EOS Photograph Library

好機冬来!

ようやく雪と氷の国に

2017-02-20 08:00:00 | 

15日は、1月9日に行って空振りした沢へ再度チャレンジ。
今回はnarakumaさんと55さんと一緒でした。

ようやく、沢の岩が真っ新なお布団をかぶりました。



こんな時期に沢など行って寒くないのですか?とよく言われます。
山のてっぺんに行くより寒くはありません。
おそらくあまり風が吹かないし、気温もそれほど下がってないような気がします。



まぁ、寒くは無いと言っても、ツルッと滑って川にはまったりしたら大変ですが(笑。



へっついさんです。



ようやくモノクロームな凍結感にありつけました。



小さなシャンデリアが美しいです。





気温が上がると、ツララが剥がれて、
まさに槍が降ってきます(笑。



水がざぁざぁと流れ落ちているようなところはあまり凍りません。



ちょろちょろと流れているところが時間をかけて氷が育ったりします。



クラゲみたいだったり、骨みたいな形だったり、



形状的にもなかなか面白いものが出来上がっています。



ときおり、雪がちらつき、太陽はやっぱり出ませんでしたね(笑。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フォトスクールとっておき 102回目

2017-02-16 08:00:00 | 機材&撮影メモ

2017年1月12日、とっておきの撮影実習の舞台はまたも三重県。
ロープウェイで御在所岳へ上がりました。
ここなら、生徒のみなさんも防寒装備さえ万全にすれば、
お手軽に雪山霧氷撮影が楽しめるという粋な計らいでしょうか。



↑7D ↓5D 同じ時間帯、露出の違いもありますが、けっこう色味が違いますね。(WBはどちらも太陽光です。)



鎌ヶ岳、ドーン!



鈴鹿は下界が近くに見え、この見晴らしの良さも魅力ですね。



時折見える青空と霧氷のコントラストが淡くて心地よく。



御嶽大権現という神社? なんだかメルヘンチックに見えてしまった。



御在所の霧氷って、けっこうしっかりと付いてますね。





雨乞やイブネの方向かな?



積もっている雪はとても柔らかで、硬い石をソフトに覆っている。



鎌ヶ岳、ちょこっと。



ロープウェイの駅まで、ゆっくりと歩いて戻りました。



御在所山頂はさすがに霧氷の名所だけあり、風が強い。
防寒、防風の備えが必要。



御在所を降りて、向かったのが四日市、工場萌え。
工場撮影はメタリックな感じと、灯りの輝きがSFチックで、
心が少年なワタクシ(笑)としては、なかなかにワクワクするものがあります。

 

ターミネーターとか出てきそう。

 

ファインダー越しに、あちらの世界を想像してみると、
こちらはカッコいいとか、綺麗とか、そういうことを感じて撮影しているが、
あの中で働くたくさんの人たちは、常に危険と背中合わせなんだろう。

 

満月が上がっていた。

 

これは、まぁ、なんだか、よく分からない(笑。

 

段々と暗くなるにつれて、明かりの印象も強くなってきます。

 

灯りは必要なものであり、儚いものでもある。

 

近距離からの撮影も少しさせていただきました。

 





いつも撮影しているネイチャーとはまったく違う世界もとても楽しく、

 

工場萌え、がっつりと堪能させていただきました。 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

雨です、天川村。

2017-02-13 08:00:00 | 

1月9日は、お久しぶりねの55さんと天川村。

天気予報は曇りのはずでしたがね、今年もアメフラシは健在のようでした。

沢の様子を見に行きましたが、完全に冷え込み不足。

道路も雪が無くて、秋が見えているぐらいでした。



時が止まっているかのような静けさ。



流れている水はやっぱり冬の冷たさだけど。



空もなんだか暗いし…



こんな日は、大好きな沢の色も冴えないな。



ここが凍てついた感じの景をぜひ撮りたいと思っているのですが。



この後、ちょっと無理やり上流へ進もうかというルートを探りましたが、途中で断念。
まぁ、すぐにパラパラと雨が降ってきたし、無理して行かなくて良かったですけど(笑。

枯葉でできた氷の模様?



駐車地まで帰ってきたら本降りの雨です。
この時期の天川村で雪ではなく雨!
冬の雨は冷たくて、心折れますね。
この写真が本日の気持ちのすべてを現わしているかのようです。



またすぐにリベンジに来ましょう。

苦労して行っても撮れない時もある。
今年はスタートダッシュで完全に躓いているような気がします(汗。 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

フォトクラブ大峰 正月合宿

2017-02-09 08:00:00 | 

2017年1月2日~3日、恒例のお正月撮影会。
今年は奈良県上北山村の和佐又ヒュッテさんにお世話になりました。

いつも天候に恵まれないのを良いことに、撮影そっちのけで単なる新年会と化す撮影合宿。
参加者は、会長、小島さん、土屋(勝)さん、福田さん、僕。
そして今回、新たに会員になっていただいたこのブログでもおなじみのCOOPERさん(プロ野球のドラフトで言えば福岡SBに入った田中正義クラスの期待度!)
narakumaさんはめっちゃ楽しみにしてはったのに、インフルエンザで欠席(涙。

和佐又ヒュッテまで2日の午後から走りましたが、
林道は除雪はされているものの、4WDのスタッドレスタイヤ装着でギリギリ上がれましたって感じでした。

雲が多くて夕焼けはあまり期待できそうになく、
和佐又山頂にあがって、少しだけ撮影。



山で暮れゆく空を見る、なかなか日帰りの山行ではできないことであります。



月と金星のランデブーだったかな?
素敵じゃないか。



さて、お楽しみの宴会でありますが、
和佐又ヒュッテさんが、大サービスしてくれまして、
鹿鍋&鹿刺しをメインに食べきれないほどのお料理が並びました。



もう、これ以上何も食べられません、飲めません状態のはちきれそうなお腹で、
フラフラと星空の撮影に出ました。

 

 

COOPERさんが一番、頑張ってたかな。
僕はヒュッテの暖かい灯りの誘惑に負け、さっさと部屋に帰ってきてストーブのおもり(笑。

 

そのまま眠りこけてしまい……
夜明け前からごそごそと用意して、期待する朝焼け、
やはり肝心な時に分厚い雲が。
それでも大台ケ原大蛇嵓のあたり?から、一瞬燃えるような火の玉が上がってきました。

 

ロケーション的にもちょっと冬の夜明けは厳しいかな。

 

撮影はすぐに終わって、またまたヒュッテで朝ごはん。

 

朝ごはんを食べた後は、自由行動。
天気が良ければ大普賢の山頂まで行ってこれそうな積雪量でしたが、
行っても真っ白けな世界なので、笙ノ窟でかわゆい氷筍を撮影。







圧倒的な岩の壁に挑むようなこの樹が好きです。

 

ちょっと冷え込みも中途半端で、
やはり天候にも恵まれたとは言えず!、
写真的にはイマイチでしたが、無事に新年撮影合宿が終わりました。

今年もフォトクラブ大峰をどうぞよろしくお願いいたします。
 
第28回フォトクラブ大峰 写真展
「渓峰静謐IV」-世界遺産 大峰・台高の四季-

2017年3月3日~9日(5日休日) オリンパスプラザ大阪
〒550-0011 大阪府大阪市西区阿波座1−6−1 MID西本町ビル 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスに大峯奥駈道

2017-02-02 08:00:00 | 

2016年最後の撮影は12月25日、またまたnarakumaさんと。
小坪谷から行者還岳方面の大峯奥駈道へと上がって撮影しました。

もしかしたら、結果的にはこの日がこの冬最高!ということだったのかもしれません。
そう思えるぐらいの、白い霧氷と青い空を堪能いたしました。

大川口から、黙々と奥駈道への道を登り、九時過ぎに尾根に出ました。



あれが行者還岳(ぎょうじゃがえりだけ)。
ここは、前記事である鉄山の1~2枚目の写真に写っている辺りです。



気持ち良すぎ。







弥山の小屋がくっきりと見える。



海が暖かそうな輝きを放つ。



今日はゆっくりしていても、霧氷が無くなる心配はなさそうなので、



まずは小屋にて腹ごしらえ。
無人の避難小屋ですが中も外観も綺麗です。



暖かいご飯で体を温めてから、撮影開始。

樹は、お腹の中まで霧氷がびっしり。



なんかあれだね、胃カメラの映像を見せられてるみたいかな?(笑。





尾根筋での撮影はやっぱり明るい。







どこをどう撮っても絵になってしまう。





すぐに樹の中を覗きたくなる癖が…。



大普賢岳方面です。



そういえばnarakumaさんはどこへ行ったのでしょう?



発見しました。



ササも真っ新な雪をかぶってモコモコ。



バリゴヤかな。



風が当たると落ちてきます。



ここは山なのかな。
もしかしたら深い海の底じゃないのかな?
そんな空想の世界に入ってみるのも良いかもしれませんよ。 







またまた面白い樹に逢いました。



お股の間から失礼します(笑。



撮影タイムもたっぷりと撮れて、満足な二人は下山します。



ようやく2016年の写真の整理が終わりました。
そしてもうすでに2017年撮影分がけっこう溜まっています(汗。

タイムリーな記事でなくごめんなさいね。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加