アドナイネベル

アドナイネベルのブログです。

合唱コンクール 💐 2015年10月30日

2015年10月31日 | 日記
いつも土曜日に来るレッスンの生徒が、今週は都合がつかなくて金曜日になりました。

ところで、その金曜日の今日、私の中学生の生徒達が合唱コンクールなのです。

会場は中学校ではなく別の所になりますが、朝から午後まで…つまり1日中という事ですね。

1年生はやはり1番始めの出場になるから、午前中のうちに終わってしまいます。

急な生徒の移動で私は聴きに行かれないけど、みんな大丈夫かな?…と思っていました。

でも夜になって、犬の散歩がてらこちらに寄ってくれた生徒が1人いて、賞には入らなかったけど弾くのは大丈夫でした…と言ってくれました。

彼は伴奏者として頑張って練習して来たので、私もとりわけ気になっていたのです。

確か先々週、彼が土曜日に移動レッスンだった時、後に来たレッスン生徒が、最後に練習していた合唱コンクール曲「大切なもの」を弾いている所に来合わせて…ワァ~…という感じで聴いていたようでした。

この小さな子は「お兄ちゃん、とっても上手だった!…」と拍手していましたが、次の週のレッスン時に来るなり、開口一番「あのお兄ちゃん、今日はいないの?…とっても上手だったね
!…」と、まだ言っていたのでした。

褒められた「お兄ちゃん」は「まだ練習中だから…」とかモグモグ言っていましたが、たとえ小さい子からであっても素直に感想を言って貰えて、まんざらでもなかったみたいでした。

そういう素直な感想って、嬉しいものですよね


ピアノと合唱の兼ね合いは難しいし、本番では思いもよらぬハプニングがあるかも知れないし
…と心配しようとすればタネは尽きないけど、本番では大した事はなかったみたいで良かったです!

また次回のチャンスがあるなら、頑張って下さいね!





コメント

大人のレッスン 🎵 2015年10月28日

2015年10月30日 | 日記
今週の我が家は、ペンキ屋がずっと入っています。🏡

お天気良い中、1日中ペンキ塗り。

作業員は2人だけ?と思ったけど、さすが本職だけあって、仕事が早くてキレイ。

素人のウチの父が長い時間掛けてやったのとは
、全然出来が違いますね~。🌱🌱

ところで、今日は大人のレッスン日。

玄関周りもビニール張りになっているし、Fさん、びっくりしないかしら?…

そう思って、わざわざお知らせメールを送ってみましたが、無用の心配だったみたいです。

Fさん宅はマンション住まいだから、いわば集合住宅。補修工事や点検、吹き付けなどは茶飯事ですよね~。

という訳で、Fさん、無事に到着しました。

今日は小さいケーキを並べて、紅茶です。



ヴァイオリンが出ているのは、ちょっと練習していたから。

昨日のある生徒のレッスンでは、ちょうど「スカボローフェアー」を練習しているので、この綺麗な旋律をヴァイオリンで一緒に弾いたのです。🎻

「…ヴァイオリンて、あまり練習しないで直前に少しやった方が上手く弾ける?…」なんて思っているのはやはり、慢性的に練習が足りない人の考える事ですよね。

多分、アップダウンも間違えてる。…でも美しいですね~…この曲。

もう少し言えば、美しくて寂しい感じがします
。🌾

でもFさんもこういうタイプはお好きなので、一回弾いて聴いて頂きました。

ピアノだけレッスンしていて何か煮詰まった時にはヴァイオリンを弾くとか、別の楽器をやってみると気分転換になって良いのですが、Fさんに喜んで貰えて良かった!

さて、短いティータイム&四方山話の後に、レッスン始まり始まり~🎵

テクニックが終わって、今日の1曲目はお馴染みの「帰れソレントへ」

私の中学か高校時代には音楽の教科書に載った曲ですが、今はどうなのでしょうか?

とかくイタリアものは表情たっぷりで、歌うように弾かなくてはなりません。

ドイツ曲も表情たっぷりという点では同じですが、やはりニュアンスが大分違うように思います。

大体イタリアとドイツでは気候が違いますからね~。🇮🇹&🇩🇪

Fさんの演奏を聴いていて、普段練習している自宅ピアノがこちらのとは違う事や、だから聴こえて来る音色も違って来る事、Fさん自身の感じ方で弾いている弾き方など、色々感じる事が出来ました。

専門家ではないのでFさんなりに弾かれている
のですが、それがとても自然な音の運びで、良いなぁ~…と感心しました。

ところで、Fさんが曲を弾いていると、ちょうどペンキ屋さんがレッスン室の窓の外側でペンキを塗り始めていて、その中での演奏でしたから、ますます素晴らしい!

ペンキ屋さんに聴いて貰おうとは思っていなかったでしょうけど、思わぬ人が居ても落ち着いて弾けるという事は大切です。

という訳で「帰れソレントへ」はマルになりました。

次は「表情豊かに弾く」という事をテーマにして、ショパンの「別れの曲」にしましょう!

これは、ショパン自ら「大変美しい曲を作曲しました…」と言わしめている曲ですから、イタリアものとは違いますが、やはり「表情たっぷり」に弾けるよう練習して行きましょう。

ところで、2曲目はこれもお馴染みの「素直な心」…ブルグミュラーです。

今まで片手練習、両手練習…とやって来ましたが、両手が揃って弾けるようになって来ると、
ペダルも踏むようになります。

頭の中は、両手それぞれがあーでこーで…この音から次の音は指遣いがあーなって、つなげて
弾いて~~…(延々と続く)

しかも、その上にペダルまで踏む~~?…と思ったでしょうけど、Fさん、頑張って練習して来ました。

とても良いですよ!🎵

今日は2曲共にマルになりました。

次回は、これまたお馴染みの「アラベスク」ですので、また楽しく練習して来て下さいね!

































コメント

日曜主日礼拝 💒 2015年10月25日

2015年10月30日 | 日記
10月最後の日曜日、主日礼拝です。

今日も良いお天気。

フラワーショップのバラの花。…これ、木曜日の花なのですが、日曜日に店頭に並んだ菊は個人的に好きではないので、こちらを載せたいと思います。



来週、A牧師の新刊が発売になります。

今までメッセージ中に、今、原稿を見直している所だとか、時間がないのに原稿に追われているとか、仕事だからとは言え、しつこく原稿を請求する担当者の話とか、色々な裏話がちょこちょこ出て来ていました。

一番最近の話では、タイトルを何と付けようかと考えている…というのがありました。

某有名グループと同じネーミングになってしまったら問題になるかどうか?…という心配もありましたが、法律的には問題ないそうです。

という訳で、タイトルは「せかいのおわり、これからおこること、聖書」というのになりました。

個人的には、まぁ、何て長いのでしょう…と思いましたが。





今日の牧師賛美。今日も新しい賛美を主に捧げます!



今日のメッセージ箇所は…「ヘブル6:11」







今日の1分動画です。







私達の教会では11月が新年になるので、今日は今年度最後の日曜主日礼拝になります。



ところで「風のひびき」3集が発売になりました。写真は東京の空にかかる虹…だそうです。

今年度はリバイバル開始と共にオーケストラも始まり、礼拝毎にオーケストラも加わっています。

質を高めるのは大変ですが、祈りつつ頑張って行かれたら良いと思います。



明日からイスラエルチーム出発になります。
来年度の御言葉は一体何になるのでしょうか。
皆さん、お楽しみに~~。



今日のインターナショナル礼拝…って、違います。これは、その前のヤング礼拝です。



今日のインターナショナル礼拝写真はこれだけ
。枚数が少なくて済みません。



第7礼拝でも、新しい曲で主に向かって賛美、賛美~~!



最後にまた「せかいのおわり…」!





コメント

レオンとジュン 🐾 2015年10月22日、23日

2015年10月27日 | 日記
少し前の日の事ですが、木曜日に偶然レオンに会う事が出来ました。

もう暫く会っていなかったですが、この場所に慣れたのか、ここに来ても吠えませんね。

前はキャンキャン鳴いたのにね。

私と飼い主さんが話していても、黙って座っていてくれます。随分お利口になったのですね。

感心、感心。

何だか今日は余裕のある表情のレオン。



そして金曜日。

今日はミニチュアダックスの飼い主さんの生徒が来る日です。🐶

先日、ちょっと用事があってお伺いした時にはオヤツを持って行かなかったので、始めから終わりまでワンワンワンワン…吠えられっぱなしで困りました。

それで今日はわざとオヤツを用意しておいたのですが、生徒の話に寄ると「今日は両親共に出掛けていて、帰りが少し遅くなるから、先に散歩に行っておいてねと言われた…」という事です。

「それなら、散歩途中にちょっと寄ってくれる?…」と頼んで待っていたら、ピンポーンとベルの音。

もう既に夜なので犬の目はライトで光り、写真は撮れませんでしたが、久しぶりのジュン。

今日は始めから終わりまでワンとも吠えず、私からオヤツを貰ってご機嫌で帰って行きました
。…またね、ジュン!

今度は写真が撮れる昼間に会いたいなぁ…。




コメント

駅前公園で賛美 ⛳️ 2015年10月24日

2015年10月26日 | 日記
今日は土曜日。🍁🍂🍁

土曜日の午後は公園では何かしらやっていると
思いましたが、今日は是非行ってみたい、そして賛美して来たいと思って、出掛けてみました


昼間も半分過ぎた頃なので、早く行かなくては
…と少し急ぎ足で (いや、速足で白馬を走らせて) 行きました。🐎

土曜日って、結構人出があるのですよね。

それにこの週末は近くの学校の学園祭もありで
、駅に着くまでの道も何だか混んでいました。

公園に到着して山の上に上ってみると、マラソンコースでは何処かの体育系クラブの練習真っ只中。

ユニフォームを着た生徒達の姿が沢山見えますよ。🏃🏼🚶🏻🏃🏼

そのこちら側には、照明道具を持った集団がいますが、何かの撮影ですかね?…🔆



そういう様子を山の上から見下ろしながら、ドングリだらけの草地の上で賛美しました。⛳️



私の周りをマラソンしている何処かのおじさんや若いご夫婦、お年寄りのご夫婦などが通り、
そしてこの辺り定番の鬼ごっこ中の子供達が走り回ります。



今日は2集からの曲をひとつ、それから新しい曲集、3集からの賛美をしました。🎵

もうリバイバルは始まっています。

神様を待ち望みます!










コメント

アフリカンシンフォニー 🐫 2015年10月21日

2015年10月25日 | 日記
夏前からですが、ある生徒の学校で11月に予定されている音楽会の為に、課題曲の「アフリカンシンフォニー」を練習して来ました。

何で「アフリカンシンフォニー」という選択肢なのかはわかりませんが、ある時、レッスンに来た生徒がこの楽譜を持って来たのでちょっと練習してみたら、(学校の)ピアノオーディションに合格しました…と言って来たのです。

曲を聴いていると、やっぱりアフリカらしい?
感じがするなぁ…と思います。🎺

そのリズムも相まって、ひとつひとつの音に内包されている精神がそれらしいかな…という気がするのです。

…伸び伸びしていて、豊かで。🎷

装飾音符もあるし、休符も結構あり、ある程度リズム感がないといけないし、それから生徒自身にやる気がないと難しいかなと思いましたが
、私の生徒はやる気満々で、読譜も自分で頑張りました。🎼

でも、途中でピアノ発表会が入りましたから、それが済んでからまた盛り返して練習しているようです。🎵

(私も、アフリカンシンフォニーはどうした?どうした?と言って来たのですが)

アンサンブルの曲だから間違えたらいけないし
…一度「(本番中)間違えたらどうする?」と聞いたら「間違えても何とか入れると思うから大丈夫」と言っていました。

おー頼もしいね~。⛳️

でも、練習と本番では違うと思うよ…とは言いませんでした。

まだ時間があるから、練習あるのみ!

全部で4ページあって、もう大体弾けるのですが、最後のページが何かしら間違える…

部分ごとにリズムが少しずつパッパと変わって行くから、少しでも気を緩めているとすぐに引っ掛かる。…最後まで気を抜かないように!

また次回もレッスンしましょう。頑張って下さいね!🐫🐪🐫













コメント

患者さんの転院 🏥 2015年10月20日

2015年10月25日 | 日記
先週の金曜日にTさん御夫妻と共にお見舞いに行きましたが、その患者さんが転院しました。

病院それぞれに役どころがあるので転院も仕方ありませんが、今度こそ落ち着いて居られる所だと良いですね。

転院してからすぐにCVを処置されたようですが、Tさん御夫妻も私も、教会の皆さんも続けてお祈りしていますから、早く良くなって下さいね!





コメント

イザヤ書55:6-13 🌿🌳🌿 2015年10月18日

2015年10月25日 | 日記
「主を求めよ。お会いできる間に。
近くにおられるうちに、呼び求めよ。

悪者はおのれの道を捨て、不法者はおのれのはかりごとを捨て去れ。

主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。

「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり
、わたしの道は、あなたがたの道とは異なるからだ。ー主の御告げー

天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。

雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える

そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。

必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。

まことに、あなたがたは喜びをもって出て行き
、安らかに導かれて行く。

山と川は、あなたがたの前で喜びの歌声をあげ
、野の木々もみな、手を打ち鳴らす。

いばらの代わりにもみの木が生え、おどろの代わりにミルトスが生える。

これは主の記念となり、絶えることのない永遠のしるしとなる。」(イザヤ書55:6-13)



コメント

日曜主日礼拝 ⛪️ 2015年10月18日

2015年10月21日 | 日記
先週は忙しくしていたので、今日は少し疲れ気味。でも、礼拝にはきちんと行きます。

今日のフラワーショップは、ダリアの花が並んでいます。



そして、裏には綺麗なバラが沢山ありました。



それを眺めながら通り過ぎ、会堂に着くと間もなく礼拝開始です。



今日の特別賛美はゴスペルクワイア。

曲目は「いつくしみはいつの日も」



今日の1分動画は「祈り聞き従い」について。





「教会政治の形態について」



教会政治の形態って、つまり教会制度についてだと思います。ここに写真がありませんが「会衆制」(教会員全員で運営する)もあります。

「役員制、長老制」(教会員の中から選ばれた特定の人々によって、運営される)



「監督制」(牧師によって運営される)



「同性愛」について。

同性愛については、現在、アメリカなどでもそれを認める傾向にあるようですが、聖書に立った判断を持って歩む事が大切です。

聖書にはソドムとゴモラが同性愛の為に滅びたと書いてあります。

「ところが、ソドムの人々はよこしまな者で、主に対しては非常な罪人であった。」(創世記13:13)

参考として、創世記18章、19章もご覧ください。







今日のメッセージ箇所は、イザヤ55:11になります。



楽しそうにメッセージするA牧師。



今回のイスラエルチームには、祈ったらガンが癒されて、チームに参加出来る事になった方もいらっしゃるそうです。

その方は、胃ガンから転移してリンパ、肝臓、脳にまで行ってしまったけれども、徹底して神に頼り、感謝と賛美、正しい告白をして行った結果、リンパと肝臓、脳のガンは完全に癒されたという事です。

また、現在、路上ライブなどの賛美の働きがありますが、その賛美を聴いて、自殺を思い留まったという方々が出て来ました。

それも1人2人という数ではありません。

賛美チームの方がびっくりしたのではないでしょうか。



インターナショナル礼拝。私は奏楽担当でした
。写真が大ボケで済みませんが、これしかありませんでした。





もう1枚。私はこのPeace…曲が好きなのです






今日はお昼から7時頃まで、中野駅前で賛美のフェスティバルが行なわれます。

略して「中野Jゴスペルフェス」だそうです。

沢山のチームが参加しましたので、一枚ずつアップして行きます。



































もう夕方ですが、大勢の方々が聴いて下さっています。





ご案内のパンフも用意しています。







最後のチームです。



今日、このフェスティバルに出られなかった他チームのメンバーも頑張ろう!

神様に全ての栄光をお返しして、感謝します。



コメント

Tさん御夫妻とお見舞いに ☔️ 2015年10月16日

2015年10月18日 | 日記
昨日はある方の癒しの為、Tさん宅で共に祈りましたが、今日はTさん御夫妻がお見舞いに行って下さるという事です。

それで、私もまた一緒に行かせて頂く事になりました。

今日のは普通のお見舞いではなく、神様の御言葉を伝えに行くのです。📖

最善の時が備えられて、何のトラブルも発生しませんように…と道中祈りながら、雨の中、車を進めて行きました。🚙

病院に着いて、面会カードを貰うなど、色々な手続きをしながらやっと病室にたどり着くと、
患者さん本人は眠っていました。💤

それも安らかな眠りで、起こすのは忍びなく、寝顔を見ながら側に立っていると、隣の患者さんの付き添いの方が「じきに検診や着替えの時間になるから、起こしても大して違いないですよ…」と話しかけて下さいました。💬

それを機会に「そう言えば、今日の痰壷を見ると前に比べて良くなっているみたいですね…」などと会話が始まりましたが、患者さん本人は目を覚まさず眠っています。💤

でも、そうしているうちに看護師達がやって来て着替えが始まったので、私達はいったんカーテンの外に退散。

それが終わって私が今の状態を伺っているうちに、Aさんは目を覚ました患者さんに挨拶して
、何かお互いに話していました。

Aさんは柔らかい言い方をなさるから、患者さんも喜んで答えています。

何だか今日は調子が良いみたいですね!

そこに私も交わり、話しているうちに何か歌を聴いて貰おうと思いつきました。

患者さんの意向を聞いて歌集を繰って行くと、
患者さんのお好きな「浜辺の歌」が出て来ました。…コレだ、コレ!

ピアノなど何もない小さな病室で歌うというのは、本当だったら勇気の要る事でしょうが、私は公園でピアノ無しで歌い、家でも毎日賛美し
、昨日もTさん宅でいきなり賛美したしで、知らない間に備えが出来ていたみたいです。

平気で歌い出しました。🎵

そして、今日の私の役割りはコレ(賛美する事)だったんだ~と理解も出来て、神様に感謝しました。

1曲終えると患者さんはベットに横になったまま嬉しそうに拍手して下さり、私も嬉しくなりました。👏🏻

そうして歌っているとAさんも加わって下さり
、いつしか綺麗な二重唱になり…そのうち駐車場に車を置いて来たTさんもやって来ました。

ニコニコ笑いながら「こんにちは…私のこと、分かりますか?」とTさん。

「分かるよ~(もちろん)」と患者さん。

…前に何度か来ていますものね。

ひとしきりの挨拶の後、Tさんは患者さんにことわった上で聖書からの話をしてくれました。

ちょっと戸惑いながらも耳を傾けて聞いている患者さん。

いつしかTさんの手をしっかり握っています。

私はTさんの後ろで祈りながら、時々、色々な用事で出たり入ったりしていましたが、話は続いて行き、患者さんは食い入るように聞いています。

Tさんは話の最後に「それでは、私が祈るから
、もし良かったら心の中で一緒に祈って下さいね…」と言い、神様であるイエス・キリストを信じる祈りをしました。

それからAさんが教えてくれたので、私も一緒に患者さんの口元や顔を水に湿らせたタオルで拭いて上げ、手を置いて癒しも祈りました。

そして、また少し和やかに話して、最後にTさんが「それでは、私達は帰るけど、また今度来ますね…」と言い、手を放そうとしましたが、患者さんはTさんの手を放そうとしません。

何か言いたい事があったのかも知れませんが、
言えなかったのかも知れません。

私達にはわかりませんでしたが、神様は人手によらず、信じる者といつも共に居て下さいます
。だから、きっと大丈夫。

とにかく「また来ますから…」と言って、手を離して貰って私達は病室を出て来たのでした。

母と私だけだったら涙になったところだったかも知れませんが、Tさん御夫妻が一緒に居て下さったおかげで乗り越える事が出来ました。

いのちの御言葉を運ぶ為には、自分が状況にのまれてしまってはいけないのです。

その事を教えられ、また、自分では快活になれなかったところを助けて頂きました。

帰りの車中でまた少し祈って、帰途に着きましたが、その夜、私の目には今日祈って来た患者さんの回りに沢山の祈りの手が上がっているのが見えました。

神様に感謝します!

Tさん、Aさんも有難うございました!

それに、私の教会の皆さんやその他の方々の祈りを有難うございます。感謝します!

神様に全てのご栄光をお返しして、感謝します


🌱🌱🌱🌱🌱

「なぜなら、神はみこころによって、満ち満ちた神の本質を御子のうちに宿らせ、その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と和解させてくださったからです。
」(コロサイ1:19、20)





















コメント

Tさん宅での祈りの時 ✨ 2015年10月15日

2015年10月15日 | 日記
今日は色々あって、病院にお見舞いに行きました。

朝も割りと早めの時間帯で、道端の花が綺麗に咲いているのを眺めながら途中まで自転車で、
それからバスに乗りました。

大きな駅を通過して行くので、街中の病院に着くまで、沢山の人、人、人の波です。

🚶🏻🏃🏼🚶🏻🏃🏼…

病院に着いて、1週間ぶり位でしたが患者さんに面会しました。

たった1週間の間にこんなに痩せて…と、ビックリしましたが、その前に担当医師からも話があったので納得したつもりでした。

私は大丈夫…と思っていたけれど、やっぱり頭だけの理解だけだったようで、涙が出る鼻水が出るで私の方が大変な事に。

自分の状態に自分でビックリしました。

患者さんの方は母を見て喜んで、母の誘導話にウンウン…とうなづき、会話していましたが、
私は詩篇37:5を語り、癒しの祈りをする事が出来ました。感謝します。

その帰り道、バスを降りてから自転車に乗る時に私はちょっと考えて、この近くがTさん宅だから、ちょっと寄って行かれるかなと電話してみました。

今日のお見舞いの事はAさんご存知ですから、
ひと言お祈り出来たらね…と思ったのです。

連絡を入れてみたら、Aさんは「ちょうど今帰宅した所なので大丈夫です。いらして下さい!
」と言って下さいました。

近くで共に祈れるなんて、有り難い話です。

そういう訳で、母は先に帰りましたが、私はTさん宅に寄り、出て来たM君とAさんと共に少し話して祈り、祈っているうちに二階にいらしたTさんも降りて来て合流して下さいました。

ちょうどお昼時だったので、みんなでひと言ずつ祈った後、最後に私はもう一度祈り、私の話を聞いて少し動揺したようだったみんなに必要かなと思い、ゴスペル歌集より「Peace be with you」を賛美してみました。

Tさん宅は賛美用に造られた家なので、声が綺麗に響きます。

この賛美は割りと簡単な曲なので、2回目からはみんなで一緒に歌い…玄関内が賛美の臨在で満ち溢れて行きました。

そして賛美と共に私達の心配や不安が取り去られ、この御言葉のように平安が私達の心の中に与えられたのでした。

思わぬ所で与えられた賛美の恵みを神様に感謝します!







コメント

大人のレッスン 🍮 2015年10月14日

2015年10月15日 | 日記
今日は大人のレッスンの日。

午前中とそれに続く午後の早い時間は、またちょっとドタバタしていましたが、今日のレッスンは2時から。⌚️

ちゃんと間に合うよ…と思い、レッスン室で色
々用事をしていたら、あら、2時を15分位過ぎているのにまだ来ない。⏰

いつも時間通りにきちんと来られる方なのに、何かあったのだろうか?と心配にもなり、メールしてみましたが、返事が返って来ません。

…⁉️

でもまぁ、私のするべき事はやったから…と、かえって気楽になりかけた時、門がキィ~…と開く音が聞こえて、Fさんが急いで入って来るのが見えました。🏡

あ、やっぱり来られた、良かった~…と思い、Fさんと挨拶を済ませると、レッスン時間についてひとしきりお喋りが始まりました。

最近は、他の生徒との兼ね合いや、Fさんのご予定から時間変更も時々あり、今回は私の感違い、又はきちんとレッスン開始時間を互いに確認していなかった事がわかりました。

Fさんは家の近所まで来た所で私のメールを見て、急いで来られたという事ですが、慌てさせてしまって済みません~~💦

という訳で、今度はきちんとカレンダーと出席簿と、手帳にも訂正時間を書いておきましたからね~。📕

これで大丈夫。もう間違えませんとも。🔆

Fさんは少し息切れし、私も感違いして焦りましたが、ちょっと落ち着きましょう。

今日はお砂糖苦手のFさんの為に、ドライフルーツが入ったクッキーとウエハースを用意しました。それと紅茶を入れて。☕️

焦ったついでに話題も色々出ました。

お砂糖抜きを勧めている某医院についてとか、クッキーの話…カフェの話…

「そう言えば、先生、この間は私の義理の父の誕生日だったんです。それで、プレゼントにベストを上げたんですけど…」etc.

元生徒に会った話に、Fさんのパッチワークの話とか、話題はたんまりありました。



でもティータイムも終わり、レッスン開始。

今日もお忙しい中、きちんと練習して来られて
大変素晴らしいです。

ブルグミュラーも、ペダル以前の練習がはかどって来ているようですから、今日はいよいよペダルに挑戦してみましょうか。

少し難しくなりますが、今までに出来た事も忘れないで、その上にペダルを入れて下さいね。

わ、あっち忘れた…とか、指遣い間違えたとか
は誰でもある事ですから、ビックリしないで何度でも練習しましょう。

広がりにくい指間の伸ばし方はこういう具合に
…。

さてポピュラー曲ですが、今日は「帰れ、ソレントへ」…これは一緒に歌うような気持ちで、少し大袈裟にフェルマータを弾いてみましょう


強弱記号や、rit.…a.tempoにも意味があり、これをきちんと考慮する事で、表情が豊かになります。

イタリアものは少し大袈裟かな?位に弾いて、
それでちょうど良くなりますから、恥ずかしがらないで頑張って下さいね!

それではまた次回にお待ちしています!






















コメント

駅前公園で賛美 🏇 2015年10月13日

2015年10月14日 | 日記
今日もあちこちに用事があり、駆け回らなくてはなりません。

東に(西は抜かして)南に北にと。

本当に馬がいてくれたら良いのに…🐎

でも、帰り道に思わぬ所で咲いている花々を撮る事が出来ました。

白い花。



紫の花。



赤い花。



黄色の花。



小さな赤バラまでありました。



ここからはずーっと東に走って…駅前公園に着きました。

今日は遠足の生徒達はいませんね。

あまり時間がなかったのですが、静かな公園の山の上から賛美しました。🎵

時折り、マラソン中の方が通りかかります。

秋らしく、紅く色付いた葉が辺りを染めて…
きれいなグリーンの葉がなくなってしまうのは
、ちょっと名残惜しいですね~。





下にはドングリが沢山…



犬も歩けば、ドングリに当たる。



辺り一面、ドングリだらけなのです。



公園からの帰り道、きれいな水の流れを見ながら橋を渡りました。🐎

さあ、これからレッスンです。



コメント

日曜主日礼拝 🍰 2015年10月11日

2015年10月12日 | 日記
今日は、朝のうちはちょっとグズついたお天気だけど、だんだん晴れるという予報です。

小糠雨なので、駅までは小さい傘をさして。

原発後は、雨には注意した方が良いという事なので、私はちょっとした雨でも傘をさします。

もう昔のように、雨の中を楽しくお散歩なんて事はしていられないのです。残念ながら。

皆さんもお気をつけて下さい。ザーザー雨の中を傘無しで歩くなんて、ダメですよ!

今日のフラワーショップ。なかなか綺麗な飾り付けです。



ズームすると、こんな感じ。



今日の牧師賛美。

目の前にどーんと立っているのは、前回のイスラエルチームの時にシラサギさんと仲良しになった方です。

音響や設営担当なので、一番前あたりに立って
その方面の監督をなさっているのです。

今年はイスラエルに行かれるのでしょうか?



賛美中です!



別サイドからの賛美光景。



今日の1分動画は、預言についてです。

パート1





パート2





メッセージ箇所は、第1テモテ6:17です。





インターナショナル礼拝賛美。

今日は開始がトラブったようで、少し遅れました。



別の角度からもパチリ!私は陰になってしまっていますが、奏楽席にいます。





最後の祝祷。この際の曲、ハレルヤは何調で弾いていますか?と、朝の礼拝後に聞いてきた人がいましたが、インターでは半音下げて弾く事にしています。

というのは、今日のメッセンジャーからそのように要望があったからです。Cだと高さがキツイんですって。



今日のJゴスペルでは、久しぶりにアドナイネベルも賛美しました。

風のひびき3集はまだ楽譜になっていないですが、既に礼拝賛美の中で歌っていて、当然ながらわかりやすい曲とわかりにくい曲があり…

という訳で、私にとって一番わかりやすかった「イエス」という曲を賛美しました。

「イエス」とは、英語で「JESUS」の事ですね




コメント

取り戻したコンタクトレンズ 💟 2015年10月10日

2015年10月10日 | 日記
私はソフトコンタクトレンズを使用していますが、実際に使うのは日曜日くらい。

もうこのレンズも長年使っているので、新しくした方が良いのだけど…と思いながら、今日まで使い続けて来ました。

明日の用意の為、夜の洗顔後にレンズを洗い、保存液を入れ替えます。

いつものように蓋を開けて、洗って…と手を動かしながら、ふとケースを見ると、左側にレンズが入ってない!

あー、蓋の裏側にくっ付いているんだ~と思って、慌てて洗っている蓋を見た時、同時に白いホウロウの上を流れて行くレンズの青い色が見えました。

うっわー…と思い、直ぐに水を止めたけれども
、既にレンズの姿はありません。

この間、たった1、2秒。

頭の中で、レンズ代金の事とか、明日レンズが必要なのに…とか、思いが駆け巡り、何とも言えない気分になりかけたその時。

ちょっと懐中電灯で照らして見てみようと思い
、ダメもとで懐中電灯を取りに行きました。

何とか言う明るい懐中電灯の光をパッとつけ、
水の流れた穴を覗くと…

何かが白く光って見えました。

この穴には網はついていないけれども、何本かの棒がついていて、大きな物なら流れないようになっているのです。

が、まさかコンタクトレンズのような薄い物がそこに引っ掛かるとは考えにくい事でした。

ところが!

その棒の1本にレンズがちょうど引っ掛かって
、白く光っていたのです!

レンズをピンセットで摘み上げながら、こんな事もあるんだなぁ…と感心しましたが、さっきレンズがサーッと流れて行くのが見えた時、私にはそれが失われてしまう人の命みたいに思えて、何とも言えない気持ちになりました。

人って、色々な条件の中で生きているから、時と場合によっては何かに簡単に押し流されて行ってしまいます。

助かりたい、助けて欲しいと思っても、どうにもならない事もある。

でも、神様は私を助けて、救って下さった。…
何度も何度もです。

コンタクトレンズが流されないで戻って来た事は嬉しいけれど、私には神様が私を救って下さった事を思い出せた事がとても有り難かった。

とてもとても有り難い…そう思えた出来事でした。

明日も、神様に救われたこの命と共に、取り戻したコンタクトレンズをつけて歩みたいと思います。

神様に感謝します!



「主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。

まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。

そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」
(ヨナ書4:10、11)

🌳🌳🌳
















コメント