アドナイネベル

アドナイネベルとは、ヘブライ語で「神の竪琴」という意味です。

久しぶりの調律 🎹 2019年6月11日

2019年06月15日 | 日記
昨年の秋だったか、調律師さんから「そろそろ調律の時期になります」というハガキを頂いていました。
 
けれども、わが家は建て直しの真っ最中。
 
実際には仮住まいに運ぶアップライトピアノだけ調律して貰い
、グランドピアノの方は預けたのでした。
 
仮住まいではリビングとキッチンと同じ部屋にピアノを置いたので、時々、母が通ったり、料理の匂いがする中でレッスンしたりと、なかなか落ち着かなかったのですが、今はようやく元の住所に戻り、グランドピアノもめでたく戻って来たのでした
 
それから暫くは外構工事があったので調律は後回しになり、結局、引越して来てからひと月半経って調律という事になりました。
 
そろそろ梅雨の時期でしたから
、当日雨に当たらなければ良いなと思っていましたが、この日は晴れて暑い位の気温になり調律師さんが(雨の為に)あまり大変な思いをしなくて良かったです。
 
 久しぶりの四方山話の後で早速ピアノに向かう調律師さん。
掃除の途中で、ピアノ内部からキリンのシールが1枚出て来ました。(笑)
以前のわが家では湿気が多く、それにピアノが慣れていたのですが、建て直し後は湿気が少ない中に置かれるようになったので「この先、ピアノの状態に変化があるでしょう」という事。
 
響板が湿気の変化によって少し変形するという事でつまり、いつもより早めに次の調律の必要が出て来るという事なのですね
 
 新しい家の新しいピアノ室では
一応の防音もしてあり、ここでアップライトピアノを弾いてみた時、一番始めに感じたのは「音の響きが随分良くなった」という事でした。
 
 こうして新しい家でのグランドピアノの調律が完了しましたが
、今までモヤモヤしていた私の気持ちも整い、やっとピアノに向かう事が出来るようになりました。
 
 やはりグランドピアノの音の整えが要で、大切だったなぁと今更ながら思わされています。
コメント

紫陽花の花 🌿 2019年6月14日

2019年06月14日 | 日記
 
紫陽花の季節には、あちこちのお花を写したくなりますね。
写真は、先週の駅前公園の紫陽花。朝早くて新鮮な空気の中でパチリしました。
 
 
それから、今週の紫陽花。
同じく駅前公園ですが、先週に続いて他の花も咲いて来ました
🌿
 
 
 もう少しアップしてパチリ!
 
この時期、玉川上水道の紫陽花も綺麗です。
 
ウォーキングがてら、紫陽花も見にいらしたらいかがでしょうか?👒
コメント

紫陽花の思い出 💍 2019年6月2日

2019年06月11日 | 日記
紫陽花の季節ですね。
リハビリに向かう時、バス停の近くで咲いている
紫陽花をパチリしました。
昔、祖父が作ったブローチがヒットした事がありましたが、そのネーミングは「紫陽花」というのでした。
今、撮った写真を改めて眺めていたら、その事を思い出しましたが、私も頂いた紫陽花ブローチはこの紫陽花の花によく似ています。
今は亡き祖父ですが、おじいちゃんの作った作品は今もこんな風にみんなの心に残って、使う度に素敵に身を飾ってくれているよと、懐かしく思います。
#紫陽花
コメント (2)

6月になりました 💐 2019年6月1日

2019年06月11日 | 日記


6月になりました。

先月5月のカレンダー写真が綺麗な薔薇だったので、今月は風景にしようかなと思いましたが、こちらも綺麗な薔薇🌹…

2ヶ月続いて薔薇尽くしになってしまいますが、まぁ良いでしょう。🌿


今月は早々に、先月の外構工事と植栽植え替えの請求書、そして次の予定についての話し合いがあります。

今度が最後ですが、テラス工事です。🏡

1Fリビング前ですから母の管轄で、前から「こうなったら良いなぁ〜」と思って来た母の夢の実現という訳。

もう既に、リビングとキッチンと隣の部屋をバリアフリーで…とか、掘りごたつで腰や背中を楽にして座りたいとか、叶っている夢はあるのですが
、使い勝手の良いテラスが欲しいというのが、次の夢なのですね。

もうそろそろ梅雨の時期ですから、本降りに当たらないうちに無事に済めば良いと思います。














コメント

植栽の植え替え 🌱🌿🌱 2019年5月31日

2019年06月10日 | 庭日記
とうとう5月最後の日になりました。

今日は庭の植栽の植え替えになります。🌿

午前中から「いつ来るのかなぁ〜…」と首を長くして待っていましたが、なかなか来ない。

午前が終わって「あぁそうか、午後からなんだ…
」と思いましたが、まだまだ来ない。

ひょっとして、忘れているのかな?…と思い掛けた頃、夕方になってやっと植木屋さんが到着しました。(こういう呼び名で良いのか分かりませんが)

植え替えの作業を撮るのは、色々と忙しくて忘れていましたが、植え替えた庭の様子はパチリしました。わが家の庭は大したものではありませんけれども。



写真はミカンの木。🍊

少し嵩上げする予定でしたが、今日見た所では特に必要無いという事になって、そのままキープです。

向こう側に少し土を盛って、その辺りに積んであった塀の残り石を片付けて…と。



先日はこんな風に花が咲いていましたが…





今は、若芽が元気よく伸びています。🌿

定礎式の時には、何の手違いなのか、家の予定地の中にミカンの木が植わっていましたが、その後きちんと庭に植え替えられました。



白いツツジの花。

全体の配置を色々と考えましたが、他にピンクツツジもあるし、紫陽花もあるので、白ツツジはまとめて真ん中辺りに…と植木屋さん。



こちらは植木屋さんが持ち込みの椿だそうです。



ピンクツツジと、種を蒔いたら芽が出て来たアボカドの木。🥑



後日に撮った紫陽花。



紫陽花はやはり雨の中で美しく咲く花ですね。



どういう訳か、わが家にR2-D2が…(笑)

誰も「自分のでは無い」と言っていますが、一体どこからやって来たのでしょうか?



玄関周りにも花壇がありますが、まだ考え中。

何かのついでにガーデンコーナーに寄った時、手に入れたラヴェンダーを植えてみました。

辺り一面に良い香りがフンワリと広がって…🌿
癒しの空間になりそう。

薔薇を咲かせたらの話ですが、「ローズとラヴェンダーの香りに包まれた家」…💐

何だか素敵ですね。



植栽の植え替えが少し済んだお陰で、庭を眺めるのが楽しみになりました。

更に言うと、やっと出来て来た庭を眺める事で、今までの疲れが解消されて行く気がするという感じです。

本当に疲れましたが、感謝です!

玄関周りには何を植えたら良いのか、また新しいアイディアを神様に求めて行きたいと思います。





コメント

インターナショナル礼拝 🌏 2019年5月26日、6月2日

2019年06月09日 | 日曜主日礼拝


久しぶりのインターナショナル礼拝アップです。

まずは5月26日の礼拝から。

メンバー全員、又はほぼ全員による準備祈祷会を
誰かがパチリしていました。📸



たまにしか来られない方もいますが、インターナショナル礼拝メンバーは殆ど女性ばかり。

皆さん、幾つもの役割を分担しています。



今日の私は奏楽担当でした。



今日のメッセンジャーによる聖餐式が進行中…



英語がバリバリに出来る方です。



こちらはその翌週、6月2日のインターナショナル礼拝。

この日は奏楽に新人が入り、ただ今、準備中。

この方は、これから1、2ヵ月に1度位の割合いで担当されるという事です。



新人は1人かと思っていたら、もう1人いるそうで、準備祈祷会に参加されていました。

それで、新人アップの為に写真撮りに行ったら、逃げられました。どうして〜〜?❓



「ボクは新人なのに…」と本人はボヤいていましたが、早速色々な部署でこき使われて…いえ、用いられていました。

みんな既に顔なじみですからね〜。

下の写真はPAの皆さん。

インターナショナル礼拝はPAでは苦労して来ましたから、先ほどの新人、私はPAで入られたかと思っていましたが、いわゆる何でも屋さんなのでしょうか?…いや、もう年数的に既に何でも出来る領域に入っていると思われますが。

ところで、この方、ギフツのメンバーの1人なのですよね。

日曜日の午後にギフツが出掛けない時にしか居られないという事でしょうが、また来週もよろしくお願いしま〜す。



アップが後になってしまいましたが、今日の賛美の様子です。



礼拝メッセージ中の会堂です。



「求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。
そうすれば開かれます。」(マタイ7:7)



ところで今日の第3礼拝ではMarvellous Lightが特別賛美になり、春に行われたゴスペルコンサートで歌った曲「Giving a hand to you」を賛美しました。

残念ながら写真無しなので、ここにアップは出来ませんが、私も参加出来て良かったです。


今日の恵みと祝福を、神様に感謝します。

コメント

門周りが出来ました 📪 2019年5月25日

2019年06月01日 | 日記


先月25日に元住所に引越しましたが、まだ外構は出来ていなかったので、令和の長い連休の後、5月7日からやっと工事が始まりました。

すぐに出来る訳ではないので、門も塀も無いままで暮らすのは不安でしたが、ショベルカーのユンボ(と工事人は言っていた)に居座って貰って、何とか毎日を過ごす事が出来ました。🌃

夜になって外灯を付けると(ポーチ灯とも言うらしい)、始めにパッと明るく付き、少し経つと消えてしまうのは何故か?…という疑問がありましたが
、現代はそういうものだそうで、誰かが近くを通るとまたパッと付くのだそうです。

それで見ていると、時々パッと付く時がある…という事は、誰かがそこまで来ているという事なのか?…と怖くなったりしましたが、後で担当者に聞いたら、ネコが通っても付くのだそうです。😼

それはネコの方もビックリするでしょうね。🙀



ところでわが家の外構工事には、2人の若者がやって来ました。

毎日毎日来ては、1日中作業をして帰り、また翌日やって来て作業をして…の繰り返しですが、本当によくやって下さって。

ただやるだけではなく、きちんと説明してくれて
、私や母の質問にもきちんと受け答えをしてくれるのです。

何の仕事もそうですが、実際の働きと共に心の行き来が大切ですよね。💞

暑い日も寒い日も、雨の降る中もカンカン照りの時にも本当によく働いて下さって、1日が終わるとその成果が明らかに現われているので、毎日が楽しみでした。

外構工事は全部で19日位掛かったのですが、終わるのが名残惜しい位で、本当に有難うございました!

これから別の現場に行くのでしょうが、また頑張ってやって行って欲しいと思います。🏘

…という訳で、わが家の門や塀が出来て、ポストと表札が付き、車庫にも扉が付きました。

ちょっと驚いたのは、今では門や車庫扉にも鍵が付いているという事です。

それだけ危ない世の中になっているという事なのでしょうが、プライバシーを大切にするのは良い事ですよね。

外構として門周りの大体は出来ましたが、次は庭周りで、植栽の植え替えになります。🌿

庭作りをきちんとやって貰えるなんて、有難い話です。どこの世界でもそうですが、やはり専門家の仕事は違いますからね〜。

🌿🌿🌿

今日の写真2枚は庭のミカンの木で、5月の暖かい陽射しの中、白い可愛い花が咲きました。

最後の1枚は、やはり庭のアジサイの花で、沢山あった植栽のうち僅かに残った、わが家の貴重な花の1つです。













コメント