カトリック社会学者のぼやき

カトリシズムと社会学という二つの思想背景から時の流れにそって愚痴をつぶやいていく

原罪の教義はいつ定着したのか ー 原罪論4(学び合いの会)

2022-07-03 11:04:28 | 神学


Ⅳ 古典的原罪論の展開

1 アウグスティヌス以前の教父たち

①ギリシャ教父たち

 2・3世紀 エイレナイオス、アレキサンドリアのクレメンス、オリゲネスなど
彼らは人間の「」に関心を持った。「なぜ無垢の嬰児が死なねばならないのか」という問題意識から原罪について考察した。特に問題にしたのは、原罪が人祖からどのように子孫に伝わるのか、という点であった。エイレナイオスは、人祖が所有していた本来的な善は罪によって損なわれたが、洗礼によって回復されると考えた。この考えはアウグスティヌスに影響を与えたという。

②ラテン教父たち

 2・3世紀 キプリアヌス、テリトリアヌスなど。「」の起源について深い関心を払った。

2 アウグスティヌス(354-430)

 アウグスティヌスは教会の原罪についての公式教義の基礎を作った。

①悪の問題について自分自身の体験をもとに考察した
②人間は良きものとして作られた。存在は善である。
③悪は存在ではなく、存在の欠如のことである。悪は神の秩序から逸脱した人間の自由な行為だ。
④アダムの罪により人間は神との交わりを失い、死と苦しみを罰として受けた
⑤洗礼によって罪は許されるが、情欲は残り、自我との闘争を続ける
⑥マニ教のグノーシス主義的悲観論とペラギュウスの楽観論の両極端を排した

 アウグスティヌスは特にペラギュウスと徹底的に闘い、ペラギュウスはやがて異端の宣告を受けることになる(1)。

3 原罪の古典的定義の定着

 古代教会はアウグスティヌスの見解に賛同し、二つの教会会議で教義として採用する。この教義は基本的にアウグスティヌスのラインを踏襲している。

①カルタゴ教会会議(418 DS222~230・370~371)
 マニ教的悲観主義と、ペラギュウス的楽観主義の両方に異端宣告した(この時アウグスティヌスはまだ存命中である)。
②オランジュ教会会議(アラウジオ教会会議 529 DS371~375)
 カルタゴ教会会議の確認をした(2)。

4 中世

①カンタベリーのアンセルムス(1033~1109)
 原罪の本質は、アダムの罪の行動によって課された「聖化の恩恵の欠如」として理解した(3)。
②トマス・アクィナス(1225~1274)
 アウグスティヌスと同様に創世記の2・3章の記述を文字通りの歴史と解釈した。ただし、エデンの園は楽園とは見ずに、われわれ自身の状況に似た場所として考えたようだ(4)。
 トマスの原罪論:原罪とは恩恵の喪失のこと。神との正しい関係の喪失である。欲望は原罪の結果である。原罪は「遺伝」し、人はみな罪人である。カトリック教会の教えはトマス・アクィナスに従ったものである(5)。

5 宗教改革者たちの原罪観

①宗教改革者たちはアウグスティヌスを高く評価した(ルターは元々アウグスティヌス修道会の修道士)。
 カルヴァンは、原罪の結果、人は「本性上堕落している」と主張した。回心していない者の自由意志は罪を犯す以外の自由はない、と主張した。これが改革派の堕落の定義である。これはカトリック教会の自由意志の定義とは著しく対照的である。プロテスタントは自由意志についてはカトリックより否定的である(6)。

②宗教改革者たちは「大罪」と「小罪」の区別を破棄した(7)。
大罪:Ⅰコリント6:9~10,ガラティア5:19~21
小罪:ヤコブ3:2,Ⅰヨハネ1:8,5:16

 トマス・アクィナスは大罪と小罪の区別を厳密に検証した。そして情欲そのものは罪ではないとした。ルターやカルヴァンはカトリックの罪の定義を不十分とし、罪は人間の全面的腐敗と考えた。情欲についても補強した。罪は神からの隔絶であるから、大罪・小罪の区別は無意味だとした。人間は、罪の側にあるのかそれともキリストの側にあるのか、二者択一であると主張した。

③罪の赦し
 キリスト者の罪はキリストの義に基づく贖いの愛の恵みによって許されるのであり、罪人自身の悔悛によるのではない(8)。

 

 【ウクライナ東方正教会の復活祭 2022】

 


1 マニ教はグノーシス主義的な霊肉二元論をとり、霊が善で肉は悪とした。この世界はモノであるからすべてを悪とした悲観論である。古代グノーシス主義は複雑多岐にわたる展開をとるので一概に非キリスト教的とは言い切れない。他方、ペラギュウス主義は、人間は自由意志により神の助けなしに救われるという楽観論である(仏教の自力本願説を思い起こさせる)。ペラギュウス(生没年不詳 イギリス生まれだが380年頃ローマに来てその後カルタゴで活躍する)は人間の自由意志を認めない恩恵説を批判した。また、アダムの原罪の伝搬は「模倣」によるもので「遺伝」によるものではないとした。
2 DSとは「デンツィンガー・シェーンメッツァー」のこと。DSは編者の名前の頭文字。教会の文書資料集のこと。『カトリック教会文書資料集ー信教および信仰と道徳に関する定義集』(エンデルレ 1996)など。カトリック神学の基礎資料のようだ。
3 カンタベリーのアンセルムスは北イタリアで生まれ、カンタベリー(イギリス)の大司教となる。かれの「理解せんがために信ず」ということばは有名だ。知と信のいずれか一方に頼ることを諫めて、理性的探求の重要性を強調した。スコラ学の父とも呼ばれるようだ。アンセルムスについては良くは知らなかったが、最近読んだ下記の本が勉強になった。八木雄二『「神」と「わたし」の哲学』(2021 春秋社)。
4 トマス・アクィナスは知と信を明確に区別し、学としての神学を確立した。「恩恵は自然を完成する」というかれの言葉は有名である。原罪の遺伝説の根拠は彼に求められることが多い。
5 遺伝ではなく、アウグスティヌス的に「相続」と訳すこともあるようだ。
6 自由意志論争の中では、プロテスタントのなかでもいろいろな意見の対立があった。救いは神が一方的に与える恵みなのか、人間の主体的な努力・関与は意味がないのか、という問いを巡る対立であった。改革派は基本的にルターの恩恵観を引き継ぎ、「恩恵のみ」(sola gratia)説にたった。これは人間の側からは「信仰のみ」(sola fide)となり、功徳や悔悛を認めないことになる。
7 大罪とは、はっきり意識して、自由をもって、神の意志に背くこと。「死をもたらす罪」とされる。具体的には、殺人、姦通、信仰を捨てることなどをさす。大罪は必ず告解し、恵みを回復しなければならないとされる。七つの大罪などという。小罪とは「許される罪」で、日常の罪・軽い罪とかいわれる。
8 赦し pardon とは、罪によって損なわれた関係を回復し、罪の状態から罪人を解放すること。旧約では赦しは、善行・苦難・回心・告白・とりなしで準備されるが、基本的には神からの恩恵として理解された。新約では悔悛の役割が重視される。宗教改革期には恩恵か悔悛かは単なる強調点の違い以上の対立をもたらすことになる。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

罪の赦しは恵みか悔悛か ー 原罪論3(学び合いの会)

2022-07-01 08:47:41 | 神学


Ⅲ 新約聖書における罪の理解

1 罪をめぐるイエスの教え

 イエスは、罪とは「律法」違反のことではなく、神と隣人への「愛の欠如」の問題であるとした。そしてそれを「一人一人の問題」として扱う。罪の観念はここで大きく転換していく。

①罪の赦しと病の癒やしを同時に行う(マルコ2~5章)
②信仰が罪からの救いである(マルコ5:34 「娘よ、あなたの信仰があなたを救った」)
③あなたの罪は信仰によって赦されたと宣言する(マルコ2~5章)
④イエスは人間の罪からの解放のため自己を捧げる。そして罪の赦しの権能を弟子たちに与える(マルコ10~19章、ヨハネ20~23章)

2 パウロ

 パウロは罪の意識を深く掘り下げる。パウロの罪の観念はキリスト教の罪観念のベースとなっていく。

①罪は普遍的である(ロマ書3:23 「人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっています」)
②救われる以前の人間の状態を罪人とする(ロマ5:19 「一人の人の不従順によって多くの人が罪人とされた」)
③一人の人によって罪がこの世に入り、罪によって死が入ってきた(ロマ5:12)
④アダムの堕落によって罪が全人類に及んだ(ロマ5:12 「すべての人が罪を犯したからです」)

⑤罪の赦しは唯一のキリストの十字架を通して与えられる恵みである(Ⅰコリント15:3、ロマ4:25)
⑥「一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです」(ロマ5:18)

 

 【使徒パウロ】

 


3 ヨハネ文書(1)

①罪は人間を脅かす不可視の力である(Ⅰヨハネ第2章)
②罪は神と隣人への愛を拒むこと キリストによって与えられる解放によって罪から救われる(黙7:14 「その衣を子羊の血で洗って白くしたのである」)
③主の主、王の王のもと、人間は真に自由にされる(黙1:8 「わたしはアルファであり、オメガである」)
④キリストの血の贖いによる人間の罪からの解放が強調される(黙5:9 「ご自分の血で、神のために人々を贖われ」)

 このようにパウロは、アダム以来人間はみな罪の下にあり、これをキリストの贖いによらずに償えると考えることこそ傲りであり、罪であるとした。罪は人間の内にあるとした旧約聖書の罪の捉え方とは異なることがわかる。



1 ヨハネ文書とは、ヨハネによる福音書・3通のヨハネの手紙・黙示録の5文書をさす。福音書記者のヨハネとは、イエスの12人の弟子の一人(パウロはこの中には入っていないが使徒と呼ばれる)で、ゼベダイの子とされる。もともと洗礼者ヨハネの弟子だったが後にイエスの弟子となり、使徒ヨハネと呼ばれるようになった。ヨハネ福音書の著者がこのヨハネかどうかは議論は定まっていないようだ(『岩波キリスト教辞典』)。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

罪は人間の内にあるのか ー 原罪論2(学び合いの会)

2022-06-29 09:19:43 | 神学

 

Ⅱ 旧約聖書における罪の理解

1 人祖の物語 創世記第2・3章

 創世記は人類の発生をアダムとエバのドラマとして描く。神の計画により恵まれた原初の至福の状態と、堕罪後の神から見放された状態とを比較する(1)。
 人間は神の似姿として造られたが、すべてを許される自由が与えられたわけではなく、有限な存在である。しかし、人間は神のようになろうする欲求を持ち、自己の絶対性・全能性を求める。「禁断の木の実」は実は人間の有限性にもとづく制約のシンボルであり、「」は悪の誘惑を表す。
 創世記の記述は、本来神により頼むべき人間の限界を踏み越えようとした人間の試みが、世界のすべての悪の根源であることを示す。創世記は、すべての人間にある罪への傾きとその結果を、人祖が自らの罪によって神との交わりを失ったことによって説明しようとする。神が創造された、本来良きものである世界に多くの悪が存在するのはなぜなのか、という大問題をテーマとする。この問題の責任は、神にではなく、人間にある、と主張している(2)。

2 カインとアベルの物語 創世記第4章

 これは人類初の兄弟殺しの話である(3)。義人アベルと罪人カインの宗教的・道徳的対立を描く。神はアベルの捧げ物に目をとめられる。アベルという名前は、無意味・無価値・はかない小さい存在という意味のようで、神は無力な者・小さな者を愛するという意味が込められているという。当時のイスラエルは小さな無力な存在に過ぎなかった。
 カインは弟への妬みの感情から弟を殺す。神のカインへの審問、刑(呪い)の宣告がある。しかし神は刑を軽減し、カインを赦す。


 【カインとアベル】


3 洪水物語 創世記第6章

 4つの章にまたがる洪水物語はJ資料とP資料が入り交じっており、複雑化しているという。旧約聖書の中で最も神話的であるという。古代世界には同様のモチーフの神話が多いという(ギルガメッシュの水神話など)。人類の罪、堕落がテーマである。神は世界と人間を造ったことを後悔し、すべてを地上から拭い去ろうとする。しかしノアは神の好意を得る。箱船によってノアとその一族と生き物が救われる。神はノアと契約を立てる。

4 バベルの塔の物語 創世記第11章

 これもJ資料だという。人類が全地に拡散し、人類の言語が混乱していることの話である。天に届く塔を建てるという人間の高慢の罪が描かれる。

5 旧約聖書の罪理解(4)

① 罪の問題は常に共同体的視点から捉えられている
② 罪は神の怒りを招き、神と人との間を引き裂く
③ 罪の償いについては、律法に様々な償いのための犠牲が定められている
④ 預言者は、倫理的・宗教的罪を厳しく批判する
⑤ 父祖たちの罪が子孫に及ぶという古い教えは、個人の責任を追及する考えによって退けられた
⑥ 集団的責任から個人的責任への転換がある(預言者たちの立場)罪の倫理的側面が強調された

⑦ 旧約には、罪の普遍性の表明はあっても、原罪の教えはない

 確かに、旧約は人間の罪への傾向を認めるが、それは人間が罪に運命づけられているという教義とは全く異なる。
 アダムの罪が子孫に伝わるという原罪の教えに旧約は言及していない。カインの罪は父アダムにさかのぼらない。洪水の世代の罪もアダムとは無関係だ。人間の自由が強調され、罪の起源は人間の内にあるというのが旧約の一貫した考えである(5)。



1 この部分はJ資料とされる。J資料とはヤーヴェスト資料のこと。モーセ5書にはいくつかの資料的背景があり、J資料はその一つで国家分裂以前のダビデ・ソロモン体制の時代のもの。例えば、創世記の1章と2章は関連性は見られないが、重複が多いのはそのせいだとされる。二つの章をまとめて一つの章にするということはなされなかった。資料的背景が違うからであろう。この件は前回の旧約聖書の成立過程を論じたところですでに紹介している。
2 ネオトミズムの立場に立つと言われる岩下壮一師はその著『カトリックの信仰』のなかで、第6章を「原罪」と題して、昔の古典的な公教要理の原罪論を詳しく説明している。現在のカトリック要理での説明とー基本は同じでもー説明の仕方の違いに驚く。師はこの章をロマ書第5章12節の引用から始めている。「一人により罪この世に入り、また罪によりて死のこの世に入りしごとく、人罪を犯したるが故に死すべての人の上に及べるなり」。人祖の堕落とその結果の話から始めているわけだ。3 おなじくJ資料によるという。
4 旧約では罪を表す多くのことばの中で、ハーター(的を外す)・アーオーン(曲げる)・ペシャ(背き)ということばが代表的だという。どれもゆがんだ人間関係を表す言葉をもって神との負の関係を言い表そうとしているという(小笠原優師)。つまり、今日の普通の日本語では、「罪を犯す」という表現からわかるように、罪とは何か規則や掟を破ることを意味しているようだ。そのため「自分は法は犯していないから罪はない」と考える。だから、「わたしは思い・ことば・行い・怠りによってたびたび罪を犯しました」というミサの祈り(回心の祈り)は、なんのことをいっているのかわからなくなる。自分は何も悪いことはしていないのに、ということになる。罪の観念が違うのだ。
5 こういう説明の仕方はプロテスタントの説明の仕方を強く意識したもののように聞こえる。違いを強調しているともいえる。たとえば、大木英夫牧師(プロテスタント)は「罪の聖書的語義は・・・単なる内的良心的罪責感や道徳的・社会的不正義などと同一視され得ない」と述べている(『キリスト教組織神学事典』「罪」267頁)。大木先生ですらこう言うのだから、違いは大きいのであろう。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

原罪論はなぜ未熟な教義なのか ー 原罪論1(学び合いの会)

2022-06-27 20:58:28 | 神学


 6月の学び合いの会は猛暑の中で開かれた。まだ6月だというのに梅雨明け宣言が出たという。この暑さの中、出席者の数は当然少なかった。
 今回のテーマは原罪論である。何もよりによって原罪論を取り上げなくとも、と思わなくもなかったが、ロシアによるウクライナ侵攻を前にして、科学技術の発達が、社会制度の改革が、人間を悪から解放するという楽観主義が打ち砕かれ、もう一度「」の問題を神学的に問い直してみたいというのが趣旨のようであった(1)。
 神学的に問い直すと言っても、原罪論は「神学的人間論」の中ではもっとも評判の悪い、人気のないテーマのようだ(2)。キリスト教神学の中でキリスト論、三位一体論、教会論はそれなりに教義が整備され、体系化されているが、原罪論は未成熟である。特に古典的な(アウグスティヌス的な)原罪論はいわば袋小路にはまっており、現代的な(パウロ的な)原罪論の彫拓が進められているようだ。
 今回は次のような順番で議論が行われた。

1 概略
2 旧約聖書における罪理解
3 新約聖書における罪理解
4 教義史における古典的原罪論の展開
5 トリエント公会議の原罪の教義
6 公式教義への批判
7 原罪論の見直し
8 現代神学の「原罪の教義」の探求
9 現代日本人の罪理解

 あまり議論していて楽しいテーマではないし、ある程度の聖書の知識も必要なので、少しずつ紹介してみたい。

Ⅰ 概略

 原罪 peccatum originale(羅) original sin(英) Erbsunde(独) peche original(仏) 

カトリック教会の原罪に関する公式教義は次のようなものである(3)

① 旧約聖書 創世記第2・3章に記されているとおり、人祖は神に対して不従順の罪を犯したため、結果として原始善を失い、神から離れた不義の状態に陥った。理性と意思とが弱まり、悪に傾く存在となった。(失楽園)(4)。

② この罪の結果は、人祖の子孫である全人類に遺伝によって及ぶ。人類の中で原罪を免れた者は、イエス・キリストと聖母マリアの二人だけである。ただし、人間性が完全に破壊されたとは言えず、意思は善を選ぶ力を全く失ったわけではない。(5)

③ この原罪の状態は、イエス・キリストの救いの業によってのみ解消される。人類は神と和解する。具体的には、洗礼・血の洗礼(殉教)・望みの洗礼によってこの賜に与る。

 この公式教説はアウグスティヌスの思想が基本となり、カルタゴ教会会議(397)とオランジュ教会会議(441,529)によって成立し、トリエント公会議(1545)で確認された。以後、原罪と言えばアウグスティヌスの教説が主流となる。
 しかし、理性中心の啓蒙主義の時代になると、自然科学・社会科学・哲学・神学・聖書学の発展もあり、アダムとエバの物語に歴史性がないことや、人類多元説などを背景に、古典的原罪論への批判が高まった。現代神学では現代に適した原罪論の再構築が探求されている。

 

  アダムとエバ

 

 


1 「悪」 evil  の定義は難しそうだ。抽象的に一般論で言えば、つまり、「善」の反対概念と考えるのなら、「善の不在」と定義するのが普通の辞書的定義のようだ。だが、キリスト教では、そういう存在論的定義よりは、悪の実存論的定義がなされる。つまり、「律法違反」すなわち「神への不服従」を悪の出発点だと考える。そこから、社会的不正義や自然災害が生み出されてくると考える。ここから先の話は新約聖書から始まるキリスト教神学の話になるようだ。
2 神学的人間論は、そのなかに、神論・創造論・罪論・恩恵論または救済論などを含んでいるようだが、原罪論は神学校では最も不人気な研究分野らしい。教会の入門講座でも、カテキスタを一番悩ますのが原罪の説明だという。恥・汚れ・お祓いなどという日本の仏教的・儒教的罪悪感を持つ受講者にキリスト教的な罪の観念を伝えることは易しいことではないようだ。例えば、小笠原優師は『信仰の神秘』(2020)のなかで、第5章「カトリック信者のライフスタイル」の第1節を「罪とのたたかい」と題して特別に取り上げている。説明は懇切丁寧だが議論は多岐にわたり理解が難しい。
3 教義の要約の仕方はいろいろあるだろう。元々は、『カトリック教会のカテキズム』 第1編第2部第7節の3「原罪」 396から412まで (115~120頁)となる。
また、『カトリック教会のカテキズム要約』では、「罪とは永遠のおきてに反する、一つ一つのことばや行いや望みです(聖アウグスティヌス)」と説明されている(205頁)。罪を個人に引き寄せて説明しようとしているようだ。
4 教科書風に言えば、原罪とは人間と神との関係の破綻のことを言う。それは人間が自力によって全能化したい、神化したい(神になりたい)という倒錯した意思を持つことだ。創世記第3章の失楽園神話に描かれている事態だ。次節で検討してみたい。もう少し広義にとれば、人間や社会が調和を失い破綻した状態を指す。仏教の「無明」(むみょう)、実存主義の「非本来性」、マルクスの「疎外」概念などに近いと言えそうだ。
5 いわゆる自由意志の試練の問題らしい。宗教改革期の「自由意志論争」(恩恵論争)のなかでカトリックとプロテスタントとの大きな違いの一つとなっていく。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「ベルファスト」(アカデミー賞脚本賞)を観た

2022-06-25 11:16:23 | 映画


 やっと映画 Belfast を観ることができました。アカデミー賞受賞作品だからと言うより、カト研のジョンストン師を思い起こすためでした。師は2010年に帰天しているので今年は仏教的に言えば13回忌になります。カト研の皆さんはもうすでにご覧になられたでしょうか。
 白黒映画でした。少年バディが主人公だが、過酷な時代の変化に抗いながら家族が一緒に未来へ踏み出していく姿を描いているように思えました。故郷ベルファストを讃えるご当地映画ともいえそうです。
 この映画は、1969年頃のいわゆる「北アイルランド紛争」(1)を直接正面から取り上げているわけではない。むしろ、それを背景としたファミリー・ドラマでした。監督・脚本はケネス・ブラナーで、著名な映画監督のようです。この映画は監督ご本人の自伝的な物語のようです。ローヤリスト、ユニオニスト、アルスター長老派を含むプロテスタント側からの描き方で、ジョンちゃんのような差別される(攻撃される)カトリック側からの描写ではありませんでした(2)。だが、宗教映画ではありません。対立を乗り越える力を家族愛と郷土愛に求めているとでも言えましょうか。EUを離脱したイギリス(北アイルランド)と残留したアイルランド、ロシアのウクライナ攻撃などカレントな問題にも問いを発しているようにも思えました。
 われわれカト研としては、ジョンちゃんがどういう世界で生まれ育ってきたのかを知ることができます。映画としての質の高さや、出演俳優の出来不出来は私にはよくわからなかった。言葉もよく聞き取れなかった。それでも鑑賞後の気持ちはすがすがしかった。
 久しぶりにカト研の皆で集まってジョンちゃんと矢崎さんと堀越さんを偲びたいものです。

写真

 


1 北アイルランド紛争はいろいろな呼称があるようで、日本のwikipediaでは北アイルランド問題と呼んでいるようだ。ジョンストン師は自伝では"Conflict in Northern Ireland" と呼んでいる(NorthernであってNorthではない 単語の使い分けが立場性を表すようだ)。"the troubles" とも表現している。
 北アイルランド紛争は、宗教紛争か、領土紛争か、地域紛争か、捉え方はいろいろあるようだ。紛争は1960年代後半に始まり、1998年の「聖金曜日の和平合意」(Good Friday Agreement ベルファスト合意)まで続いたと言われるが、2000年代に入って対立は再び深まっているといわれる。北アイルランドが第2のウクライナにならないことを祈りたい。
2 北アイルランド紛争は実は戦前まで、さらにはアイルランドの独立までさかのぼるようだ。ジョンストン師は1925年生まれで、かれの自伝『Mystical Journey』(2006)は次のような衝撃的な文章から始まっている。
"I was born in the midst of terror・・・the old IRA was in my blood". 
 この自伝の中で師は北アイルランド紛争については詳しくは述べていないが、数少ない言及箇所はカトリック・マイノリティの苦痛を綴っている。師は1968年前に、学位論文を執筆中に、一度ベルファストを訪ねている。そのときの家や町の雰囲気を"a bit rowdy"と表現している(56頁)。せめてもの表現だったのであろう。
 他方、私の畏友松井清さんはプロテスタントの側からこの紛争を描いている。深く議論したことはないが、かれはこの紛争を宗教対立とだけとは見ていなかったようだ(『北アイルランドのプロテスタントー歴史・紛争・アイデンティティ』2008、『アルスター長老教会の歴史ースコットランドからアイルランドへ』2015)。実際北アイルランドの長老派は歴史的には非国教徒として差別されてきた(いわゆるスコッチ・アイリッシュ)。対立の根はカトリック対プロテスタントという単純なものではないようだ。どちらの視点に立つにせよ、エキュメニズムの深化を求めたい。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする