車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
車「MINI&ボルボV40&コペン」で行く、おきらく寺社巡り。仏塔、駐車場、紅葉、仏像、庭、花、建物、歴史、絶景など!
 



 昨年(2013年)12月8日に京都検定2級を受けてきました。そして今日結果の通知が届きました。なんと合格!!!。合格したからこのブログが書けるというもんです。京都検定はいわゆる地元検定でも草分け的存在。毎年5000人も受験します。今回2級は合格率56.1%、平均点70.5点(70点以上が合格)。合格したからといっても特典はJAF程度の割引サービスがあるくらいではありますが・・・最近取った資格の中では合格して一番嬉しかったです

 

 京都には何回も行っているし、かなりの数の寺社も訪れているのだから受けてみようと思ったんですね。京都検定には1級から3級まで有り、1級は2級を持っていないと受けられないので、3級か2級かどっちにするかというところですが、せっかくなので2級を受けました。しかし!これがかなりの難問ぞろい!お寺一つにしても、その特徴はもちろん正式名称、山号、院号、別名、宗派、本尊は知っておかなければならないし、神社は主祭神や祭りなどの知識が必須。ま、四択だし、ここまではなんとかなるとしても、「京都検定」なので「京ことば」「京野菜」「伝統芸能」「生活・行事」など多岐にわたるの大変です。京都に住んでいれば・・・という問題も多ですね。勉強は公式テキストと、iPhone(iPad)のアプリ。特にこのアプリはクイズ感覚でちょっとした空き時間にできるので、重宝しました。はじめは正解が20%から30%と散々だったのが、何度もやってるうちに70%、90%となっていくと結構面白いもんです。実際の試験にも効果がありました。
 
 どんな問題が出たかというのは、公式サイトに出ています。たとえば「長岡京から平安京への遷都の際、初代造宮大夫となったのは誰か」とか、「京都・宇治の寺社によって編成された「都七福神まいり」で、弁財天はどこか」などなど。やはりこのあたりはテキストにもあるからいいんです。が、今回「もうダメ」と思ったのが「京都の大学」についての10問があったところ。そんなの知らんし・・・ところがこれが雰囲気だけでなんと全問正解!そしてもうひとつ「京都関連のうた」10問。その中には「チェリッシュのデビュー曲は?!!」なんてのがありました。これはチェリッシュがお隣の県出身なのでかな?知っていて良かったですけど。
 そのほかについては、やはり「自分が訪れたところ」はよくわかりますね。京都では三千院の御札、北野天満宮ではなでると頭がよくなるという牛・・。京都だけではないです。たとえば新島襄が問題にありましたが、この人について詳しく知ったのは会津若松へ行ったとき。それからニュースやテレビのクイズ番組もよく見ておくのが大事です。「今年平成25年、京都市が全国で初めて制定したユニークな条例では「乾杯」はどんなお酒で行うことを提唱しているか」というのは新しいことですし、「童謡まさかりかついで金太郎」の金太郎とはだれか」みたいな問題があり、これはクイズでよく出る一般常識ですわ。答えは「日本酒」、「坂田金時」。もう一つ、最近妻が「みず菜」をサラダでだしてくれることがあり、これが次の問題でハマリました。「葉に深い切れ込みがあり、やわらかくシャキシャキとして歯ざわりが特徴で鍋物にはかかせない。近年は、生でサラダにも用いられることが多くなった京の伝統野菜といえば何か」。結局、人生経験がいろいろ生きるのですよね。まさに映画「スラムドッグ$ミリオネア」みたいです。
 では今後1級を受けるかというと、これはムリでしょう。1級は四択でなく筆記だし、今回問題の「解答」だけを見たのですが、なんて読むの?という人名、言葉がズラズラ・・。私はここ数年、1年に何か1つ以上の資格を取るようにしているので、代わりにほかの資格か検定を受けたいです。


 




 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ミャンマーから成田へ帰ったのが朝8時前。セントレアへの便まで9時間ほどの待ちがあったので、何年かぶりに成田山新勝寺へ行ってみました。前回は平日の夕方だったので人も少なかったのですが今回は正月。参道から大いに賑やかでした。

 

 遠くからもよく見え、すっかりシンボル的存在になった大塔。この周りにも多くの人。本堂、三重塔周りも参拝待ちです。

 

 静かなところもいいのですが、ここは賑やかなのが似合うお寺です。ミャンマーから帰ったばかりのためか、屋台のいろいろな食べ物を見るだけで、日本ってほんとうにいいなあと強く感じました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回のミャンマー旅行で気づいたことなどいろいろ!

●まず、首都はネーピードー!!ヤンゴンではない。なんとなく変わってたような覚えはあったが・・・。
それから国旗。自分たちが覚えたのは左側の。新しいのは右側で2010年から、これは知らなかった!それから行くにはビザが必要。年収証明なども要る!



●仏教遺跡:これで世界3大仏教遺跡制覇!景色や仏塔の数はナンバーワンだと思う。特に熱気球が最高。アンコ-ルワットにも気球はあるけど、上に上がるだけのバルーン。ほかに綺麗だったものは、バガンの夜空とヤンゴンの夜景。

 

●道路事情:走っている車はほとんど日本の中古車。最近はフィットの人気が高いそう。バンやバスの広告や文字はそのままで、乗用車の内装なんかもそのままなので、エンジンをかけると「ETCカードが入っていません」という日本語音声が出たり、ナビ画面に「地図が表示できません」などの日本語がいつまでも出っぱなしだったりする。それで右ハンドルで右側通行、信号は少なくたまに故障している、道は広いが人がガンガン渡る。(というか人が渡るのは命懸け)東南アジアはほとんどこんな感じだが、よく事故らんなと不思議なくらい。クラクションがやたらうるさい。

●食べ物:おいしくない。中国の一般向けの脂っこいのよりも変わった味。多くの日本人は腹をこわスとか。屋台の食べ物は、なんとミャンマー人のガイドさんでも時々腹をこわすそう!美味しかったのはミャンマービールくらい。瓶ビールを毎回食事で飲んだ。店によって2000~5000チャット(約200円から500円)。だからお土産のクッキーっぽいのを選ぶのも難しい。私が買ったこれはかなり「まとも」でした。

 

 土産といえば漆器が有名みたいだが、日本のそれの方がかなり上なので買いませんでした。買ったのはさっきのクッキーのほか、小物3つとアウンサンスーチーキーホルダー!だいたい旅行では小さい置物を1つだけ買うようにしているが、今回それらしいのはヤンゴンの空港で買ったバガンの風景の置物。前にあるのはアウンサンマーケットで買った白檀の寝釈迦像。もちろんアウンサンマーケットでも買い物は交渉次第。各寺院前などでは子供たちが物売りに来るが、このマーケット内でも来た。変な日本語を使う!アウンサーンスーチーキーホルダーは事務所でしか買えない貴重品??
 

 

●治安、物価など:治安はいいが中途半端な日本語を使って近づいてくる輩が多くてうっとおしい。中国よりも英語が通じるのは救い。お札はインフレ気味で、1000チャット札をよく使うのだが、5000円ほど両替すると、50枚になるので財布パンパン。物価は思ったほど安くない。外人向けのモロモロは日本と変わらず。現地の人はスマホの使用料も月30,000チャットほどかかると言っていた。

●時間があったら行ってみたかったところ:①チャィティーヨーのゴールデンロック。よくテレビでも紹介されている、落ちそうで落ちない、金ピカの巨岩。上に仏塔があるので、もしかしたら世界一有名な仏塔かもしれない。②レイチュンセッチャー大仏。現時点で世界第2位の高さの大仏、。マンダレー郊外にある。

 

●この時期は天気が良くて気温も過ごしやすく、モスキートもいたが病気もなさそう。バガンは最高でいい旅行でした。今後バガンが世界遺産となり、ホテルが増えるともっと観光客が増えるでしょうね。特に仏教遺跡はヨーロッパ人に人気みたいです。でも疲れました。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 私らは買い物も早いし、よく観察しながらもチャッチャと観光するので、夕食後も案の定時間が余ってしまった!そんでガイドブックを見て、空港近くにある「ローカチャンタ・アーバヤ・ラバムニ大仏」(言いにくい・・・)へ急遽寄ってもらうことになりました。

 

 ここの大仏は総大理石!高さ11.3mというから、でかい宝石がケースにはいっているかの如く。。です。

 

 新しいのか古いのか、どんな寺院なのかぜんぜんわかりません。しかし上品なキレイさがあって、ヤンゴン最後の夜に来てよかったと思う次第であります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ミャンマー最後の日は、バガンから朝の便で再びヤンゴンへ。ガイドさんにこの日の予定を聞くと、「アウンサンマーケット」、「水上パゴタ」、「夕食」、空港という順です。まあヤンゴン半日だからこんなもんか。昼食後にマーケットで少しだけ買い物をして、そのまま「チャウタン」という街にある水上パゴタへ向かいました。
看板の文字を見ると、「イェレー・パゴタ」となっています。舟で5分ほどで行けます。写真の屋根のある舟が外人観光客向け。

 

 歴史は古いようですが、内部はテーマパークのようです。奥の神々は、なんかゲームセンターのような雰囲気。

 

 ここの川はナマズが多く生息して、餌やりをするとその口が見えるほど。私はやっていませんが。

 

 肝心の塔は工事中で荘厳な感じもない。ヤンゴンから車で、「いつ事故ってもおかしくない道」を片道2時間近くかけて行くほどのものではないなあと思ったのが正直なところ。残念ながら。



 






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ