函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

平清盛、忠正の影が…

2012-04-09 | 歴史

どうやら祇園社事件を境に朝廷でも清盛に替り家盛が重用されて

いるようです

ドラマでは清盛に反旗を翻し、平家の棟梁になるべく宣言していま

したが、平家の期待が家盛に集まるのは仕方の無い事ですね。

微罪で済んだとはいえ事件後の清盛は謹慎状態だったのかも知れ

ません

 

家盛の跡継ぎ宣言に無言で言葉を呑み込む忠盛、清盛に託した武

家の躍進と実子・家盛に対する愛情の狭間で揺れ動いたのでしょう

か??

真に迫った演技でしたね。

それに比べ『戻ったら、せめて一度だけでも当たり前の母として笑っ

てくださいませ。』と言った家盛の意味が分かりません。

宗子から十分な愛情を受け育ってきたはずの家盛、ちぐはぐな台詞

のような気がしました

 

摂関家の栄華を取り戻すため頼長に利用された家盛、気付くのが少

し遅すぎたようです

『鳥羽院に忠義を尽くすのでは…』と頼長に問いかけるくだり、全く政

治的センスの欠片もありません。

色仕掛けで??頼長に取り込まれた家盛ですが、この時期には叔父

の忠正も摂関家の家人として働いていた筈です。

摂関家の力を背景に昇進を続けていた忠正、家盛が摂関家に近づい

た背景には忠正の影がちらつきます

 

鳥羽法皇の熊野詣に家盛が指名されているところを見ると、この頃には

清盛と家盛の立場が接近もしくは逆転していた可能性が大きそうです??

清盛にもかなりの焦りがあった筈です

史実では…

病にも関わらず法王に同行したため病気が悪化、遂には帰らぬ人とな

ったと書かれていますが、20代半ばとも23歳とも言われる享年、一体

どんな病で亡くなったというのでしょうか??

不可解です??

一方の清盛にとってはこれほどラッキーな事はありません

偶然かも知れませんが、あまりにもタイミングが良過ぎます。

清盛が首謀者とまでは言いませんが、家盛の棟梁としての地位に納得

出来ない家人もいた筈です

清盛が家盛の死を望んでいたかまでは何とも言えませんが、少なくても

棟梁となるべくして生きてきた清盛及びその側近たちには家盛の台頭を

快く思っていなかったのではないでしょうか。

 

清盛の弟といえば経盛・教盛・頼盛・忠度など歴史に名を残した人物がい

ますが、家盛は次男(長男かも??)の割には露出が少ないですね。

早死にしたせいでしょうが、家盛こそ平家隆盛の鍵を握っていた人物だと

僕は思っています

 

もし家盛が生きていれば保元の乱の様相もガラッと違った筈です

崇徳帝の子・重仁親王の乳母となっていたのが家盛の母・宗子。

忠実、頼長側には叔父・忠正もおりおそらく家盛は崇徳帝側についた筈で

す。

棟梁となった家盛が崇徳帝側につけば勝敗は火を見るより明らかですね

祇園社事件で汚点を残した清盛も従わざるを得ません。

重仁親王が即位し崇徳帝の院政が始まった筈です。

しかし、清盛が築き上げた平家の繁栄を家盛が出来たかと言えば疑問です

清盛の知略なくして平氏の繁栄がなかったと思うからです。

逆説的な言い方になりますが、家盛が早死にしたおかげで平家が繁栄した

とも言えます。

平家隆盛の礎を築いたのは家盛だったのかも知れませんね

 

 

 

コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 桜花賞!! | トップ | 皐月賞!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

平清盛 第14回感想 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
いやぁ‥‥ 今日はですね もう副長がっ‥‥‥‥!!!!!!(///▽//)副長って言うか 頼長さんがねもうね いや 他にもいいシーンは ホントにいいシーンはありましたけど頼長さ...
大河ドラマ「平清盛」 Vol.14家盛決起 (Refreshing-wind-blows※別館※)
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送...
平清盛 #14「家盛決起」 (昼寝の時間)
公式サイト 久安3年(1147年)、前回の続きから。 検非違使庁から戻った忠盛に
平清盛 第14話 感想「家盛決起」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
平清盛ですが、神輿を射るという非常識な行動は清盛(松山ケンイチ)の立場を思った以上に悪くさせます。平忠盛(中井貴一)が宗子(和久井映見)を蔑ろにしたこともあり、家盛(大東駿介)が平家の跡目を意識するようになります。 清盛の処分が甘いので比叡山や藤原摂関...
大河ドラマ「平清盛」第14回 (日々“是”精進! ver.A)
家盛と頼長… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204080004/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 1066 ...
「平清盛」第14話。 (Flour of Life)
この一週間ほど、大河ドラマを見るのを楽しみにしていたことがあっただろうか…
『平清盛』 第14回「家盛決起」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ家盛は、幼いころ庭の木から落ちて、母の宗子が清盛を叱った日を思い出します。兄が実の兄弟ではないと知った日のことを。それから、宗子の言うとおり、清盛を兄として立ててきましたが、ついに限界に。清盛は、舞の稽古をしますが、素質がないの...
平清盛 第14回 家盛決起 (レベル999のgoo部屋)
『家盛決起』 内容 神輿騒動を起こした清盛(松山ケンイチ)であったが、やがて釈放される。 屋敷に戻ると待っていたのは弟・家盛(大東駿介) 家盛は、清盛が平氏の跡継ぎにふさわしくないと告げ、跡継ぎになると宣言する。 「このままでは、平氏は滅びるのみにございま...
NHK大河ドラマ「平清盛」第14回「家盛決起」 (真田のよもやま話)
決起!ですか・・・。いえ、あのおとなしそうな人がと思えばまああれですけど、兄弟で戦をしたり殺しあったりするわけではないんでしょう?いつぞやの武田家のように父を追放してお館の座に就こうというわけでもないんでしょう?いまいちこう・・・ねえ。まあそこら辺を言...
【平清盛】第14回感想と視聴率「家盛決起」 (ショコラの日記帳)
第14回の視聴率は、前回の11.3%より上がって、13.7%でした。人気の2人のBL効果でしょうか?(^^;)ようやく上がって、良かったです♪(^^)『台記』には、藤原頼長の男色の記録...
【平清盛】第14回感想と視聴率「家盛決起」  (ショコラの日記帳・別館)
第14回の視聴率は、前回の11.3%より上がって、13.7%でした。 人気の2人
大河ドラマ「平清盛」第14話 (またり、すばるくん。)
第十四回「家盛決起」 視聴率13.7%  
「平清盛」 第14回、家盛決起 (センゴク雑記)
大河ドラマ「平清盛」。第14回、家盛決起。 いい弟で居続けた家盛が初めて清盛に反発。 清盛ではなく、自分が平氏を継ぐことを目指します。
【平清盛】第14回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
検非違使庁から戻った清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、弟・家盛 (大東駿介)の反逆ののろしだった。 “祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めない”と家盛は決起する。 そのことに目をつけた...
『平清盛』 第14話「家盛決起」 (英の放電日記)
 今回のテーマ(と言って良いのだろうか?)は「それぞれの複雑な心情」  人の心は背反性があり、複雑である。  今回は、家盛(大東駿介)を中心に、清盛(松山ケンイチ)、宗子(和久井映見)、忠盛(中井貴一)、時子(深田恭子)の心情が絡み合い、そこに頼長(山本...
平清盛 第14回「家盛決起」~一度だけでも当たり前の母として笑いかけて下さいませ (平成エンタメ研究所)
 今回のドラマポイントは3つ。  ひとつめは時子(深田恭子)。  「どれだけ落ちぶれようと、あなた様こそがわが光る君。それは将来変わることはございません」  どんな逆境にあっても、変わることのない人と人の絆。  ストレートでくさいせりふだが、人が生きると....
平清盛 第14回 (to Heart)
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/大東駿介/森田剛/田中麗奈/武井咲/國村隼/小日向文世/和久井映見/松雪泰子/上川隆也/中村梅雀/中井貴一 第14回 「家盛決起」 13....
大河ドラマ「平清盛」 第14話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
兄弟対決---------!!家盛がついに、いまだ舞子を忘れない忠盛を想い、苦しむ母のために自らが平氏の次期棟梁になると宣言!!比叡山ではいまだ平氏に対し呪詛を念じ続けられていると...
『平清盛』第14回 (悠雅的生活)
~家盛決起~
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男14家盛の欲望に頼長が付け込み清盛に家盛を棟梁に指名させるも頼長の罠と知り自分の力量のなさ... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第14話は鳥羽法皇から清盛は処分を軽くされたものの、以前蟄居の身のままであり、朝廷の仕事になかなか戻る事ができない。そんな中家盛は苦しむ母を見かね ...
ふざけるんじゃねえよ、いつかぶっとばしてやる(松山ケンイチ) (キッドのブログinココログ)
しびれるような展開である。 平忠盛の逝去まで残り四年。 藤原家成の逝去まで残り五年。 近衛天皇の崩御まで残り六年。 鳥羽天皇の崩御まで残り七年。 その後に起こる乱の予感がみなぎる久安五年(1149年)である。 平家盛は生年不詳のために実際の年齢は不明なのだが、この...
平清盛 第14回 「家盛決起」 (青いblog)
大河ドラマでガチなBLやるとは…。 さすが藤本有紀さん入魂のキャラ・藤原頼長。 NHK開き直りましたね。 今回はドラマというか、完全に別物になっていたと思います。 ツイッターの実況が...