アドナイネベル

アドナイネベルのブログです。

賛美予選会の準備 4

2014年01月31日 | 日記
予選会の準備中のアドナイネヴェルです。今回の選曲について、自分の作曲も候補に入れていたのですが、新しい歌集「風のひびき」からの方がやはり良いかなと思い、そちらにしました。

インターナショナル礼拝チームでも「風のひびき」の英語訳を待ち望んでいますが、なかなか上がって来ないので、先日、ある方に英語訳とドイツ語訳をお願いしたら、これ以上はないという程の訳を頂きました。

翻訳者は、トイック100点満点の方なのだそうです。そのような方に当たるなんて、スゴイですね!やはり、英語訳(その他の訳も)、時にかなっているという事でしょう。神様に感謝します。

かくなる上は、臨在ある良い賛美奏楽が出来ますように…という事ですが、今はまた花粉症シーズンが始まり、喉の調子も気をつけないといけないので
、あまり気負わず皮切りをさせて頂きたいと思います。

予選会では一曲5分以内なので、今回は
練習不足もあり、ドイツ語は外して日本語と英語で出場する事にしましたが
、ドイツ語の方も練習を続けて、また次の機会に是非賛美させて頂きたいと思っています。素晴らしい翻訳を本当に有難うございました!

そういう訳で、内外の問題もあり、色
々な事が最後になってバタバタと決まりました。メンバーが集まるかどうか
も心配だったのですが、何とかなりましたので、感謝します!

この写真では一人で写っていますが、そのメンバーが撮ってくれたので…。






練習を終えて、帰り際になってから、二人で撮る事を思いつきました。
何だかチョコの宣伝みたいになってしまいましたが…。

メガネの私と、メガネ無しの私と。




今日のチーム練習は、割りと楽しく出来て良かったです。本番も気持ち良く出来ますように!




コメント

賛美予選会の準備 3

2014年01月30日 | 日記
今日はゴスペルクラスの日。
でも、予選会の直前なので、必然的にチーム練習になりました。

今日は、ジェルサレムチームで一緒に出場する予定のNさんが練習に来られるとか。でも、本当に一緒に出来るでしょうか?

…というのは私の杞憂だったようです。Nさん、ちゃんと来ました!

一言ずつ祈ってから練習開始。
ジェルサレムの予定曲と、Nさんのサンクチュアリの曲と。

来週の日曜日は、もう予選会になるのです。

久しぶりのNさんと。




モコモコのクマさんのようなジャケットがカワイイNさんです。


こちらは、Oさんです。








コメント

閉じられない門

2014年01月28日 | 日記

「あなたの門はいつも開かれ、昼も夜も閉じられない。」 (イザヤ60-11)


コメント

賛美予選会の準備 2

2014年01月28日 | 日記
賛美予選会の準備が続行中。
先日の日曜日にはインターナショナル礼拝(略してI.N礼拝)の練習も行う事が出来ました。

I.N礼拝チームのメンバーは沢山いますが、人数が多過ぎて日曜日にしか揃わないのです。

下の写真はメンバー全員ではありませんが、予選会の練習最中の光景です。







こちらは、Jゴスペルに出場したチームのうちの一つ、ジェルサレムです。
ギターのNさんは久しぶり!



また、この日の主だった礼拝では、ホロコーストについてのビデオを見て、共に心を合わせて祈りました。
二度とホロコーストが起きませんように…と。


第7礼拝の様子です。メッセージ箇所は
、マタイ7-7、8より。





礼拝賛美です。




「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。」(マタイ7-7、8)





コメント

いと高き方の隠れ場に

2014年01月27日 | 日記

「いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る。
私は主に申し上げよう。
「わが避け所、わがとりで、私の信頼するわが神。」と。」(詩篇 91-1,2)



コメント

賛美予選会の準備 1

2014年01月25日 | 日記
今週始めに親戚の訃報があったので、今までずっと慌ただしく、何かと忙しい週でした。

来月の賛美予選会も近づいており、出場する各チームの楽譜を揃えたり…と
、結構忙しいです。

そう言えば、今度の予選会には初めてI.N礼拝チームが参加する事になりました。

I.N礼拝は毎週あるのに、賛美隊の活動はJゴスペルの時位しかなくて、今までちょっと勿体なかったのでした。
でも、これからの働きに期待して、感謝します❗️

他には、アドナイネヴェルその他がありますが、現在、準備中です。






コメント

主への感謝と賛美、詩篇 92-1~3

2014年01月25日 | 日記

「主に感謝するのは、良いことです。
いと高き方よ。あなたの御名にほめ歌を歌うことは。朝に、あなたの恵みを、夜ごとに、あなたの真実を言い表わすことは。十弦の琴や六弦の琴、それに立琴によるたえなる調べに合わせて。」(詩篇 92-1~3)



コメント

様々な出来事

2014年01月23日 | 日記
最近、個人的家族的に、様々な出来事が立て続けに起こって来ています。

先週お休みした私のある生徒は、現在
、入院しています。とても頑張り屋さんで、人にも好かれる良い子なのですが、あまりに頑張るのでひそかに心配していました。

…その危険信号が当たって欲しくはなかったのですが、この辺りで少し休まないといけないね…というサインだったのでしょうか。

学校もバイトもピアノもお休みになってしまいましたが、将来の為、心も身体も休めて、少しゆっくりくつろがなくてはね…。

癒しの為にお祈りしています。 (^_^)

「まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。」 (イザヤ 53-4)



また、先週の土曜日に、エアコンのリモコンがこわれてしまい、石油ファンヒーターを使わなくてはならない事になりました。

石油系は空気を汚すので、身体にもピアノにもよくありません。

新しいリモコンが早く届かないかな…と、クビを長くして待っていましたが
、日月火水と待ちぼうけ。

今日になってやっと連絡が入り、やっと元通りにエアコンでレッスン出来るようになりました。感謝します!




コメント

賛美予選会に向けて

2014年01月22日 | 日記
来月2月2日は、教会内での賛美予選会があります。

上位入賞チームは2月末の関東大会に出場し、そこでも上位入賞したら、夏の白馬キャンプでの決勝大会に出場し、
そこで最終的な順位が決まるのです。

そういう訳で、今、各チームはそれぞれ頑張っています。

入賞云々も大事ですが、一番大切なのは神様を礼拝して賛美することですから、私は地道にやって行こうと思っています。

良かったら、皆さんもそれぞれの予選会を聴きにいらっしゃいませんか?





コメント

賛美と感謝と癒しの祈り

2014年01月21日 | 日記
先日の日曜日、朝から少し具合が悪かったのですが、乗り換えごとにトイレに行きながら何とか礼拝に間に合いました。

その前夜に便秘が解消されて、良かった~…と思っていたのですが、次の日になってそのオマケがついて来たみたいで、朝から腹痛がするのでした。

教会には病院勤めの看護婦さんもいらっしゃるので、本当に有難いです。
症状をお話して、一緒に癒しの祈りをして頂きました。

この日は私事で色々な用事があり、あちこちの方々と話をしなくてはならなかったので、自分の体調の事は忘れてしまっていた時もありましたが、癒しの祈り以降、それまであったある症状がパタリと止まり、それ以降は現れて来ないのでした。

これって、癒しが現されたという事なのでしょうか?…

病院に行く事も勧められましたが、毎日色々な事があって、まだ先伸ばしになりそうです。検査数値で表されていないので何とも言えませんが、この事を神様に感謝します。

毎日、賛美と感謝の心で歩む事が出来て、全ての点で健康でいられますように…。


こちらは、日曜日の朝、身体に良いものを摂らないと…と感じて立ち寄った
ある珈琲店内です。






コメント

ウラノスの賛美

2014年01月21日 | 日記
先週、教会の賛美チームの一つであるウラノスが、私の実家の地域近くの病院で賛美して下さいました。

この日の午前中は曇っていて、雨になるかも知れないような、どんよりした天気でしたが、こちらに向かっていると思われる時間帯に、ウラノスのリーダーに連絡してみました。

こちらに来て下さる事の感謝と、この時、私は加われなかったのですが、祈っている事を伝えたかったからです。

リーダーからはすぐに返事が来て、賛美の時間帯など知らせてくれたので、的外れな祈りをしなくて済んで、助かりました。

その返事を基にして更にひと言祈ったのですが、その時、今まで曇っていた空が急に明るくなって、晴れ間が現われ、青空が広がって行きました。

祈ったすぐ後だったので、幸先が良いように思えて、今日の賛美は絶対上手く行く!…と思いました。

現在、ウラノスは二人だけのチームなので、地域的にも全然関係のない今日の神経センターで大丈夫だろうか?…という思いがチラッと心をかすめた時があったのですが、実際は神様に守られて、大丈夫だったのでした。

普段は静かに聴く事も出来ないような患者さん達が大人しく聴いてくれたり
、色々な「普段はなかった事」が起こった賛美の時でした。

全ての栄光は神様に❗️感謝します❗️




コメント

ミニチュアダックスのジュン 2

2014年01月16日 | 日記
以前、私が教えていたある生徒は、途中からミニチュアダックスを飼い始めましたが、名前は「トト」と言うのでした。

このお宅は途中で引越したので、私が出張してレッスンを続けていましたが
、私が行くと、トトはひとしきり撫でて貰って、お腹を掻いて貰い、一緒に遊んで貰って、大満足するのでした。

そのお宅は二階に洗面所があるので、上がって行って手を洗っていると、いつの間にかやって来たトトが近くでシッポを振って待っている事がしばしばありました。

ダックスは階段を上がるのは大丈夫ですが、降りるのは大変なのです。何しろあの身体ですから…。

階段に少し慣れた頃には、一段ずつ降りる事も出来るようになったようですが、中途でイヤになり、哀れな声を出して人を呼ぶ事もありました。

あんなに足が短くて胴長なのに、本来は猟犬なので動きは活発で、私が歩いたり不意に振り向いて別の行動を取ろうとするごとに、足元にまとわりついて、いつ踏んづけてしまうかわからない感じでちょっと恐かった面がありました。…ダックスは腰が弱いのです。

だから、私が犬を飼うとしたら、もっと脚長の…普通に脚長の犬が良いと思っています。🐾

ところで、今、レッスンに来ている生徒の中で、またミニチュアダックスを飼う事になった生徒がありました。

動物保護団体から譲り受けたという事ですが、こういう方面から譲り受けるのはなかなか大変な面があるので、よくやったなぁ~…と思いました。…
というのは、受け取る人間の方も審査されるからです。

昨年、初めて会った時には、ちょっとまだ不安定な所があったようですが、
最近では安定して来たように思います


人間の家庭の中で、犬本人が家族の一員として安心してそこに居られるようになったような…そんな感じがします


彼の名前は「ジュン」…6月(June)に来たからジュンなんだ…と私の生徒は言っていました。

レッスンには、もう2回ほどご主人の私の生徒と一緒に来て、1時間待つのが大変そうだとわかったので、他の時に会う事にしましょう…という事になり、それで、ホネっこを用意して夕方のお散歩の時に寄って貰う事にしたら、やって来ました…。

いつもの通り、上に上がるのかと思ったら上がらせて貰えず「❓」と思っていたら、いきなりホネっこを貰ってしまった…それも3本も❓

喜んで食べて貰って、私も嬉しかったです。

レッスンの生徒が待っていたので、あんまり時間がなかったけれども、良かったね、ジュン君! また今度ね。
🐾

こちらは、前に来た時にレッスン室で撮ったものです。ホネっこの時には玄関先だったので、辺りが暗くてフラッシュで目が光ってしまいました。












コメント

最近思うこと…放射能について

2014年01月13日 | 日記
iPhoneになってから、色々なブログを見られて有難いですが、その一つに放射能についてがあります。

読み出した当初は感情的になったりしましたが、今は多方面から考えてみる事にしています。ブロガーの方達も、読み方については気をつけるようにと文章の中で書いて下さっていますし。

私自身や周りの人達について気をつけて過ごしていますが、放射能の為に特に目立った病が身近な者に現れるという事がはっきりわかる形で無いとしても、でも、兆しはあると思います。

近所の年配の方々の中で、亡くなる方が急に増えた気がします。このところ訃報続きで…。

それから、出掛ける度に救急車のサイレンが聞こえたり、救急車が走っているのに出くわしたり。

電車に乗ると、行き帰りで「病人が出たので電車が遅れています」…というアナウンスがあったり。

私の生徒達や、そのご家族とご親戚はおおかた大丈夫のようですが、病院に掛っている方、何かの手術をされた方はいらっしゃいます。

小平市のM病院は、子供の甲状腺機能の検査をこの辺りで唯一なさっているようですが、放射能の影響の為に3月には岡山県に移住されるようです。

やはり、こういう事については、医者本人の方が敏感なのでしょう。

クリスチャンとして放射能についても祈っていますが、周りの人達と放射能について話をする事自体が何か避けられている、そういう感じがして、かえって不自然で不気味に思います。

黙っていたら何とかなるのか…?…
そうではないでしょう?

私としては、この問題についてもきちんと会話をして、意見交換が出来る精神的な土壌があって欲しいのですが…
。そんな事をしているうちに手遅れにならないようにと願うばかりです。
……

ただ、私の教会では、癒しの祈りをする事が出来ます。イエス•キリストは地上の生涯において、多くの時を癒し主
、また救い主として人々に接して来られました。

平たく言うなら、精神的な病も肉体的な病についても祈って癒して下さったのです。

癒しの働きは今も続いていますので、病でお困りの方はどなたでも、教会にいらしてみて下さい。お待ちしております。

こちらのパンフレットは、先週の癒しの集いのお知らせですが、毎月第2週の土曜日に行っています。また、日曜礼拝、毎日礼拝もありますので、そちらにもどうぞいらして下さい。












コメント

圧倒的な勝利者…神の愛によって

2014年01月13日 | 日記
「しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。

私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。」
(ローマ8-37~39)

…何故なら、人の力ではなく神である主御自身が、私を愛して下さっているからです。神は愛であり、死にも、サタンにも勝たれた勝利者なのです。





コメント

「十字架のほかに」

2014年01月13日 | 日記
教会では、新しい歌集「風のひびき」より賛美していますが、言葉と共に曲のスタイルも大切だと思います。

私はクラシック畑で育っていますので
、やはりクラシック系が好きです。

次の曲は、No.66「十字架のほかに」ですが、インパクトがあって、この歌集の中では、私は好きですね。 🌿🌿🌿


「十字架のほかに、誇りとするものなし。イエスよ、あなたに栄光あれ。

十字架の恵み、十字架の赦し、十字架の勝利…讃えます。

十字架のほかに、誇りとするものなし
。イエスよ、あなたに栄光あれ。」






コメント