尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

子どもの感性

2008-03-31 16:50:48 | 健康 整体
ぁ・・・昨日、コメントしてるうちにブログを更新したつもりになってた(汗)。

そうそう、テニスで?肘を傷めてそれが治ってから肩が痛くなった、という人からとってもステキなお話をお聞きしましたよ。
その方はお子さんがお相手のお仕事をされているのですが。

あるお子さんが、桜の花びらを朝からずっと持っていたんだそうです。遊ぶときもその花びらを手にしたままで。

お昼ごはんのときにその子をみると、もう桜をもっていない。
「どうしたの?」と聞くと
「逃がしてあげた」と答えたんだって。

いいなあ、そういうの(ちなみに、そういう話を聞いた直後には「いま、どうですか?肩は」と聞きます。ラクになってることが多いので。笑)。


------------

ちなみにうちの子は。
近々、温泉にばあばとじいじが連れてってくれるんだけど。
ママが「夜はパパとじいじと温泉に入ってね。朝はママとばあばと一緒に入ろっか」とよんにいうと。
「よんちゃん、オトコだよ!?」とさもびっくりしたように言ったらしい。
あ、でもそのあと。
「じいじとパパも一緒に入れる?」と聞いたのでどこまで「分かっている」のかわかりませんわ(苦笑)。
で、さらにひと言が続きます。
「コドモの女がいたら恥ずかしいよね」だって。コドモの女っていったいなんですか(爆)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

O脚と肩???

2008-03-29 22:10:56 | 健康 整体
昨日の続きになります。いえ、お客さんは別人なんですが、「言いたいこと」ていう意味で。
ある方のO脚矯正をしていたときのこと。
いろいろと施術をしていくと、膝が痛い、と言われました。膝が痛くなったみたいなんです。施術によって(汗)。
で、話を聞いていくと、「昔、(痛い膝とは反対側の)肩を傷めたことがあって、それ以来O脚がひどくなったような気がする」
ということをおっしゃられました。

そこで、昔に傷めた肩のあたりをぐっと僕が掴んで膝の感じをみてもらうと、膝の痛みは・・・消えました。

昨日はわかりやすく、背面は一枚もんだ、ということを書きましたが、背面どころか人間はひとつのシステムなんだ、てことなんです。
膝を使う、って実は全身の連動であって、肩を動かす、って同じく全身を使うことなんです。

O脚のことから離れてみると、膝痛は膝の問題とは限らず、肩痛は肩の異常とは限らない、ということです。
局所的な故障というよりも人体というひとつのシステムの「中」におさまる問題。
これがうちの人体観でありうちの整体哲学の根っこにある部分です。
コメント (7)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

首痛、背中痛、腰痛、でも実は。

2008-03-28 14:31:05 | 健康 整体
みんみんのおもしろいネタ、書きました。楽しんでね。

首痛、背中痛、腰痛といろいろあって。メインは首痛なんですけど、半年くらいかよったあげくに「うちでは治せません」と言われたんだって。

その人も「体、ボロボロで」とか言います。
でも、僕はそう思わないのです。たしかに、首、背中、腰と数えただけでも主だったところが3箇所も悪い。。。でも、違うんです。分けたら三つもあるけど、わけなかったら、ひとつです。

わかりやすく言うと、背中と腰って一枚の「面」上にありますやんか。大きくは「背面」という盤上が痛い、ということでしょ?
首もそことつながっています。つまり、三つもわるいんじゃなく、たったひとつだけ、と見ちゃうんです。

車のワイパーとブレーキとランプが壊れたのと違います。
その人の人体は「ひとつ」。首と腰と背中は分離してません。たったひとつだけ、とはそう、人体のバランスです。
だから、痛い場所が多いからといって、ボロボロだ、ガタガタだ、とは思わなくていいんじゃないか。

そう思っています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ひそかに育ってます

2008-03-25 17:36:00 | 健康 整体
整体の話やらこどもの大変な話が続いたのでー。
ここらでちょっと癒されてくださいね(む、無理か・・・)。
自己主張の強いみんみんです。真っ赤なイチゴがお似合いでしょ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顎関節症その後

2008-03-24 19:55:59 | 健康 整体
昨日のお客様からこんなメールをいただきました。
実はその方は、腰痛、顎関節症、肩こりとあって、「どれがいちばん辛いか」という順に施術をしていったところ、肩こりまで手が回らなかったんです。それで、肩こりのことで連絡させていただいたのですが。こんな返信をいただいたのです。

-------

こんばんわ(*^_^*)直々にメールをいただき恐縮しております。先生のブログにコ
メントを残そうと思っていた矢先でしたので・・・。ところで顎ですが、自分の
中ではかなり驚いています。気になっていた左顎の音がほぼ鳴らなくなったので
す。それと家で鏡みながら何度も確かめたのですがブレずに口が開いてるのです
!本当に良かったです。ありがとうございました。たくさん時間いただきまして
申し訳ない位です。次も是非お願いします。遅い時間に長々とすみませんでした


------

よ、良かったーーーーー。だって、もう20年以上のおついあいでしょ?アゴの違和感って。最後の方までなかなか顕著に改善してくれないから、こっちもドキドキしましたよっ(笑)。これで僕も安心して眠れます(子どもがややこしいので安眠はできませんが。爆)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

顎関節症もさまざまで

2008-03-23 22:47:10 | 健康 整体
顎関節症でちょっと。改善したかどうかはともかく。今回の新たな気づきをピックアップ。

あるお客さんがおっしゃるには、もうずいぶん昔からアゴに違和感があって、とのことで。
実際に口を開け閉めした感じをお聞きすると、「左に違和感がある」ということなんです。

それがなかなか変化しなくて、ですね(汗)。最後のほうで体の右側から施術してみたんです。
そうしたら、アチコチで違和感やブレが軽くなってくるんですね。

実は施術の最中に「アゴが右にぶれてそれから左に・・・」という動きをしていることは何度も言ってくれてたんですね。

あ・・・右側の硬いところにアゴが一度引っ張られるのか、、、ふとそんなことが浮かびました。
うーん、お客さんの言うとこと素直に聞けばよかったんですね。えてして症状にとらわれたり、自分の施術パターンにとらわれたりするもんです。反省。
それにしてもお客さんの一言って、ムダがないものです・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引き続き、肩が痛い

2008-03-22 23:04:22 | 健康 整体
ブログのせいなのか、肩が痛いというお客さんが今日だけで3人こられました。
でも、、、

ある女性は肩をぐるぐる回すと痛い、とおっしゃり、
別の男性は首を回すと肩が痛くなり、
過重労働だ、という人は肘を曲げて動かすと肩に痛みがあらわれる、
んだそうです。

3人中3人が、「違うこと」をしていると「同じ」肩が痛くなるんです。

この方たちに、「同じように」肩や肩に関係のある神経の大元を施術して「同じように」結果がでるのかどうか、ですよね。
肘からくる肩痛、首からくる肩痛では当然、「違う」部位からみていくのが理にかなっているような気がします。

つまり、「どこが痛いか」ではなく、「どこを使うと痛いか」という問いかけが要るのではないか。
勝手には肩は痛くならないんです(苦笑)。だいたいの人は、「なにかをしたら肩が痛い」んです。
肩痛、ではなくなにかの動作の制限を肩で感じるんだというケースがあんがい多いんです。肘の制限を肩で感じるなら肘を施術したらいいですよね。
あ、あんがい多いのかどうかは知りませんが(またええ加減なことを・・・)そういう視点で「痛み」を捉えてみると。
ほらねっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お願いではなく、ゆだねると。

2008-03-21 23:06:19 | 健康 整体
その帰ってきた夜。。。
やや熱がひいてきたからか(38度台が普通に思えます)、耳の痛みが激しくなってきた(感じやすくなってきた)ようです。
深夜に目を覚ますと「耳が痛い、耳が痛い」と言っては僕のほうに這ってき、「耳が痛いよ耳が痛いよ」とママのほうに転がっていき。
「耳が痛いー耳が痛いー」とソファに飛び乗ってみたり、壁に背をもたせかけて眠ろうとしてみたり。足をバタバタしてみたり。

こういうときに親がなにもできない、って拷問です。

さて、次の日。また夜がやってきました。よんがまた「耳が痛いよお。耳が痛いぃ」とシクシクしだしました。
たまらずに携帯で遠隔依頼メールをしました。最近よくお世話になってる素敵な女性セラピストさんです。そのおかげで朝まですやすや。
それどころか、目覚めすっきりって顔で起き上がってきました。
ううむ。。。病院でも小児科ではもう通院はしなくていい、と言われるし(耳鼻科はまだもう一回)。
すごいなあ、、、。遠隔もよんも。

というわけで、体力が戻るまでは(かなり痩せました。首が長く見えます。笑)まだ動き回るほどにはなれませんが、かなりいい感じです。




ここからおまけ。
40度くらいある初期の頃に、お願いした人。この人に、「僕ができること、あればアドバイスを」と相談すると、「心配しないことが一番です。むつかしいけれど」と返信がきました。
実は耳の件で遠隔依頼したあとに、僕も必死になって祈りました。あとになって「心配しないこと」の意味がわかりました。
心配すること、は信用しないこと、につながることなのですね。
耳の件で遠隔依頼したあとは、僕も「安心して」お祈りすることができました。信頼できる人が遠隔してくれている、と思えるだけで心安らかに自分のできることに没頭できたのです。

これはヒーリング、エネルギーワーク、信仰、なんにでもいえると思うのです。
大いなるエネルギー、神の愛、仏の慈悲、が「やってくれている」のだから人間は安心して自分のするべきことをしたらいい。
ここに心配をもちこむことは、それらを「信じていない」ことか、大いなる力ではなく人間の力だけでどうにかしようとしていること。
心配することとヒーリングや宗教は相容れない、てことになります。
(逆じゃないんですよ?神様やヒーラーがなんとかしてくれるから自分はなにもしなくてもいい、じゃなくて。仏さまやセラピストがなんとかしてくれるから、自分は安心してすることをできる、てことです)

ただし、、、親として、夫婦として、友人として心配せずにおれるでしょうか。。。
このために、他人がいるのだと思うのです。
他人なら冷静にヒーリングなりお祈りなり整体なりしてくれます。
別に人類全員がヒーラーになれば、誰の助けも要らないか、ていうとそうじゃないと思うのはこういう理由です。
人間は一人では生きられないし、他人がいることってすばらしいんだなあ、と思えてきます。
セラピストも人のために立つ、ってすごく気持ちがいいんです。
だから、心配してもいいんだ、そう思います。

これからも、みなさん、助けてくださいね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よん、倒れる

2008-03-19 19:14:00 | 健康 整体
数日前に肩痛でこられたお客さんが、「寝起きでまだ痛い。どうせなら治してしまいたい」と間をおかずに来てくださいました。
いろいろやってみて、最後に鎖骨の下のグリグリでスムーズに動くようになったようです。
で、実はそのかたに電話をして無理なお願いをしていました。
「来店時間を早めて欲しい」と。

なぜなら、そのとき、よんが大変なことになっていたからです。
朝からだらだらしてママに怒られていたよん、夜になって急に熱があがりだしました。
37.5度で「もう寝る」といって布団にもぐりこみ、その後、38.5度まで上昇。ママから「夜間休日の病院に連れて行こうか」とメールがあって早く帰るべ、と思っていたからです。
こころよく早めにきてくれたおかげで僕も自宅にかなり早く帰れました。

その夜、僕が寝ようかと布団に入りかけると、よんがとんでもない格好で寝ていたので、彼を移動しようかとしたその瞬間。
痙攣を起こしました。時間は12時半。バアバをよび、みんみんを見ててもらいながら病院へ。

翌日、熱がひいたが耳が痛い、と泣き出したのでかかりつけの個人病院へ。「のどが真っ赤っ赤やね」と。
そうこうしてお金を払っている間に待合室でまたひきつけ。アワワ・・・。
その日も病院から帰るなり、はかったように熱が上がり始めまたまた40度突破。

んで、水曜日。今日ね。
朝から違う病院に行ったら血液検査をしてくれて、「これは飲み薬でどうこうするレベルではありません」とすぐに市民病院にまわるように指示をうける。
「入院されたほうがいいでしょう」とのこと。

そのあしで市民病院にまわり、検査に点滴に、とよくがんばったよんちゃん。ついでにみんみんもずっとおつきあいで頑張りました。

喉の腫れのせいか、毎日40度の熱をだし、この三日間、飲まず食わず(熱があるのに喉が痛いからか、水分をとってくれないんです・・・泣)でありながら、最後は歩いて帰ってきました。
よんの底力やおそるべし、です。
お医者さんも普通ならへばってるところなので入院を勧めるところだが・・・と言いながら通院にしてくれました。
いま、また寝ています。病院での拘束が長くて疲れたのか、みんみんも。ふう。みんなお疲れ様・・・。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

五十肩

2008-03-17 21:03:08 | 健康 整体
肩痛つづきで。
やく一年ぶりだかに五十肩で再来店。
「一年はもたなかったんですけど、、、、」と。一回の施術で一年近くもった、ということでまあヨシとしてください(あは)。

なんでも「今年はかいつう館と脳ドッグに行くことが目標だった」とのことで、これでひとつクリアですね。
「ノルマ達成なら(次回のために)うちの駐車場をお教えする必要はないですか?」と言いながらお別れしました(笑)。
そう思ってくれている人がいるなんて、感激でした。

実はもうひとつ、肩痛ネタがありまして・・・これにはあのよんちゃんが絡んできます。よんちゃんファンの方は必見です(汗)。いや、まさに汗・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加