渉権を獲得、5位では社会人で完全試合を達成したJR東日本東北の「森内壽春投手」7位でソフトボール選手の「大嶋匠捕手」を指名しなにかと話題を独占している。



試合後、大社オーナー「何が足りなくて、何をしなければならないのか」チーム統括部の報告を聞いて対処したいと話している。
このCS2日間、84000人を越えるファンが札幌ドームに駆けつけて応援したが二連敗という情けない結果にに終わり、負けて帰る悔しさを味わった。


2012年、梨田監督より引き継いだ栗山新監督はチームをどう立て直すか手腕が期待される。
再び「日本一」を目指して欲しいと願う。













コメント

ポスト・ダル

2011-10-28 18:48:00 | 政治
2011年のプロ野球ドラフト会議、「北海道日本ハム 菅野智之」。
菅野投手は巨人原監督のおい、昨年12月から巨人1位指名に決まっていた。
長野、沢村と3年連続、巨人の「一本釣り」を阻止した瞬間である。
ドラフト会場にいた誰もが驚き、拍手が起こった。
巨人ドラフトはいつも誰が見てもフェアではない。
それに対し日本ハムの今回の指名は一石を投じたことになる。
「一番いいと思った選手にいくのが方針。今年初めから決めていた」日本ハムの交渉権を引き当てた津田社長も、山田正雄GMも謙虚にこうコメントした。



日本ハムはダルビッシュの大リーグ挑戦が有力視されていることからポスト・ダルがどうしても欲しい。
菅野選手は巨人と相思相愛の原監督の甥、交渉権を獲得しても以前の長野のように入団を拒否されるかもしれない。
日本ハムの菅野投手指名には辛口評論の張本さんも、江本さんも、楽天星野監督も会場の拍手と同様に高い評価をしている。
ドラフト本来の趣旨に戻すためにも菅野投手は「北海道日本ハム」に入って活躍して欲しい。




北海道移転前年からの日本ハムのドラフト指名選手

03年 糸井嘉男(近大)投手
04年 ダルビッシュ(東北高)投手
05年 陽 仲寿(福岡第一高)内野手
06年 吉川光夫(広陵高)投手
07年 中田翔(桐蔭高)外野手
08年 大野奨太(東洋大)捕手
09年 中村勝(春日部共栄高)投手
10年 斉藤佑樹(早大)投手
               (希望枠除く)





コメント

RVとクマ衝突

2011-10-25 20:10:00 | 政治
今秋になって道内各地でヒグマの目撃情報が毎日出ている。

きのうは十勝管内広尾町紋別の道々で51歳の女性が運転するRV車とクマが衝突した。







札幌市内でも頻繁に市街地に出没し目撃情報が相次いでいる。
タクシーの女性運転手がバス停に寄りかかっている人影が見えたので止まるとクマだったという。


今年は異常気象か、近くの山で好物の木の実が不作で食べ物を探しながら、市街地まで下りてきたらしい。
札幌市役所や警察ではパトロールし、立ち入り禁止の看板を設置して住民に注意を呼びかけている。


北海道には開発局が設置したクマやシカ、キツネの道路標識もある



美笛峠からの国道453支笏湖畔
コメント

紅 葉

2011-10-18 19:20:00 | 政治
13日から15日かけて「登別温泉」へ車で530キロも走ってきた。
13日は登別温泉「まほろば」14日は洞爺湖を巡り伊達市大滝の北湯沢温泉「湯元 名水亭」に、いずれも夫婦で泊まるのは、5年ぶりである。
2日目の名水亭の前を流れる長流川の紅葉は格別の素晴らしさでした。




15日の帰り道、その名の通り三段の層をなして落ちる「三階滝」に寄ってみた。
岩肌に砕ける水しぶきと色づいた木々は見事な景観でした。


コメント

初雪・初霜・初氷

2011-10-04 18:37:00 | 政治
道内は真冬並みの強い寒気に覆われ、2日は初雪、3日初霜、4日初氷と近くの山々も頂上は雪化粧をし寒い朝が続いている。
早くも冬の使者である。



旭岳ビジターセンター


今年は春先から低温と長雨、夏は猛暑、雨が続いているところに、2回も台風がやって来て、さらに秋晴れの日が少なく、天気が悪い。
基幹作物のコメの作柄は良かったが、たまねぎ、馬鈴薯など収穫作業が遅れている。
農家の人の心配が耐えない。


やはり異常気象か20日も早く寒さがやってきて朝晩灯油ストーブに火をつけた。
こんなに早く暖を取るのも記憶にない。
この冬の寒さがどんなことになるのか今から心配になる。



コメント

雨のドライブ

2011-10-01 19:08:00 | 政治
きょうは夜半から大雨だった、あさカミサンはパークゴルフにも行けないので、新聞社のクイズで当たった入浴券で幌加内町の「政和温泉ルオント」に行こうと云いだした。
ルオントは国道275号線で往復110キロもある。
雨の中のドライブだがとにかく出かけてきた。

これが政和温泉ルオントです。




幌加内町は「日本一のそば」が自慢のマチ。

● そば の作付け面積3、000ha・生産量も日本一
車で走ると農地のほとんどがそば畑JAの施設には「内閣総理大臣賞受賞」と表示されていた。



● 農作物は昼夜の気温差があるほど旨味が増すと言われるが幌加内町は 最低気温 41,2℃ の記録がある。





温泉に到着は11時30分、早速レストランで新発売という「塩そば」(750円)を食べた。
「塩ラーメン」は食べたことはあるが、「塩そば」は初めてだが旨い。


露天風呂は鉄分が多く茶褐色で美容に効果があるという。

きょう一日、往復2時間、雨が降り続くドライブでした。


コメント