アドナイネベル

アドナイネベルのブログです。

主の祈り 🌟

2013年10月31日 | 日記
マタイの福音書には、イエスさまが教えて下さった祈りがあります。

「だから、こう祈りなさい。
『天にいます私たちの父よ。
御名があがめられますように。
御国が来ますように。
みこころが天で行われるように
地でも行われますように。
私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。
私たちの負いめをお赦しください。
私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。
私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』( 国と力と栄えは
、とこしえにあなたのものだからです
。アーメン。) 」 (マタイ 6-9~13)


「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに
加えて、これらのものはすべて与えられます。」 (マタイ 6-33)








コメント

合唱コンクール後記 🏤

2013年10月28日 | 日記
10月22日には、私の2人の生徒達が伴奏する合唱コンクールがありました。

全校で音楽ホールに行き、行なわれるので、生徒達にとっても大きな行事と言えるでしょう。🏤

1年生の生徒は、小学校時代に伴奏に当たらなかったので、兎にも角にも初めてで、しかも学年で一番始めに出番になってしまったというのです。…

つまり全校中で一番始めという訳で、
事前にそれを聞いた時には、思わず笑ってしまいました。

「でも、大丈夫、大丈夫!…伴奏はソロとは違うけど、テンポ合わせや色々な事を練習して来たから…」と励まして帰しましたが、当日は指が震えたと言っていました。…💦

それはそうでしょう! 初めてで震えない人はいないし、まして出番が最初だったのだから。当たり前ですよ。

でも、大したミスなく弾き切れたという事ですから、本当に良かったですね
!私も嬉しいです。*\(^o^)/*

このコンクールは順位を出すのですが
1学年中3位だったそうで、それを聞いて、なかなか良かったのではないかと思いました。

本人が言うには、金賞の候補にもなっていた筈なのだけど…と、色々な裏話もしてくれて、いつになく饒舌だったのでした。

初めてでそこまで行ったのなら本当に良かったですが、私が内心一番良かったと思ったのは、合唱コンクールで伴奏を弾けて(みんなで音楽をやって)、楽しかった~…と言った、その一言でした。

みんながやるから私も協力しなければ
…という事はよくあることですが、心から楽しめる時はそうあることではありません。

初めての伴奏を楽しんで弾けたなら、それはある意味でもう大出来、大成功だったのです。 ♪(v^_^)v

もう1人の2年生の生徒は、伴奏は2回目なのである程度は慣れていると思いますが、本人曰く、もう楽譜は暗譜してしまったから(自分に関する限り)大丈夫…と言って本番に臨みました。

ところが、コンクールが終了した次のレッスンの時に聞いたら、自分は大体良かったと思うけど歌う方がまずかった…と言う事で、それを聞いて少し気の毒になりました。

そういう結果は予測していなかったけれども、そう言えばみんながみんな歌が好きという訳ではないし、難しいね
~…と。

9月の発表会はソロだったから、自分1人の責任という感じでしたが、団体は1人でどうこうなる訳ではないので難しいです。

でも、あんなに一生懸命に練習して来たから、絶対無駄ではないよ!
全ては益になって、自分に帰って来る時が来るよ!…と思ったのでした。

本人もわかってくれたと思いますが…
感謝します。✨

ところで、私の元生徒で現在生徒会長の彼は、合唱コンクールでは指揮をしたと聞いていますが、先ほどの1年生に聞いた所に寄ると銀賞だったそうです
。 (゜o゜;; wa~o !

みんな一生懸命やって、色々な意味で良い結果が出ているのですね。
神様に感謝します!


(最近のレッスンシールです)


コメント

スネルゴイセミナー

2013年10月28日 | 日記
今日はスネルゴイセミナーの日です。

これは、馬橋キリスト教会の新井宏二牧師がお話して下さる「自己像」についてのセミナーで、皆さん、いつも楽しみにしているので、新井先生のお越しを首を長くしてお待ちしています。

と言っても、セミナーは夜の時間帯なので、人によっては既にお疲れの方々
がいらっしゃるかも知れませんが…。

私も今日はちょっと目が疲れ気味で、
目を閉じて聴いていましたが、見た目悪くて申し訳ありませんでした。…

夕方のJゴスペルライブが終わった後
、販売ブースで何気なくみ声新聞を広げて見ていたら、その姿勢を撮らせて下さい…とブロガーに言われ、パチリ

今日はスネルゴイセミナーの日だから
、新井先生のCDをちょっと持って!
あ、イイ感じ…パチリ!

こういう訳でこの写真は出来上がったのでした。私もお役に立てて嬉しかったです。感謝します!





コメント

Jゴスペルライブ 🎵🎵

2013年10月28日 | 日記
教会では、日曜日の夕方4時から、誰でも参加出来るJゴスペルライブの時があります。

先週に初参加したあるチームが、今日も賛美しました。

チーム名はまだ正式には決まっていないようですが、編成は今のところ、フルート2本とギター1本、私がキーボードを弾いて…という感じです。

先週はボーカルだった方、今日は風邪気味とかでギターをなさいましたが、
なるほど、2つこなせると良いですね。

先週は聖歌より「歌いつつ歩まん」でしたが、今日はやすらぎ12集より「主の手にある歌」を皆さんで奏楽しました! 写真ではわかりにくいかも知れませんが、全部で4人です。🎵🎵
神様に感謝します。



コメント

10月27日 インターナショナル礼拝

2013年10月28日 | 日記
10月27日のインターナショナル礼拝の様子です。💒

この日は事前にヤング礼拝が場所を使っていたので、インターナショナル礼拝の準備は間に合うか…⁈ と心配でしたが、皆さん、だいぶ慣れて来たようです。今では大体トラブルも無く、3時からの礼拝をスタートしています。⌚️

写真はいつもと変わりないようで済みませんが…私は奏楽でした。もう少しアップ写真があれば良いですね。…
この写真に定規をあててみたところ、私は1ミリでしたよ!




(これは、献金の時の賛美のOHPシートです)

コメント

Com.Cafe 音倉でのライブ 🎹 🎤

2013年10月26日 | 日記
今日は、世田谷のCom.Cafe 音倉のライブに行って来ました。

NPO法人の国境なき楽団というグループからの応募に毎年エウカリスティアスが行っていますが、今回は「音楽で世界交流 みんなで歌合戦!」というタイトルの元で、エウカリスティアスの賛美奏楽と共に、アドナイネヴェルも加わって来ました。🎵

私事ですが、発表会は先月に終了し、合唱コンクールも今週22日に終わったので、このあたりでちょっと賛美隊の方に加わっても良いかな…と生徒達に打診してみましたが、変更の日程もすんなりと決まりましたし、台風も奇跡的に?直撃を免れて(私の地域では)大した雨量もなく、本当に助かりました。
🌂

会場になるCom.Cafe 音倉に到着すると、スタッフの皆さんはステージ作りの真っ最中でしたが、直に始まり、店長、スタッフ、お一人様からのカラオケや、偶然お店に来た為に飛び入り参加させられた人達、ライブしたくて来られた方々、また、庄野真代さんとスタッフとのデュエットも聴けて、合間に私達の賛美も入るというくだけた雰囲気の中で暫し音楽の時が流れて行きました。🎶

前回の楽器はキーボードでしたが、今回はヤマハのグランドピアノがあり、PAだけでなく、楽器の点でも素晴らしくて良かったです。感謝します!

曲は、エウカリスティアスが「君の未来に」「永遠の愛」…
その場の関係上カラオケからも2曲、そのうち1曲は「アメイジンググレイスー英語版」でした。
「風のひびき」から「JOY」…
それから英語賛美を1曲。

アドナイネヴェルより「あなたの瞳のように」…歌詞が歌詞だけにコメント付きで少し説明して賛美奏楽したら、
「それがゴスペルですか? 賛美歌風ですね…云々」と話しかけて来られた方がありました。ゴスペルに興味を持って頂けたのでしょうか。

でも、今日の私達の曲の中で一番良かったのは「大きな愛」だったと思います。この曲は、私もエウカリスティアスで一緒に練習した曲だったので、全員が各々のパートを余裕を持って賛美出来たのです。加えてPAの威力!きちんと調整して整えられていると素晴らしい効果を生み出しますね。

外国人ではフィリピンの方がいらっしゃいましたが、私達の賛美を大変喜ばれて、他のステージでも歌って欲しい
…とリーダーのHさんに話していましたが、その後どうなったのでしょうか。

他には「八重の桜」に出演中の俳優さん、出張で東京に来ている方々などなど、私達が帰る頃にも入って来られる方々がありましたから、終了時刻には結構な人数になったのではないでしょうか。

私にとっては今日の外部での賛美奏楽は久しぶりの事で、とても有難かったです。感謝します!

全ての栄光は神様に! 主をほめ讃えます。 🎵🎵🎵





















コメント

秋の駅前公園 🍁🌰🍃

2013年10月24日 | 日記
今年、駅前公園には春に行ったきりでしたが、もう少し経てば木の葉も散ってしまうので、今日、駅に行く道すがらにちょっと寄ってみました。🍁

紅葉も綺麗ですが、今の盛りはドングリです。玉川上水道もドングリでいっぱい、公園内もドングリだらけ…辺り一面ドングリです。…犬も歩けばドングリに当たる…🍁🌰🍂🌰🍃🌰🌾🌰

ところで、数日後、公園横を通ったら
、何か工事の音がしました。
今までこの辺りで聴いた事のない音だったので「うるさい音だな…」と思った所でハタと気付きました。
それは、チェーンソーの音だったのです。🌲🌳🌲

この公園は、新しく道路を作るという
都の方針に対して住民の大きな反対があった場所です。

都、また市は、住民の反対に対して、市の2分の1の票が集まらなければ開票もしないという事でしたが、馬鹿げた話です。

問題になっている公園を使用していない、全く関係のない区域外の住民に、どの位の投票を期待出来るでしょうか

日常的にこの公園を使っている、地域の住民だからこそ反対しているのです
が、それに対してこのパーセンテージはナンセンス、強行突破のようなものだと思います。
本当に、森林伐採は直ぐにやめて貰いたいです。🍃🍂🍃🍂















コメント

天にある国籍 🏡

2013年10月24日 | 日記
建ち並ぶ家々の数々…。🏡
新しいファイルは、家シリーズです。

だいぶ以前になりますが、イスラエルに行った時…その頃のイスラエルは空港近くにも新しい家々を建設中で、日没後の闇の中に浮かぶ家の灯りはこんなに綺麗なものなのか…と感動した事を覚えています。

また、その頃のイスラエルは灯火規制があって、オレンジと白のライトしかありませんでしたが、それがまた、とても綺麗だったのです。

景観とか色彩感覚とか、とても大事なものだと思います。私はイスラエルにいた間、その灯火のお陰で、精神的に大変落ち着いて過ごす事が出来ました
。🔆

ところで、家の灯りについて。
近頃ではLEDライトというのが出回って来たので、安いコストで長く使えて大変有難いと思います。🔅

日が暮れてから灯りを点けるのは人の為ですが、それでは人の内側を照らす灯りは?…人には互いを思いやる心があり、それはもっと大きな愛情にも発展して行きますが、残念なことに永続はしないのです。

永続して愛する事が出来るのは、神様だけです。ヨハネの福音書にこのような御言葉があります。

「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は、初めに神とともにおられた。すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。
この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」 (ヨハネの福音書 1-1~5)

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

家を照らす灯りのような…それよりももっと素晴らしい、人を照らす光である神、イエス・キリストが、十字架によって信じる人々に救いを持って来て下さいました。…

「しかし、この方を受け入れた人々、
すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。この人々は、血によってではなく、肉の欲求や人の意欲によってでもなく、ただ、神によって生まれたのである。」 (ヨハネの福音書 1-12、13)

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

「けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。
キリストは、万物をご自身に従わせることのできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じ姿に変えてくださるのです。
」 (ピリピ3-20、21)

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

「…もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます
。あなたがたは、地上のものを思わず
、天にあるものを思いなさい。…」
(コロサイ3-1、2)

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

天にある家々は、きっととても美しいのでしょうね。…













コメント

風のひびき

2013年10月22日 | 日記
先日20日、新しい歌集「風のひびき」が教会で発売になりました。🎵

来週月曜日からイスラエルチームが派遣になるので、教会内では早めに出ないと困るのですが、一般には11月1日発売になるようです。
購入を待たれていらっしゃる方々には大変申し訳ありませんが、もう少しお待ち下さいませ。⛳️

これまで出た「やすらぎの歌」歌集は全部で12冊でしたが、次の「風のひびき」歌集は新しくスタートです。

このネーミングは、新約聖書の「使徒の働き」2-1~の御言葉からですが、なるほどと思いました。…🎵

「五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。すると突然、天から
、激しい風が吹いて来るような響きが起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。また、炎のような分かれた舌が現れて、ひとりひとりの上にとどまった
。すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話し出した。」 💬💬💬

これは、リバイバルに向かって聖霊の働きが始まって行くという事ですね。
神様に期待します❗️








コメント

赦しと癒し

2013年10月21日 | 日記
『これは、預言者イザヤを通して言われた事が成就するためであった。「彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。」』
( マタイ 8-17 )

『イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。しっかりしなさい。あなたの罪は赦された。」と言われた。
』 ( マタイ9-2 )




コメント

10月20日のJゴスペル、I.Nチーム

2013年10月21日 | 日記
こちらは、Jゴスペルに出場したインターナショナルチームです。

新しい歌集から「You are my Healer」を賛美しました。大人数だとやはり良いですね。感謝します。


(この写真は、教会ブログからお借りしました)



コメント

10月20日のインターナショナル礼拝

2013年10月21日 | 日記
今日は雨、雨に雨です。🌂🌂🌂

第3礼拝に出たのですが、昼頃に雨が強い…との天気予報通り、大降りの雨に当たってしまいました。💦

それにしても、今年は何でこんなに台風が多いのでしょうか。災害が多発して、被災された方々がお気の毒です。
1日も早く、元の静かな生活に戻れますようにと祈ります。…💬

先ほどの続きですが、礼拝が終わっても雨で外に出る気になれず、そのままインターナショナル礼拝に突入です。

新しい歌集より賛美を始めて数回になりますが、何とか慣れて来ました。
英語がだんだん発音しやすくなって来ています。

とは言っても、私は楽譜から目を離せず、楽譜と首っ引きで賛美してしまいます。

今日はメロディーのみの賛美で、アルトが付きませんでした。アルトや他パートを付けるのは、その時そのように導かれるからで、今日はそのように導かれなかったからです。
今日の賛美を神様に感謝します。🙌







コメント

最終楽章 ✨

2013年10月19日 | 日記
このところ何年か、ある組曲を練習して来ましたが、現在、その最後の組曲の最終楽章に差し掛かっています。

普通では考えられない拍子…自分なりに考えた上である方に質問しましたが
、拍子だけでなく曲想についてもコメントして下さいました。

それより前の、非常に装飾的なサラバンドで拍子を合わせて弾くのがまず大変で、今までは最終楽章まで手が回りませんでしたが、やっと…という感じです。

最後まで出来るのかなぁ…と、いささか心配でしたが、とうとうここまで来てしまいました。後はやるしかありません。

最終の2つの楽章は非常にリズミカルで
、ハーモニーもまるで転調に転調を重ねるかのように常に変化し、ストレットだらけのエネルギッシュな曲です。
と同時に、この一連の組曲の最後にあたるだけあって、全ての曲の総終楽章という感じがして非常に重厚感があります。

ここまで長い組曲の、最後の最後にこの調で終わるという意味が、今、やっとわかった気がします。この最後の調を弾くためにここまで弾いて来た…という感じで、感無量です。

最終楽章の練習はこれからですが、改めて感謝して始めさせて頂きたいと思います。

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*









コメント

秋の味覚 🍁 カボチャ

2013年10月19日 | 日記
最近になって、やっと寒さが感じられる気候になって来た気がしますが、いかがでしょうか。🍁

シジュウカラやヒヨドリが秋の味覚を求めて家の樹木にやって来ていますが
、見かけは小さくても、決して全部を食べ尽くさないで次の樹木に移って行く知恵者達です。🌿 人間もこの位に利口だったら良いのですが…。

夏に庭で実ったカボチャは、母の好みで煮付け風になりましたが、私はパンプキンパイやカボチャコロッケを作ってみたいと思いながら、また機会を逃してしまいました。

カボチャのサラダは簡単なので、時々作りますが、なかなか美味しいです。
他には、カボチャの味噌汁、カボチャ入りカレー、野菜スープとか。

皆さんはどのようなメニューになさいますか?

(このカボチャは観賞用です)





コメント

信仰と希望と愛 🌹

2013年10月17日 | 日記
先日、最後の主日礼拝で牧師が開かれた聖書の御言葉は次の箇所でした。

「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」 ( 第1コリント13-13 )

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

今日の午後はゴスペルクラスがありましたが、私はその最中に何故か突然、
この御言葉を思い出し、「正しい信仰を正しく受け取る結果、正しい愛を受け、それゆえ正しい希望を持つことが出来る」のではないか…と、思ったのでした。

誰でも正しい歩みをしたいものですが
、生まれた時から適切な愛に育まれたと言える人はごく少ないのではないかと思います。

子供達は、本当は最も適した環境のもとで、正しい愛に育まれて育つべきです。一人ひとりがそうであるべきなのです。

でも、実際はそうではない。それに人間は罪ある存在なので、正しく愛することが出来ない。全ての人間関係がもつれて、絡まり合ってしまう。

本当に正しい「信仰」「愛」「希望」を持っているのは神である主だけ。

だから、神様と和解した時、人は初めて心から平安になるのです。
人が与える事が出来ない許しによって
、心に平安が生まれるのです。

全てはイエス•キリストの十字架によって与えられます。

本当の愛に出会う時、全ては神様の愛に、そして神様の愛に対する感謝に包まれ満たされます。

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

(この写真はカレンダーからのものです)






コメント