転妻よしこ の 道楽日記
舞台パフォーマンス全般をこよなく愛する道楽者の記録です。
ブログ開始時は「転妻」でしたが現在は広島に定住しています。
 



通し狂言 しらぬい譚:1月3日(火)~27日(金)国立劇場
第十九回伝統歌舞伎保存会研修発表会+お楽しみ大喜利:1月22日(日)国立劇場
二月大歌舞伎猿若祭:2月2日(木)~26日(日)歌舞伎座
六本木歌舞伎:2月4日(土)~20日(月)EXシアター六本木
二月花形歌舞伎:2月1日(水)~25日(土)大阪松竹座
広島交響楽団第367回定期演奏会ケマル・ゲキチ:2月26日(日)広島文化学園HBGホール
文楽広島公演(PDF):3月4日(土)JMSアステールプラザ
三月大歌舞伎:3月3日(金)~27日(月)歌舞伎座
アンドラーシュ・シフ ピアノ・リサイタル:3月23日(木)東京オペラシティ
宝塚歌劇星組THE SCARLET PIMPERNEL:3月10日(金)~4月17日(月)

この中で、やはり最大イベントがあるのは3月か(笑)。
3月23日は娘の大学卒業式で、実は最初あまり行く気がなかったのだが(殴)
同日夜にシフが東京で弾くと知って、私は俄然、やる気になった。
前日に東京に行き、まず歌舞伎座の夜の部を観て、
23日の朝は娘の袴姿を大学で撮影し、すぐ歌舞伎座に行って昼の部を観て、
夜は東京オペラシティに行こう、と私は予定を立て、チケットとホテルを手配した。
職場には、「娘の卒業式なんです~(^^)」と言って、
22日と23日には私の仕事を入れないようにと、前もって頼んでおかなくては。
できれば24日の仕事も、夕方くらいからにして貰えれば助かるな。
……こうなったら、娘には絶対に卒業して貰わないと困る(爆)。

その後は、4月のこんぴら歌舞伎をどうするか検討中であるのと、
あとは、五月大歌舞伎團菊祭が上半期の最大眼目になるだろうと予想している。
なにしろ今年の團菊祭では、彦三郎一家の三代襲名があるし、
しのぶちゃんの長男マホロン(眞秀くん)の初お目見得もあるのだ。
上の記事内容により、『魚屋宗五郎』でマホロンが丁稚役をやることがわかったが、
さて宗五郎は菊五郎が務めるのだろうか、それともいよいよ菊之助が歌舞伎座で……?
彦三郎一家のお披露目がどうなるか、特に倅マン(侑汰くん)は何を演じるのだろうか。
更に、團菊祭なのだからもうひとつの柱は成田屋なわけで、海老蔵が何を出すかも注目だ。
また、みちこ(北翔海莉)さんの舞台『THE PAJAMA GMAE』も既に決まっているので、
9~10月の日本青年館または10月シアタードラマシティのどちらかでは必ず観たいと思っている。
私はこの作品自体は知らないが、ドリス・デイが主演したものなら、
歌を聴かせられるみちこさんには、きっと似合うことだろう。

**************

そういえば今年から、ラ・フォル・ジュルネ金沢が中止になり
かわりに地元金沢独自の、風と緑の楽都音楽祭2017が開催されることになった。
目玉は、ベートーヴェンの交響曲・ピアノ協奏曲・ピアノソナタの全曲演奏となっており、
私自身は、こういうコンプリート系の企画についてはどうも通常、
「揃える」ことに力点が置かれ、一曲一曲の完成度には濃淡が生じる、
という気がして積極的には聴かないのだが、
一方で、私はベートーヴェンには好きな曲が結構多いのと、
予定されている演奏者には贔屓のピアニストも入っているのとで、
今回のはそれなりに心惹かれる部分もある。
チケット発売は2月だし、連休をこれに費やすかどうかの決定は、
とりあえず今のところ保留している。

「風と緑の楽都音楽祭」 ラ・フォル・ジュルネ→独自開催(中日新聞2017年1月13日)
『ラ・フォル・ジュルネは音楽事務所「KAJIMOTO」(東京)が東京、金沢など四都市で企画してきたが、金沢については地元音楽家や邦楽などを加えた独自の企画も盛り込んでいた実行委と意見の食い違いが毎年続き、昨年十二月にKAJIMOTO側が撤退を表明。今年から金沢では独自開催することになっていた。』『前田(利祐)会長は「一年目なのでメンツにかけても成功させなくてはならない」と強調。音楽祭でチーフアドバイザーを務める作曲家池辺晋一郎さんは「ラ・フォル・ジュルネがなくなっても、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)によって音楽が根付いていることをより強く発信する機会になる」と述べた。』『「ベートーベンがやってきた!」をテーマに、OEKやベルリン・カンマーシンフォニー(ドイツ)など内外のオーケストラ、指揮者、ソリストらが出演。ベートーベンの交響曲、ピアノ協奏曲、ピアノ・ソナタを全曲演奏する。「第九」では合唱団を北陸三県から募る。』

Trackback ( 0 )




広島33年ぶり、19センチ積雪 原爆ドームも雪景色(朝日新聞)
『広島県では強い冬型の気圧配置の影響で、14日から15日にかけて大雪となった。広島地方気象台によると、広島市中区で19センチの積雪が観測された。19センチ以上の積雪は1984年1月以来、33年ぶりという。原爆ドーム周辺もすっぽり雪に覆われた。』

今、私は一人暮らしを満喫している。
主人が昨日から二泊三日で東京へ出張しているからだ。
昨夜、会社から帰るとき既に、小雪がちらついていたので、
私は途中でコンビニに寄り、グラタンとお好み焼きを仕入れた。
主人の留守中、私は台所に立たないことに決めていた。
天気予報によればかなり冷え込むということだったし、
きっと積雪で、外出など難しい天気になるのだろうから、
それならもう、私はこの二日間どこへも出ず、
テッテー的にダメ人間を決め込もうと決意していたのだ。

目覚ましをかけず、寝坊して起きたら、
今朝は静かに雪が降り積もっており、更に空から、
粉雪がさらさらと舞い降り続け、あたりは真っ白になっていた。
私はフォトンでパソコン部屋を暖房しておいて、
パンを焼き、熱いコーヒーを淹れて、
それらを持って、おもむろに画面の前に陣取り、
ネットサーフィンをしつつ自堕落な朝食をとった。
どこへも行かなくて良い!誰も来ない!最高だった。
その後、歯を磨いてから、また温かい布団にもぐった。
就寝→起床→また就寝(笑)。
そのまま午後3時まで再度、寝た。

夕方前に、改めて起き出して、今度は紅茶を淹れ、
なんだか二度目の「朝」をやっている気分で、
昨日買っておいたコンビニのグラタンを温めて食べ、
読書をして、気づいたら無言・無音のまま、現在夜8時になっていた。
朝から自分ひとりで自分のためだけに時間を使い、夜になったのだ。
なんと穏やかな、心の和む休日だったことだろうか!
LINEによると、今夜、主人は娘と待ち合わせて、
晩ご飯を一緒に食べているそうだ。
主人「デブ活中」、娘「美味しゅうございますわ」。
2人は今、幸せだ。素晴らしい。Bon appetit!

Trackback ( 0 )




本日の私は、完全な休日だ。
朝から紅茶を飲んで、ゆっくり・まったりしている。
ああ天国だ。
次の村の行事は節分か(^_^;?
どのみち親の家には普通にいつでも顔を出さないといけないわけだが、
とりあえず今日は行かない。
何もしない日が、ちとは定期的にないと、心身ともにキレるよ(^_^;。

************

東京在住のお友達の今朝の投稿に、「きょうは鏡開き」という記述があり、
私にはそのような感覚が全くなかったため、不意を突かれた(^_^;。
うちの村では、先日9日の「とんど」のときに鏡餅も焼いてしまったので、
とっくに終わった話だったし、そもそも1月11日が「鏡開き」だということは、
私の記憶の中には昔から無く、どうしたことだと我ながら不思議だった。

検索してみたところ、『「鏡開き」は東京その他では一般に1月11日だが、
西日本では1月15日にする地域も多い』とわかった。
それで合点がいった。
私が子供の頃は、「とんど」と「鏡開き」は毎年1月15日の行事で、
それが、ハッピーマンデー制度で「成人の日」が動くようになって以来、
何日であろうと「成人の日」に合わせて行われるようになったのだ。
つまり、「小正月である」より「みんなが祝日で家にいる」ことのほうを
うちの村では重視していたという……(^_^;。

ちなみに、うちの地元の「とんど」は、基本的に町内会行事だ。
竹は某家の裏の竹藪から、村人が総出で切ってきて神社の下の駐車場で組み、
内部には、神社から出されたお正月の飾りや古いお札を積み上げておいて、
火と藁を、宮司さんから貰う。
手燭というのか何か、名称が私にはわからないが、
歌舞伎で腰元が手に持っている灯りのような道具を使い、
神社の御殿で蝋燭の火を貰って来て、
神輿庫の地下に保管されている、注連縄用の藁の余りを焚き付けにして、
最初の点火が行われる。
この行事は、それなりの規模で火を使うので、
予め幹事さんが消防署に届け出をして、
決められた数のバケツの水も用意しておかなくてはならない。

火が上がったら、各自が持ち寄った注連飾りや門松、去年のお札・お守り、
お正月に子供達が書いた書き初めを燃やして行く。
書き初めが空に舞い上がれば「字が巧くなる」と言われている。
燃えている間は、幾度もパンパン!と竹の割れる音が天高く響き渡り、
巨大キャンプファイヤーさながらの有様になる。
しばらくすると、柱のようになっている竹の部分が燃えて黒くなるので、
全体を崩して、大きな焚き火にする。

鏡餅は、よほど大きいもの以外は割らずに、
丸いまま、太い竹の間に挟んで焼くことになっている。
外側は黒コゲになるが、火が強いせいか結構、柔らかく焼けて美味しい。
昔は焼いた餅をそのまま指で割いて分け合い、特に小さい子に食べさせて、
「食べれば風邪をひかなくなる」「オネショをしなくなる」
などと、言ったものだった。
今は、この餅はその場で、皆で「ぜんざい」にして食べる。
(追記:「ぜんざい」「お汁粉」は関東と関西で違うものを意味している
ということをさきほど知った(汗)。
私がここで言っているのは関西の「ぜんざい」だ。
すなわち、「汁気があり小豆のつぶつぶが見えるもの」を言う。
もしうちの近辺で「お汁粉」と言ったら小豆の粒が無いことになる(汗)。)
「とんど」は神事の意味合いは薄いが、「直会(なおらい)」的なものではあり、
参加者は皆、ビールで乾杯して、餅を食べ、
そのまま延々薄暗くなる頃まで、火のまわりに立って・或いは座って喋る。

ひなびた山村で、午後のひととき、昔ながらの行事が行われていて、
心温まる、……といえば、まあそうなのだが、
年によっては雪が積もっていてめちゃくちゃ寒いのと、
何より、こういうときに顔を出していないと、村の中での居心地が大変悪くなる、
というのが最大の欠点だ(爆)。

Trackback ( 0 )




(写真は娘の年賀状イラスト)

あけましておめでとうございます。
……というタイミングすら得られないまま、松の内が終わっていた。
私にとって、12月31日以来、本日、初めての休日が来た。
本来ならきょうは村の「とんど」(=どんど焼き)が予定されていたのだが、
悪天候のため明日に延期されたので、思いがけず休日になったのだ。
有り難かった。あまりにも。
きょうは堰を切ったように、そりゃもう、寝た寝た寝た(^_^;。
年末から正月5日までの実家での労働が、自分比で大変過ぎたうえ、
6日に会社が始まり、7日の昨日も通常勤務だったため、
一度でいい、寝たい!休みたい!!と私は本当に待ち望んでいたのだ。
今年は今に至るも、私には年が改まったという感覚は皆無だ。
12月30日の続きが、ようやく今日、忽然と出現した。
お正月なるものは、私には無かった。

今年89歳と88歳になる両親の老い方は半端なものではないのだが、
二人とも微妙におかしいものの、認知症にはほど遠く、
「こうして欲しい」「こうでなくてはならぬ」
という意思も希望もあるものだから、私は本当に困っている(殴)。
市街地の我が家に近いところの介護付きマンションに入ることを
私は既に幾度も提案したのだが、ふたりとも、
「どちらかが倒れない限りは、このまま自宅で全うしたい」
と強く願っている。
まあ確かに、90歳近くなって住居を変えるのは大変過ぎる、
と私にも理解できないわけではないが……。
更に、父などは、家の裏の竹藪に埋葬されたいとさえ言っている。
あの田舎で生まれ育ったのだから、土地に愛着があるのはわかるが、
なんぼなんでも、そりゃできるワケないだろう(^_^;、
ご近所もあるのに、住宅の敷地内に墓を建てるなんて。

しかし、一方が老いれば一方には成長があるもので、
今回、私は帰省中だった娘に本当に助けて貰った。
私が実家に通い倒して家のことを放置していた間、
言わなくても、娘が自宅のほうの炊事洗濯すべてやってくれた。
主人もよく手伝ってくれて、父娘の連携は素晴らしかった(T_T)。
家に帰れば洗濯物が出来上がって畳んであり、
暖かい晩ご飯が並んでいるという幸福を、私は満喫させて貰った。
風呂掃除もしてあり、切らしていたボディソープまで補充されていた。
更に、娘は自分が友人たちと飲み会で夕方から外出する日でも、
ちゃんと家の夕飯の支度を済ませてから出かけるという、
道楽主婦のような(爆)用意周到さで行動してくれた。
ありがとう、ありがとうございました<(_ _)>。
……強いて言えば部屋の掃除だけは全然してなかったが(爆爆)、
そこは私が自ら手を下すことについて、最も苦痛でない分野なので、
仕事が残されていても何も問題はなかった。
私は1月4日からは、朝、少しは気分的にも余裕ができたので、
最低限の掃除をしてから家を出て実家に向かうことが可能になった。

まことに、今年のお正月は象徴的だったと思う。
実家両親が老い、私はその世話と、
実家跡継ぎとしての地域との関わりに明け暮れ、
一方で娘が自立し、主人が理解を示し援助してくれる、
という今の我が家の縮図が、大晦日から1月5日までの間にあった。
私は、深く深く感謝せねばならないと思っている。
思いやりある家族を得たことにも、
介護が要る年齢まで、両親が揃って長生きしてくれていることにも。
そして、この年末年始の様々をやり遂げる心身の力が、
まがりなりにも自分にあった、ということにも。

ホントに、そりゃもう、よーわかっているのですよ(^_^;。
心底、シンドかったですけどね(爆)。

Trackback ( 0 )




我が家の正月の支度は全部終わった、…筈だ(汗)。
私は今夜から自分だけ実家に行くので、
主人と娘のために、とりあえず鮭の香味付けとカレー(笑)を仕込んでおいた。
あとはお米をといで仕掛けて、サラダを用意すれば、晩の用意も完了だ。
午後からは、できればまず仮眠して、夜には実家方面に出発する予定だ。
今晩から私は、実家と村の神社での労働に従事する。
寝正月を決め込んでいた去年が、懐かしい(涙)。
しかしこれも家族がいて、自分が働けるだけの体を持っているお蔭なのだからと、
感謝しなくてはならない。

今年は、特に夏以降はあまりにも忙しくて気が変になりそうだったが、
仕事では一定の成果を上げることができたと思うし、
娘の就職も決まったし、決して不足を言うような年ではなかった。
また前も書いたように、カープが優勝するという夢のような出来事があったし、
道楽面でも、音羽屋の旦那さん(菊五郎)の勘平や、松緑の光秀など、
素晴らしい舞台に巡り会うことができた。
何より、年末のポゴレリチは素晴らしかった。
彼のラフマニノフの2番の協奏曲は、おそらく同曲の、私の究極版となるだろう。
総じて、実り多い一年だったと、言うことができると思う。
お世話になりました皆様、本当にありがとうございました<(_ _)>。
来年もまた、どうぞよろしくお願い致します。

皆様、良いお年を。

Trackback ( 0 )



« 前ページ