馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

気分転換

2019-09-07 12:30:22 | 首都散策・秋季

人の悪口を言っていると天から罰を食らう
昨日の散歩はまさに行きはヨイヨイ帰りは怖い

  近頃、逃げない

踏み切りを右に曲がり鉄橋へ進路を取る
曲がり角に猫の額ほどの砂場がある

雀の遊び場兼健康ランドなのだ
丸々と太り厳寒期に備え脂肪分を体中に蓄えているようだ

そこへノコノコやってきた私は邪魔者
だが彼らは逃げない・・見るとレールや枕木に小麦の粒が

大声出しても無視される
外国で一人暮らし話し相手がいないので雀を相手に

大声で馬鹿野郎・・と日本語を発する
普段、見ると逃げ回るお前らが何故逃げぬと

立ち止まり振り向きカメラを向けても無視される
雀にも馬鹿にされるようになってしまった

ノスリ

  雀が上を見上げろと言う

頭上高くノスリが上空、円を描いている
眼もよし動体視力もいい猛禽がウロウロしている

雀のお宿は暖房配管の断熱材の隙間である
もともと冬に強い鳥である・・ダウンジャケットを着込んでいる

それでも暖房管がお宿だからセレブ雀である
肉付きよし・・一口サイズ・・食べ頃・・

ノスリは上空で舌なめずりをしているようである

詐欺

  五月蝿い鳥(朝鮮国鳥)

鉄橋手前へ来ると猫じゃないかと思われるくらいデカイ鳥
モンゴルは冬が来そうなんです・・薄ら寒く鳥肌が立つ

綺麗な鳥だが日本では余り見かけない鳥
調べると韓国の国鳥で色鮮やかな姿、鳴き声が火傷と同じである

ギャギャ喚き散らし大袈裟で人目も憚らないさまが
軽蔑しながら3地区へ向かったのが良くなかった

ドブネズミ

  濡れ鼠になりました

旭鷲山ビルまで来ると上空で稲光・雷が鳴り出した
ヤバイと思いながら取り合えずケーブルTV料金の支払いだけでも

デパートへ直行・・支払いを済ませ出てくると
ポトポトと大きな雨粒が落ちてきだした

急ぎ元来た旭鷲山ビルまで下山し何処かで雨宿りするか
今日も日本語を発したのは雀相手に発しただけでした

跨線橋手前にあるホテル前まで来ると本格的に振り出す
30分も雨宿りすれば小雨か止むだろうと濡れた体で退避

動かないで待ち続けていると濡れたからだが冷える
低体温症とまではいかないが寒い!

我慢性のない老人です
小降りを見計らい帰る事にしました

約1km弱の道のりです
寒さと全身ずぶ濡れで自宅に帰りついた時は

矢張り人様の悪口を罵りながらの帰還でした
ご無事でお帰りなさいの迎えもなく寂しい一人暮らしです

夕食する気力もなく今まで不貞寝してました

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント