アドナイネベル

アドナイネベルとは、ヘブライ語で「神の竪琴」という意味です。

雪の風景、イザヤ1:18 ❄️ 2018年1月29日

2018年02月05日 | 聖書
先日の大雪の後、カメラを手に写真を撮りに行ったGさん。

メルヘンな写真の数々を送って下さいました。

玉川上水道の様子ですが、ブルーの空を背景にして、いつもとはまるで違う風情。…



小鳥の巣箱も雪で埋もれてる…🕊



メタセコイアの並木道。



こちらは、その1週間ほど後に、私がサクラ公園で撮ったのですが…かまくら?に雪だるまが乗っている…





プレイバック写真ですが、雪の降り始めの写真。



次の日の朝。



クリスマスツリーの飾り付けみたいに積もりました〜。🎄



ネコの足跡〜…あんまり関係ないか?

一応、雪特集としてアップ。



木曜礼拝の朝。…駅前公園ですが、足跡がいっぱい〜🐾〜👣



白馬の雪景色。…どこもかしこも真っ白!

「さあ、来たれ。論じ合おう。」と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のようになる。たとい、紅のように赤くても、羊のようになる。」(イザヤ1:18)



コメント

今年の復活祭の日に 🎂 2017年5月10日(4月16日)

2017年05月10日 | 聖書


先月の復活祭の日、4月16日(日)の事です。

朝に語られた神様からの御言葉について、1日中
考え、思いを巡らしていました。

長年ずっと不安だった事、祈って来た事について
、まるで絵から抜け出て来たかのように神様が来られて、語って下さいました。

そして最後に、御腕に抱かれた羊の幻を見た時、誰よりも近くに神様御自身が私を大切に守って、大切に扱っている…という風に、私には感じられました。

詳細は言えませんが、クリスチャンであるなら至極当然に解っている事を、私はこんなに長い時間をかけて、再び理解する事が出来、再び受け取る事が出来た…。

こんなに長い年月をかけて馬鹿みたいだ…とか、情けない…とか、思わなくて済んだのは、神様御自身がそんな風に思っていなかったからです。

ちょっとした間違いで勘違いした事を、自分ではすっかり忘れていたから祈りようもなかった事を
神様は思い起こさせて下さって、ありのままの私を受け取って下さった。

ああ、神様はこういう方だったのだ…そうだったのだ…と、1日中、その事を考えて過ごしたのでした。

これは私にとって、ひとつの取っ掛かりのようなもので、これからまた解って行く事を神様が開いて下さる。

神様に期待します。

そして、今はただ神様に感謝して…感謝するだけです。



コメント

こどもの日、そして昇天日 🏡 2017年5月5日

2017年05月06日 | 聖書
今日は「こどもの日」…

そして、イエス・キリストの昇天日でもあります
が、弟子達はイエス様が天に上られて行くのを見ていた時、どんな気持ちだったのでしょうか。

聖書には、次のように書いてあります。

『そこで、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、こう言われた。

「次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり、その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。

あなたがたは、これらのことの証人です。

さあ、わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、都にとどまっていなさい。」

それから、イエスは、彼らをベタニヤまで連れて行き、手を上げて祝福された。

そして祝福しながら、彼らから離れて行かれた。

彼らは、非常な喜びを抱いてエルサレムに帰り、いつも宮にいて神をほめたたえていた。」
(ルカ24:45-53)


この「非常な喜び」についてですが、それほどまでに喜んだ…という「喜び」は、マタイ2:10と似ているかなと思います。

「すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。

その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。

そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。

そして、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。」(ルカ2:9-11)


きっと、人生の中で最高の、そしてその後の人生を変えてしまう程の「喜び」だったのだろう…と思います。

そして「永遠に続く喜び」として、主御自身が、信じる者と共に居て下さる事を感謝します。









コメント

第1ペテロ3:18より 🍷 2017年4月12日

2017年04月13日 | 聖書

「キリストも一度罪のために死なれました。
正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。
それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。」(第1ペテロ3:18)



コメント

ヘブル人への手紙より、10:10、19-20 🍷 2017年4月1日

2017年04月05日 | 聖書

「このみこころに従って、イエス・キリストのからだが、ただ一度だけささげられたことにより、私たちは聖なるものとされているのです。」…
(ヘブル10:10)

「こういうわけですから、兄弟たち。私たちは、イエスの血によって、大胆にまことの聖所に入ることができるのです。

イエスはご自分の肉体という垂れ幕を通して、私たちのためにこの新しい生ける道を設けてくださったのです。」(ヘブル10:19-20)



コメント

朝日の中で、春の花 🍀 2017年3月30日

2017年04月01日 | 聖書


朝日を浴びて咲いている花…

あまり背丈は高くないのですが、何て綺麗なのでしょうか…🌿



雅歌には次のように書いてある所があります。

『私の愛する方は、私に語りかけて言われます。
「わが愛する者、美しい人よ。さあ、立って、出ておいで。
ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。
山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。…」
(雅歌2:10-12)

願うべき事を間違える事なく、神様の恵みや祝福を真っ直ぐに受けて歩めますように…と、祈ります。





コメント

光はやみの中に輝いている 🕯 2017年2月4日

2017年02月04日 | 聖書
2016年のクリスマスゴスペルコンサート時の話。

既に本番中。🎄

映像とナレーターの流れる中、賛美が始まるまで
、私は小さな灯りを持ってステージの上に立っていました。

ローソクを模した小さな灯りを見つめていた時は
、私の内側から語りかける神様の愛を感じられた時でもありました。🕯

「初めからあったもの、私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手で触ったもの、すなわち、いのちのことばについてー

このいのちが現われ、私たちはそれを見たので、
そのあかしをし、あなたがたにこの永遠のいのちを伝えます。すなわち、御父とともにあって、私
たちに現わされた永遠のいのちです。ー」
(第1ヨハネ1:1-2)

あたり一面が暗い中、私達が持っているローソクと、客席の天井から下がっている星のような明かりだけが唯一の光でした。🌟

「光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」(ヨハネ1:5)

「この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。」(ヨハネ1:4)

神である方が人となって来て下さり、罪を赦し、信じる者の内側に共に居て下さるというのは、本当に素晴らしい事です。

色々な困難があっても、神様の力が私を起こし、歩けるように下さいます。

私は決して見捨てられません。

「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない」(ヘブル13:5)

私を探し求めて見つけ出し、癒して下さり、救いを与えて下さる神様を、私は誉めたたえます!

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:4)



「なぜなら、神によって生まれた者はみな、世に勝つからです。私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。

世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。」(第1ヨハネ5:4-
5)






コメント

主に感謝せよ 💐 2016年10月31日

2016年11月02日 | 聖書


10月も最後の日になりました。

今年度の様々な恵み、祝福を神様に感謝します。

『主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。
その恵みはとこしえまで。

さあ。イスラエルよ、言え。
「主の恵みはとこしえまで。」と。

さあ。アロンの家よ、言え。
「主の恵みはとこしえまで。」と。

さあ。主を恐れる者たちよ、言え。
「主の恵みはとこしえまで。」と。』

(詩篇118:1-4)






コメント

フィリピンに於ける殉教ー「ダバオ刑務所事件の真相」ー 🌏 2016年8月15日

2016年08月24日 | 聖書


暫く前に「ダバオ刑務所事件の真相」が出版されたと書きましたが、日本の終戦記念日と同じ8月15日にジャッキー・ハミル宣教師以下、フィリピンのクリスチャン達が殉教されたのでした。(1989年)

先に日本語版が出ていましたが、このたび英語版も出ましたので、こちらも合わせてご覧頂けたらと思います。



「天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」(イザヤ55:9)



コメント

神からの慰めと望み 🕊 第2テサロニケ2:13,16-17 🕊 2016年6月19日

2016年06月20日 | 聖書



「しかし、あなたがたのことについては、私たちはいつでも神に感謝しなければなりません。主に愛されている兄弟たち。

神は、御霊による聖めと、真理による信仰によって、あなたがたを、初めから救いにお選びになったからです。…

どうか、私たちの主イエス・キリストであり、私たちの父なる神である方、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを与えてくださった方ご自身が、あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め
、強めてくださいますように。」(第2テサロニケ
2:13、16-17)



コメント

キリストが現われたなら 🌿 2016年5月12日

2016年05月17日 | 聖書

「…キリストが現われたなら、私たちはキリストに似た者となることがわかっています。

なぜならそのとき、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。

キリストに対するこの望みをいだく者はみな、キリストが清くあられるように、自分を清くします
。」(第1ヨハネ 3:2-3)


コメント

イエス・キリストのご降誕について 🌹

2014年12月15日 | 聖書

…「肉によって無力になったため、律法にはできなくなっていることを、神はしてくださいました。

神はご自分の御子を、罪のために、罪深い肉と同じような形でお遣わしになり、肉において罪を処罰されたのです。」…
(ローマ8-3)


コメント

Except the cross ー風のひびき歌集より英訳、1-66

2014年02月12日 | 聖書

「Except the cross, may we never boast. Our Lord, Jesus, we glorify You.

The grace of the cross.
The forgiveness of the cross.
The victory of the cross.

we praise You, Lord. 」









コメント