転妻よしこ の 道楽日記
舞台パフォーマンス全般をこよなく愛する道楽者の記録です。
ブログ開始時は「転妻」でしたが現在は広島に定住しています。
 



来月はアンドラーシュ・シフのリサイタルに行く予定なのだが、
先日、招聘元のKAJIMOTOから、当日の演奏曲順変更と休憩無しのお知らせ、
というものが発表された(汗)。

■サー・アンドラーシュ・シフ 3/23演奏曲順変更、および休憩なしのお知らせ
『3/21(火)と3/23(木)に東京オペラシティ コンサートホールで行われます、アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル「The Last Sonatas」につきまして、既に3月21日(火)の公演は、演奏者本人の強い希望により休憩がない旨、チラシや情報誌等でご案内しておりましたが、3月23日(木)の公演もまた、本人の強い希望により演奏曲順を変更し、また、休憩をとらずに公演を行うこととなりました。』

モーツァルト、シューベルト、ハイドン、ベートーヴェンの、
それぞれの最晩年のピアノ・ソナタを演奏するというプログラムで、
どのように弾くかにもよるが、四曲続けるなら、
およそ全体で1時間40~50分くらいになるだろうか?

長大なソナタもあり、聴くには心構えが要りそうな話ではあるが、
休憩なしの演奏会は、私は決して嫌いではない。
私はだいたい、浸っている最中に中断が入るのはイヤで、
日本人演奏家に時々ある、曲の間のトークなども、
内容によるが元来は好きではない。
聴くとなったらひたすら音→響き→音楽、というのが私の望む世界だ。
ひとつひとつの打鍵と効果を考え抜いて弾くシフが、
休憩なしで四曲に没入するというのなら、
間違いなくこれは、極めて高密度な演奏会になるだろう。

聴き手としては、途中で出入りできないのだから、万事早めの行動を心掛け、
開演前に水分を取り過ぎないよう気をつける、ということかな、
と私は内心の汗をぬぐいつつ思っていた。
シフがそこまでの決意で弾くというなら、こちらも聴く側なりに、
万全の態勢を整えて当日の四曲にすべてを賭けなくては、と。
ところが昨日、友人某氏にこの話をしたら、
「そのあとアンコールが長いかもしれないということを忘れてはいけない」
と恐ろしい指摘をされ、自分がまだまだ甘かったことを悟った。
そうだった……、シフはアンコールでいきなり、
ベートーヴェンの30番のソナタを全楽章弾いたりするヒトだった(大汗)。

ポゴレリチの言ではないが、聴き手だって一応は能動的に聴いているので、
曲によって、どこまで・どういうふうに聴くつもりか、という前提がある。
本プロがソナタ四曲で、何かアンコールがつくのは想定の範囲としても、
それが例えば単一楽章だけで完結するのか、全楽章聴かされるのかでは、
こちらの聴き方だって出だしから違うのだよ(汗)。
困るんだよな、アンコールでゴルトベルクのアリアが始まったりすると、
これで終わるのか?第何変奏まで行くのか?もしや全部!?
とそっちのほうが気になって、せっかくの演奏に集中できないから。

シフはナイト(Sir)の称号を持つ、英国社会で尊重される存在であり、
極めて学究的な演奏家として、その業績は国際的に高く評価されている。
私自身、かねてより彼のCDを愛聴しており、
装飾音のひとつまでその都度、厳密に追求するような演奏を敬愛して来た。
某P氏のように「何するかわからん」存在だと思ったことはない、
…………いや、なかった。
しかし今回の「お知らせ」の件で私は、やはりシフもまた、
独自の世界に生きている芸術家なのだという思いを新たにした。
当日は、覚悟の上にも覚悟して、臨みたいと思う(大汗)。

Trackback ( 0 )




ようやく朝のラジオ学習を復活させることができるようになり、
今月からフランス語講座に復帰した。
それと昔を懐かしみつつ、少しロシア語も試してみることに。
なんと言っても節分があったのだ、仕切り直しにはぴったりだ。
旧暦では立春からが新しい一年なのだから。

大木充先生のフランス語初級編は2015年前期の再放送なので、
当時でも私はまがりなりにもテキストを買い、学習していた筈なのだが、
今となっては、もう細かいことは覚えていなかった。
久しぶりに聴いてみると、思っていたより文法寄りの解説部分が多くて、
案外、性に合うことがわかった。
以前、大木講座との出会いになった「入門編」とは異なり、
今放送されているのは「初級編」という位置づけなので
サブタイトルが『文法より実戦練習2』となってはいても、
それなりに、理詰めでやる箇所が増えているということだろうと思った。

芳野まい先生の応用編は今季の新作だそうだが、
これまた今の私にはぴったりで、やりやすいと感じた。
本文が、日頃の音読練習→暗唱に気軽に取り組める程度の短さで、
テキストの印刷も大きめの字で組まれているし、
語彙や文法項目の解説の量・内容ともにほど良く、
On pratique(練習)も語彙・書き取り・内容正誤問題と
コンパクトにまとめられている。

あまりに御無沙汰していたので、ラジオ講座自体が自分には新鮮で、
何を見ても嬉しく気に入っている、ということかもしれないが(^_^;
初級編・応用編ともに、自分のフランス語をブラッシュアップするために、
ほど良い講座だと感じることができ、ありがたく思っている。
とりあえず3月まで頑張らなくては。

一方、ロシア語はまったくの懐かしさから、遊び半分で買ってみたのだが、
やれば思い出すことも多く、
「ここは完了体」「前置詞cのあとは造格」
などと自然に蘇って来るのは、大学で2年間お世話になった、
故・佐藤恭子先生の御仕込みのお蔭であると、しみじみ感じた。
「まずは貴女たち、発音の稽古しなくちゃならないでしょ」
などと佐藤先生がイイ声で仰ったことを、今朝もふと思い出したりした。
稽古、……演劇人らしい言葉の使い方をなさってたんだなぁ(涙)。

もうひとつ、ロシア語を聴けば聴くほど、
これはポゴレリチがよくやる発音だな、と感じる箇所が多く、興味深く思った。
私は実際には彼のロシア語を聴いたことは数えるほどしかないのだが、
ポゴレリチの言語音はロシア語が基本になっていて、
英語を話すときでも、彼は母音も子音もロシア語のものを使っている、
ということが、こうしてロシア語のネイティブの発音を聞いていると
あちこちで確認できるのだ(^_^;。
それならいっそ、彼の英語は、キリル文字で記録すると感じが出るのでは、
と考え、我ながら、その思いつきが気に入った
(↑お前の英語はカタカナで書いといたらちょうどええわ、
と言われて私は嬉しいだろうかと考えると、まあ、アレだが……(逃))。
それにしても、『まいにちロシア語』を聴いてポゴレリチの英語を連想するとは、
病膏肓に入るたぁ俺がことだぁ、…と思わずにいられない(汗)。

ロシア語を続けられるかどうかは、内容よりも私の生活時間帯による。
今は、主人の出勤が7時半なので、そこでラジオをつけてフランス語を聴き、
終わるとひとあたり家事をし、英会話タイムトライアルなどを小耳に挟み、
8時40分からラジオ体操をやり(笑)、50分から着席してロシア語、
というのが、私にとって具合の良い流れなのだが、これが少しでも変わると、
フランス語からロシア語までの時間が空いているだけに、
ロシア語のほうを忘れるのではないか、という懸念は、ある。
……私の、というより「主人の」生活時間帯次第か(^_^;。

Trackback ( 0 )




海老蔵×しのぶちゃんによる六本木歌舞伎『座頭市』。
海老蔵がとにかくカッコ良くて、
立ち姿が綺麗だわ殺陣はキまるは男前だわで参った(笑)。
しかも懐が深く温かくてチャーミングで。
…座頭市にチャーミングはおかしいと思われるかもしれないが、
まああまり書くとネタバレになるしな(笑)。

生きるか死ぬかの局面で、薄霧花魁の本名を聞いた座頭市が
「……『トメ』だったんですか(笑)!」
とウケるところの呼吸が、私は一番ツボにハマったねww
緊迫した場面や花魁の哀しい生き様と、座頭市の笑いの間にある乖離の具合が
たまらなく面白くて、あれができるのは今の海老蔵ならではだと思った。

しのぶちゃんは生き生きと本当に楽しそうに輝いていた。
音羽屋!と大向こうさんの声がかかっていた。
しのぶちゃんが男だったなら、今頃、歌舞伎座で
当たり前のように手に入れていたはずの世界だった。
花魁道中、早替わり、見得を切っての大台詞、
…束の間の音羽屋しのぶちゃんを見せてもらった。



Trackback ( 0 )




そういえば今日は、あらしちゃん(松緑)の誕生日だった。
おめでとうございます!

実に良い頼朝を見せてもらった。
「実ハ」「実ハ」と登場人物たちの正体が明らかになって行く芝居なのだが、
好色な正木幸左衛門だった男が、源頼朝としての顔を見せる様は目の覚めるようで、
最後に平家討伐の旗揚げをすると、それが更にもう一段階スケールが大きくなって、
まさに胸のすく舞台姿だった。

私がここ数年、大変に歌舞伎鑑賞に力を入れるようになったのは、
間違いなく、松緑が役者として成長し、魅力を増したのが理由だ。
彼がこれほど良い役者になっていなかったら、
私は歌舞伎のために毎月東京に行くことまでは、していなかったと思う。


そのあとの『四千両』では、『隅の隠居』の亨さん(辰之助)を思い出したよ…。
あらしちゃんは、もう亨さんの年齢を追い越してしまったねぇ。

Trackback ( 0 )




始発で広島を発って、歌舞伎座で昼夜通し(笑)。
いや~、楽しかったね♪
文字どおり、笑いあり涙あり…。

…でもさすがに一日八時間以上歌舞伎座にいたので
昼の四千両の三幕の途中と、夜の絵本太功記で
ちょっと寝ました(逃)。

(できれば後日ちゃんと書きたい。嗚呼)




Trackback ( 0 )



« 前ページ