尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

ジャンプ

2006-09-30 08:32:16 | 健康 整体
なぜか、ホップステップジャンプ、ではなく、
じゃんけんぽんっといいながら飛ぶよん。

低いところから高いところへ。高いところから低いところへ。
着地もぐらつくことなく、見事です。

だれか、こんなよんのシッターに来てくれる人、いませんか(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご隠居パグ犬

2006-09-29 09:00:24 | 健康 整体
「やあ、ご隠居さん。今日もいいお天気で」と
声をかけたくなるような風貌のパグ犬の爆です。

子どもの勢力拡大に圧されて室内犬であるにもかかわらず、立派な室外犬になりつつあります。かわいそー(笑)。

そういえば、先日は、朝から合計3人のお子さん達がお店にきてくれましたよ。

もうすぐ二歳の男の子や、1歳数ヶ月の男の子に女の子。
にぎやかにしていってくれました。いろいろと、、、(笑)。

見てると、店内のものをいじるにしても個性があるようで、こちらの目を楽しませてくれます。探検が好きそうなお子さんや、もくもくと、といったタイプのお子さん。うふふ。また、来て欲しいな。

さて、うちはどうなっているんでしょうか???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当の目的

2006-09-26 08:41:46 | 健康 整体
ブログを読んでくれたお客さんから「先生は究(きわ)めたい人なんかな」、という印象をもった、と。

確かに。
この整体という技術で、どこまでのことができるのか。
もっと言えば、すべての痛みを一回で消し去りたい。そういう願望はずっともっていました。

でも、その願望を究めることはできない、ということも知っています。
なぜなら。

痛みには意味がある。そういうケースがあるから。

もうひとつは。

その願望が成就してしまえば、僕の成長がとまるから。

もしかしたら「成長したい」が僕の願望なのかもしれません。
ならば、その願望が成就しないことが必要条件ってことも。



きっと、そういうことだと思うんです。

そうそう、そういってくれたお客さーん。究めてなくてごめんなさーい(ぺこり)。
ちゃんと結果をだせなくて。。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紹介の輪その2

2006-09-25 08:46:23 | 健康 整体
写真は、朝のじいじのお勤めにちゃっかり同席するよん。くらくてごめん。
本当は内陣と言ってお坊さん以外は入れないスペース。僕も結婚してこの方、そこには入ったことはありません。
まあ、寝ぼけて「シャカニョライ、シャカニョライ(釈迦如来)」と呟くような子供ですから(笑)。


Aさんは、ネットで見つけた整体屋さんにうちを紹介してもらったんだと言っておられました。
その整体師さんがうちのことを「信頼できる先生です」と言ってくれたんですね。

で、うちで何回か施術して、僕もまたAさんにレイキヒーラーの方を紹介してあげました。
もちろん、僕の信頼できる先生です。

あ、別に僕が「投げた」わけじゃなく。

新しい展望がひらけるんじゃないかな、という直感がしたもので。

結果はまずまずだった、、、みたいですよね?
また来てくれたんで聞いてみたときの感触です。

僕が誰かを紹介したからと言って、僕の施術の限界とかではなくて。
そのひとが良くなるんだったら薬でもあんまでも整体でもヒーリングでもなんでもいい、というのが僕の考え。いい健康食品をしっていたら紹介する、いい先生を知っていたら紹介する、おんなじだと思っているので。

でもって、Aさんは単独ではそのヒーラーさんに巡り合うことはなかったろうと思う。
ホームページももってないし、雑誌にも載ってないからね。

そうしたら、僕がAさんをそのヒーラーさんに合わせてあげることにも意味はあるんだろうと。
なぜならそれが僕にしかおそらく出来ないことだと思うから。
(その先生を知っているこの業界の人間は、たぶん、、、僕を含めて5本の指くらい?)



さて、自分が向上するには。

自分よりもすごい先生を知っているかどうか、じゃないですか?

お?久しぶりにいつものブログっぽいことになってきた(実は、時間がないなら、前もって書いちゃえ、と)。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一言だけです

2006-09-24 08:32:43 | 健康 整体
今日も朝一番からお客さんなので、ゆっくり書いている時間がありません。ありがたいことです。

一言だけ。
「今日も営業しています(笑)」

九月の先の予約、いくつか入れました(苦笑)。
いいのかな、、、。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

古医方

2006-09-23 09:01:55 | 健康 整体
「下手医者の治療は、痰あれば痰の加減をし、熱あれば熱をさまし、不食ならば、脾胃を補い、寫あれば寫を富め、咳あれば咳の加減をし、一色も残さじと加減配剤、理屈はきこえたるようなれども、病はいえぬなり。しばらく効あるに似たれ度も、またあとより再発し、あるいは外の(ほかの)変化出来して、病おもり、終には死に至るなり。
上手の医者は、あきらかに病源をみて、様々の症あれば、病の根本、あるいは疝気なりとみて、疝気を治し、あるいは虚なりとみて補えば、諸症一々に治するに及ばずして、おのずから癒ゆるなり」


いちいち、語句の解説はしませんが。
立派に現代に通用する言葉ですよね。これ、荻生徂徠の文章です、江戸時代の話です(笑)。
もちろん、西洋医学なんてありませんから、ね?当時は。
だから、現代に通用するんだけど、現代医学のことを指してるんじゃないところが面白い。
なんか「最近の若いもんは」みたいな雰囲気も伝わってこないでもないけど(苦笑)。最近の新しい医学は、みたいな。

ちょっとは進歩せねば、ねえ、お互いに。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予定日がふっとんだ?

2006-09-22 08:37:21 | 健康 整体
ごめんなさい。まったく予定日がわからなくなりました。お医者さんも「あれ?十月くらいかなあ」
だって。どないやねん。
最近、忙しくて書く原稿を練ってる時間がないんだけど、朝一番にアップしないと「産まれた」「今日は休みだな」と思われそうで(苦笑)。
とりあえず、更新してます。更新している限りは店にきていますので。はい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外へ飛んでいけ

2006-09-19 08:30:03 | 健康 整体
海外に嫁いだ娘さんから膝が痛いというヘルプの電話があったのだが、どうしたらいいですか?
と聞かれたので一番早いのは お母さんが遠隔治療をしてあげることですね と言ってやり方を教えてあげました。妙に敏感な方で僕の想像以上の感度でこっちが驚かされました。うーん、遠隔治療の結果を聞かせてもらうのが今から楽しみ(笑)。
(って、やり方を教えちゃったら、あとが儲からないんだが。苦笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西洋医学のみでなく。

2006-09-18 09:19:03 | 健康 整体
薬じゃないので。

「これは80パーセントの人に効果を発揮します」とは言えないのがこの業界。

だって。

個人対個人のお仕事なので、「あなたには効果はなかったけれど、残りの99人には効いたんですよ」と泣き言を言ってみても仕方がない。
今、居るのは目の前のお客さんだけなので。

もうひとつは。そもそも。
100人中80人が治った、がもしかしたら現代医学の捉え方かもしれません。
なになにをしている人のうち何パーセントが癌になった。その逆もまた。
人類という?くくりのうち、何パーセントがどうだ、というわけ。
そういう大きな視点を持ってるのに、個人に対しては「肝臓だけ」「食生活だけ」「遺伝だけ」の見方をしてしまうパターンもあるようで。
ちょっと不思議な感じがします。

だから、この民間療法の業界は生きてこれたのか?もし、お医者さんが「自由診療(保険の利かないやつね)」で一回5000円くらいで患者さんを診だしたら民間療法の大きな脅威になるかも、ですね。
お医者さんが、ひとりに一時間くらいかけて診療するの。もちろん、すべて患者さんの個人負担になるけど。でも、血圧高いからこの薬ね。じゃなく、どんな生活しているのか、なにが好きか、から始まってしっかりとした一種のカウンセリングをするお医者さんだったら、どうですか?
うーん、おそろしー(民間療法から見たら)。

そう考えると、僕たちのなかにも西洋医学を否定する仲間が多いようだけれども、案外と。
「原因はこれだ」と決めてかかって「ほか」を見なかったりするところは一緒だったりする。
人のこと(医学)は言えないよね、と反省。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耳鳴りから。

2006-09-17 09:02:36 | 健康 整体
耳鳴りのお客さんが再び、来られました。
電話があって、予約時間よりも遅れるかも知れない、とのこと。
来られてから聞いてみると、病院に行っていた、産婦人科に、とのこと。
妊娠5週目だったらしいです~。

耳鳴りだとか、体力的なものだとか、で会社内で異動させてもらった矢先の妊娠だそうで。
彼女曰くは「耳鳴りのおかげかしらん?」と。

走り続けてきたので、耳鳴りのしんどさも考えてちょっとは楽な(というと語弊があるけれど)部署に変えてもらったら。
たまたまかも知れないけど、今回の妊娠がわかった、と。

体も「お?これなら妊娠しても大丈夫じゃん?」とか言ってるのでしょうか?
と、そんな話を二人でしてました。
この領域は僕にもわかりません。相手(妊娠の仕組み)が大きすぎて。だから教訓めいた話は控えておきます(てへ)。

なにか一人一人に、意味があるのかもしれない、とは感じましたが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加