20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

『飛ぶ教室 2013春』(光村図書)

2013年04月27日 | Weblog

           

 『飛ぶ教室』の春号が発売されました。

 今月号の特集は「だから,絵本はおもしろい!」

 若手絵本作家特集です。贅沢な競作絵本が並んでします。

 また「絵本のこと、話そう」と題した、若手絵本作家の石井聖岳さん、高畠邦生さん、亀山達也(tupera tupera)さん,3人の鼎談がおもしろいです。

 絵本の、新しい風を感じます。

 

 私は、児童書の書評を担当しています。

 今回は、メインの書評では『いつもいつまでもいっしょに』(フース・コイヤー作・野坂悦子訳・福音館書店)を取り上げております。それからキャプションでは、今年度の日本児童文学者協会賞を受賞された『チャーシューの月』(村中李衣作・佐藤真紀子絵・小峰書店)などをご紹介しております。

(ちなみに、以前同じくキャプションでご紹介した『糸子の体重計』(いとうみく作・佐藤真紀子絵・童心社)が今年度の新人賞でした。おふたりとも、おめでとうございます!)

 他に、絵本は及川賢治(100%ORANGE)さん。

 YAは金原瑞人さん。

 大人の本は穂村弘さんです。

 おしゃれでとてもおもしろい雑誌です。ぜひお読みになってください。

コメント (4)