函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

平清盛、ほうげんの乱らしいです??

2012-05-29 | 歴史

今の今まで保元の乱を「ほげんのらん」と思っていた僕

正しくは「ほうげんのらん」らしいのです

40年以上も「ほげんのらん」とばかり思っていたなんて何

とも…       

 

叔父と甥、父と子、兄と弟、実際戦うのは天皇や上皇では

なく勿論摂関家でもありません。

後の戦のように全国の有力武士達が大軍を擁して戦う戦

とは少し違うようです。

在京武士による局地戦と言った方が正しいのかも知れま

せん。

何れにして最高権力者を決める戦いだった事には間違い

ありませんし、武士の武力が勝敗を握っていた事も事実で

すね

 

劣性になった上皇側ですが、流石の為義も『戦を知らぬ者

は耳を塞いで待っておれ!!』と頼長に向かって罵声を浴び

せます

負けを覚悟したからこそ言えたのでしょうね

もう少し早く吹っ切れていれば勝敗の行方も違ったものにな

ったのかも知れません。

為義ばかりか上皇にも『そなたを信じた朕が愚かであった!!』

とまで言われる始末

公家として頂点に上り詰めた頼長ですが、最期が何とも惨め

です。

人心が離れ、気がつけば自分の周りには誰も居なくなってい

たのです

聞く耳を持たない人間の哀れさを感じますね。

 

それにしても頼盛が何故上皇側に付こうとしたのかが??い

まいち説得力に欠けます。

頼盛を清盛の許に残すため忠正が上皇側に付いたと言う事

なのでしょうが、その意味も分かりません

戦国時代では家を残すため当たり前のように親子兄弟が敵

味方に分かれ戦っていますが、その考え方とはかなり違った

もののように感じますね

各々が敵味方として戦ったのには理由があった筈です。

鳥羽上皇の王子・重仁親王の乳母だった宗子(池禅尼)の事

や、悪左府・頼長の家人として仕えていた忠正の事などが描

ききれていません

頼盛がどちらかにつくかで大げさに言えば戦況は一変した可

能性が高いのです。

保元の乱は頼盛の動向が大きな鍵だったと僕は思っています。

色んな思惑が入り乱れ天皇につくか?上皇につくか?平氏も

源氏もぎりぎりの選択をした筈です。

 

来週はいよいよ信西の命により叔父、父を斬首する清盛と義朝

現代の感覚ではとても信じられない事ですが、戦国時代でも実の

父を斬首した話はあまり聞いた事がありません

史実はともかく、斬首されるまでの人間模様、葛藤をドラマらしく感

動で演じて欲しいものです

 

 

 

コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« ダービー!! | トップ | いよいよ!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

平清盛 第21回感想 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
1156(いいころ)に起こる保元の乱、でしたかね(^^;)歴史が嫌いだったわたしが保元の乱で覚えているのはこの年号くらいのものでした(^^;)まさかこういうドラマがあったとは‥‥ですね。...
NHK大河ドラマ「平清盛」第21回「保元の乱」 (真田のよもやま話)
いよいよ来ました変革の風!っていうか戦の段!後白河帝VS崇徳院上皇の兄弟権力争いの大決戦!そもそも、院政政治で世を意のままにし、あまつさえ孫の妃に通じて内裏を乱した根本原因は今は亡き白河院様!白河院様から見たら子と曾孫の戦いでもございます。ニャンとも妖...
平清盛 第21回 (to Heart)
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第21回 「保元の乱」 % ついに保元の乱...
『平清盛』 第21話「保元の乱」 (英の放電日記)
 肩透し、拍子抜け………  開戦直前のそれぞれの想い、軍議における信西(阿部サダヲ)と頼長(山本耕史)、清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)、武士と貴族の対比が上手く描けていた。(本来なら、もっと詳細に書こうと思っていましたが、途中から急速に書く棋力...
「平清盛」第21話。 (Flour of Life)
今週の日曜日は日帰りで大阪に行ってたので、高速バスの中からワンセグで見ました。いや、一応録画もしてあるんだけど、家に着くまで待ちきれなくて…。
大河ドラマ「平清盛」第21回 (日々“是”精進! ver.F)
戦の、始まり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205270003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-29売り上げランキング ...
鴨川を渡ってから断ち切れ過去を・・・そして歴史から飛び出せ(玉木宏) (キッドのブログinココログ)
源義朝の絶頂はまさに・・・この保元の乱であっただろう。 これを祝してタイトル登場である。 まあ、このドラマでは平清盛と源義朝は革命戦士として一心同体。 いわば光と影のようなものであろう。 まさに義兄弟のようなものであり、常盤御前をめぐっては下世話な意味で兄...
NHK大河ドラマ『平清盛』第21回「保元の乱」 (よくばりアンテナ)
始まったよ~~~戦だよ~!! いよいよ保元の乱 上皇方と天皇方に分かれ、 それぞれ、戦の前のミーティング。 上皇方では為朝が、 天皇方では義朝が、夜討ちを提案しますが、 どちらも孫子の兵法...
大河ドラマ「平清盛」第21話 (またり、すばるくん。)
第二十一回「保元の乱」 視聴率10.2%  
平清盛 #21「保元の乱」 (昼寝の時間)
公式サイト 1156年(保元元年)7月10日。 戦いを前にして。 後白河帝側につ
平清盛 第21回 保元の乱 (レベル999のgoo部屋)
『保元の乱』 内容 鳥羽法皇の死により始まった、 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)による権力争い。 帝の擁立を画策した信西(阿部サダヲ)を筆頭に、 忠通(堀部圭亮)義朝(玉木宏)は後白河帝へつき。 一方で、頼長(山本耕史)為義(小日向文世)為朝(橋...
平清盛 第21回「保元の乱」 (みはいる・BのB)
はい今週も『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・・
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男21武士の世を作る為に身内同士の争いを乗り越えて清盛と義朝は戦に勝利した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第21話は後白河天皇側と崇徳上皇側に分れて始まった保元の乱が幕を開けた。軍議で義朝、為朝の両軍はそれぞれ夜討ちを進言するが、崇徳上皇側の頼長は採用 ...
平清盛【第21回】NHK大河ドラマ (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
保元の乱  「皆の者、敵は白河の北殿にある。かつて我が曾祖父、白河院のおわした御所じゃ。白河院は、我が父 鳥羽院の后、すなわち、我が母 待賢門院と通じておられた。上皇は、白河院の子であると専らの噂。鳥羽院の側女の、美福門院は、上皇を追いやり、ご自分の皇子...
平清盛 21話 感想 豊原功補 (ドラマとアニメの感想日記)
「平清盛」第21話「保元の乱」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 保元の乱が始まる。 昇殿を望む義朝、野心を隠さずに必死にアピールしますね~。 対する清盛は、神妙な表情。 どちらの陣営も、夜討ちを提案してきたのは戦に長けた者で、清盛の出る幕はなさ...
平清盛 第21回「保元の乱」~「武士にとって千載一遇の好機、存分に戦え!」 (平成エンタメ研究所)
 後白河天皇(松田翔太)は戦いにあたり宣言する。  「すべては白河院の御代より始まりしこと。白河院の北殿を攻めるは新しき世の始まりである!」  鳥羽院と崇徳上皇の確執から生まれた保元の乱。  その確執の原因をたどれば、白河院。  なるほど、この戦いは<白河...
『平清盛』 第21話「保元の乱」その2 (英の放電日記)
書き足らなかったので、「その2」です。  この『平清盛』、人物それぞれの心情を第一に書いていると思われます。  もちろん、ドラマですからそれは当然だと思っています。ただ、描く比重が宮廷ドロドロやもののけの血に偏りすぎていて、その他諸々がおろそかになって....