転妻よしこ の 道楽日記
舞台パフォーマンス全般をこよなく愛する道楽者の記録です。
ブログ開始時は「転妻」でしたが現在は広島に定住しています。
 



来月はアンドラーシュ・シフのリサイタルに行く予定なのだが、
先日、招聘元のKAJIMOTOから、当日の演奏曲順変更と休憩無しのお知らせ、
というものが発表された(汗)。

■サー・アンドラーシュ・シフ 3/23演奏曲順変更、および休憩なしのお知らせ
『3/21(火)と3/23(木)に東京オペラシティ コンサートホールで行われます、アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル「The Last Sonatas」につきまして、既に3月21日(火)の公演は、演奏者本人の強い希望により休憩がない旨、チラシや情報誌等でご案内しておりましたが、3月23日(木)の公演もまた、本人の強い希望により演奏曲順を変更し、また、休憩をとらずに公演を行うこととなりました。』

モーツァルト、シューベルト、ハイドン、ベートーヴェンの、
それぞれの最晩年のピアノ・ソナタを演奏するというプログラムで、
どのように弾くかにもよるが、四曲続けるなら、
およそ全体で1時間40~50分くらいになるだろうか?

長大なソナタもあり、聴くには心構えが要りそうな話ではあるが、
休憩なしの演奏会は、私は決して嫌いではない。
私はだいたい、浸っている最中に中断が入るのはイヤで、
日本人演奏家に時々ある、曲の間のトークなども、
内容によるが元来は好きではない。
聴くとなったらひたすら音→響き→音楽、というのが私の望む世界だ。
途中で言語音を聞きたいとは、私は思わないし、
休憩も、厳密に言えば音楽の連続を絶つものだと思う。
ひとつひとつの打鍵と効果を考え抜いて弾くシフが、
休憩なしで四曲に没入するというのなら、
間違いなくこれは、極めて高密度な演奏会になるだろう。

聴き手としては、途中で出入りできないのだから、万事早めの行動を心掛け、
開演前に水分を取り過ぎないよう気をつける、ということかな、
と私は内心の汗をぬぐいつつ思っていた。
シフがそこまでの決意で弾くというなら、こちらも聴く側なりに、
万全の態勢を整えて当日の四曲にすべてを賭けなくては、と。
ところが昨日、友人某氏にこの話をしたら、
「そのあとアンコールが長いかもしれないということを忘れてはいけない」
と恐ろしい指摘をされ、自分がまだまだ甘かったことを悟った。
そうだった……、シフはアンコールでいきなり、
ベートーヴェンの30番のソナタを全楽章弾いたりするヒトだった(大汗)。

ポゴレリチの言ではないが、聴き手だって一応は能動的に聴いているので、
曲によって、どこまで・どういうふうに聴くつもりか、という前提がある。
本プロがソナタ四曲で、何かアンコールがつくのは想定の範囲としても、
それが例えば単一楽章だけで完結するのか、全楽章聴かされるのかでは、
こちらの聴き方だって出だしから違うのだよ(汗)。
困るんだよな、アンコールでゴルトベルクのアリアが始まったりすると、
これで終わるのか?第何変奏まで行くのか?もしや全部!?
とそっちのほうが気になって、せっかくの演奏に集中できないから。

シフはナイト(Sir)の称号を持つ、英国社会で尊重される存在であり、
極めて学究的な演奏家として、その業績は国際的に高く評価されている。
私自身、かねてより彼のCDを愛聴しており、
装飾音のひとつまでその都度、厳密に追求するような演奏を敬愛して来た。
某P氏のように「何するかわからん」存在だと思ったことはない、
…………いや、なかった。
しかし今回の「お知らせ」の件で私は、やはりシフもまた、
独自の世界に生きている芸術家なのだという思いを新たにした。
当日は、覚悟の上にも覚悟して、臨みたいと思う(大汗)。

Trackback ( 0 )



« まいにちフラ... 大阪松竹座 花... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。