爺のつぶやき


田舎の爺が季節の話題や日本ハムのことなどつれづれに綴っています。




松岡大臣の自殺

2007-05-29 21:27:00 | 政治
松岡大臣が「国民におわび」と遺書を残して28日午後自ら命を絶った。

松岡大臣は、3月国会で、1本5000円もするナントカ還元水を飲み、「今どき水道の水なんか飲んでいる人はいないでしょう」などと厚顔無恥な発言をした。

首相は、安倍政権誕生の「論功行賞」人事のひとりといわれる松岡大臣を、世論を無視して、過剰なまでにかばい続けてきた。


東京地検が捜査している「緑資源機構」の官製談合でも受注業者から多額の献金を受けている。

ウマイ汁を吸い尽くしきたが、ついに捜査の手が身辺に及ぶことをしり、ついに逃げ切れず自ら命を絶つことを選んだと思われる。


松岡大臣を自殺にまで追い込んだ首相の責任もある。


野党は引き続き「政治とカネ」の問題の追求を緩めてはならない。


遺書の「国民におわび」は何をわびたのか、いま一つよくわからない。






コメント