車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
車「MINI&ボルボV40&コペン」で行く、おきらく寺社巡り。仏塔、駐車場、紅葉、仏像、庭、花、建物、歴史、絶景など!
 



日にちは前後しますが、22日にミニのディーラーへ行ってきました。ミニのアクセサリープレゼント!!ということでしたから、あんまり期待ぜず行ってきました。
それでもらったのはこのスーパーボール!期待しなくて良かった!

店内はお客がいなくて展示車について営業マンとちょっとお話。このご時世となればエコでもないミニは高すぎるかな。。。

そして今日はフロアマット。かかとに当たる部分が破れた
しかしミニのフロアマットは社外品でも1万5千円以上。3万円台はフツウ!しかもオルガンペダルなので汎用マットは使用不可。となればフリーカットマットでしょう。前席左右分で980円也。
はさみで簡単にカットできて見た目もまあまあ良好か。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 宝福寺から岡山市内を抜け後楽園を横目に走ってきたのが西大寺。はだか祭りのお寺として有名ですね。私ら東海人にとっては「はだか祭り」といえば国府宮神社ですけど。それから「西大寺」というと、奈良の東大寺に対する西大寺が有名ですが、現在はこちらの岡山の西大寺のほうが大きいでしょうか。「観音院」とも言うそうです。
 川原沿いにあり、駐車場にミニを止めましたが境内の中でも止められるみたいでした。


三重塔は江戸時代建立のものでオーソドックスですがバランスのよいかたち。

**天気が良いのはいいけど塔の写真はみんな逆光になってしまう!(ヘタくそ)

仁王門は軒が深くて壮大な雰囲気。本堂も大きくてなかなかのものですが、石門がまた変わったかたち。裸祭り(会陽)のための門のようです。そのうえこのお寺にはりっぱなスタンドがあり、一瞬、あれっ?球場の跡にお寺を創ったの?と錯覚しましたがそんなはずないですよね。


仁王門


本堂


石門と「スタンド」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




21日は備中国分寺のほかに4つの「塔のあるお寺」を訪れたんですね。まずは国分寺からほど近い宝福寺(ほうふくじ)。
駐車場は無料で広くてかなりの台数が止められるのですが、この日はお彼岸だからか満杯でした。


三重塔は奥にありました。重要文化財で朱塗りの塔。なぜかきらきらとした感じがする塔で、少し下から見上げた姿がいいですね。戦国時代の戦火でこの塔だけ残ったというのもすごいもんだ。





法堂

そしてこのお寺といえば雪舟。有名な「涙で描いたねずみ」の話の舞台。絵画好きな私にとっても雪舟という人は別格の画家。感慨深いものがあります。でもなんか行事?をやっていたようで方丈の中には入れませんでしたが・・。

雪舟の像(お地蔵さんみたいになっているけど)と方丈

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




少し前にMINIのディラーへ行って、バークレーンのシートを見たときに「いいなあ」と思っていましたが、雑誌でCABANAというところからシートカバーが発売されていることを知って考えていました。私のミニももうすぐ丸8年目。シートはそれほど傷んでいないし、59800円というのはチョット高いんでないの?とは思ってもやはり気になりついに購入。色はさんざん迷ったあげく、ホットチョコ+アイボリーパイピングという仕様で購入。本革はさらに2万円高いのでパス。ネットのミニデルタで発注して約1週間後に届きました。


さて、取り付け。近くに代理店は無いし、あっても約2万円コースということで自分でやろうということにしました。だって走りに関係ないところなので少しくらいヘンでもまあなんとかなるだろう・・と考えて。。
 雑誌などでも取り付け方法が図解してありましたけど、プロでも1時間以上かかるという代物。自分では3時間くらいを見込んでいたのですが、チョイアマでした。説明書はあるものの、細かいところは大雑把。どうしたらいいか不明のひもとかがあるし、写真と違うじゃん!(私のは初期R50、写真は新型?)というのがあるし。それからしっかり作ってあるからでしょうが、ぱんぱんで、はめるのにかなりの力が必要。「絶対これサイズまちがっとる・・・」と何回かつぶやきながら結局5時間ほどかかりました。

まずは取り付け前↓


最初に確認を兼ねてヘッドレストを付けてみたのですが、前シートと後シートの表示などがなく、間違ってテレコで付けてしまい(あるていど入ってしまう!)これで30分のロス!

最大の難所と思っていたのが、後シートを外すところ。チャイルドシートを止める部分のフタをひょいと取って、シートの下に指を入れて、えいっ!と持ち上げるとエラく簡単に外れてしまいました。それも非常に軽くて「えっ!こんなチャッちいの?!」




あとは力を入れて少しづつはめ込んだり、ひもベルトを止めていきます。





このゴムひもはどうすりゃいいのかな?↑

以外に大変だったのが、前シートの座面。背もたれと座面の奥へ入れて後ろから引っ張るのですが、後ろから・・・出ない。手も入らない・・。よく見ると、もともとのシート背面のカバー?の伸びた部分がバンドでシート下に固定してあり、これを外さないとムリだとわかりました。


やっと取り付けが終りました。まだもう少しシワがあり「引っ張れそう」ですが結構満足。車体のグリーンによく合う茶色で、パイピングが良いアクセント。なかなか高級ぽっく見えます。ただ、もう少し明るい色のほうが良かったかな。時間がかかっても取り付け自体、ちょっと楽しいものでした。

後部座席は完璧。


シートバックポケットは元より大型になってGOOD!






(ここまで書いて何ですが、取り付け方は「みんカラ」のminiの整備手帳を見たほうがいろいろ詳しく出ています。)

取り付け後、ロングドライブに行きましたが、すべりがなく肌ざわりも良好。しかし問題もあり。座面の端の部分がどうしても乗り降りでずれやすい。それから塩ビ製のせいか、静電気がひどくて降りるたびにドアノブでバチン(^_^;)!!というのが・・。















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は久しぶりに五重塔を見るために遠出しました。行き先は岡山。第一の目標は「備中国分寺」。以前から行きたかったお寺です。岐阜は朝5:00に出発。高速を抜けて到着は9:30。その光景は五重塔としては珍しく田園地帯にそびえ、周りの丘が低いことや菜の花、梅の花によって彩られる、非常に印象的な光景で、「吉備路のシンボル」となっているようです。


駐車場はすぐ前の県営駐車場(無料)。この日の朝は黄砂と強風で寒くて空も黄色っぽかったのですが、だんだんと晴れていい天気になってきました。


門や本堂は落ち着いた感じで、これがまた塔を引き立てていると思います。




塔は方向によってはひょろひょろと伸びているようにも見えますが、近くで見ると実に堂々としています。


塔を眺めながら周りを散歩するのにいい時期。でも桜、コスモスの頃にも訪れたいとこ。

すごく気持ちの良い日本の景色です。塔とその周りの風景としては、私の中で一番となったかも。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ