尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

肩こりのひどいケース

2011-10-31 07:00:00 | 健康 整体
11月2日は臨時休業いたします。ひどい肩こり、肩が重い、ということでお客さんが来られました。
マッサージや保険の利く治療院にもいくらしいんだけど「重さ」が変わらないので、整体に来てみたんだそう。
というのも、産後に骨盤をなにもしなかったし、中学から猫背なのでその辺に原因があるのかな、と思われての整体なんだそす。

たしかに、肩の重さは肩を揉んでも気持ちはいいけどあまり変わらないことがあります。あ、でももちろん軽くはなると思いますよ。重さってスッキリしにくいんでしょうね。
重さを感じるということは、「下にひっぱられる要因」があってそれに対抗してるので「重さを感じる」んだと僕は思っているんです。
両手にバッグをもっていたら腕とか肩とか背中とか「重く」なってきますよね。
肩が重いというからには、「下のものを持ち上げてる状態」にあるんじゃないか、と想像してみるんです。

猫背ともおっしゃってました。肩が前にいってる分、そこには重力がかかってきます。それに押し潰されずに対抗するには力が要ります。重力がかかってないのを普通としたら、その人は普通以上の力が常に必要なわけです。(本当にオジイサンがのっかっているのでなければ。笑)

また、お腹が硬くなっていると、上半身はお腹にむかってひっぱられます。すると、体を起こし続けるための力がいつも必要になり、(たとえるなら重いカバンを常に持ち上げてるようなもの)「重いなあ」という感覚がわいてくる、と考えることもできるんです。

もちろん、医学的にそうだ、と認められてるわけではありませんが(苦笑)。重い、という感覚を素直に受け止めるなら、「なぜ重さを感じるのか」に向きあう必要があると僕は思うんですね。
頚椎だ、胸椎だ、骨盤だ、という見方もありです。だけど、それが原因でなぜ重みなのか?なぜ痛みやコリだけではなく重さなのか?それはお客さんの個人的な感想だから無視しちゃえばいいのか?
僕はそこにはやっぱりそう感じるだけの、なにかがちゃんとあるんだと思うし、それに向き合うことで見えてくるものもあるんだと思う。


やってみて思うのは、肩こりだけではなく肩の重さまで感じるようになれば、そこを揉むだけでは軽くなってこない。肩より「下」にも手を入れていかないと、と思います。下の荷物を手放せるようにしてあげると、重さが減る。肩が軽くなる。
書くとスムーズだなあ・・・実際にもそうあってほしいものだが(笑)。





今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛・臀部痛

2011-10-30 07:00:00 | 健康 整体
11月2日はセミナーのためお休みをいただきます。

体を前にまげると腰からお尻にかけて痛みが走るんです、と二回目のお客さん。
うつ伏せから触っていくと、腰のあたりにけっこうな張りがあります。

今度は仰向けでさわっていくと下腹部にかなり硬い筋肉のカタマリがあります。
この部分をほぐしていくのに時間をとられてしまいました(汗)。

とにかく、前屈のときにしか痛みがでないようです。
座って前屈してもらっても腰からお尻に痛みがありました。まず、座った状態でそれがなくなるまで施術。
次は立ってもらって前屈してもらいますと、まだ痛みがあります。
一応、座っての状態から施術し、立って前屈してもらって確かめ、また座ってもらって施術、再度立ってもらって確認、これを数度、繰り返してなんとか痛みのない状態に。

確認して痛みの原因を推測していく。そこから施術してまた確認して、また推測して・・・。
これがどれくらいかかるかで終了する時間が変わってくるんです。が、「施術したことに対しての確認」は絶対に必要だと思うんですね。それをしないと、自分が本当に原因に近づけているのかわかりませんから。検証を省いちゃうと、症状がたくさん残っているときには「お客さんの体がひどすぎるんだよ」と言っておしまいに・・・。
やっぱりやるだけのことはやってひとつひとつ、確かめていくほうがいい結果を次につなげられるような気がしています。

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご家族で。

2011-10-29 07:00:00 | 健康 整体
十一月二日水曜日は臨時でお休みをいただきます。転送電話にも出れないかと思いますのでよろしくお願いします。

あるときに、首、肩、「お腹」というリピーターさんが来てくださいましたよ。
「お腹が凝った気がするんだけど、自分ではコリに手が届かなくて」と。
自分だと、無意識に痛いのが「わかる」みたいで手もストップしちゃうことがあるんだと思います。
でも、、、ついに「お腹のコリをほぐしてもらうために」という目的で再来店されるお客様がっ。てへへ。

このお客さんは何度か来て下さってる方。堺市からダンナさんの運転で、お子さんと一緒に遠い中をたずねてきてくださってるんです。
お子さんは、まだお座りしかできないときからおつきそい(笑)。
今回お会いしたときには1歳9ヶ月になっていておしゃべりもし、歩き回ってもいて僕もビックリです。


それまでなら待合室でパパさんと遊んでくれていたんですが、今回は、かいつう館の近くの公園へ遊びに行って時間を過ごしてくれていました。お店に帰ってきたときには、「ママに」とどんぐりを拾ってもってきてくれてました。かわいいなあ。


そうそう、かいつう館の近くには公園が二つあります。二つの公園のすぐそばには(どっちにも)コンビニもあって、喉が渇いたり小腹が減ったりおトイレに行きたくなってもなんとかなりますよ。
そのあとは、食事。武庫之荘にはいい感じの飲食店が集まっているのでそちらもお楽しみに。
ということで、ご家族で来てくださっても、そこそこにはまわりに時間のつぶせるところがあると思いますよ~。



今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膝痛

2011-10-28 07:00:00 | 健康 整体
とある役者さんが激しい動きのなかで、膝を傷めてしまって、、、と来てくださいました。
病院でのレントゲンとMRIではほとんど(少しはある)異常は認められなかったそうです。
それを聞いてまずは一安心。

今はだいぶラクになったものの、強く踏み込んでやや内に体重をかけると膝痛がでるのだそう。

最初にどういう動きで膝に痛みがでるかを確認。
その場合、「差」がわかるととても参考になります。
たとえば、この方には座って膝を抱えてもらいました。そのときに力が入ってると膝に痛みはでますが、力が抜けていると膝は痛くなりません。すると「力が入ると痛いんだから、筋肉だな」と推測ができます。

仰向けで寝てもらったときに、腿はベッドに対して垂直、膝から下はベッドに水平の状態で力をいれてお腹側に向かって押してきてもらいました(これは即席で考えたチェック法です)。それに対して僕は抵抗を掛けます。これは痛いみたい。
なので、腿、お腹を丁寧に施術していきます(なので、って変?変じゃない人もいますよね。笑)。
この痛みをとって、次は実際に立っていただきます。

今度は本当に痛かった動作、このときは痛い足で踏ん張っての前蹴り(空手もされてます)。
まだ痛みが残っています。
今度は立ったままで施術。
立った状態でここかな?と思うところに圧をくわえてみると何箇所か痛い場所がでてきました。
これを緩めて、再度、前蹴り。

一応、この場では痛みは消えました。
こうやって、再現してもらうのって、改善しなくても(もちろん改善しても)一目瞭然だけに、やるほうとしてはプレッシャ-(苦笑)。だけど、こうやって確かめてもらわないと、良くなっているかどうかもわからないから、僕にとっては避けられないプロセス。

本当にスポ-ツ障害とかでは僕では太刀打ちできないこともあるかと思いますが。
じっとしてるときには痛みはまったくない、とかでしたら、こんなふうに取れてくることがあります。


今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2011-10-27 15:00:00 | 健康 整体
来月のあたま、11月2日水曜日はセミナー開催のため臨時休業とさせていただくこととなりました。
ありがたいことに、こんな僕の施術法でも学びたい、とおっしゃってくださる熱い方たちが現れてくださいましたので、一日(実際には二日間)使って思いっきりお伝えしてきたいと思います。(でもここでは詳しくは書きませんので。笑)。
そういう方たちがいらっしゃることも嬉しいですし、さらにはその日のために開業しておられる先生方お二人が、お店を閉めてサポートしてくださる、ということ。
自分たちの売り上げが減るにもかかわらず、こうやって参加してくださるなんて、本当に自分は人に恵まれている、と思います。
感謝感謝です。

あ、それと、子どもたちのネタをブログに挿入するタイミングがなくなってきまして(実はこのブログ自体はすでに11月まで書き溜めてあって、子どもネタに記事を割く余裕がなくなってきたんです)。なので、ちょこちょことした呟き程度のものをコチラにアップしています。文字数が限られているので、大して面白くありませんがね(苦笑)。最近、みんちゃんたちは元気なん?というお声をブログ読者の方からいただきましたので~(あ、でも友達申請とかしないでくださいね、書きっぱなしで他の人のを見て回る余裕が今はなくて・・・汗)


今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛・背中痛

2011-10-27 07:00:00 | 健康 整体
アロマのお店で働いておられる女性のお客様が、ず~~~っと腰と背中が痛いのが続いている、ということでご来店くださいました。
ご自身がアロマを受けたときにも「お腹、かたいですね~」と言われたことがあるそうですが、確かに「か、硬い・・・」。
こりゃ強くしたら痛いだろうな、と思って完全にはほぐせませんでしたが、ある程度緩んだ状態で腰と背中を確認してもらうと、ほとんど痛みはなくなっていました。

あとは、座った状態で腰痛や背中痛がでる動きを特定していきながら微調整。
動きのなかでも腰痛はでなくなりました。

アロマされてる方って、ベッドに乗り出すような姿勢でトリートメントされることが多いんじゃないかと思うんです。
中腰の、さらに上半身が伸びてる版?この姿勢を維持しようと思ったら、背筋腰筋よりも腹筋に負荷がかかってくると思えるんですね。しかも僕が90分施術したって、ずっと中腰じゃないですもん。そう考えたらトリートメント系の施術されてる方はすごいと思いますね~。
癒しの仕事はステキなだけに、すこしでも楽になってもらえてまた元気に活躍してもらえたら、僕もうれしいな。

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルニアの不思議な話から

2011-10-26 07:00:00 | 健康 整体
ある腰痛のお客様からお聞きした実話です。
ヘルニア、坐骨神経痛など、それはもう大変な辛さをこれまで体験してこられた方です。

今回はそのなかでお客さん自身がおっしゃたことから考える材料を提供してみたいと思うんです。
話は多少変えてますから念のため。

それは、あまりの激痛で病院にいったときは痛すぎてMRIを撮れなかったそうなんです。
体をまっすぐにして台の上で何分もいることができないくらい痛すぎて・・・。
ギックリ腰とかされた方ならその感じは想像つきますよね。

で、痛みがあるけれども落ち着いてからMRIを受けたところお医者さんいわく、「よく足に麻痺がでなかったもんだなあ」と。
ヘルニアがつぶれて(潰れた分だけ広がりますよね、面積)神経に完全に当たってる、と。

この方がこういう筋肉をみる整体とかに行きだしたのはこのご自身の経験から、なんだそうです。それは、、、

痛みがあるけれども落ち着いてから検査を受けた。
現実にはヘルニアが神経に触ってる。それなのに、「今はあのときより」軽い痛み。
「あのとき」も「このとき」もヘルニアが神経に触っているんだとしたら、なぜ「軽くなったりするのか?」という不可解な謎。
後日、潰れたヘルニアは吸収されたのか、消失したそうです(ヘルニアって消えるんですね。読んだことはありましたけど、事実なんだ、と納得しました)。
それでも、いまだに「痛い」んです。
ということは骨「以外」で起こる痛みもあるんじゃないか、「筋肉が硬いね、張ってるね」といわれることがあれば「筋肉が原因となる痛みもありうるのではないか」という考え方も自然な流れなはずです。そこで整体へ、、、、。

お客さんはだからこうだ、と決め付けてはおられないんですよ。まわりにヘルニアの手術して腰痛がキレイさっぱりなくなった方もおられれば「手術なんか止めとけ」という方もおられて。手術で痛みがなくなった方も知っておられるので、病院がどうだ、現代医学がどうだ、という批判とかではなくて。よっくわかんない、というのが大勢の正直な気持ちではないでしょうか。

「それだけでは説明がつかない」という点は明確にしておけばいい、と思うんです。
全否定とか全肯定とかではなくね。
その説明がいずれつけばいいけど、つかない間は、僕らは「可能性」をひろげて見ていくしかないんじゃないか。

実際に僕は筋肉メイン派ですが(そんな派があるんかいっ)、それでも説明のつかないことがあるわけですよ。ただ、筋肉メインのほうが説明のつくことが「多い」というレベルなわけです。
そこで100パーセント筋肉派になってしまうと、現実を「丸め込もうと」してしまう恐れがでてくるんです。

今回の方で、ヘルニア原因派でいくとすると「なに?今のほうが痛くない?そりゃおかしい。ヘルニアが神経に触ってるじゃないか。それなのにあのときよりマシだなんて、あんた、ウソ言ってるね?」と言わねばならなくなります。
理論が先なら矛盾をなくすには、誰かがウソを言ってることになってしまう。
あるいは「足に麻痺が出なくて良かったね、これは奇跡だよ」と。。。。奇跡は否定しませんが、僕は(笑)。

だから、僕らはなにがあっても現実との整合性を求め続けないと、いつかはお客さんのせいにせざるを得なくなる。
あなたの体が悪すぎるんだ、、、とか言って。
お客さんもウソを言ってない、自分の技術にも自信がある、なら理論を見直すしかないじゃないですか。
そして見直して、すこしでも目の前の症状と理論とのズレを減らしていく。
そういう積み重ねが大事なのかも知れません。

ながながとありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故後の腕・肩のいやな痛み

2011-10-25 07:00:00 | 健康 整体
左側のあちこちの骨を骨折した、というお客さんが病院から電話をくださって、一時帰宅になったらすぐに見ていただきたい、ということでご予約をいただきました。

お話をお聞きすると、まあ壮絶な骨折です。
で、今回は骨折した側じゃない右の肩・腕がなんとも言えない痛みがあって眠るのも辛いのだとか。

幸い、体はどこを触っても大丈夫なくらいの回復をされてるということでした。

上半身中心にひととおり触ったあと、腕を中心にじっくり、丁寧に、あちこちをやっていきます。
こちらの押さえる場所によって「そこを押さえられたら肩が楽になります」など教えてくださるのでとても助かりました。
痛い場所は肩あたりでも、腕、肩の付け根、肋骨のキワなどいろんなところで楽になっていくようでした。

そういえば、以前にも交通事故のあと(この方は車の助手席にのっていて追突されたのでした)になにもしなくても肩が疼く、というお客さんがおられ、そのときの施術も参考にしてやっていきました。

激しい衝撃によるショックは筋肉のそこここを瞬間的に硬くします。それも強烈に。。。
それを、緩めて、緩めて、また緩めていくだけ。
こんなことぐらいしか僕にはできませんでしたが、終わったときには「腕が軽くなった~」と何度も動かしてみせてくれました。
ありがとうございます。

うちのホームページも「キレイなだけのサイトとは違って先生の考えがよくわかるから」とおっしゃっていただき、うれしくなっちゃいました。
あとは早く完全に回復されることをお祈りしておりますね。

今日もありがとう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産後3ヶ月の方の抱っこ腰痛と抱っこ肩痛

2011-10-24 07:00:00 | 健康 整体
とってもうれしいお客様がきてくださいました。
というのも妊婦さんのときに整体を受けに来てくださっていて。
今日は、産後3ヶ月、ずっと行きたいと思っていてようやく来れたとおっしゃってくださったんです。
妊婦さんのときのお客さんが産後にも来てくださるってなんだか嬉しいなあ。


妊婦さんのときは9ヶ月の時点で背中やら頭やら腰やらが、寝てても目が覚めるくらい痛い、ということだったかな。あれからをお聞きすると「その場では楽になったな~、でも、まだ不安だな~そのうち痛みが戻るのかな~と思っていたら、3日後にすっと抜けてそれからはどこが痛かったのかわからなくなったくらいでした」とのこと。

ほんまですか~、嬉しいです。そういっていただけると。



今回は3ヶ月の赤ちゃんをダンナさんが待合室で見てくださってる間にママさんの施術。
しばらくして、むずかったからか赤ちゃんとダンナさんが出て行く気配・・・。
「ぐずったら散歩してくるわ」と事前におっしゃってられたので、それだな、と頭の片隅で思いながら。

また帰ってこられて、、、また赤ちゃんが声をあげたからか、また出て行く気配、、、また帰ってきて、すぐに外出して、また帰ってきてすぐに外出して、、、

とどんどんその間隔が狭くなってきて(笑)。

ダンナさん、がんばってはりますけど、これ以上はかわいそうみたいですね、と言って今回は一時間で終了しました。
症状はほぼ取れてたと思うのですが、僕自身にやりたいことがいっぱいあるんですよね(苦笑)。
待合室で抱っこされてる赤ちゃんに呼び鈴で音をならしてあげると、にっこり笑って、かわいいお声を聞かせてくれました。おかげで何度も呼び鈴を鳴らしちゃいましたが(笑)。
「この子が声をあげて笑うの始めてかも~」ですって。


いい一日のスタートでした。
今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初整体、腕があがりにくい編

2011-10-23 07:00:00 | 健康 整体
ひどい肩こりです~、と言ってお越しになられたんですが。
左を向くと肩の背中側、すこし下に痛み。
あと、服をぬぐ動作で腕をあげるのが辛い、とおっしゃってました。

この方は「できたら一時間で終わってほしい」ということだったので駆け足でポイントを絞ってやっていきました。
よくあるパターンなのですが、痛いと感じる場所には原因がないことが多いんです。
なので、どこに原因があるか、をその場で考えていくのが仕事の大部分。しかも、一時間、と切られるとふだんよりも短いので焦ることあせること(苦笑)。

しかも初めての整体ということでそのへんの説明をしながらの施術です。
終われば、腕も楽にあがる、肩の痛みも軽くなってる、なんとかギリギリでそこまで到達できました。が、今度は「僕に思う存分施術させてくださいね」と言っちゃいました。
この辺が、僕の自己満足したい、というワガママですなあ(爆)。

今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加