アドナイネベル

アドナイネベルのブログです。

冬休みの扉、新しい扉

2013年12月31日 | 日記
ピアノ教室も昨日で終了、今日からお休みに入りました。

教会新年は11月ですが、12月から1月へと、新しい扉が開かれて行きます。

こちらはカレンダーからの写真ですが
、扉もあるので、ちょうど良い感じでしょうか。

神の働きも更に開かれて行く事を期待し、主に感謝します。





コメント

冬の庭

2013年12月31日 | 日記
このところ、めっきり寒くなりました
。…朝方、日差しが強くても、畑の霜はまだ白く、霜柱がしっかり立っています。

ウチの野菜畑は毎日きちんと成長して
、緑の葉っぱを伸ばしてくれます…誠実な畑です。







コメント

テレビ放映を見て思ったこと ーザンビア孤児院についてー

2013年12月31日 | 日記
2013年の12月も今日で終わりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私の教会では色々な働きがありますが
、そのひとつとして孤児院があります
。昨日の夜は、その中の一つ、ザンビア孤児院についてのテレビ放映がありました。

年の暮れの特番で、一番始めに出るから、気をつけないとすぐに終わってしまうよ…! という事だったので、頑張って気をつけていましたが、少しで終わるかと思ったら、延々1時間近くも放映され、ビックリしました。

現在、ザンビア孤児院で働いておられる方は、旧姓 青木 桜子さん、今は、シオン 桜子•ムタレさんとおっしゃる方ですが、ご主人のジャスパー•ムタレさんと二人のお子さん、孤児院の子供達と共に、ザンビアで暮らしています。

テレビ放映では、決して楽とは言えない暮らし向きの中で、家族と家庭の中に引き取って一緒に生活している孤児達、合わせて7人の世話をしつつ、自宅とは離れた場所にある学校の先生をなさり、家庭訪問にも出掛け、また、孤児院の働き、教会の働きもこなしている様子をレポートして下さいました。

テレビスタッフが学校に行った時には
、大勢の生徒達が出迎えてくれて、歓迎の歌を歌ってくれましたが、それは何と! …あの「ドングリころころ」の歌だったのでした。

それがまた何ともリズム感がよく、日本版を更にバージョンアップして良くした感じで、おまけに歌に合わせてダンスまで付いているのです…面白くて
、思わず笑ってしまいました。
番組の中でそれを見ながらコメントしているスタッフもビックリしていました。…

番組では、桜子さん本人が何故ザンビア孤児院をやるようになったか…という事についての放映もあり、全体としてはなかなか良い内容だったと思います。

ただ、TLCCC教会については一言も言及されず、私達の教会では孤児院の事を「礎の石孤児院」と呼んでいるのですが、その「礎の石孤児院」のパソコン記事のアップだけが画面に出ました


今まで、孤児院の働きは割と地味な道のりが続いて来ましたが、これを機として世の中の皆さんに広く知られる事になれば…と思います。孤児達の為に
、また、周りの困窮している方々の為にも。また、この事によって、更に様々な道が示されるようになる事を期待しています。

私が感じた事としては、桜子さん自身もそうですが、孤児達の表情が明るく
、平安で、何か清々しいものさえあるという事です。それに、皆さんの笑顔が素晴らしいですね!

桜子さん自身がこの働きの中で、本当に伸びのびとして生活していらして、変な煩いなどとは無関係…のように見受けられて、それがとても素晴らしいなと思いましたし、また、自分自身の十字架をきちんと理解して負っていらっしゃる事がよく分かりました。

私のピアノ教室は日本という文明社会の中にあり、ザンビアとは地域的にまるで違うのですが、人対人の働きの中で、例えば嬉しく思うこと、孤児達の世話をして桜子さん自身が受ける恵み
…そういうものは、私の場合と似ている面があるのではないかと、放映を見ていて度々感じました。

そして最後に思うことは、私達の信じている神である方、イエス・キリストは「誰であれ、決して見捨てない」方だという事です。

桜子さんも、私も、他の誰であっても
、神様はその方を愛し、人生の最後に至るまで決して見捨てられないのです
。私もその事を体験して来ました。

あなたも今、イエス•キリストに愛されている、その一人なのです。

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*


「まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。…
彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。…」(イザヤ53-4,5)

「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」(へブル13-5)








コメント

主の祈り ーThe Lord’s Prayerー

2013年12月31日 | 日記

ーThe Lord’s Prayerー

「 Our Father which art in heaven, Hallowed be Thy Name;

Thy kingdom come; Thy will be done on earth as it is in heaven.

Give us this day our daily bread;
And forgive us our trespasses as we forgive those who trespass against us;

And lead us not into temptation but deliver us from evil:

For Thine is the kingdom, and the power, and the glory, for ever and ever.
Amen. 」




コメント

クリスマスの集い ー3ー 🎄🎄🎄

2013年12月27日 | 日記
ピアノ教室の「クリスマスの集い」は
これで3回目になり、今日は大人の生徒の発表会ともなりました。

先日のブログ「合格おめでとう!」のお母様が、今日の主役です。

ところで、前述のブログに書いた通り
、私が何年か前まで教えていた娘さんのSちゃんは、T大学に推薦入学で合格したので、やっと少しは暇が出来て
(?)、もしかしたら今日の会に来てくれるかも…?…と思っていたのですが、予想は当たって、本当に久々しぶりの再会になりました。

予定の時間になり、レッスン室のドアをノックする音がしましたが、ドアを開けると、そこには少し背が高くなったSちゃんが笑いながら立っていたのでした。

その後すぐに、お母様のFさんもみえて、談笑と共に、まずプレゼント交換が始まりました。 🎀

久しぶりに会えたSちゃんは、私に雪だるま模様のモコモコ靴下を贈ってくれて、「この頃、結構寒いので、ウチでもこういうのを使っています…」との事でした。どうもありがとう! Sちゃん。

Sちゃん本人が今日のビックリプレゼントみたいなものでしたが、ピアノ教室の今年の努力賞として、私からお母様に(Sちゃんのも兼ねて)、小さなプレゼントを差し上げました。 🎁

今年のプレゼントは、可愛くて安いお店を見つけたので、ファイルの他にそこで購入したモノも入っています。
二人で仲良く使って下さいね!

次は、ティータイムです。今日のリクエストは紅茶。ダージリンの香気と熱いミルクティーが身体を暖めてくれます。めいめい違うケーキを頂いて…チョコレートにキャラメルにマロンでした。🍰
合間に、これから通うことになる大学の話や英語の話などが飛び交います。

そして本番。Fさんはティータイムの時にも緊張感が垣間見え、私も「早く本番にして上げなければ…」と思ったのでした。

今まで長いこと、弾くのはSちゃんで
、聴くのはお母様のFさん…だったのに、今日は逆になってしまいました。

Sちゃんはのんびりと構えて座っていますがFさんは緊張しながら弾き始め
、1曲目が進んで行きました。なかなか緊張が取れなかったようですが、2曲目には落ち着いて弾けるようになって来ました。 🎹

1曲目はソナチネより第1楽章。
2曲目は、バッハの「主よ。人の望みの喜びよ」ですが、3連符の続くこの曲は
しっとりと落ち着いた雰囲気で、Sちゃんは「うん、2曲目の方が良かった!
」という事でした。

私の演奏は、曲についてなど話を交えながら、讃美歌からと、サイレントナイトの英語版を弾き歌いして賛美し、最後にバッハの組曲から弾きましたが
、こちらの方は時間の関係で、その中の1曲目までしか弾く事が出来ませんでした。

荘厳で重量感のある曲なので、初めて聴いたお二人は、曲想的に圧倒された感じでしたが、素直な暖かい拍手をしてくれました。💖
…やっぱり心からの気持ちというものは通じるもので、嬉しかったです。
神様に感謝します!

ただ残念な事に、写真は後でまとめて撮ろう…と思っていたのに、それをすっかり忘れて話に没頭してしまいました。

それに、Sちゃんは昔からの写真嫌いなので、普段からなかなか撮らせてくれませんでしたが、せっかくのクリスマス発表会の記念なのですから、お母様と一緒の所を何か撮っておけば良かったです。

お母様のFさんも、ブログにはアップする訳にはいきませんが、記念写真が欲しかったですね。惜しいことをしました。また、次の機会によろしくお願いします! 💐

…という訳で、今年の「クリスマスの集い」3回目は、色々なお祝いが重なった特別な時となりました。

今回も有難うございました。
全ての栄光を神様にお返しして、感謝致します❗️

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

こちらは、Sちゃんに貰った雪だるま模様のモコモコ靴下です。




こちらは、今年の努力賞として差し上げた私からのプレゼントです。


















コメント

クリスマス曲について 💎

2013年12月25日 | 日記
今年の「クリスマスの集い」で私が弾こうと練習して来たクラシック曲は、一般的な意味では、特にクリスマス曲という訳ではありません。

そうではありませんが、でも私にとってはこの曲も神様に捧げる感謝の曲、奏楽曲、賛美曲になるのです。

譜読みして指が動くようになった段階では、まだまだ自分のものとして弾けたとは言えませんが、本当に面白いのはここから先で、その「曲」を神様が教えて下さるのです。

長いこと練習してもなかなか弾けなくて、時には嫌になり、もうこの位かな
…と思いかける時、新しい展開や考え方が見えて来る事があります。

今回はクリスマスシーズンなので、この曲はちょっとミスマッチか?と思っていた節がありましたが、そんな事は全然なかった…という事が最近になって、ようやくわかって来ました。神様の恵みによって。

我ながら、本当に遅かったなぁ…と、
顧みながら弾き直していますが、このマイナーな曲だからこそクリスマス精神に通ずるものがある!…と、目の覚める思いです。…Praise the Lord ❗️

今週末に最後の「クリスマスの集い」がありますが、この組曲の最後の曲は間に合わないかも知れません。でも、それは大した事ではないと思います。

神様に教えて頂いている事を心いっぱいに感謝しつつ、この曲を弾き切って
行きたいと思います。…💍

「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」
(詩篇 37-5)











コメント

賛美の力

2013年12月25日 | 日記
「私たちの神よ。あなたは彼らをさばいてくださらないのですか。
私たちに立ち向かって来たこのおびただしい大軍に当たる力は、私たちにはありません。私たちとしては、どうすればよいかわかりません。ただ、あなたに私たちの目を注ぐのみです。」
(第2歴代誌 20-12)

『あなたがたはこのおびただしい大軍のゆえに恐れてはならない。気落ちしてはならない。この戦いはあなたがたの戦いではなく、神の戦いであるから
。』 (第2歴代誌 20-15)



コメント

救い主であるイエス•キリスト 👑

2013年12月23日 | 日記
『御使いは彼らに言った。
「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。

きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました
。この方こそ主キリストです。

あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」

すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢があらわれて
、神を賛美して言った。

「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に平和が、御心にかなう人々にあるように。 (ルカ2-10~14) 』






コメント

クリスマスの集い ー2ー 写真編 🎄🎄

2013年12月22日 | 日記
Tさんのお母様からのプレゼント。
今日の会の為にとお菓子と共に私にも
ご用意頂き、本当に有難うございました!



綺麗なノートと、ロクシタンのハンドクリームです。使うのがもったいないような気がします。



今日の会でピアノを弾いた生徒のうち1人は、将来、写真家になりたいと言っているので、私も撮って貰いました。
実際、なかなか上手だと思います。




コメント

クリスマスの集い ー2ー 🎄🎄

2013年12月21日 | 日記
今日の午後は「クリスマスの集い」小学生の部が行われました。

当初は7人の生徒を予定していましたが
、途中から何だか増えるような気がして来たのでカードを少し増量しておいたら、少し前にお誘いしておいたTさんの子供達が兄弟全員で来てくれました


Tさん宅は全部で4人兄弟ですが、そのうちの3人に、以前、ピアノを教えていたのです。上からM君、S君、Sちゃん
、そして、1番下のK君は今日初めてのクリスマス会参加です。

みんなと会うのは本当に久しぶりで、とても嬉しく思いましたが、特に上の3人は成長著しく、内心、わぁ~…!と
思ったのでした。🌱🌿🌲 …

Tさん達が来たのは、ちょうど始めの1人が終わったところで、それから後を聴くことが出来て良かったです。

前にも書きましたが、発表会後も頑張っている生徒が殆んどなので、今日の会でも皆さん、とても出来映えが良かったと思います。

いつもはカードに書いてある「マナーについて」を毎年のように読むのですが、今日はそれを飛ばして進んでも大丈夫でした。みんな、お辞儀と拍手、静かに聴くことも立派に出来ました。

皆さんのピアノだけでなく、色々な意味で人間として成長していることが感じられて、その事が私としては良かったと思います。

今回の生徒達の曲は、連弾やソロ曲でしたが、私にもう少し余裕があったらヴァイオリンも入れられたかもしれません…ちょっと残念です。
M君の発表会の時には、ヴァイオリンも弾きましたね。🎻

私の曲は、昨日と同じく、讃美歌から何曲かと、サイレントナイト、バッハ曲からでしたが、皆さんの暖かい拍手を有難うございました! 💗
皆さんの心に神様からの良いものが残りますように! 💓

演奏後のティータイムでひと息入れて
プレゼント交換しましたが、今年もみんな可愛いモノを貰ったり、思いがけないモノに当たったり…と、様々でした。それぞれ丁寧にご用意して下さったご家族の方々、本当に有難うございました。感謝します。 🎄



















コメント

クリスマスの集い ー1ー 写真編 🎵

2013年12月21日 | 日記
「クリスマスの集い」1回目の写真編。この生徒とのプレゼント交換、今回はお菓子でした。🎂 有難うございました!



今年のクリスマスカードと、私からの努力賞…ウインクしているペンギンファイルがひと目で気に入って「今年の男の子達のクリスマスプレゼントは、これにする!」と決めていました。…なので、今年の男の子と男性諸君にはコレが入っています。かわいいでしょ




ポップアップ絵本も楽しみました。
今日の生徒の家には、アドベントカレンダーがあるということを話してくれたので、この絵本を思い出しました。



このページには1~24の小窓があって、
最後に赤ちゃんを抱いたお母さんの絵に辿り着きます。



マリヤとヨセフ、イエスさま。




「…そして急いで行って、マリヤとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみどりごとを探し当てた。」(ルカ2-16)



コメント

クリスマスの集い ー1ー 🎵

2013年12月20日 | 日記
今日は「クリスマスの集い」1回目。
明日の会に来られない生徒の為に、レッスン時間内で行いました。

ちょっと早めですが、気分はもうクリスマスです。🎄

この生徒はクリスチャンホームの子なので、今日は流れに任せてプログラムを決めずに始めましたが、それが結構上手く行きました。 🎵

暖かい紅茶を入れ、お菓子を頂きながら、2人で交代しつつ曲を弾いて、間に適当にトークとお喋りを入れ、クリスマス発表会&クリスマス会は進行して行きます。…☕️

今日の彼の曲は、モーツァルトの「キラキラ星変奏曲」、ホルストの「ジュピター」でしたが、学校のお楽しみ会での出し物として弾くことにした…という聖歌からの曲も弾いてくれました
。 🎶

ナゾナゾもあります。
ルカの福音書はご生誕について細かく書いてあるので、クリスマス会ではいつもここから話す事にしていますが、そこから幾つか…。

急な展開に始めのうちはまごついた生徒も、すぐに体制を立て直して答えてくれました。

私「何故、この時にヨセフとマリヤは旅行していたのでしょう?」…
生徒「え?…あぁ、住民登録の為に」…私「そう! 当たり!」

私「この時の季節はいつ頃だったと思いますか?」…生徒「冬…?」(私の説明が入る)…「それなら、もう少し暖かい頃」…私「そうですね~」

私「羊飼いに話しかけたのは誰でしたか?」…生徒「天使」…私「それでは
、天使は何と言ったでしょうか?」…
さすがにクリスチャンホームの子で、箇条書きであってもテキパキと答えてくれました。

私「天使が賛美しましたが、何と歌いましたか?」…生徒「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」…これはスラスラと答える事が出来ました。…📖

私の曲ですが、今回は讃美歌から何曲か弾き、次に「サイレントナイト」(きよしこの夜)を賛美&奏楽しました。…この生徒もよく知っている曲なので、始めに日本語で一緒に賛美し、次に私が英語で賛美&奏楽させて頂きました
。…純粋な曲で、素晴らしいですね!

それから生徒が聴きたいと言うので、
バッハの曲から1曲弾いたら、生徒は「すごい!…臨時記号がこんなに沢山ある!…etc 」と言って、びっくりしていました。🎹

久しぶりに讃美歌を弾いたり、賛美したりすると、やはり良いなぁ~…と思います。神様を賛美し、ほめたたえることは私達の力ですね。神様に感謝します❗️ 🎵🎵🎵














コメント

クリスマスの集い…準備中 🎄

2013年12月18日 | 日記
今週末が「クリスマスの集い」(小学生)になりますが、生徒達のピアノもだいたい出来てきました。

ところで毎年そうですが、楽しみにしていたのに会に出られない生徒達というのが出て来るので、そちらも考えなくてはならなくなります。

そういう訳で、今年は全部で4回の「クリスマスの集い」がありそうです。

いつもの事だから…と思いながら準備していましたが、それなりにハプニングもありました。

今年のプログラム用紙の色が薄すぎて
、せっかくの金色ペンの文字が見えなくなってしまったり…明日また黒ペンでやり直さなければ…💦 それとも、用紙を変えようかな?…

うっかりして、指をちょっと痛めてしまったり。お陰で、2,3日の練習時間をロスしてしまいました。

自分の今年の曲はこれで行こう!…と思っていたのですが、別の曲に変更しなければいけなくなってしまったり。

結構色々とあるものです。でも変更にも意味があると思うから、感謝して楽しんで行こう!と思います。

「…いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。…」
(ピリピ4-4) (((o(*゜▽゜*)o)))

今度の「風のひびき」歌集にこんな歌詞があります。
「喜んでいよう。笑顔でいよう。神様がいるから大丈夫!喜んでいる。輝いている。主を喜ぶことは力だから。

この困難も、あの問題さえ祝福と恵みに変わる奇跡…。

喜んでいよう。笑顔でいよう。神様がいるから大丈夫。喜んでいる。輝いている。主を喜ぶことは力だから。」

🎵 🎵 🎵

神様に感謝します!









コメント

詩篇23篇 🌳

2013年12月15日 | 日記
「主は私の羊飼い。
私は乏しいことがありません。

主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。

主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。

たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。
あなたが私とともにおられますから。

あなたのむちとあなたの杖、
それが私の慰めです。

私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。
私の杯は、あふれています。

まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。

私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。」 (詩篇23篇)








コメント

合格おめでとう! 🏆

2013年12月12日 | 日記
私のピアノ教室に大人の生徒の方がいらっしゃいますが、元々は娘さんが来ていたのでした。

娘さんのSちゃんが高校生になって少し経った頃、今度はそのお母様が習いたいと言って、教室に来られるようになりました。

以来、Sちゃんと会うことはあまりありませんでしたが、吹奏楽部でホルンを吹いて頑張っている話など、折に触れて時々聞かせて頂きました。

でも、もう3年生になったので部活は卒業して受験勉強に精を出し…良い大学に行かれたら良いね!…と、時々、お母様と話していたのでした。

そして、この度、学校からの推薦で、T大学に見事合格になったとお聞きしました。Sちゃん、おめでとう!…これで、やっと枕を高くして眠れますね。
(^o^)

でも、話によると、もう新1年生の課題が出されているそうですから、おちおちしていられません。英語系大学なので、なおさら大変そうです。…

私の感想ですが、Sちゃんがこのような進学をするとは思いませんでした!
小さい頃から大の動物好きなので、その関係かな?と、周りの人達も思っていたのです。いや~本当に人生ってわかりませんね~。

こうなると、Sちゃんは通訳者にでもなって、国際的にも活躍するようになるかも知れませんね。それなら、今のうちに、私にも英会話を教えて頂けませんか?…⛳️…etc








コメント