尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

足裏痛|ご紹介で大阪から

2017-10-12 07:00:00 | 膝痛整体編
まだ二十歳すぎの女性の方。大阪在住なんですが、お仕事にいった富田林の会社に僕がよくしてもらってる人がおられまして。
そこからのご紹介でわざわざ来てくれました。
行ったばっかりに休日に武庫之荘まで来させられて~と冗談半分で同情しつつ(苦笑)

歩き仕事、走るときもある、からか、寝起きに足の裏が痛くって、と。一歩目を床についたときに痛くてぐらっとするくらいの、けっこうキツイ症状みたいです。
このケースではご来店時には痛くないパターンなので他にも聞いていきますと。

右脚が棒のように感じるときがある、膝が曲がってないんじゃないかと。
足の小指側が痛い。
片足立ちだと、右脚で立つとグラグラする。
しゃがむと左の膝に痛みが走るときがある。

ぜんぶ、足の症状^^;


いま、ここにある症状を取りつつ、翌朝のことも考えての施術させていただきました^^

最初はできなかった右脚での片脚立ちもきれいに止まっていられるようになりましたよ♪
立ったときも、「前は意識しないと小指に体重が来てて、、、常に内側にくるように意識してたのに・・今は普通にしてて内側に重心がきてます」って喜んでくださいました(^^)

明日の朝もいい調子だといいなあ♪

今日もありがとう。

かいつう館の口コミもございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膝痛で遠くから・・・

2017-10-08 07:00:00 | 膝痛整体編
お盆の時期に帰省していて、そこで正座・・・・じゃなくて横座りをしてから膝が痛くなったんだそう。
お話を聞いたときには、ほっといたらなおるような膝痛にも思えたんですが。
一か月以上経っても痛いまま、とのことでした。

曲げることも痛い、立ってるだけでも膝に違和感がある。
階段を降りるときも痛い。
正座ができない。

正座に近いところまではできるけど、体重をのせきることができない。

膝痛の方で「曲げるのが痛い」人や「正座をするのが痛い」人は多いのですが、どっちもか~と僕もちょっと不安になったのですが。

なんとかなったみたいです(^^)



「1ヶ月半前から膝が痛み、正座も出来なかったのですが、楽に正座が出来るようになりました♪
それに階段を下りる時にも軽い痛みがあったのに、それも消え、何より歩く足が軽やかでサクサク歩けます!!
すっごく嬉しいです。ありがとうございました^ ^」

とのこと。

今日もありがとう。

膝痛もネット予約が可能です^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛|東京からご紹介で

2017-09-22 07:00:00 | 膝痛整体編
仕事で一週間ほど三木市で働くことになったお客様が。
東京にいるときにかかってる先生からかいつう館を薦められて、、、と来てくださいました。
仕事終わってすぐに電車で武庫之荘まで、、、ほんとにありがたいです。

すごい腰痛になることもあるそうです。
今回は、痛みは若干あるものの、メンテしとかないと大変なことになりそうで、とおっしゃってました。

東京の先生と似たようなことができたらいいのですが、自分なりに精いっぱいさせていただきました。

実は、はるか昔に僕が東京に整体セミナーにいったときに受講してくださった先生なんです^^
覚えてくださっていてありがたいです!!

腰痛もとれて、最後にアドバイスをさせていただくと

「なるほど、、、納得です、、、なるほどなるほど」とすべてに頷いてくださいました。

東京に帰るまえにもう一回、と二回目のご予約も入れていってくださいました^^
ありがとうございます!
また全力で施術させていただきますねっ。


今日もありがとう。

ネット予約もできますよ~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膝が締め付けられる感じ・17歳

2017-09-08 07:00:00 | 膝痛整体編
フェイスブックのメッセンジャーから、お母様から息子さんのご予約をいただきました^^

息子さんがおっしゃるには「膝が締め付けられる感じがする」とのことでした。


実際にいろいろ確認していくと、
「立っていると膝が締め付けられる」ことがわかりました。

試しに座ってもらうと
「締め付け感がなくなります」。「仰向けで寝てるときも感じない」。

もういっこ、立ったままで膝をあげてきてもらうと締め付け感は少しあるとのこと。

これで、立つこと と 膝の締め付け がリンクしてることがわかりました。
もう少し詳しく書くと
脚に力が入ると膝が締め付けられる、ということです。

なので、立つときに力が入るところを徹底的にほぐしていくと、最後にはそれだけで膝の締め付け感が無くなりましたよ^^

なにはともあれ、僕もほっとしました(^^)


今日もありがとう。

かいつう館の口コミもご覧ください♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立ちっぱなしの腰痛・首痛

2017-09-04 07:00:00 | 膝痛整体編
立ちっぱなしだという薬剤師さんがお仕事帰りにご来店くださいました。
腰痛は立ちっぱなしのときに感じるのと、骨盤を立てるような、腰に力をくいっと入れるようなときに痛くなる。
ヨガのポーズで足を絡めて膝を倒すときに痛みがでる。

首は斜め下をむく時にピーンとした痛みがでる。


仰向けでお腹を念入りに。。。と思ったらなんかしてるんかな?と思うくらいの腹筋群。
ヨガをされているのはお聞きしてたんですが、、、
何回か確認してみると、昔、水泳を、って。それでかな。
今までにさわったことのないしっかりとした腹筋の手応えでした^^;


痛みがあるかどうか、減ったかどうか、何度も繰り返し確認しながら施術をさせていただきました。
時間がかかったぶん、
腹筋と背筋のこと、痛いときにはどうするのが良いのか、骨盤は歪むのか
そんなお話もたっぷりと(^^)

座ってもらってからは首も。
これもちょっと時間がかかりましたが喜んでもらえるところまでになりました。

最後に、「痛くなくても来てもいいんですか?」とおっしゃっていただけたので、僕なりの考えを。

僕なりの考えというか、僕ならこうするので、人にも強制したくないんですよね、みたいなこと(苦笑)
こんなことを言ってるからなかなか通ってくれないんだな(笑)


今日もありがとう。

口コミはコチラからご覧いただけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学友のギックリ腰

2017-07-27 07:00:00 | 膝痛整体編
ギックリ腰になってもうた~」と学友がFacebookからメッセージをくれました^^;
もうずっと何十年も会ってなかったんですが、フェイスブックでつながったをキッカケに。
でも職場が茨木なので、そうそう、会うこともなく。

そしたらお客様として来てくれることに。
良かったのかどうなのか、ですが(^^;



ギックリ腰なのに、来れるのかなと心配してメッセージも送ったんですが。





来てくれてから聞くと

歩きだしたらなんとかなる。

座ってしばらくすると、立てなくなる。
 
立ってもすぐには動けない。

歩いてるとだんだんと動けるようになる。



と言ってました。

 

腰痛やギックリ腰の原因って

骨盤が歪んでるとか仙腸関節がズレてるとか腰椎の間が狭いとか。腰椎の捻挫とか腰の筋肉の捻挫とか。
いろろ言われてるんですけど。。。。

 

歩いたら楽になるのが問題だと僕なんかは思うんです。

ズレてたら歩けば痛そうですよね。

立てないくらい痛みがでる骨盤の歪みだったら、歩くともっと痛そうじゃないですか。



だから、、、違うんだな、って。



痛いほうに目を向けてると、そりゃ悪いとこが見えてきます。
けど、それじゃ説明つかないことがある。


「そうか、歩くと楽になる理由」を考えたら良いんだな、って気がついたんです。


というわけで、お腹とか(笑)
友達も「おわ~楽になっとるわ」って言いながら茨木まで戻っていきました^^
仕事中だったんですね^^;

痛いのに遠くから来てくれてありがとう。嬉しかったデス!



今日もありがとう。





かいつう館の口コミもご覧ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膝痛における「希望」|武庫之荘の整体院より

2017-07-18 07:00:00 | 膝痛整体編
膝痛の人が来られたときに、まずどういうときに痛いのか、痛くないのかをしっかりヒアリングさせていただいています。
そしてまず、考えるのは。

なんでこの人に【痛くないとき】が存在するんだろう・・・

なんです(笑)

膝痛の人の話をお聞きしていると病院でけっこうなことを言われてることがあるんですがそれでも痛くないときがあったりするんですね。

過去にはこういうことがありました。
 

腰痛とプラスでもうずっと昔から変形性膝関節症による膝痛があり、階段の昇り降りができない、一生付き合うしかないと言われあきらめてはいるが・・・筋肉もつけろと言われながら続けられず・・・という話がでてきました。
注射もしたし、こんな治療も受けたけど、って。
しゃがめないので、下のものを拾うときは膝を伸ばしたまま、いわゆる立位で前屈して、手が床に届くのでそうやって取っていたそうです。

  
ただ、歩くときはなんともないんだそうですよ。
腰痛できてくださっていたのでいつものごとくお腹を徹底的に施術させていただいたら、なんとしゃがむことができるようになっていました。
今度は座った状態からですが、膝も施術をさせていただくことにしました。
そのときの会話を、簡単に再現してみます(^^)
 
今、楽にしゃがめたでしょ?戻るかどうかわからないけど、今は楽にしゃがめますよね?じゃあ、今だけ、「変形したものが正常に戻ってる」んだと思います?
 
さらに施術して・・・
今、さっきよりも痛くなくしゃがめましたよね?この5分、10分くらいで筋肉量が増えたと思います?筋肉をつけなくても、今はしゃがめましたよね?
 
もうちょっと施術して・・・
この辺(膝の内側の上のほう)痛いですよね?ここって膝から距離がありますよね?今度は膝の骨の周りを押しますよ?ここは?ここは?こっちは?・・・変形しているはずの直近のどこを押しても痛くないですよね?でもしゃがめないくらい、膝が痛いんですよね?いったい、どこが痛いんでしょうね?
 
こういう話を笑ってもらいながらしていきます。
帰りのときには寝るときもしてる、というサポーターを外していかれました。もちろん、不安だったらしといてね、と言いましたが。
 
うちのやり方は、「なにをしたら痛くてなにをしたら痛くないのか」を追求していくので、変形しているかどうか、軟骨が減ってるかどうか、筋肉がないかどうか、に焦点をそもそも当てていません。
その代わり「痛くないとき」にもちゃんとフォーカスしています。ここがもしかしたら珍しい特徴かな、って最近は思うんです。
 
痛い場所がある、そこを正すことで痛くない状態にしていく、というよりも

【痛くないときがある、そこを突破口にして、痛くない状態にしうる可能性を探していく】
このときは歩いているときはなんともない、という点を突破口にします。
なぜ、一生付き合うしかない膝痛が歩くときは痛くなくて済んでいるのか?
そっちも考えるんです。お客さんにも考えてもらったりもします。
 
痛いにフォーカスすると、
変形してる→だから痛いし、一生付き合うしかない。
たしかに、こうなってしまうんです。

けど・・・

けど・・・
 

痛くないときにフォーカスすると
歩くときは痛くない→変形してるのに痛くない→変形は関係ないのでは?
と疑問をもつことができます。
あれっ?てなるんです。
 
良くなってきたときは「なんで良くなるんでしょうね?一生、治らないんですよね?」って話かけたりもします。
そうするとことで、お客様は希望をもたれます。
 
「確かに痛くないときがあるな・・・膝の関節がおかしくて一生付き合うしかない、って言われてるのに、なんで痛くないときがあるんだろう」って自分でも疑問に思ってくださいます。
これは、痛いときと「痛くないとき」の両方をヒントにしていくからこういう会話ができるというのもあるかと思います^^
 
動作分析整体法は、「考える整体」を謳っていますが、こうやってお客様にも一緒に考えてもらうこともあります(^^)
 
痛い、悪い、もう手遅れ、という発想から、
痛くないときがあることに着目していくと、常識がガラッと変わることがある。
なんにしても諦めていた人に希望をもってもらえたらこんなに嬉しいことはありませんよね♪

悪い「予言」をするのではなく、なぜ痛くないのかという希望のほうを追いかけて行きたいな。

今日もありがとう。


かいつう館の口コミもご覧ください^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横向きで寝る腰痛

2017-05-06 07:00:00 | 膝痛整体編
歩くのも座ってるのもとにかく腰が痛いというお客様でした。
そういう方は仰向けで両膝を立ててもらうのですが、それも痛くて長時間はムリ、と(汗)

昨日の夜はどうやって寝はったんですか?と質問すると横向きで寝ました、と。

それなら楽なんだということで
横向きでずっと施術をさせていただきました。

痛くない姿勢がある、ということはその姿勢ならうまく庇えている、ということです。

本当ならその姿勢でなるべく休んでいてほしいところ。そういうこともお伝えしました。

横向きでできるところまでやって、横向きのままからそっと起きてもらいました。

立ち上がるときにズキッとはするみたいですが、かなり楽になってるようでした。

今度は座ってもらって、脚や腹部を。

立ちあがるときの痛みはゼロ、、、にはなりませんでしたが、動きも滑らか。

一時間は経っていませんでしたがこれ以上、身体をいじくるのはなんか・・・という予感がしてここで終了しました(^^)


こういうことしたら身体って壊れやすいですよ、なんていうお話と体の休め方をお伝えしてお会計。


その方も、「こうなる前に来ようと思ったんですが・・・」って。
まあ、そういうもんですよね。僕もそうですから(苦笑)


今日もありがとう。

かいつう館でした~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膝痛の新しい見方

2017-04-19 10:33:47 | 膝痛整体編
かいつう館にも膝痛で来られる方はとっても多いです。

階段の昇り降りで膝が痛い、しゃがむときに膝が痛い、立ち上がるときに膝が。
階段を降りるときは横向きで一段ずつ、、、階段を昇る時は手摺りがないと、、、

医療機関や治療院で膝の関節がどう、軟骨が減ってる、体重が年齢が、って言われた方も整体を受けてくださってます。

この場合、なにがポイントかというと、膝の痛くないときがあるかどうか、なんです。

たとえば、「階段を降りる時は膝が痛いけど、昇るときはそうでもない」とか。
     「立ち上がるときは膝が痛いけど、歩きだしてしまうとそうでもない」とか。
     「しゃがむ途中は膝が痛いけど、しゃがんでしまうと痛くない」とか。
 
こういう痛くない時がある方の膝痛は、なんとかなることが多いです^^
なぜなら・・・
 
 
痛くない時も、
軟骨は減ったままだし、体重も同じだし、年齢も同じ。
骨盤が歪んで膝が痛いとしても、痛くないときだって骨盤は歪んだままのはず。

じゃあ、なぜ痛くないのか?

痛くない理由がわかれば・・・・

痛くないようにできる理屈です(^^)

 
膝痛でお困りの方はお気軽にご相談くださ~~い。


かいつう館の口コミもご覧ください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加