山里の神社を中心に、歴史や建築等からの観点ではなく、風景という視点で巡ります。
神社のある風景



京都府京丹後市丹後町宮


屏風岩から内陸へ入って昼食を摂り、また海の方へ戻ってきて竹野神社に立ち寄る。
竹野神社は、丹後に行く度に寄ろうと思いつつ、今回が初めての参拝となった。
丹後屈指の古社で、式内大社でもある。
道路を挟んで神社の反対側には、丹後古代の里資料館というのがあって、駐車場もあったが閑散としていた。



この時点では、まだ天気が良かった。
この後で立岩の撮影に行ったわけだが、順序を逆にすれば良かった。



丹後の神社としては参道は長い方で、私が寄りたかった理由の一つである。
小さく浅い西向きの谷間にあって、地形的にも惹かれる要素がある。
季節や時間を選べば、斜め前からの理想的な光に出逢える筈だ。
式内大社であるとかは二の次なのだが、それでも風格というものはあるし、木々の表情もいい。


こういう門があるのも好きな様式である。



門の周囲にはモミジが多く、秋に訪れるのも良さそうだ。



社殿周りは陽射しが強いが、これも季節が違えば、気持ちの良い陽だまりになるだろう。



鈴緒が門にあるというのは、あまり記憶に無い。



これは、拝殿になるのだろうか?



本殿は、写真では判りづらいが結構な大きさがある。
私の知人で、ここに立ち寄ったことのある人がいるのだが、「ボロい」と表現していた。
侘び寂を解さないとそういう感想になるのかと愕然とした。
ボロいどころか、私が訪ねる神社の中では立派な方なのだが…。



本殿と、その向こうは摂社の斎宮神社。
どちらも檜皮葺である。



門から参道を振り返る。



やはり木々の表情がいい。
清浄な空気が湛えられていて、居心地のいいところだった。
狛犬の傷みが目立ったが、安易に真新しい物にしてほしくはないし…。


撮影日時 190814 14時15分~14時40分
地図



コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )



« 碇高原・屏風...   
 
コメント
 
 
 
 (Jun)
2019-08-30 21:40:45
こんばんは

竹野神社はいつも近くまで行くのですが、訪問したことがありません。
今度丹後半島に行ったら、立ち寄ろうと思います。

門に鈴が付いていましたが、よく似た物をどこかで見たなぁと考えていて、丹波篠山市の倶利伽羅不動尊の稲荷社に、鳥居に直接鈴と鈴緒が付いていたのを思い出しました。
神社の鈴は悪霊を祓う意味と神様にお参りに来たことを伝える意味があるそうですよ。門の中の神域に悪霊を入れない為に門に付いているのでしょうか。

近くに道の駅てんきてんき丹後がありますが、竹野神社には「竹野のてんきてんき」と言う芸能を奉納するそうですね。名前が面白いです。

そろそろ夏も終わり、日曜日は9月ですね。
小代渓谷に行きたいのですが、時間が取れるかどうか・・・


 
 
 
てんきてんき (hiro1jz)
2019-08-31 22:11:24
Junさん

こんばんは。
私も同じで、立ち寄ろうと思ってから10年以上経っていました(笑

鳥居に鈴緒というのも珍しいですね。
ここは本殿にも鈴緒があるし、門より中に悪霊を入れない、という意味はありそうですね。
或いは、喪中の人などが、ここからお参りするとか…。

道の駅には立ち寄りましたが、「てんきてんきって何やねん」ってT君と言い合っておりました。
そんな伝統芸能があったとは!

もし行かれるのでしたら小代神社も立ち寄りたいところですね。
 
 
 
酒垂神社と神谷神社 (Jun)
2019-09-01 23:08:58
こんばんは

昨日、秋雨前線の隙間の晴れ間を利用して、行き当たりばったりのドライブで但馬と丹後へ行きました。
豊岡の酒垂神社は、コウノトリを探していて、たどり着きました。
雰囲気の良い神社ですが、参道はほとんどないに等しいですね(笑
駐車場の観光案内看板に滝が2本書かれていたので、集落の奥に行ってみたのですが、普通車では行けそうにない道になったので諦めました。帰宅して検索したら、引き返した地点から歩いてすぐだったみたいです。
久美浜の神谷神社は、一の鳥居からの参道が長いのですが、周囲は民家で、駐車場がある二の鳥居は本殿のすぐそば。彫刻や磐座など、魅力的ですが、とても明るい神社でした。

コウノトリは普通に道端の電柱に留まっていて、それも4羽。
真下へ行ったらお腹まで見えました。
前回タカを見つけた時は、車から出た途端に逃げられたのに、大違いです。人間は電柱の上まで来ないとわかっているんですね。

夏が終わりました。
 
 
 
追記 (Jun)
2019-09-02 22:45:40
書き忘れていることがありました。
鈴と鈴緒ですが、但馬の酒垂神社は拝殿の電灯につけてありました。
この神社は国の重要文化財指定の本殿と割拝殿しかないのですが、拝殿を通り抜けて本殿まで行けるのです。割拝殿には、鈴の下に古ぼけた賽銭箱が設置されているだけでした。
なんとなく、鈴はもともとなくて、最近になって他の神社のまねをして付け足した感がありました。
 
 
 
Unknown (hiro1jz)
2019-09-04 04:54:03
Junさん

おはようございます。
豊岡には重浪神社、韓國神社など、行きたい神社がありますが、
何より赤石にある兵主神社に行ってみたいです。
随分と前に幽黙さんが紹介されていたのを見てから、ずっと思っているのですが、なかなか機会が無く…。

酒垂神社付近ですと、滝はあってもチョロチョロといった感じでしょうかね。
拝殿に鈴緒はよくありますし、割拝殿でもちょくちょく見かけます。
拝殿と本殿の距離も近いので違和感は無いですけど、
電灯に付けてあるというのが想像できません(笑
電灯、落ちたりしないのでしょうか。

基本的に鳥の写真は撮りませんけど、サンコウチョウだけは撮ってみたいです。
一度だけ鳴き声を聞いたことがあって、その姿を画像で見て撮りたくなりました。
 
 
 
竹野神社 (Jun)
2019-09-08 10:57:35
こんにちは

昨日、宮津へお魚料理を食べに行って、その後、碇高原と竹野神社に行って来ました。
海が真っ青で綺麗でした。
まだ暑かったですが、海水浴場はどこも店仕舞い、キャンプしている人もまばらでした。
神社は静かでした。若い女性が一人で草取りをされていて、多分社務所の人か神職の家族でしょうか。(神職は女性と言う記事も見つけましたが)こんにちは、と挨拶したら爽やかな笑顔でこんにちはと返して下さいました。
後から来た年配の夫婦は中門の鈴を鳴らして、そこで柏手を打ってから、古墳へ行ってしまいました。後で本殿にお参りされたのだと思いますが、私がいる間は戻って来ませんでした。

屏風岩の近くまで行こうと小道をくだりかけましたが、草に毛虫が大量にいて、気持ちが悪くて引き返しました。(笑

碇高原はステーキハウスにそこそこ客が入っていました。
土曜日のお昼ですから、そんなものでしょう。平日は閑散としていると思います。
緑の丘の向こうに青い水平線がちらっと見えました。
高原から竹野へ向かう道を降っていたら、猿が一頭道を横切ろうとしました。離れ猿なのでしょう。警戒していましたが、車に気づくのは遅かったみたいで、他の猿に用心していたみたいです。こちらに気づくと、方向転換して山へ戻って行きました。


真夏の大騒ぎの丹後半島より、今頃の適当に人がいて、寂しくもないちょっとした賑わいの世界が私には心地よかったです。

 
 
 
Unknown (hiro1jz)
2019-09-10 07:41:25
Junさん

おはようございます。
おお、碇高原と竹野神社へ行かれましたか。
私が行った時は初老の女性と挨拶しました。
同じように草むしりをされていたので、宮司さんのご家族の方かも。

ステーキハウスから碇峠への途中が、日本海がよく見えます。
こちらの道も日本海へ下れますが、やや狭いですね。
丹後でステーキというのも悪く無いですが、やはりイメージ的には魚介類にいきたいところです。
まあ私は値段が同じなら、肉より魚を選ぶ方ですが。

この時期の海は、夏の終わりを感じさせて、感傷的になってしまいます(笑
 
 
 
大江山 (Jun)
2019-09-15 17:16:17
こんにちは

世間では三連休とか言ってますが、私の職場は今週も来週も土日だけが休みです。忙しくないのですけどね。

土曜日に福知山市の千丈ヶ滝と鬼嶽稲荷神社に行ってきました。
午後だったので滝はちょっと逆光で、右岸は大崩落だし、水質はいまいちで水量も少なく、少し残念でしたが、形の良い滝でした。
滝見道が滝の真ん中に到達する形で、主瀑と二の滝は見えますが、三の滝は足元から落下する形で見えません。
滝壺は濁った水でした。

鬼嶽稲荷神社は山頂近くにある小さな神社で、こんな所に参拝者が来るのかと思いましたが、存外有名なのかやって来る人が多いようで、細い道路ですが舗装がされており、路面も綺麗です。
眺望は抜群です。
あまりhiro1jzさんのご趣味ではないかも知れませんが、椅子とテーブル、畳の部屋の休憩所などが設けられ、親切な神社です。
鬼の置物がここかしこに置かれ、ちょっとマンガチックで、伝説の山にしてはファンキーです。
お天気が良く、ドライブとしては良かったです。
 
 
 
Unknown (hiro1jz)
2019-09-18 06:26:34
Junさん

おはようございます。
遅くなってすみません。
最近、忙しくてブログを見ることが減ってしまいました。

鬼嶽稲荷神社は、雲海やブナ林とセットで、と考えたことはありました。
確かに神社単体ですと、私としては撮影に物足りなさを感じそうですが。
千丈ヶ滝も、やはり水質が、といった理由で立ち寄ったことは無いです。
あの辺りですと、どうしても元伊勢神社が目に入ってしまいます。

随分と以前に、加悦鉄道というのがありまして、
それが残っている時に行きたかったなぁ、という思いがあります。
丹後縮緬の輸送を目的として開通した鉄道でしたが、
後に大江山の鉱山からの輸送にも活躍しました。
丹後縮緬と鬼との関りなども面白いものがあります。
 
 
 
島田神社 (Jun)
2019-09-22 09:42:39
おはようございます

相変わらず、竹野神社とは関係ないドライブの報告です。

3連休、雨ですね。私の職場は月曜日仕事なので普通に土日休みですが。家人が車を玄関前の階段にぶつけてしまい、修理で福知山へ行きました。代車で2、3時間ドライブして、榎峠手前の島田神社を地図で見つけ、行ってきました。
国指定重要文化財との事ですが、こじんまりとして、山と農地の境目に静かに鎮座されていました。山裾に小川が流れ、それが手水になっています。階段を降りて手を清めるように作られていました。
参道と言える通路はないのですが、小川と農地の間の農道は細く、低いので道路や民家が目に入りません。鎮守の森は樹木の間隔が広く草刈りもされていて明るく、ヤブ蚊などの心配はないですね。雨が降っていたのですが、暗い感じもしませんでした。鬱蒼とした印象はないです。
人の気配がないのに手入れが行き届いている気持ちの良い神社でした。
ただ一つ・・・御祭神が不明なのだそうです。

 
 
 
Unknown (kuzu_araragi)
2019-09-23 07:50:01
おはようございます。その後、体調はいかがですか?
新しい職場はストレス溜まりませんか?
三連休を人並みに休めてプチ旅の計画したけど
台風が来るし、降水確率高いし・・半分腐ってテレビ観てたら
狛猫が出てました。どこなん?京丹後市・・?
未踏の領域だったので躊躇いました。hiro1jzさんのブログで
丹後半島の海がキレかったなぁ〜台風でも大丈夫?って思案し
パソコンで調べ計画を立てました。
舞鶴道西紀SA(飯蛸一匹入ったタコ焼き)→
マウンテン(福知山市のチョコレートが旨いケーキ屋さん)→
天岩戸神社→天橋立→弁慶寿司(廻転)→狛猫(金刀比羅神社)で
小雨降る中をレッツゴーしました。暑くなく、寒くなくで
小雨も降ったり止んだり、渋滞もなく順調。忘れ去られた
御朱印帳(ン年間記帳ナシ)を持って行くつもりが忘れて
まぁえぇかぁ〜って!いつもの調子で深く考えず。
天橋立は片道2.6kmもあるって知らず回転する橋を渡って
最初の店でUターン。展望台あがって見たら値打ちあるけど
有料やし雨やし行かない!で次へ。充実した休みでした。
それなりに観光地になっていて、天岩戸神社も3組も来てた。
帰りに福知山市の櫻湯(銭湯)へ。昔は銭湯も多かったけど
今は家に風呂あるし、知らん人と気軽にしゃべる社交場が
減りましたね。私は昔人間やから見ず知らずの人とでも
すぐ気軽にしゃべります。ずけずけとあつかましい性格って
よく言われます(笑
錆びor寂びれた銭湯が多く、人もまばらで番台には高齢者
私は銭湯けっこう好きですがみんな行きたがらないですね。
 
 
 
Unknown (hiro1jz)
2019-09-25 07:16:32
Junさん

おはようございます。

私はまた、土日や祝日が関係無い仕事になってしまいました。
まあ平日に出掛けられるのはメリットが多いですが、
年末年始やゴールデンウィークみたいな長期休暇が取れないのは残念です。

島田神社、雰囲気が良さそうですねぇ。
春に訪れると、とても気持ち良さそうです。
小川もいいし、朱塗りの社殿もいい。
里の神社の良さが感じられそうなところですね。
福知山方面へ行くことがあれば、立ち寄ってみたいです。
 
 
 
Unknown (hiro1jz)
2019-09-25 07:33:26
kuzu_araragiさん

おはようございます。
お気遣いありがとうございます。
お蔭様で、居心地よく過ごしております。
現金なもので、精神状態が良くなると、体調の方もみるみる回復しました。
いかに精神と身体が密接に関係しているか、ということを痛感しました。

天岩戸神社、元伊勢神社は、それなりに人が来ますね。
なかなか面白いところですが、水の汚れも気になるのが残念です。
先日、峰山を通ったばかりなのに、そんな神社があるとは知りませんでした。
なるほど、養蚕の守護ということで猫なのですね。
しかし、養蚕の盛んな地域は沢山あったでしょうに、
他に狛猫がいないのは不思議ですね。
天橋立は、行ったことが無いです(笑

銭湯は子供の頃に行ったきりです。
いま私が住んでいるところは、比較的残っているほうなのですが、
それでもこの数年で二軒ほどが廃業しました。
今は朝の公園がお年寄りの社交場になってますが、
昔の銭湯のように、幅広い年齢層の交わるところというのは無くなりましたね。
 
 
 
人並みの三連休 (kuzu_araragi)
2019-11-04 15:41:44
ご無沙汰してます。その後、仕事や体調面はお変わり
ないですか?人並みに三連休を満喫しています。
奈良県の屑神社へ秋季例大祭へ行ってきました。
今年で7回目かなぁ。氏子さんにも顔を覚えてもらって
親しく世間話をしてもらっています。氏子の軒数が
11軒から10軒に減り、高齢化も進んで年々さみしい祭りになって・・今年からごくまき(餅まき)もやめたって氏子さんがおっしゃていました。過疎化と高齢化はどこでも深刻化しています。三重県など特に20年に一度の
式年遷宮があって、なかなか寄付が集まらないみたいです。伝統文化を守り継承するのは大変なことで、後継者も若手不足せなかなかみたいです。
他所からきた僕は最初のころ、「自分トコの氏神さんに参ったら?」って言われましたが、今では気さくにしゃべってくれています。久しぶりにパソコンを開けて
自分の時間を満喫しています。hiroさんは?
 
 
 
小代渓谷 (Jun)
2019-11-05 06:47:46
おはようございます

週末に久しぶりに1泊2日でドライブ旅行してきました。
15年ぶりに開通した氷ノ山北側の国道482号線を走りました。
黄葉、素晴らしかったです。
人がいないって良いですね。
 
 
 
接客業 (hiro1jz)
2019-11-06 06:59:11
kuzu_araragiさん

ご無沙汰しております。
仕事、体調とも調子よく過ごせています。ありがとうございます。
ただ、以前のように接客業に戻ったので、祝日が関係の無い生活になってしまいました。

屑神社への愛が凄いですね(笑
あの辺り、人口当たりの神社数が他の地域より多い気がしますから、
支えていくのは大変でしょうね。
企業や学校のように、統廃合しなきゃならない時代が来るのでしょうか。
まあ明治にも、盛んに合祀されたことはありましたが、
今とは状況が違いますよねぇ。
しかし、そこまで受け入れてもらえるのは素敵なことですね。
いつまでも存続してもらいたいものです。

もともと趣味で小説を書いていましたが、最近、小説投稿サイトにアップするようになりまして、
それが何故か受けて、結構な人気作になってしまいました。
そっちの更新が忙しくて他に手が回らないという…。
 
 
 
黄葉 (hiro1jz)
2019-11-06 07:03:51
Junさん

おはようございます。

今年は冷え込みが遅いし、綺麗に色付くのはまだ先かと思ってましたが、
あの辺りはもう鮮やかになってましたか。
27日にやっと出掛ける予定なのですが、どこへ行こうか迷うところです。
時期的に南へ向かうべきかなぁ。
 
 
 
若桜 (Jun)
2019-11-09 06:48:07
おはようございます

寒くなりましたね。

鳥取県の若桜町、山奥ですが鉄道の駅もあるし、SLもたまに走るし、良い雰囲気の街でした。
若桜神社と若桜弁財天、良かったです。
特に若桜弁財天はhiro1jzさんも気に入られるのではないでしょうか。
参道は長いし、鬱蒼としているし、滝があるし、誰もいない(笑
車は必要ですが、普通車だとちょっとしんどい道幅です。プリウス並みの大きさが限界です。ガードレールのないクネクネの林道をひたすら走って(待避所がありません)登って、神社前にだけ駐車、転回スペースがあります。
でも荒れていなくて、お手入れされているのです。
若桜町は信仰心の篤い土地柄のようです。
 
 
 
行きたい (hiro1jz)
2019-11-11 01:08:13
Junさん

こんばんは。

以前、鳥取に行った帰り道で若桜町を通ったのですが、
ほぼ素通りになってしまったのが悔やまれます。
町内には魅力的な滝も多いんですよね。
ちょっと本格的になってしまうし、熊も心配でなかなか難しいですが。
若桜弁財天はいいですねぇ…ぜひ行きたい。
気軽に行ける距離じゃないですが、ここは必ず、ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。