車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
車「MINI&ボルボV40&コペン」で行く、おきらく寺社巡り。仏塔、駐車場、紅葉、仏像、庭、花、建物、歴史、絶景など!
 



 本来の目的の「瑞泉寺」へは、善徳寺から10キロ程度。駐車場は門前にあります(無料)。門前町があり、観光駐車場もあるようです。「真宗大谷派井波別院瑞泉寺」というのが正式名称?写真は駐車場前の式台門。

 

 ここもでかい山門!富山県指定文化財。そして本堂は全国で4番目の大きさ。門から中は300円です-。

 

 紅葉は少しだけど天気がいいので映えます。本堂と太子堂をまとめて写真に撮りたいが入らん!

 

 太子堂と、彫刻。彫刻は有名らしい。龍やうさぎがあるので十二支?と思ったけど、クジャクや鳳凰があるので違うか・・・。

 

 太子堂の奥には宝物殿もありました。さすが浄土真宗って感じの大寺院です。




 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 じつは五箇山に行くまえに、富山の瑞泉寺へ行くことになりました。というか、高速で五箇山インターを通り過ぎちゃったのだ!次のサービスエリアで、南砺市のお寺のリストにあった「瑞泉寺」でカーナビをセット。着いた先は???確かに「瑞泉寺」と書いてあるけど・・・。写真で見るより小さいし、門も閉まっている・・・。駐車場にあった看板を見ると、「瑞泉寺」は小さくて、その横に大寺院がある???

 

 どうやらまた、目的とは別の「瑞泉寺」だった!ということですが、当然、でかいお寺は気になるので行ってみました。そうしたら、門からして凄いじゃないですか!べんがらの瓦や組み物が重厚な雰囲気。

 

 知らなかった。真宗大谷派の「城端別院善徳寺」(じょうはなべついん・ぜんとくじ)というお寺です。写真は本堂と経堂。

 

 城端も「小京都」と呼ばれているらしく、「城端城」もあったとか。これも知りませんでした。まだ勉強不足。でもこうやってたまたま見つけるのもいいもんです。隣にもお寺があって、この塔っぽい建物なんかはちょっと気になったんですが、どうやってはいるのか不明でした。

 

 街並みの一部。


 
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「今年は紅葉見に行った?」というお題があるので参加。桜と紅葉は大好きで毎年何か所も行っており、今年も10か所くらいは行きたいです。それで最初は世界遺産・五箇山。相倉に続いて「菅沼合掌造り集落」。こちらは本当に五箇山インターからすぐで、駐車場は国道沿いにもあり、ここは展望台にもなっていて集落が見渡せ、エレベーターで降りてトンネルをくぐって行きます(私は集落前の駐車場に止めましたけど・・)。紅葉はちょうど見頃!
紅葉っていうのはほんとうに青空に映えます。合掌造りの家もぴったり。

  

   

エレベータートンネルと集落前の駐車場。

  

「行徳寺」というお寺は集落から少し離れた国道添いにあります。山里のお寺っぽいれど、ちょっとかわいらしくもあり風格もある茅葺の門が特徴。300年前に建てられたとか。浄土真宗のお寺。

  

 こちらが本堂。隣には国重文の「岩瀬家」

  

 もう一つ、そのお寺近くにある道の駅「さらら館」の裏には「真背戸の滝」とダム。ここもちょっと紅葉あり。
 
  

 




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 世界遺産・五箇山。今年の紅葉スタートです!白川郷には何度も行きましたが、ここは30年ほど前に国道からちらっと見ただけなので、ちゃんと入るのは初めて。昔はちょっとした秘境だった五箇山も、今は高速のおかげで岐阜からも2時間半ほどで着きます。二つの集落があって、まずは「相倉(あいのくら)合掌造り集落」。駐車場は集落前に第一と、少し歩いた場所に第二があり、私らはコペンで第二に止めました。写真は第一駐車場で500円。

 

 規模は小さく、白川郷ほど混んでいないのでゆっくり周ってもそれほど時間がかかりません。紅葉もちょうどいい、気持ちいのいい時期。

 

 ここにもお寺があります。「相念寺」(東方念仏道場)。1859年に建てられた茅葺の平屋建てで、浄土真宗東本願寺派。実に質素で趣がありますねえ。

 

 

 展望台まで登ってみました。遠いように見えても徒歩5分。よくパンフで見る景色があります。

 

 まつやさんで食べた天ざるはうまかった。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 氷見辺りで海岸でも走って帰ろうと思ったのですが、富山にはあと1つ塔があるので行っちゃうことにしました。氷見ICから氷見高岡道路、能越自動車道、高岡砺波道路などを通って福岡ICで降り5kmほどでしょうか。いやいやなかなかここもわかりにくい所にありました、「観音寺」。街中ですが幹線道路から少しだけ入った小さなお寺。駐車は境内です。




お寺については詳しいことはわかりませんが、三重塔は平成10年の新しいものだそうです。この塔、かたちが結構珍しく、一番上の屋根がでかい。本来アンバランスに見えてしまうと思うのですが、うまくまとまっているというか、背筋が張ってシャキッとさえ見えます。現代にこうしたオーソドックスながらもユニークな塔を建てるというのはいいセンスではないでしょうか。




さて富山の全5塔を回ったことだし、帰りはまあキライだけど東海北陸道で帰ろうということにして走ったのがやっぱりの大間違い。交通集中による大渋滞がありげっそり。ここは一車線とトンネルばかりで事故も多いし、やっとあったと思うSAも駐車場が狭く入るのに長蛇の(車の)列・・。郡上と白川郷行き以外は通るの避けよっと。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ