アドナイネベル

アドナイネベルのブログです。

Tさん宅での賛美 🌻 2014年7月30日

2014年07月30日 | 日記
今日は、Tさん宅で御家族の賛美を聴いて欲しいと頼まれていたので、お伺いしました。

ベルを鳴らすと長男のM君が玄関に出てくれましたが、背の低い靴箱の上に乗って玄関ドアを開けているのでした。

そこにやって来たお母様のAさん、早速お行儀の悪い事を指摘されましたが、私もやっぱり慣れて来たら靴箱の上に乗ってドアを開けたいと思いますよ~…。

玄関脇に元気いっぱいに咲いていたヒマワリの花。すごく高く伸びていますね~



いつ来ても綺麗なお宅の中…。
可愛いミニ植木鉢があります。



水を沢山上げましょう。



到着したばかりの私に、アイスティーとお手製のケーキを出して下さいました。
感謝します!





こちらは私が持って行ったあん入りのパン菓子。M君が気に入ってパクついてくれました。



皆さん、お元気で夏休みを過ごしている様子です。











一番下のK君は駅前公園に虫取りに行っていて、写真は撮れませんでした。
今、K君とSちゃんはカブト虫やクワガタに夢中なのです。…私もそんな時期がありましたね~…。



Tさん御家族の賛美を聴くつもりでしたが、皆さんがピアノ室に集まるまで、私も賛美させて頂きました。

結局、沢山の賛美を聴いて頂く事になりましたが、感謝します!





Tさん御家族の賛美。
この夏はご主人のご実家の香港に行き、そこで録音するのだそうです。曲は北京語です。







この時、K君とSちゃんは賛美に加わりませんでしたが、私が帰る時に、ちょうど立派なカブト虫とクワガタを捕まえて
帰宅しました。収穫ありでしたが、香港に行く時、どうするの?…

今日、出掛ける時に私の家の玄関先に咲いていたハイビスカス。暑い中で、赤い色が目に染みますね。



今日の賛美の時を神様に感謝します!







コメント

駅前公園での賛美 🌿 2014年7月30日

2014年07月30日 | 公園賛美

今日はTさん御家族のお宅に行く予定がありましたが、約束の時間より1時間ばかり遅れて…という事になりました。

用事ついでにもう駅前にいたので、空いた時間をどうしようかな…と、一瞬、
思いましたが、最近は駅前公園での賛美をしていなかった事を思い出して、今、公園で賛美してみよう!と思い立ちました。

真夏の昼間にはあまり人はいないかも知れないけれども、それならそれで思い切り賛美出来るゾ…と思ったのでした。

自転車を置いて、小山に上り…山の上は真夏の濃いグリーンでいっぱい! 🌿🌿

…吹く風が心地よいです。

小山の向こう側のジャブジャブ池では、
沢山の子供達が水遊びに来ていて、かなり賑やかでした。

私が賛美する声は下まで届くでしょうか
?…という訳で、結構声を張り上げて賛美しました。

その30分ばかりの間に、私の脇を子供達が通り、私の後ろの小道を大人のハイカー達が通って行きました。

真夏の賛美も気持ち良いものですね!

沢山賛美出来ましたし、神様に感謝します!



今日の玉川上水には、アヒル&カモが涼みに来ていました。



大きなコイもいます。





コメント

大人のレッスン 🌺 2014年7月23日

2014年07月30日 | 日記
この日は、同じ日に二人の大人の生徒のレッスンが重なりました。

暑い中でしたけれども、お二人共、元気いっぱいで来られました。

一人目の方とは先日の旅行の話や、最近
、ご実家の隣の敷地内に現れるクジャクの事とか、大学1年生の娘さんが毎日勉強で大変な様子とか…話は延々と続いて
絶えません。

そこを何とか振り切ってレッスンに入ります。…

お忙しい中なのに、いつ練習なさっているのか、いつも前向きに練習に励んでいらっしゃるFさん。

私も頑張らなくては…と思います。

今はやさしい版のショパンを弾いていますが、左手の和音の変化も何のその。
続けて練習して行きましょう。



🍀🍀🍀

時間は変わってAさんのレッスンですが
、午後も半ばの時間帯で、汗だくでいらっしゃいました。

汗がひくのを待ちながら、アイスコーヒーとお喋りのひと時です。

楽しい話を中断するのは勿体無い気もしますが、時間の関係もあるので、この辺でレッスンに入りましょう!…

今日は、タイとスラーがポイントです。
離す所を離し、つなげる所をつなげて
…これが結構難しい。

音をよく聴いて練習しましょう!


















コメント

癒しの祈り 🍃 2014年7月21日

2014年07月23日 | 日記
私の行っている教会では賛美だけでなく
、賜物の働きも訓練しているので、癒しも祈ります。

先日、癒しの祈りをして上げた方から、再び癒しの祈りをお願いされました。

色々なストレスその他があるようで、祈っていると、他の事も祈りの言葉に入って来ます。…

途中から私の目に涙が溢れて来て、涙と鼻水で顔中濡らしながら祈り続けました


祈り終えた時、その場には神様の臨在が溢れていて、私にもその方にも、一時、現実の諸問題から解放されたような平安がありました。…

癒しの祈りは、神様に向かって祈り、神様ご自身が答えて下さる事だから、人の力ではありません。

祈り手が癒すのではなく、神様ご自身が癒して下さるのです。

祈って上げた方は、後で私のところにやって来て、何故だか、とても楽になった
…と、言っていました。

プレイズ ザ ロード!

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます
。」 (マタイ11-28)






コメント

インターナショナル礼拝、その他 💒 2014年7月20日

2014年07月22日 | 日記
ローマ・パトモスチーム帰国後のインターナショナル礼拝です。

インターネット配信によって、世界中の人々に神様の言葉が伝わりますように。



新しいPA操作に忙しくて、賛美チームの写真を撮り忘れたようです。…

私はこの日、奏楽でした。

続けて、Jゴスペルの時間。
自分のチームで賛美奏楽した後、ブログインタビューに当たってしまいましたが
、最近は詩篇の賛美曲に取り組んでいます…というような事を話しました。

途中で写真を撮られた事に気付きませんでした。ブロガーの腕も上がっていますね。



日曜日の朝、玉川上水脇の用水路で水浴びをしていたカモ。気持ち良さそうですね。…



Jゴスペルを終えて、休憩に外に出て歩いていたら、畑にちょうど居たネコ…どういう訳か、私から目をそらしません。

何だか様子が変だと思ったら、ちょうどトイレタイムのすぐ後だったのでした。





コメント

ローマ・パトモスチーム ⛪️ 2014年7月20日

2014年07月22日 | 日記
ローマ・パトモスチームは、先週末に無事に帰国しました。

私的には、今回の特にローマ派遣は非常に大事と思い、祈って来ましたが、近辺の諸事情の為にあまり集中出来なかった事が残念です。

今回のパトモスチームは、ローマを廻って来た事と、教会の映像部門で購入したクワッドコプターという映像用の小さなヘリコプターを持って行き、初仕事をした事、カトリック教会をお借りして礼拝を行った事等々の恵みがあり、神様のみわざが更に現された事を感謝しました。

帰国したチームメンバーの証しを聞くと
、それぞれに失敗やドジ踏んだ事も沢山あったようですが…。

今回も神様によって、無事に守られた事を感謝します。

🍃🍃🍃

こちらはバチカン市国広場です。







スイス衛兵がいます。



礼拝場所をお借りしたカトリック教会。



パウロの教会です。



私達の未来の教会堂は長方形…と示されたそうです。



こちらが、今回初登場のクワッドコプター。始めはなかなか飛ばなくて、関係者をハラハラさせたそうです。



派遣中の聖会の様子。



パトモスの海の色は綺麗ですね。
日本海のように単なるブルーではなく、グリーンが混ざった色なのです。




コメント

木曜ゴスペルクラス 🍀 2014年7月17日

2014年07月21日 | 日記
まだローマ・パトモスチーム派遣中の木曜日です。

木曜礼拝の写真は撮り忘れましたが、その後の木曜ゴスペルクラスのは撮りました。

この日はどういう訳か、ウラノスのJさんが突然会堂にやって来たので、理由を聞いてみると…来週の白馬ゴスペルコンサートの練習という事でした。

ウラノスは、以前、私の家の近くの病院に、賛美の働きの為に来て下さったチームです。

そう言えば、白馬の次点枠がどうのこうのと言っていましたが、ウラノスも入っていましたね。…

それでは、次点枠のチームも出場出来るのですか!…羨ましいですね~。

伴奏者が来るまでの時間、私も少し練習しました…。



こちらはウラノス。コンサートでは「Joy」を賛美するそうです。

ところで、Jさんのクリスチャンネームは、ジョイと言うのです。

「ジョイ」が「Joy」を賛美するのですね!










コメント

様々なレッスン 🎻

2014年07月19日 | 日記
いったい子供達が何に興味を持っているのか…それは、実際にそういう話にならないとわからないものですね。

この日も暑い中、レッスンにやって来た生徒ですが、今まで練習して来た教本の最後の曲を終えました。

それはピアノとチェロが出て来る曲だったので、弦楽器が話題になり、私はいつもの癖でヴァイオリンを出してみました
。🎻

生徒によってはあまり興味がない…という子もいますが、それでも皆、一様に「
わぁ…ヴァイオリンだ~…」と言います


日本は湿気が多いので、(多分、維持費の関係で) 部活動でも弦楽器はあまり採用していませんが、こんな素晴らしい音をボツにするなんて、勿体無い事です。

学校を卒業して大人になっても、日本の制度の中では弦楽器に触れる機会など、あまり無いと思います。

それで、私のところでは機会があればヴァイオリンに触れて、音出しをさせています。…

今、弾いている曲を、ピアノだけでなく弦楽器も入れてみると、色々な意味でとても良いのです。

今回は、小学校低学年のまだ小さな女の子でしたが、ヴァイオリンを見て、とても喜びました。

ピアノとはまるで違う構造や音の出し方に、興味津々です。

開放弦で弾いて、音当てクイズ。
ヴァイオリンも、ピアノの音とピッタリ合うんだよ~…。🎹

大人用のヴァイオリンは、小さな子供には大き過ぎるので、構えをチェロ式に変えたりして、少しの間楽しみました。

写真も沢山撮ったけれども、ブログアップは出来ないので、差し障りなさそうなものだけアップします。

その子が帰ってから写真を送ったら、その日のうちにお母様からメールを頂きました。

「学校のお友達にヴァイオリンを習っている子がいて、興味があったみたいですが、触らせて貰う訳にはいかなくて、先生の所で弾かせて頂いた事がとても嬉しかったみたいです…」との事でした。

私も、子供達が嬉しそうに弾いているのを見ると、良かったなと思います。

神様に感謝します!



🎻🎻🎻

こちらは大人のレッスンです。

この日は、レッスン終了後に妹さんのバースデーパーティーがあるので…と言っていましたが、なるほど素敵なワンピースですね!

いつも皆さんのバースデーをお祝いして下さるAさんですが、私も今年は素晴らしいケーキを頂き、突然の事でビックリしました。

本当に有難うございました! 🎂

この日は、妹さんのお宅いっぱいに賛美の声が響いたのだろうなぁ~…と思います。

レッスンでは、タイとスラーを付けながら両手で弾く練習などしましたが、だんだん慣れて来ましたよ!

続けて頑張りましょう!















コメント

インターナショナル礼拝 🎵 2014年7月13日

2014年07月15日 | 日記
ローマ・パトモスチームは無事に出発し
、日曜礼拝をこの会堂とローマで迎える事になりました。

ローマでは、カトリック教会の一室をお借りしての礼拝になるそうですが、そんな事が出来るようになるとは、本当にビックリです。

私達はプロテスタントですので。

でも、カトリックとの関係が出て来ると
以前から語られていましたから、更に大きく、ついにその時が来たのかな…?と期待しています。

ローマでは、その他幾つかの箇所で賛美と祈りの時を持ち、神様を礼拝したようです。神様に感謝します❗️

🌴🌴🌴

ところで、この日のインターナショナル礼拝です。

第3礼拝後、個人的な事で賛美リーダーのJさんと話していましたが、そうこうしているうちに準備祈祷会が始まりました。

そう言えば、先週、会堂に講壇を作ったので、この日が初スタートになるのでしたが、ちょっと油断していると、講壇の高さに足を取られる事が無きにしも非ず
で、ちょっとコワイのでした。

でも、講壇が出来たおかげで(?) 今まで雑然としていたコード類が少し片付くようになり、良かったと思います。

この日、私は賛美に入らせて頂きました


No.1が詩篇150篇の「Praise the Lord」
なので、声が出ますように…!
発音がはっきりしますように…!

…と思いながら前に立ちましたが、いざ本番になると、出だしから奏楽のテンポが速すぎて、そういう細かい注意どころではありませんでした。

普段はやり始めの曲については、アップテンポの曲でもゆっくり賛美していますが、今回は失礼しました。

次回からは緩やかに、皆さんに分かりやすいように賛美したいと思いますので、よろしくお願いします。

ところで、賛美チームの写真、向かって右側の方のチュニックはブルーになっていますが、本当はグリーンなのです。

この会堂の機材は、グリーンをブルーに変えてしまう不思議な効力があるようです。…又は、グリーンを着ると、服の色が透けてしまい、バックのガリラヤ湖になってしまうのだったかな?…

ちょっとよく思い出せませんが、そのような事だったと記憶しています。

「…だから、私は前に立つ日はグリーンの服を着ないようにしているんだ~…」と、昔、誰かが言っていました。

何だか面白いですね~。



新しいPA機材に取り組んでいる担当者のメンバー達。…本番中のトラブルは起きないように!…と皆さん、真剣です。



今日のメッセージはM牧師。通訳はS牧師。お二人共、英語はペラペラですね。

🌴🌴🌴

「その後、主はアブラムに仰せられた。

「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地に行きなさい。

そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。

あなたの名は祝福となる。

あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。

地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」(創世記12-1~3)

🌴🌴🌴



ところで、来週7月23日~25日に行われる白馬キャンプのご案内です。

夏の白馬キャンプは、主に全国ゴスペルグループコンテストなど、賛美関係の特色があります。

また、今回の聖会では、盛岡聖泉キリスト教会のベニヤミン中野先生、TLCCC東京アンテオケ教会のパウロ秋元牧師、その他の方々がメッセージをして下さいます。

(馬橋キリスト教会の新井宏二先生は、体調が思わしくない為、今回は残念ながら来られない事になりました。)

どなたでも参加可能です。
詳しくは、TEL03-5327-5612までお問い合わせをお願いします。

















コメント

ローマ・パトモスチームの出発 🌍

2014年07月14日 | 日記
先週は台風の為、日本の各地で色々な被害がありました。

何だか物凄い勢力の台風という噂で、毎日毎晩心配して、天気図その他と首っ引き。

生徒達のレッスンもありましたが、それより金曜日に出発する予定の教会派遣ローマ・パトモスチームが心配で…。

正直に言って、その心配だけでだいぶ疲れました。

何週間も前からこのチームの為にずっと祈って来たのに、大型台風の為にドタキャンか?…

そんな事、絶対にあり得ない❗️

本当のところ、今回のチーム派遣によって現される神様の栄光が非常に大きいから、こういう妨害が起こるのですよね。

その前日の木曜日は、個人的にも色々な予定が入っていたので、どうなる事か…と思っていましたが、いざ当日になったら風は吹いていましたが雨ではなく、午後も雨は降らず、夜には降るとの天気予報だったにも関わらず、夜にも降らず…で、全く守られたのでした!

出発は次の日。

羽田からの出発でしたが、雨雲は北上している様子で東京には降らず、チームメンバーは安全に飛び立って行ったのでした。

神様に感謝します!

🌿🌿🌿

写真は、ローマのコロッセオでの十字架です。








コメント

大人のレッスン 🌼 2014年7月8日

2014年07月10日 | レッスン日記

今日の大人のレッスンは、前にも生徒があり、その終了が少し伸びたので、次の生徒の予定まで考えると、キチキチの時間帯になってしまいました。

だから、あまり沢山お話出来なかったですが、その方面はまた今度という事で、
真面目にレッスンしましょう!

今日は、前回に渡しておいた新しい曲に入ります。

前よりやさしい曲ですから、もう少しやりやすくなると思いますよ。

手の形…まだ少し硬いし、両手共に小指側に傾く傾向がありますから、気をつけて練習しましょう。














コメント

カリスマ聖会 💐 2014年7月6日

2014年07月08日 | 日記
今日は月1回のカリスマ聖会。

夜の礼拝は、新宿のホテル•ハイアットリージェンシーで行います。

午後のインターナショナル礼拝に出られた韓国の方々は、夜のカリスマ聖会にも来られる事になりました。

賛美もして下さるそうです!



夜のメッセージは、黙示録16:15です。

「見よ。わたしは盗人のように来る。
目をさまして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである。」(黙示録16:15)



韓国の方々の賛美をもう一度聴くことが出来ました。



偶然ですが、帰りのバスの中でも韓国の方々と一緒になりました。

話している中で、皆さん「君は愛されるために生まれた」を歌い出し、バスの中は韓国の方々のやさしい歌声でいっぱいになったのでした。…🎶

神様に感謝します❗️












コメント

インターナショナル礼拝 🌹 2014年7月6日

2014年07月07日 | 日記
梅雨の季節ですが、この日は一日中雨が降らなくて良かったです。

出掛けて駅まで来たら、傘を忘れた事に気づいたので…。

電車に乗って中継地で乗り換え、座れてホッとひと息ついたら、数年前にアンサンブルをしたチェロを弾く若い方に、思いがけなく会いました。

あの時の彼女は院生2年の卒論提出に就活などで、だいぶ忙しかったのですが、
でも、チェロの練習は続けているという
大のチェロ好きだったのでした。

その後、就職はどうしただろうかと心配していたのですが、実を結んだようで、良かったですね。

久しぶりに会えた彼女は、以前の服装で
、以前のようにチェロを持っていたので
、一瞬、年月など経っていないかのように感じてしまいました。

ただ、私は前にも言いましたが、チェロはコロに乗せて運んだ方が良いと思いますよ。…いざとなれば、やはり身体の方が大事だからです。

彼女は一駅乗って降りてしまったので、何も話せませんでしたが、今後も良い歩みをされますように!

機会があったら、またバッハの無伴奏チェロ組曲を聴かせて下さい。
あれは素晴らしい曲ですよね。🎵

アンサンブルも、またご一緒させて頂けたら嬉しいです。…

🌿🌿🌿

そうこうしているうちに、また乗り換えて目的地に到着…。

駅前の開店したばかりのフラワーショップは、今日も綺麗な花でいっぱいです。

今日も花が咲くように、神様に賛美と礼拝を捧げましょう!…

🌿🌿🌿

午後のインターナショナル礼拝。

先週は思いがけなく私が奏楽でしたが、
今日も私が奏楽になりました。

今日も神様に心から賛美奏楽出来ますように。…

突然ですが、準備祈祷の時になって、今日のインターナショナル礼拝には韓国からの方々が見えるというお知らせが入りました。

今日はいつもの礼拝でなくて、A牧師が月1回でメッセージに来られるカリスマ聖会のある日なのですが、その上、外国からのお客様付き❓

みんな一瞬ドキッとしたのではないでしょうか?…

でも、緊張しているヒマはないので、みんなそれぞれいつものように準備に走ります。

あと15分しかないよ~…❗️
(ホントは賛美練習の為に、もう15分位欲しい)

韓国の方々が賛美をして下さるそうなので、こちらで用意している賛美曲は、1曲減らす事になりました。

あぁ、何となくこの曲は今日は合わないような気がしていたけれど、やっぱりね
…とか思いながら、賛美リーダーと少し打ち合わせ。

もうすぐに本番開始になります。
…というか、前奏の練習をしていたら、もう本番に入っていました。

新しいPAは有難いけど、何か(私には)ピアノの音がよく聴こえない…。

賛美に入ったら、賛美チームの声ばかりになってしまうのではないか?…いや、それは余計な心配だよ…という思いが心をよぎりますが、何とかなると期待して先に進みます。

ただ神様のことだけ思って。
神様だけに心を向けようとして。
スタッフのみんな、同じと思います。

私はあまりに馬鹿でかいよりは小さめの音量の方が良いですが、それでもあまり弱すぎるのはちょっとね…。

弱すぎると自分の音が聴こえなくて間違えてしまう事も出て来るからです。

でも、賛美が進む中、何だか少し音量が上がったような気がして来ました。

(後で担当者に聞いたら、後から上げたと言っていました)

感謝します!

韓国の方々には、私たちの賛美はどのように聴こえたのでしょうか?…
この事、聞いておけば良かったです。

韓国の方々はメッセージ前に賛美して下さいました。

聖歌でお馴染みの「いつくしみ深き友なるイエスは」です。

伴奏はどうするのかな?と見ていたら、
ヴァイオリンの方が一人いらして弾き出し、賛美が始まりました。

伴奏が必要なら弾いて上げたかった…と思いましたが、もう間に合いません。

賛美は続いていますが、皆さん、心で賛美している事がよくわかるような音の響きです。

一音一音大事にして、朗々と歌われています。

教会ごとに賛美や奏楽の音は違うものですが、そういう音作りにどういう人達が関わっているかで、だいぶ違って来るものです。

普通は音楽を(特にクラシック音楽を)学ばれた方達が担当する事が多いと思います。

讃美歌や聖歌は四声体で構成されていますし、代々カトリックやプロテスタントの響きの素晴らしい丸天井の教会で歌われて来た曲ですから、まぁ、当たり前ですね。

だから、この韓国の方々の歌い方を聴いて、クラシック系で朗々と賛美されている…と私は思ったのでした。

後で聞いたところに寄ると、ヴァイオリンなど何ヶ月も練習しましたよ…という事でしたが、本当に沢山の祈りを積み、時間をかけて練習された事には頭が下がります。感謝します!

メッセージの後、ハレルヤを賛美する時には、皆さんが思い入れたっぷりに賛美なさるので、いつもの淡々と、又は、急げ急げで歌う時の奏楽でなく弾く事が出来て、私は久しぶりに奏楽らしい奏楽をさせて頂き、嬉しかったです。

神様に感謝します❗️

🌿🌿🌿

「だから、目をさましていなさい。
あなたがたは、自分の主がいつ来られるか、知らないからです。」(マタイ24-42)

🌿🌿🌿

『これは、預言者ヨエルによって語られた事です。

「神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。

すると、あなたがたの息子や娘は預言し
、青年は幻を見、老人は夢を見る。


その日、わたしのしもべにもはしためにも、わたしの霊を注ぐ。

すると、彼らは預言する。


また、わたしは、上は天に不思議なわざを示し、下は地にしるしを示す。

それは、血と火と立ち上る煙である。


主の大いなる輝かしい日が来る前に、太陽はやみとなり、月は血に変わる。

しかし、主の名を呼ぶ者は、みな救われる。」』(使徒2-16~21) (ヨエル2-28~32)

🌿🌿🌿

今日のメッセージはA牧師。
通訳はK姉妹ですが、久しぶりの通訳です。


新しいPAでの配信、頑張っています。
感謝します。



韓国の方々が来られました。



韓国の方々の賛美。曲は「いつくしみ深き友なるイエスは」です。


ハレルヤ❗️すべての栄光を神様にお返しして、感謝致します❗️














































コメント

黙示録21篇より

2014年07月05日 | 日記

「…私は、この都の中に神殿を見なかった。それは、万物の支配者である、神であられる主と、小羊とが都の神殿だからである。

都には、これを照らす太陽も月もいらない。というのは、神の栄光が都を照らし
、小羊が都のあかりだからである。」
(黙示録21-22~23)



コメント

詩篇73篇より

2014年07月05日 | 日記
人生において何か問題が起きた時、また
、その渦中にあって苦しんでいる時、又はその苦しみを抜けた時…神様を信じる者が持つ恵みがどれほど大きいかを思います。

人は本来小さな存在なので、神様の愛や憐れみ、助けが必要なのです。

「…しかし、私は絶えずあなたとともにいました。

あなたは私の右の手をしっかりつかまえられました。

あなたは、私をさとして導き、後には栄光のうちに受け入れてくださいましょう

天では、あなたのほかに、だれを持つことができましょう。
地上では、あなたのほかに私はだれをも望みません。

この身とこの心とは尽き果てましょう。

しかし神はとこしえに私の心の岩、私の分の土地です。」(詩篇73-23~26)







コメント