車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
車「MINI&ボルボV40&コペン」で行く、おきらく寺社巡り。仏塔、駐車場、紅葉、仏像、庭、花、建物、歴史、絶景など!
 



 今朝は伊良湖。正月に行ったときに妻が出した懸賞が当たって無料宿泊券をゲットしたもので。宿泊はこういう感じのところで風呂と食事は良好。ココナッツビーチにも行ったけれど、思ったより綺麗じゃなくて早急に退散。

 

 それですぐ近くにあるのが、東大寺瓦窯跡(とうだいじがようせき)という、「東大寺に使われた瓦はここで焼かれたよ」という場所です。「とうだいじかわらかまあと」と言っても間違いではないみたい。ダムのすぐ下で、駐車場は少し上に上がったところにあります。さすがにこう暑い日に見学するところではないんでしょうね、ガラガラ。

 

 特に何かあるわけではないので、見ても「ふーん。」という感じです。創建時ではなくて再建時の瓦を焼いた跡だそうで、なんでこんなところから持っていくのか?と言えば、船で運べるからとかいろいろあるだろうけど、結局昔の感覚で言うと別に「遠い」って感じではないのでしょうね。

 

 逆に交通網も産業も発達した現代から考えると「遠い」と思うけど。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




またまた車用品小ネタを一件。「シートの隙間用ポケット」、正式な品名は何だか不明です。東北新幹線内の通販雑誌で見つけ、アマゾンで安めのものを即注文しました。(JRさんスミマセン)1セット999円。

TOQIBO 車 収納 車用ポケット 車内小物入れ 収納ポケット シートの隙間 車用品 小物落下防止 2個セット
クリエーター情報なし
TOQIBO


シートとコンソールの間に挟んで、ポケットとして使うもの。よくお金やらゴミやらが落ちるこの部分、サイバイザーポケットやシートバックポケットのように見かけにダッサくならないし良いんじゃないかな?
(錯覚で大きさが違うように見えますが、同じです)



何と!、コペンには色も深さもピッタリ!しかし、ボルボV40のほうは深すぎてそのままでは下に落ちてしまいます。とりあえず今回は間違って2セット買ったので、1個を反対向けて下に押し込んでちょうどよくなりました(^-^; 
こうやってカード入れや、スマホ充電に使えたりします。スマホにはちょうどよい大きさ。

 








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 建仁寺(けんにんじ)。20年以上前に来た時はあんまり庭園などにも興味がなく、「何もなかった」という印象だった。今回はちょと違った。

 

まず、「堂内撮影OK!」これは素晴らしいこと。少し前に入ったところとは180度違う考え方で、世界的な流れに乗っているお寺と言える。襖絵も近代的なものと伝統的なものが揃っていて清涼感と緊張感がある。

 

  

さて、このお寺の寺宝としては俵屋宗達の「風神雷神図」が超有名ではあるものの、本物は現在、京都国立博物館にあるので、こちらで展示されている2点は複製。それよりも金澤翔子氏の書。これは「宗達が降りた!」と称賛されるもので、それはご本人が「風神雷神図」を見たことがなく書いたのに、ほとんど同じ構図だった!という鳥肌モノ屏風。

 

庭園は枯山水を含め多様できれい。

 

法堂も入ることができ、天井には小泉淳氏の「双龍図」。

 

暑い日でも、ゆっくり休憩しながら庭園や襖絵を拝観できた。やはり若いころと年をとってからは見え方が違うね。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 六道珍皇寺の近くにある「六波羅蜜寺」、というよりも、少し前までは「六道珍皇寺って六波羅蜜寺の近くにあるお寺」と言われていたのではないか?! この日もこちらは入場に待ち時間があるというようあことは皆無。 ここへ来たのは20年以上前で、何か外観も少し変わってた。

 

 

 何といってもこのお寺の見どころは宝物館、の、空也上人立像と平清盛座像!(写真はパンフより)。どちらも日本の仏像の中では有名かつすごい出来のもので、現在は重文ながら、個人的には両方とも国宝でもおかしくないものだと思う。自分が好きなのは空也上人像だが、平清盛像は「平清盛と言えばこの像」というくらいのもの。絶対にこれは見ておくべきだと思う。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 最近テレビなどで「冥界への入り口」という井戸などをよく取り上げられているので、そこそこ人気なのは分かるけれど、まさかここまでとは・・・。というのが「六道珍皇寺」(ろくどうちんのうじ)。昨年までの京都のガイドブックには名前くらいしかなく、県外の観光客にはマイナーな存在であったはず。ところが行ってみると門の外まで行列!ちょうど3日間の寺宝特別拝観の日だったということもありますが。一応少し並んでみたものの、動きからして2時間待ちは固そうなので脱落!

 

 

 ここはまた次回。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 久しぶりの京都・東山。今日の目的は「銅閣寺」こと大雲院/祇園閣。昨年は無かった特別拝観中ということで、V40はいつも通り岡崎公園地下駐車場に置いて歩きてきました。(ところで岡崎公園駐車場はちょっと遠回りしないと入口にたどり着けなくなったのは面倒!)外観はこちら。信長、信忠の菩提を弔うために建てられたのが最初ということなので、元はこの辺りでも結構な歴史があるお寺。通常は非公開。
 
 

 朝10時開門、はじめに本堂?へ通されて説明を聞くんですが、ご本尊は想像以上に大きくて驚き。ただ暗くてよく見えなかった・・・。そして「銅閣」こと「祇園閣」。昭和の鉄筋コンクリートだし、お寺のパンフ等には「銅閣」などという言葉は一言もないけれど、東山を歩くと八坂の塔と同じくらい目に付く建物ではあります。登録有形文化財(ミニ情報:建物の登録有形文化財って今1万件以上ありますのよ!)

 

 内部は壁画など意外に見どころはあり。一番上まで登ります。が、「内部を含め上からの景色など全て撮影禁止」という意味の分からない決まりごとがあるので興ざめになるのは否めないところ。なお、境内には信長、信忠の碑(お墓ではありませんよ)のほかに、石川五右衛門の墓などもあります。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このところ、たいした外出ができていないので、小ネタを1つ。
ボルボV40のドライブレコーダー(前から持っていたやつを新車購入時にディーラーで取り付けてもらったやつ)が時々接触不良で切れるので、メスのシガーソケットごと変えちゃおうかと思っていましたが、アマゾンでこういうのがありました。探してみるもんですねえ。

シガーソケット プラグ 抜け 防止 シガソケ ロック 脱落 を止める
クリエーター情報なし
グリフォン・ジャパン


使い方は、一緒にはめるだけ。これで結構カッチリしてます。携帯充電のシガーソケット充電器にもつかえますよ。



簡単すぎる製品なので、100円ショップでも出るんじゃないか?・・そんなに必要な人は少ないかな?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今年も板取の「モネの池」行ってみました。「雨が降らないので湧き水が少なく良い状態ではない」という話を聞いていましたが・・・。
いつもより少し遅い時間。とは言え、朝の8:30、既に第2駐車場まで満車!で、400m離れた無料駐車場へV40を置いて歩き!これまでは、ほぼ池の横の駐車場へ置けていたので、駐車場がかなり増えていることも車が多いこともびっくり!近くの民家も500円で駐車場やっているし!立派なトイレまでできているし!

 

 肝心の池は人が多くて、なかなかゆっくり写真を撮るなんて無理。なんとか見ることは出来たが、水の透明度が低くて綺麗じゃない!全然だめ!睡蓮が少し咲いていたのは救い。

 

 雨が降ってしばらくしてからでないとダメでしょう。初めて見る人なら「こんなもんかな」と思うかもしれないけど。

 

 池横の(神社の)駐車場は身障者専用になっていて、フラワーパーク板取も一部観光案内所になっていてお土産もあったりと、なかなかの観光スポットになってきた。バスツアーもある!

 

 なんとこのカラ梅雨で、アジサイ(ロード)もイマイチ状態!で、たまたま近くの白谷観音(園教寺)が開帳日だったので行ってみました。モネの池から徒歩5分。

 

 小さいお堂。しかしかなり古いらしい観音様と三十三観音像があって、これはちょっと良かった。それよりその近くにあった謎の石仏群が気になる・・・。

 

 

 

 


















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 昨日ボルボV40を4年目の点検に出したところ、「バッテリーを診断したところ不良だった」ということ。昨年不良で交換したばかりだったので無償になったけれど、原因不明で大丈夫か?と思う。これで3度目。価格コムなどで調べても同様の口コミがある。ボッシュのが悪いのか?V40が悪いのか・・・?またまたしばらく「様子見」が必要。
 なお、今回の1年点検は、点検費無料、オイル、フィルターとワイパーブレード交換で26,000円。やっぱり外車は高い・・・。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 苗木城の周りというか、苗木藩は明治時代に徹底した廃仏毀釈を行ったことで有名でなので、古いお寺が無いのは残念。ところが、木曽川を渡った辺りに大きな近代的寺院が見えます。これが「桑原寺」。なんと、あの「風天洞」グループのお寺というではないか! 車を止められそうなスペースはあるけれど、一応道沿いに駐車して様子を見に行きました。

 

 境内を見渡しても仏像だらけでそれっぽい。本堂横にはでかい摩崖仏!

 

 

 管理人は常時不在、内部拝観には少し前から予約が必要だということで中には入れませんでしたが、風天洞以上のカオス状態らしくて凄いようです!






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ