尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

同業者の方たち

2012-02-29 07:00:00 | 健康 整体
先日、同業の先生が、「腰が痛くて」ときてくださいました。
腰が痛いとお客さんの施術に響くから、とのことで。
よくわかります。

自分の体ではありますが、自分の体が痛いと、うまく自分の体が操れません。したがってお客さんに的確な施術が行えない可能性がでてきます。
この方の「お客さんの・・・」というのが心に沁みました。
本当にお客さん思いの先生なんですよ。

さて、うちでは整体のセミナーもしているんですが、そこに来てくださる先生や先生候補の方は、みなさんとても良い方ばっかりです。
自分の身銭をきって「一か八か(爆)」うちのセミナーに参加してくださってるんですよ。
今でもすでに技術はあるんだけど、もっとお客さんを楽にしてあげたい、という気持ちがお問い合わせのときからひしひしと感じます。そういう気持ちがないと、そもそも参加しませんよね(もちろん、参加しない方はそーゆー気持ちがないんだ、て言ってるわけじゃないですよ。当たり前ですが)。

接骨院を開業できる先生で一度は開業したんだけど、そこでグレーな仕事をさせられそうになり、辞められた方もおられました。
セミナーをしながらお昼ご飯のときなど、いろんな話をして盛り上がるんですが、本当に心根の純粋な人っておられるんです。

そういう方のお店こそ、どんどん流行ってほしいなあ、と思いつつ。

今日もありがとう。

二月もおわりですねえ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

施術は一人一様で

2012-02-28 07:00:00 | 健康 整体
あるお客さんが仕事を抜け出してきてくださいました。あとの予定があるそうで、できる範囲で、となりましたが、ほとんど症状はなくなっていました。
実は、数日前に整体をさせていただいたんです。なので、来られたときに思わず「また痛くなりました?うわあ、ごめんなさい」と言ってしまったのですが、そうではなくて。

お友達に誘われて、その方の知り合いの治療院に行ってきたんだそうです。誘いを断るのもねえ、ということで。
で、まあ、なんというか。「あれ」と「これ」とこんなこと、をされて。「痛い痛い」て言ったらしいんですけど、「我慢してくださいっ」と先生に言われて。
翌日には、また症状がぶり返していたらしいんです(汗)。

問診表に腰痛のことも書いたそうなんですが、まあ、その。

でね、一緒に行ったお友達はなんともなかったんですよ。だからここでされてることが悪いことじゃないんですよね。
ただ、人による可能性がないわけじゃない、ってことなんだと思うんです。

たとえば、背中のコリをみたときに、背中上部に30のコリ、腰あたりに70のコリがあったとしますね。それをまったく同じ力でほぐしたとしたら、もしかしたら、背中上部のコリは0になるかもしれない。でも、そのとき、腰のコリが40になってる可能性がありますよね。とすると、腰「だけ」のコリが40残ってる、ということは全体からの割合でみたら腰が100パ-セント悪い、てことになって、体のバランスが一気に崩れる可能性がない、とは言えないんですよ。

これは単純化しすぎですけども。

もっと重要なのは、仮に腰痛をとらえてみても、人によるんです。
具体的に書くと、
前に曲げたら痛い人と、後ろにそったら痛い人とがいて。
まったく同じ施術内容だったら、おかしいですよね?
で、前に曲げたときに効果を発揮する治療法だったらそれと同じことを後ろにそったときに痛い人に適用したら、おかしくなっちゃいますよね?

つまり、腰が痛い人に対して、施術内容が同じ、ということはなんかおかしいんじゃないか、と僕なんかは思うわけです。
体を前に曲げたら腰が痛い人に対して、施術内容が同じ、くらいだとまだわかるんですけどね。

ちょっとした疑問が、自分のお体を守ることもあるかも知れませんよ(笑)。

今日もありがとう。

3月2日は、顎関節症の講習を開催するため、お休みとさせていただきます(夜は営業できるかも知れません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見たらわかる腰痛

2012-02-27 07:00:00 | 健康 整体
ある日、朝からメ-ルが入りました。
「上司が腰痛で苦しんでるので」と。以前に何回か来られたことがあるお客さん。過去にはお母様もご紹介いただきました。
それで、上司の方を紹介してくださったんです。
これって、けっこうプレッシャ-ですね(笑)。まあ、どなたが来られてもプレッシャ-を感じてるんですが(爆)。

どういうときに一番腰痛がきつくなるかと確認してみると、片足をあげて靴下をはく、靴をはく、ズボンをはく、そういったときでした。座ってその足の腿をあげてもらうだけでも痛みがでますよ。

でね。試しにやってみられたら簡単にわかるんですが。
座って片足をあげてみるでしょ。そしたら、腰は大きくは動いてないんです。
でも、挙げてる腿、股関節、下腹部は大きく動いてます。
このときに腰が痛いって言ってますよね?

そしたら、、、
動いてない腰じゃなくて、動いてる腿とか股関節とか下腹部とかに何かあるんじゃないかなあ・・・って思うのが自然じゃありません?

自分で試してもそうだし、外から見てても、腰よりも腿や股関節やお腹がより大きく動いてるのが「わかり」ますよ。
じゃあ、「そこ」じゃないの?っていうのが僕の考え方なんです。

腿をあげたときに腰が痛い。でも、腰はそんなに動いてない。じゃあ、腿をあげる動作の中に「何か原因が」あるんじゃないか?って。素直にシンプルに考えたら、誰でもそこに行き着くと思う。先入観さえなければ・・・。

腰痛の大部分って、見たら、考えたら、わかることってけっこうあるみたいですよ。
先入観さえ、なければ、ね(笑)。

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肩こり、首コリ、背中の張り

2012-02-26 07:00:00 | 健康 整体
本日26日日曜日は、かいつう館のセミナーのため、お店は臨時休業しております。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

どういうわけか、「肩こりがひどくて」「首がコリすぎて・・・」「背中がこってるのか、ツライんです」という女性のお客様も最近は増えてきました。
整体をやってるので、そういう方が来られても全然不思議ではないんですが(苦笑)。
ご予約のときに「マッサージをお願いしたいんですが」というお問い合わせもあるので、上記の方も含めて「かいつう館のほうでいいのか」「マッサージではなく整体でいいのか」を確認させていただくようにしています。

うちのやり方ですと肩をしっかり揉む、背中をゴリゴリほぐしていく、という感じではないのでマッサージ感覚だとちょっと期待に添えないかな、とも思うんでこちらとしてもその辺が心配なんです。腕をやったり頭をしたり、もちろんお腹もしっかりやりますしね。肩は全身のなかの肩、という捉え方なので「肩重視で揉んでいきますね」っていうやり方ではないんですよ(少しは、重視してますけど。笑)。

じゃあ、首をバキッとするのか、背骨をボキボキボキッと鳴らすのか、というとそういうこともまったくなくて(苦笑)。
なんとも説明のしにくい施術でやっております。

受けていただいたお客さんの声でよくあるのが、「肩が、首が、体が、軽い」というタイプの感想ですね。
揉まれて気持ちよかった、とかいうよりも、ふわ~~~っと軽くなる、と。そういうことを良く言っていただきます。

僕としては、その感想をいただけたときが、また嬉しいんですよ。
あ、「お腹がポカポカしてきました」と教えてくださった方もおられましたね。

肩こりさんで、マッサージ以外・ボキボキ以外、の方法でもよろしければ、ぜひ(笑)。

余談ですが、そういう方に「なぜ、他ではなくかいつう館に?」とお聞きすると「なんとなく」とだいたいの方がおっしゃられるのが笑えます。えへへ。


今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご家族で、整体を

2012-02-25 07:00:00 | 健康 整体
26日 日曜日はセミナ-を開催するために臨時休業させていただきます。よろしくお願いします。

あるとき、3歳と生後5ヶ月の赤ちゃんをお連れになったご夫婦の方が順番に整体を受けに来てくださいました。
かいつう館としては一人でやっているので、ペアの方であっても順番になってしまいます。

以前から、来てくださっていたんです。
旦那さんだけであったり、ママさんだけであったり。
3歳のお子さんが生まれてしばらくのときは、ご夫婦で来られて、同じ室内で赤ちゃんを順番待ちしてる親御さんのほうが見ていてくださったり。そういうことが何回かあって。

しばらくママさんのほうが来られていなかったのですが、今回は、5ヶ月の赤ちゃんも一緒に、計4人で来てくださいましたよ~。
最初はママさんだけ。旦那さんとお子さん二人はパパさんが車でおもちゃを買いに行ったりして時間を調整してくださいました。
交代のときは、4人全員が同じ室内で、上のお子さんは買ってもらったばかりのオモチャで、下の赤ちゃんはママさんに抱っこしてもらって。
途中で、気をそらすためか、近くのコンビニにお二人を連れてママさんが外出。

そんな感じで、にぎやかになるかな~と思っていたんですが、けっこう静かに終了しました(笑)。
途中で、5ヶ月の赤ちゃんを抱っこさせてもらったんですよ~。ニコッと笑ってくれました~。赤ちゃんを抱っこするのは大好きなんです(笑)。

ママさんは「特に痛いとこがなくても行っていいですか?」とおっしゃっておられたんですが、お二人の育児で疲れていないはずがありませんよね。それと、片手で下の子を抱っこして片手での作業やなにや、で腕を傷めておられたので、その施術はしておきました。

個人的には赤ちゃんが大好きなので、もっとお子さん連れで来て欲しいなあと思う今日この頃です(写真を撮らせてもうの、忘れたよ~う)

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見え(てい)ない腰痛の原因

2012-02-24 07:00:00 | 健康 整体
とある日のことです。
ヘルニアによる?腰痛と、アゴの調子が悪くなった娘さんを施術したことがありました。
その後、娘さんのお母様が来られたときに、過去に娘さんがどれだけの病院に行ったことか・・・という話になって。
その過程で娘さんが病院嫌いになったひとつとして、「レントゲン、MRI、血液検査、、、いろんな検査をしたけど、いつも原因がはっきりしない。最後には『ココロの問題でしょう』と言われる・・・それで病院に行くのがイヤになった」とおっしゃってたんです。あちこちの病院に行っても原因がいまひとつはっきりしない。痛み止め薬を一か月分出されて終わり。そんな繰り返しだったそうです(僕が原因を見抜いた、という話じゃないですよ。そこは勘違いしないでくださいね)。

僕も精神的なものは重視します。僕のことをよく知ってくださってる方はそのへんのことに肯いていただけると思います。そのように重視はしますが、いきなり「そこ」ですか?と言いたいです。
今の病院の恩恵をうちの親も義理の親も、僕も嫁さんも、子どもも、みんな受けてるのでそこは否定しないんですよ?僕自身、お客さんを病院に強く勧めることもありますし。

病院には、整形外科があります、循環器科のような血液関係もあります、もちろん内科も。部位で言っても耳鼻咽喉科、眼科、泌尿器科に肛門科に皮膚科・・・。

それらに該当しないから、「心の問題でしょう」???

単純に考えてください。
骨に異常はありません。血液検査も大丈夫です。「だから」心の問題じゃないですか?ですって???他にもっと大きな存在がないですか?

あの~~~・・・

筋肉はどこに行きました?筋肉は。
腹筋しろ、とかストレッチしろ、とか、痛かったら筋肉にシップを貼れ、とか言うじゃないですか、先生方も。

なぜ、、、「筋肉」は腰痛の原因から除外できるんですかっ、と叫びたいです。
骨でもない、血液でもない、ということは・・・(心の前に)筋肉の問題かも知れませんね。って、そうならないといつまでたっても腰痛に有効なアプロ-チはできないんじゃないんでしょうか?

心の問題だよ、ということでその心に問題を作ってることを気づかないといけないような気がしてなりません。
そしてまた、「目の前」にあっても気づかなければ、「ない」のと一緒なんだなあ、と気づかされた思いです。



今日もありがとう。

26日日曜日はセミナ-開催のため、お休みをいただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛は、部分ではなく「動き」で

2012-02-23 07:00:00 | 健康 整体
少し前に仕事の絡みで腰が痛くなった、という男性の方。
ちょっと油断してたら、また腰に来たようなんです、普段は痛くないんですがね~、とニコニコしながら入ってこられました。

全身の施術をして、どういうときに痛いのかをお聞きして、それを取っていって。
その上で実際に動いてもらうと、
「これぐらいならだいぶ楽ですわ~」とのこと。

「これぐらい」なら、とか「楽」とかいうのは、まだなにかあるんですよね(苦笑)。

で、残ってるのはなにか?とお聞きすると、「首を下に向けると腰にまだ痛みを感じるんです」と教えてくれました。
ここは素直に行きます。
それが偶然だ、とか言ってたらなにも解決できません(苦笑)。

首を下に向けたら腰が痛い、のであれば、首を下に向けること自体がこの方の場合においてリンクしてる、というのが素直な見方です。常識とは違うかも知れませんけどね。
特にこの方の場合は、上半身を前に曲げても腰にはなんともないんです。背すじを伸ばして、首だけを下に向けると、腰に痛みが残ってるんです。このとき、腰椎が、とか骨盤が、とか、「素直」に考えたら関係なさそうですよね?

なので、首や鎖骨の内側や脇の下など、僕としては首に関係してると思えるころをやってみたら、、、
「おお~。これはすごい」ととても喜んでいただきました。腰に対する不安がキレイさっぱり、という状態になったそうです。

意外なところ、ではありますが、「お客さんが教えてくれたヒント」は近道なんですよ、本当に。腰だ首だ、と区分してるのは、後付の知識です。体はひとつ。そう考えたら実は意外でもなんでもないのかも知れませんね。えっ?首で腰痛が?と驚いちゃいますけど、見方はひとつじゃないんです。たとえば、体の「裏側」と「表側」という見方だってないわけじゃありません。これでいくと、首の後ろと背中と腰と臀部は「ひとつ」の「部位」になります。また、人体を円柱ととらえたら、今度は裏と表もなくなっちゃいます。どこまで「視点」を広げられるか、というのも整体のポイントになりますね。

さあ、終わろうかな、と思って最後に確認したら
「もう痛くはないです」とのお言葉。痛く「は」ない?まだ、何か?とお聞きしたら、腰やお尻に筋肉疲労の感触が、って。
なので、しつこくお腹を触ったらこれも消えました。
時間があったから出来たんですが。筋肉が疲労してると、それだけ筋肉のキャパが少なくなってる状態だと考えることができるんです。余力が少ないと、今度、負荷をかけたときに、また悲鳴をあげる可能性がある、ってことなんですね。これは固くなってるところを柔らかくしてあげたらある程度はキャパを戻すことができるみたいですよ。

僕も時間がなかったらどこまで出来るのか、わからないのですが、可能な限り、症状を少なくしてあげたいな、と思うのはそれだけ再発する可能性を減らせるんじゃないか、って考えてるからでもあるんです(これはホント、時間との勝負ですけどね)。

今日もありがとう。

26日、日曜日はセミナ-のため、お休みをいただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

股関節痛を「辿る」

2012-02-22 07:00:00 | 健康 整体
なんとなく痛くなってくると、「体の歪み」が原因かしら、「骨盤がズレてるのかしら」って発想しちゃうことがありますよね。
でも、記憶にある人はそうは思いません。僕は、なんとなく、自然に、痛くなってた、という人にも記憶に残るほどの大きな出来事はなかっただろうけど、「なにかの原因」は積み重なっていたんだろう、と想像するんですね。だから、単に「体が歪んでるから」「骨盤がズレてるから」という考え方はしてないんです。

さて、かなり前に股関節痛になった、という女性の方は、履きなれていない踵の高い靴を履いていて、足をぐねったときに「股関節が外れたのか」と思うくらいの激痛が走って、それ依頼、痛みがあるんだとか。

股関節を施術していくと、痛みはだいぶ減ってきました。
立って確認してもらうと、痛みは減ったけど股関節に突っ張り感がある、とのことでした。ためしに体をそらしてもらうと、突っ張り感が強くなります。

なので、それをゆるめる施術をすると・・・
今度は膝から股関節まで、の部分に突っ張り感がでてきちゃいました。
考えたら、足首は外側に倒れても、膝は外には倒れません。ぐねったときは足首が外へ倒れたそうなんですが、そのとき、膝にもダメージが与えられたんでしょう(汗)。
膝まわりをさぐると内側に大きな圧痛のかたまりにぶつかりました。ここをほぐしてまた体をそらしてもらうと、突っ張り感もなくなりました。

最終的には、「痛みはなくなったけど、何も感じないかというとなんかありますね・・・」というところまで、でした。コリ感のようなものが残ってる、と。ここまでで90分使い果たしたので、あとちょっとだけ揉んで(苦笑)終了させていただきました。

今回は股関節ですが、過去へと辿っていくとそのまえに足首だったり膝だったり、アチコチから「そこ」へ来ていることもあるんだなあ、と思います。
いきなり、体・骨盤、がどうにかなるほうが不自然ですものね。

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3時にこんにちわ

2012-02-21 15:00:00 | 健康 整体
先日、みんちゃんが「9」に似たカミサマを描いてくれました(笑)。

かわいいでしょ。
顔の後ろにあるのは、「これ」なんだそうです。「これ」もみんちゃんがパパの携帯で自分で撮ってくれましたよ。

こんな感じのカミサマもいてるそうです。

おもしろいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美容師さんの頭痛

2012-02-21 07:00:00 | 健康 整体
ちょくちょく来てくださる美容師さん、肩がこりすぎて痛い、頭痛もする、とのことでした。
いつもは首がひっぱられる感じがでてくるとそこから「気持ち悪くなってくる」とおっしゃってました。

もしかしたら、肩こりも自覚があるというよりは、「そこから来ているんだろう」という思いが先にあるのかも。
結果的には頭痛はスッキリとれてくれましたが、肩も腰もお腹もゴリゴリしてたような(汗)。

腰が痛気持ちよかった、という話から「姿勢が悪いからですか?」と聞かれたんです。
この業界にいるとよく「姿勢がわるい『から』痛くなるんですか?」と質問されるんです。

でも、この方は美容師さんです。ちょっと考えてみたらわかりますが、「良い姿勢」でお仕事できますか?って話なんです。

両足にきちんと体重をのせて、せすじはまっすぐに、、、、でカットできないですよね(爆)?
特に美容師さんなどは、お客さんの側面にまわりこんでカットしたりシャンプーしたりされると思うんですがそのときに大事なのは、手先を使うためには下半身はうまく固定できてないと手先がぶれる可能性がある、ということなんです。

すると、側面に回りこむ、この状態で下半身を固定する、上半身はカットする対象にむかっていいポジションをとる、その状態で上半身を固定する、これでようやく指先を繊細に使えるようになるわけです。
ということは、下半身と上半身とで固定するときに、まっすぐではない状態で力を入れて体を止めてるんです。
そういうところが硬くなりやすい。。。。
だから、「姿勢が悪いからそこが(腰が)ゴリゴリしてる」んじゃあなくて、「そういう体の使い方をしてるだけ」なんです。そこに良い悪いはないでしょ?


つまり、姿勢が悪いもなにも、「その姿勢がこのお客様にとってはベターなんだ」という理解が必要だと思うんですよ。そこからスタートしないと、健康のためには美容師さんは仕事をやめるべきだ、という結論しかでてきません。

骨盤矯正をする、体をまっすぐにする。また歪む。歪むのは、あなたの仕事のせいだ、ではその仕事をやめるかどうか、しか行き着く先がないじゃないですか。


もちろん、整体でできることにも限界がありますから、自分でもケアは必要にはなってくるでしょうけれど。
相手さんの仕事ややってること、からもちゃんと考えてあげたいな、とは思います。

今日もありがとう。

26日日曜日はセミナー開催のためおやすみをいただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加