アドナイネベル

アドナイネベルのブログです。

黙示録21篇より

2014年07月05日 | 日記

「…私は、この都の中に神殿を見なかった。それは、万物の支配者である、神であられる主と、小羊とが都の神殿だからである。

都には、これを照らす太陽も月もいらない。というのは、神の栄光が都を照らし
、小羊が都のあかりだからである。」
(黙示録21-22~23)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 詩篇73篇より | トップ | インターナショナル礼拝 &#x1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事