車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
車「MINI&ボルボV40&コペン」で行く、おきらく寺社巡り。仏塔、駐車場、紅葉、仏像、庭、花、建物、歴史、絶景など!
 



国宝に続き、国重要文化財の五重塔です。ちょっと古いサイトでは13基になっていますが、善通寺五重塔が2012年に追加されており、現在14基です。

1.八坂の塔(法観寺・ほうかんじ):<京都府>室町時代 日本で一番有名な「重要文化財の」五重塔だと思います。国宝になってもおかしくない、京都東山のシンボル。元は聖徳太子が建てたという塔で、なんと国内の古塔で唯一、観光客が二層まで上がることができます。ただ、「古い家の屋根裏に上るような感じ」で、見える景色も微妙なので、興味のない方は特に面白くないかも・・・。

 

2.厳島神社(いつくしまじんじゃ):<広島県>室町時代 正式には「厳島神社の末社・豊国神社の五重塔」と言います。元は宮島にある大聖院の子院の塔だったのが、例の神仏分離令でなぜか厳島神社の管理になって、さらに「豊国神社の」という冠がついたという、・・・色々な歴史のあった塔です。宮島と言えば朱塗りの鳥居や厳島神社の本殿が目に浮かびますが、この塔の印象も相当なもんです。

 

3.池上本門寺(いけがみほんもんじ):<東京都>江戸時代 東京都で空襲を免れた関東最古の塔。前面ベンガラ塗りで、スドーンとしている(屋根の大きさに差が少ない)。

 

4.旧寛永寺(きゅうかんえいじ):<東京都>江戸時代 寛永寺の旧境内にある・・ということで、近くで全貌を見るには上野動物園に入れなければならないという、塔マニアにはちょっと面倒な塔。私もこれだけのために入場料払いました。

 

5.興正寺(こうしょうじ):<愛知県>江戸時代 細くて屋根の大きさにも変化がなく、相輪も短いので決して見かけの良い塔とは言えないかもしれませんが、こういう塔も趣があって好きです。

 

6.最勝院(さいしょういん):<青森県>江戸時代 この塔を見るために車で青森まで行きましたよ。重文では日本最北端にある五重塔。江戸時代建立としては一番きれいな塔ではないかと思います。弘前に行く方は城だけではなくここも是非。

 

7.仁和寺(にんなじ):<京都府>江戸時代 徳川家光の寄進によって建立された塔。仁和寺は近くに金閣寺と龍安寺という超有名寺院もありますが、塔があるのはここだけ。

 

8.法華経寺(ほけきょうじ):<千葉県>江戸時代 質素で良いんじゃないですか。

 

9.妙成寺(みょうせいじ):<石川県>江戸時代 昔は城塞だったといわれる妙成寺は北陸屈指の大寺院。塔は旧日光東照宮五重塔とほぼ同一らしいですよ。

 

10.妙宣寺(みょうせんじ):<新潟県>江戸時代 新潟県唯一の五重塔ですが、佐渡島にあるのでフェリーで行く必要があります。こちらも日光の東照宮五重塔を模したと言われています。

 

11.東照宮(とうしょうぐう):<栃木県>江戸時代 日光東照宮です。高さ36mは日本で7番目。極彩色の重文五重塔はここだけ!

 

12.大石寺(たいせきじ):<静岡県>江戸時代 本堂から離れた林の中にひっそりあって、なかなか全貌をの写真が撮れませんでした!

 

13.備中国分寺(びっちゅうこくぶんじ):<岡山県>江戸時代 大石寺とは真逆で、遠くからも見える塔。ここまで開けた塔の景色はなかなか無いもので、色々な花が合います。

 

14.善通寺(ぜんつうじ):<香川県>明治時代 四国八十八か所霊場第75番、弘法大師誕生の地である善通寺。高さ45mは日本で3番目に高い塔、明治時代再建のもの。なんと五層すべての階の天井が高く出来ており、人が立って歩けるようになっており、以前は5階まで上がって景色を眺められたそうです。

 








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この年末年始はブログに値するお出かけはしていないので、引き続き仏塔のまとめをしていきます。今回は国宝の五重塔。現在9基+2基あります。「+2基」は室内にある小塔ですが、工芸品ではなくて「建造物」としての国宝です。これらは全ておすすめ度★★★★★です!

1.法隆寺(ほうりゅうじ):<奈良県>飛鳥時代。言わずと知れた世界遺産で世界最古の五重塔。行くと大体このように修学旅行生がいます。自分も小学生の時にも行ってますが、今とは感じ方は全然ちがいますね。

 


2.醍醐寺(だいごじ):<京都府>平安時代。醍醐寺と言えば桜で有名ですね。五重塔の周辺は三宝院や霊宝館のような凄い桜はありませんが、京都府で一番古く、また全体のバランスが良い塔です。

 

3.室生寺(むろうじ):<奈良県>平安時代。醍醐寺よりも古く、屋外にあって文化財の五重塔としては。高さ16.2mで日本最小。小さくは見えないきれいな塔ですよね。

 

4.海住山寺(かいじゅうせんじ):<京都府>鎌倉時代。法隆寺と同様に1層に裳階を持つ美しい塔で、高さは17.7mと室生寺に次いで低い。ここは車で行くのは難所なので軽自動車を選びましょう。(でもバスツアーってあるんですよね・・・どううやって行くんだ?)

 

5.明王院(みょうおういん):<広島県>南北朝時代。明王院は弘法大師建立と言われている名刹。

 

6.羽黒山(はぐろさん):<山形県>室町時代。関東・東北で唯一の国宝五重塔。現在では特にお寺があるわけではなくて出羽三山神社の所有。もともとは神仏習合で寺院もあったのですが、廃仏毀釈でほとんど壊され、五重塔は何とか残すことが出きたらしい。しかし内部は大国主命が祭神となっています。林立する杉木立にある姿は22.2mの純和様。もうちょっと遠くから見れたらいいんだけど。。

 

7.瑠璃光寺(るりこうじ):<山口県>室町時代。庭園とのバランスも非常にきれいな塔で、法隆寺、醍醐寺とともに日本三名塔の一つ。山口に行った際は是非見るべき。

 

8.興福寺(こうふくじ):<奈良県>室町時代。高さ50.1mと、東寺に次いで高い塔。昔は東大寺に100m近いという七重塔が2基あったので、すぐ近くのこの塔はそれに比べると控えめなのかも。

 

9.東寺(とうじ・きょうおうごこくじ):<京都府>江戸時代。これまでに4度焼失しそのたびに再建されています。京都の象徴ですね。高さ55mで木造では日本一。(鉄筋コンクリートの清大寺五重塔は75m!)内部特別拝観も時々しています。講堂は国宝だらけで、必ず見るべきお寺ですが、おすすめは不二桜の時期のライトアップ。

 

10,11.海龍王寺(かいりゅうおうじ)、元興寺(がんこうじ):<奈良県> どちらも室内にある小塔。元興寺は世界遺産です、また元々は70m級の塔があったという大寺院。

 

 














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 国宝の多宝塔は現在6基あります。多宝塔というのは、「法華経」の中で、釈迦が説法中に地中からどーんと出てきた塔で、そこには多宝如来が鎮座していて、釈迦の説法を絶賛して横に来なさいと言って座らせた・・・というのが元になっている日本独特の形状のものです。初重が方三間(1辺に柱が4本立ち柱間が3間あるの意)のものを多宝塔と、方五間のものを「大塔」と言いますが、まあ大きめのものは大塔という感じです。結構多くの寺社にあるのですが、あまり気にしないと気づかないこともあります。例えば知恩院だとか、よみうりランドとかは目立たないです。逆に高野山や根来寺などの大塔はメインになっていますし、京都の常寂光寺や永観堂はシンボル的存在で、紅葉と一緒に撮られている写真をよく見ますね。私も今では仏塔の中で一番好きです。

1.石山寺(いしやまでら):<滋賀県>鎌倉時代。建築時代が明確なものでは日本最古、本尊は快慶作大日如来。石山寺は真言宗の大本山で梅と桜の名所。見どころ沢山の大寺院です。

 

2.金剛三昧院(こんごうざんまいいん):<和歌山県>鎌倉時代。実にプロポーションが良く、石山寺に続いて2番目に古い塔。金剛三昧院は高野山にあり、北条政子が源頼朝公の菩提を弔うために建てたという寺院。本尊は運慶作という五知如来!世界遺産の貴重な仏塔ですが人は多くありません。高野山に行くときは絶対に訪れるべき。

 


3.長法寺(ちょうほうじ):<和歌山県>鎌倉時代。上の2基と比べて違いがわかりますか?屋根が瓦ぶきです。長法寺は一条天皇の勅願寺で、紀州徳川家初代藩主頼宣の帰依により藩主の菩提寺として庇護を受けたというお寺。

 

4.浄土寺(じょうどじ):<広島県>鎌倉時代。堂々とした綺麗な塔。尾道市の海が見えるところにあり、これまで2度訪れていますが、道が細いんですよねー。

 

5.慈眼院(じげんいん):<大阪府>鎌倉時代。こちらは国内最小の塔。きれいなな庭園によく合います。天武天皇の勅願寺のすごいお寺ですが、ちょっと目立たない場所にあるせいか、ここも全く人がいませんでした。

 

6.根来寺(ねごろじ):<和歌山県>室町時代。慈眼院とは真逆で、でかい大塔。この形式で古くから残る唯一のもの。根来寺は私の好きなお寺の一つで、本堂内の仏像も圧巻。

 




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




国宝三重塔の続きです。

8.安楽寺(あんらくじ):<長野県> 鎌倉時代頃?建立。珍しい八角三重塔。周辺は墓地なんですけど、これはこれで何か不思議な世界を感じさせる塔です。おすすめ度★★★★★

 

9.興福寺(こうふくじ):<奈良県> 鎌倉時代建立。興福寺と言えば、「奈良公園」「阿修羅像」「五重塔」などが思いつきますが、この三重塔は国宝でありながら目立たない場所にあるためか、あまり人が来ません。世界遺産ですよ!おすすめ度★★★★★

 

10.西明寺(さいみょうじ):<滋賀県>鎌倉時代建立。紅葉の名所、「湖東三山」のひとつ。これまで3回訪れていて、全て内部特別拝観しているんですけど、一人なのに、おばちゃんがしっかり説明してくださるのでちょっと申し訳ないです。内部は極彩色が残っていますので見学しましょう。おすすめ度★★★★★

 

11.向上寺(こうじょうじ):<広島県>室町時代建立。尾道市の生口島にあり、しまなみ海道を通って行くルートは景色もよくて最高。塔も禅宗建築の粋を集めた、唐様式と和様式の折衷で他とは違って綺麗です。おすすめ度★★★★★

 

12.明通寺(みょうつうじ):<福井県>鎌倉時代建立。純和様の塔。北陸地方の名刹のひとつ。近くには三方五湖などの観光地があります。おすすめ度★★★★☆
13.常楽寺(じょうらくじ):<滋賀県>室町時代建立、和式の塔。明通寺と常楽寺の塔、似てますよね。この違いが分かればツウでしょう。おすすめ度★★★★☆

 











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これまでに多くの仏塔を訪れてきましたので、この辺りでまとめてみます。まずは国宝の三重塔、2018年現在13基あります。

1.法起寺(ほうきじ):<奈良県>日本最古の三重塔であり、世界遺産。飛鳥時代建立。オーソドックスな形ながらもごちゃごちゃしていないので綺麗な塔ですよね。法隆寺からちょっと歩くので、人が少ない世界遺産。おすすめ度★★★★☆

 

2.薬師寺東塔(やくしじとうとう):<奈良県>奈良時代建立の世界遺産。日本で最も美しいと言われる塔ですが現在工事中です。フェノロサは「凍れる音楽」と絶賛したという。美しい旋律を造形したような塔ということでしょう。おすすめ度★★★★★
 

3.4.当麻寺西塔、東塔(たいまでらさいとう、とうとう):<奈良県>奈良時代~平安時代建立。対で残る古塔としては国内唯一。遠くから見るときれいです。なおこちらも現在修理中。こういうところって、一度工事が始まると長いんですよねー。おすすめ度★★★★★

 


5.一乗寺(いちじょうじ):<兵庫県>平安時代建立。塔身部の逓減率(初重から三重に向かって小さくなる率)の大きいことが特色。お寺は西国三十三か所二十六番。あんまり綺麗に写真撮れなかった。おすすめ度★★★☆☆

 

6.浄瑠璃寺(じょうるりじ):<京都府>平安時代建立。本堂とは庭を挟んで対面にある赤い塔。高さ16mは国宝三重塔の中で一番低い。おすすめ度★★★★☆

 

7.大法寺(だいほうじ):<長野県>南北朝時代建立。通称「見返りの塔」と呼ばれるように、訪れて帰る人が何度も見返すほどの美しい塔ということです。おすすめ度★★★☆☆

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ