尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

特別付録・6時にこんばんは

2012-09-30 18:00:00 | 健康 整体
これを書いてるのは6時ではないんですが。。。天気どうなってるかな~(汗)。

3時にこんにちわ、は普通、子どもネタなのにうっかりしてた(苦笑)。
よんちゃんは、今日は運動会の予定だったのですが、このお天気で。
本当は雨でも登校するはずだったんです。土日と登校して、月火が代休。雨でも日曜日は登校して授業、火曜日は代休。
なのに、、、今日は、警報で休校だって。じゃあ、火曜日はっ。もうわけわかりません。
次の運動会は木曜日。僕の定休日なのはいいんですが、今度は僕の予定(歯医者さんとかもろもろ)が吹っ飛んでいきました(爆)。
しかも、木曜日の運動会は、給食が出るんだって。今日のつもりで買いこんだ食材は!?家族みんなでの運動会のお昼ご飯は!?

この前、二人してパソコンの無料ゲームに目覚めてすっかりのめりこんでました。正直いって、二人が同時にこんなに楽しそうな顔を見せるって、まあないんです(仲悪いんかっ)。向かい合うとケンカばかりの二人ですが、並んで同じ方向を見るととたんに仲良く・・・って教訓めいたことを書いてる場合ではないですな(爆)。のめりこむのをストップかけるのが大変です。

でも無邪気な笑顔には癒されてしまいます~。困った困った。

みんちゃんの、影絵遊び。ちょっとほのぼのしつつ、

みんちゃんも運動会を控えてることもあって、最近は体力派。
自分で編み出した、「一人橋!」最後に「やーっ」と言って顔を上げてました(笑)。

「セミ!」なんていうのもあります。手の指、足の指の力ですぜ。


いろいろと、ある我が家です(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3時にこんにちわ

2012-09-30 15:00:00 | 健康 整体
先週木曜日に、前から行ってみたかった福島区にあるパワーストーンのお店にようやく行くことができました。
その前に、ここの斜め向かいくらいにある、ヒプノセラピストさんのサロン「ライトウインド」に、ヒプノセラピーのモデルになってきたんです。
実は僕のほうから、黒田先生に「整体のセミナーするんだけど、O脚とかありません?モデルを探してるんですよ~」ってメールしたら、逆に「木曜日にヒプノセラピーのセミナーのモデルを探してるんだけど、ならない?」と逆にスカウトされてしまいまして(爆)。
けっこう、興味深かい体験でした。2~3歳の頃に退行してきた?んですが、僕が健在意識で理解してる子ども時代と、催眠下で出会った?当時の僕とは、感じていたことが違ったんですよね・・・。
みんちゃんが言う「にっくん、ぜっくん(僕の胸からでてくる見えない子どもです)」のことをちょっと思い出しました。

モデルをしたあとにみなさんで食事に行って、その帰りにこちらに立ち寄ったんです。そのときから、もう一度、じっくりと話を聞いてみたい!と熱望してまして。

パワーストーンて行っても、手にする数珠みたいなのは、ちょっと・・・なんです。それをしてお客様の体を触るとゴツゴツあたるだろうし、そもそも時計もしないくらい、手になにかをすると気になって仕方がないので。
で、相談もしつつ。実は岩塩ライトに一目ぼれ。

店主さんは、(あえて言葉にすると)波動で感じるらしく。
僕が入っていったときに青色の光がポッポッと視えたらしいです。もし僕がつけるとしたら、、、と一度、後ろに下がられて僕を観ること数秒・・・「水晶があってると思いますよ」みたいにアドバイスしてくれます(くどいですが、岩塩ライトを買いました。笑。別に押し付けられるわけでもないので)。


パワーストーンを売ってる人、といよりは、なんていうんでしょうね。なにかスピリチュアルなこととかを、相談したくなる感じです。僕もそうと意識しないうちに、子どものことや、スピリチュアル的なことをいっぱい質問してました。す、すいません、長居しちゃって(苦笑)。いろいろお聞きしたんですが、あんまり書いて店主さんが怪しく思われてもイケマセンので、これくらいで(笑)。
そうそう、ここの店主さんも、黒田先生のことを素晴らしい人だと言ってました。実は僕もかな~り昔に黒田先生を施術させていただいたことがあるんですが、頭側から黒田先生のお顔を見てると・・・観音様に見えてくるから不思議です(笑)。

さてさて。おうちに持って帰って、子どもたちに自慢しました(笑)。
岩塩ライト。塩やねんで~というと「あ、知ってる」だって。岩塩って知ってるんだ~?


で、案の定・・・
二人してペロペロ舐めておりましたとさ(汗)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は

2012-09-30 10:26:22 | 健康 整体
本日は雨(というか台風)のため、運動会は延期になり、したがって(笑)かいつう館は営業しております。
もし、来ていただけるお客様がおられましたら、足元にはじゅうぶんお気をつけくださいませ。
とりいそぎ、ご報告まで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産後・寝起きの仙骨痛

2012-09-30 07:00:00 | 健康 整体
今日運動会でお休み、、、と告知しておりましたが、雨なら営業していますのでよろしくお願いします。

お二人目のお子さんが生後4ヶ月。
高槻市から、2歳後半のお子さんと、お客さんのお母さんとで来て下さいましたよ~。

寝起きや寝返りのときに仙骨・尾骨のあたりが痛くてつらい、とのこと。
ネットで探しているとたまたまうちのブログにあたったのだそう。
遠くからすみませーん。そしてありがとうございまーす。



他には肩こりや頭痛も、ということはお聞きしていたのですが、そこまでほとんど手が回らず、最後にちょちょっとさせていただきました。それでも、肩も頭もすっとした、とおっしゃっていただけましたが。



腰というかお尻あたりの痛みは相当痛そうです。

最初は仰向けで膝を倒したときの痛みをとっていき、つぎに、寝返りをしてもらって、そのときに感じる痛みを取っていき、まだ寝返りの最初の段階のお尻を持ち上げた瞬間の痛みが残っていたのでそれも取っていき、してようやくだいぶ楽なところまで到達しました。



もちろん、本当に楽になってるかどうかは、おうちに帰って一晩寝てから、でないとわからないのですが。



上のお子さんは、ほとんどママさんと同じ部屋に居てくれましたよ。待合室にバアバと赤ちゃんがいたので、そちらに行ったり戻ってきたり。「公園いってくる?」と聞いたら頷いてお外に行ってきたり。

けっこう長い間、施術にかかってしまいまたが、騒ぎ立てることもなくいい子ちゃんでした。
あ、ベッドの上に乗っかってきたり、というのはしょっちゅうしてましたが、それはよくあることなので問題ではありません(笑)。

もちろん、相当な痛みなもんですから(といっても、いちばんキツイのは寝起きなので、日中はなんとかしのげてた部分もあるんでしょうけども)あちこちに行かれてます。
ブロック注射も最初ほどには効かなくなってきて、そのうちに「筋肉痛でしょ」といわれたり。
民間のところでは「股関節がこっちがこのくらい出てるからでしょ」といわれたり。
「筋肉が少なくなってきてるから鍛えないと」、と指摘されたり。
それはいいんですけど、ご自身のなかでは「自分の感じてる症状と、指摘されてることがどうもうまくマッチしない」という漠然とした想いはあったそうなんです。
で、探していたら、産後の仙骨痛がどうの、といううちのブログがヒットしたんだそうです(僕もいつ書いたか覚えていないくらい前の記事です。実際に、覚えていない。苦笑)。

まあ、うちは「文系整体」といわれてまして、「言葉で説明がつくように」を心がけています。
今ある症状という現象と、体という表現から、「その間」を言葉で説明する。「文章」で説明ができないと、たぶん、「ちゃんと出来てないんだろうな」と自分で思うようにしています。

なので、うまく説明できるときには、症状もちゃんと軽くなるんです。なんか変な気もしますけど。
楽になれば、要はなんだっていいんですけどね(笑)



どうか、もう痛みがでてませんように(祈)。



今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どっちの股関節痛?

2012-09-29 07:00:00 | 健康 整体
明日日曜日、お天気であれば上の子の運動会のために終日お休みをいただきます。よろしくお願いします。
臨月のころから股関節痛がでてきたというママさん。
先生は「出産したら治るよ」ということを言われたらしいのですが、、、。

産後一ヶ月でご来店。帝王切開なので、お得意のお腹はあまりせず、ピンポイントでやっていきました。
電話でのご予約のときに「帝王切開して、一ヶ月なんですが、大丈夫ですか?」と聞かれてまして。
お腹をしっかりやる派ではありますが、なんとかなるんです。
まあ、お腹をしっかりやるにしては妊婦さんも施術させてもらってますしね。
そこは整体のカミサマが助けてくれるんです(爆)。


股関節というか、腰の真横あたり。ほんで膝まわりにも痛みがある、とのこと。



仰向けで、痛い側の足や股関節を、なんどもなんども緩めていって、痛みが変化するかどうかを確認します。
さわるのは、腿やそけい部がメイン。あとはお尻や背中。今回は寝てるときは、そこだけしか触ってません。
考えたら、一時間かけて「そこばっかり」というのははじめてかも知れません(苦笑)。

いろいろ、歪みの話や骨盤の話もしながら。
なかなか痛みは取りきれなかったのですが、怪しいところを微妙に位置を変えながらやっていくことでなんとかその場で座っていても歩いても痛みを感じなくなるところまでになりました。

ただ、股関節がラクになると膝まわりの違和感が浮き上がってきて。
それを取っていくとお尻辺りの違和感が、、、
ひととおり取れたところで、どうですか?とお聞きすると、じっと黙らはるので、(まだ痛いんや~)と内心焦っていたら「ん~。痛くないです」と(笑)。

お帰りの際も体をゆすっておられるので、痛くてそうしてるのかな、とお聞きしたら「体を動かしたい感じなんです」ですって。それって、良かったことなのかしらん(苦笑)。

これは妊娠期の股関節痛なんでしょうか、産後の股関節痛なんでしょうか。
そして、出産したら治るよ、というのは、どんな根拠があるのでしょうか???


今日もありがとう。





今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他業種の先生のご紹介で

2012-09-28 07:00:00 | 健康 整体
こんなこともありました。
いつも書かせていただいている西宮の歯医者さんからのご紹介でお客さんが来てくださいました。

まつおか歯科医院の先生は単に物事を「治療ベッドの上」だけで見てないんです、噛み合わせなどの矯正をしたとして、「立ったとき」にもうすでに歪みがあると・・・ということまで考えてくださるんですね。
もちろん、だからと言って、なんでもかんでも整体を紹介する、ということではなくて、「必要があるんじゃないか」というときに提案されるみたいなんです。
「歯医者さん」だと考えたら、「口の中だけ」を治療して終わってもおかしくはないんですが、それだけトータルで体のことを考えてくださってる先生ですよ。

さて。
そのお客さんがどういう症状だったか、とかいうのは置いといて。
施術中に面白い話があったので。

それは「右足で組むクセがある」ということだったんです。
とある治療院では「右の骨盤が開いているからだ」という指摘があり、その先生に指導されたのか自分で意識されてるのか、「左でも組むようにしている」とのことでした。
思わず、聞き返しちゃいました。
「それだと右が開いてるなら、左も開かせることで、歪みを抑えるってことになりません?」って。
そうしたら、お客さんも、「あ」という表情になって大笑いされてました。

僕は骨盤が歪んでるとか気にしない派です。
脚を組むと骨盤が歪む、というのもそんなに気にしないです。
ただ、、、僕が思うのは「脚を組む時点ですでに歪んでるんでしょ?」と。
ということは、、、今さら反対側も組んだって、組みたい側のゆがみって、治らないでしょ?って思うんですよ。

僕がいつもお伝えしているのは。
「足を組みたいのには、組みたいだけの理由がある」ということ。理由はメリットと言い換えてもらってもいいです。
右足を組みたい、というのは、組むことによるメリットがあるんです。だから、体は「組みたい」とメッセージを送ってくる。
左足を組もうと思わないのは、組むだけのメリットがない。だから、そっちで意識して組む意味がない。

じゃあ、どうやったら直るのよ?といえば、骨盤をひねったり締めたりすることではなくて(それても良いんでしょうけど)、組むメリットをなくしてあげたらいいんです。
そうしたらどうなるかと言うと。

左右均等に組めるようになる、、、のではなくて、「別に組みたいと思わなくなる」んです。
なんでかというと、、、組むメリットがないからですよ。メリットがないので「したい」という感覚が減るんだと思うんです。

そういう発想でやっていくと、足を組んでいること、が「悪」だとは見えてこないので、撲滅する、的なキツイ矯正は必要なくなってきますよ。


今日もありがとう。
30日日曜日は晴れであれば、子どもの運動会のためにお休みをいただきます。よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同業の方のご紹介で

2012-09-27 07:00:00 | 健康 整体
とある日に、いつも良くしていただいている天王寺で整体をされている「ことは整体」さんからお客さんをご紹介いただきました。薦めてくださって、感謝しています。
といっても、お客さんが自らおっしゃってくれたんです。ことは整体さんは「僕からの紹介って言わなくてもいいです」と言ってくれていたそうです。
紹介の理由は園田の方なので「ご自宅に近いところに、僕と同じようなことをしてくれる先生がいますよ」ということで。
ことは整体さんとこで良くなっていたので、「治せないからもっとすごい先生を紹介します」じゃないんですよ(笑)。
そうじゃなくて、「その痛い体でここまでくるのは大変でしょう」ということで。

これにはお客さん自身が驚いておられましたよ。
そんな風によそを紹介するもんなんですか?って。

たしかにお客さんが驚かれるように、世間的にはしないものなのかも知れません。
通ってもらってナンボ、というお店もないわけじゃないですし。

だけど、ことは整体さんみたいに、お客さんに楽になってほしい、というのを突き詰めたら「ここまで来ること自体がツライでしょう」という提案が自然にできるんだと思うんですよね。

そういう根本的なところからして、すごいですよねえ。

僕が違うお店を紹介するとき、は、自分の考えてる原因とは違う?これは、別の手法をされる先生のほうが合ってるんじゃないか、とか。
そういうときが多いです。
楽になって帰っていただきたい、と思っているので初回で全力を出します。で、結果がでなかったら?自分の想定内の原因とは違う可能性があります。
そういうときは、早く違うお店を紹介したほうがお客さんが早く楽になれる可能性がある、ということですよね。

なんにしても、僕も自然に「お客さんのために」ができている人になりたいな。

ちなみにお客さんは、ひどい腰痛(これは、ことは整体さんで直してもらっていた)があったのを、子どもを足にのせて「飛行機」したらまた痛くなった(そりゃなります!僕はあと一日はそれをするのをガマンしてください、といいました。笑。とても残念がってましたが・・・)、というのと、直近で、「眠れないほど、肩の置き場がない異様な感覚」が出てきて、ということでした。
いろいろ育児などについてお話をしました。

腰痛はちょっと時間がかかりましたが、肩の違和感は案外すっと取れました(あれから再発してなければいいのですが)。

本当におこさん、旦那さん、想いのステキな方でしたよ~。腰が痛くてお子さんと思う存分遊んであげられないのが、ツライとおっしゃってました。
あれから、遊んであげられるようになったかな。。。なってたらいいなあ。

というわけで、天王寺で整体をお探しならぜひ、コチラへ。このお客さんいわく、クールな表情ですが(笑)こんな風に自然体にステキでお客さん本位の先生ですよ。


今日もありがとう。
30日日曜日が晴れだったら上の子の運動会でお休みをいただきます~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産後の猫背の話

2012-09-26 07:00:00 | 健康 整体
30日日曜日がお天気だったら上の子の運動会のため、お休みをいただきます~。
下のお子さんがまだ乳児のときくらいから、「かいつう館に行きたいと思いながら」実際につれてきたらどうなるか不安で、、、と来て下さった方。
終わったときには「もっと早くに来ておけばよかった」とおっしゃってくださいましたよ。


まあ、どうなるか僕にもわかりませんが(苦笑)、赤ちゃんを連れてくる、ということは、「いろいろありますよ」というのがわかってそう言っているので、体のことでお困りだったら、一度お電話くださいませね。実際になにがあっても僕は気にしないんですけどね。ママさんのほうが気にされることがあるんですよね。



で、お客さんは腰痛があって、ここ数日、肩首、頭が重いんだということで施術をスタートしました。
その最中、話は猫背に。

僕は、育児してる人は、猫背が有利、便利なんだと思っているんです。
特に抱っこしたら、これは重心の位置関係からいっても猫背になります。
赤ちゃんを包み込むように抱っこする、これは赤ちゃんにとっても安らぎますよね(たぶん)。だから、猫背でいいんだと思うんです。
でね。

赤ちゃんを抱っこしてないときに、猫背を「止めたら」いいんです。つまり、猫背になるか、猫背をやめるか、は自分で選択したらいいんですよ、簡単にそれができますから。
そうやってお伝えしてるんです。
これ、本当に簡単ですから。特に女性は。

なんか猫背って意思の力でせすじを伸ばし続けないと、、、とか。整体やカイロで骨盤や背骨を矯正してもらわないと、、、、という先入観ってありません?
だいたいの人は、たぶん、そんなことしなくても大丈夫ですよ(笑)。
これは体感してもらったほうが早いんですけど。



あ、腰も、首から上のしんどさも、楽になってたのは冒頭に書いたとおりです。
もちろん、そのためには全身をほぐしてあげるんですが、骨盤をひねったり、首を鳴らしたり、はありません。
全身のバランスをとってあげれば、首から上が重い、ということも無くなるだけの話なんです(笑)。

ちょいとイメージしてほしいんですが、イラストでよくあるように、背骨でバランスをとるのって、なんだかむつかしそうでしょ。遊びがなくて。
でもね、全身のごつい筋肉でバランスをとれば、少々の誤差なんてカバーしてくれます(笑)。
だから、僕は、筋肉のバランスをとってあげようと思うんですよ。楽だからね。





今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤ちゃん同伴で整体になりました(やった!)

2012-09-25 07:00:00 | 健康 整体
お二人目のお子さんを出産されてまだ二ヶ月弱、というママさん。
中腰で腰を伸ばすとき、立て膝で赤ちゃんを抱き上げるとき、上のお子さんを抱っこするときなどに腰が痛いとおっしゃってました。


ただ、キッカケが、おもちゃかなにかに躓いて踏ん張ったときに、グキッときたんだそうです。
「産後だから」腰痛なんですよ、、、、と言っていいものかどうか(苦笑)。
産後かどうか、よりも、なにをしたら痛いのか、なにをしてから痛くなったのか、とそういう方面からみたほうがちゃんと判断できる気がします。

もちろん、僕的には、妊娠、出産で筋肉の酷使があって、そこに急に力をいれて踏ん張ったから、だとは思っています。
だけど、世間一般にいうように、出産したから骨盤が歪んで、、、とはどうもね。
だって、このママさんもこけてなければ、痛くないままで過ごしてた可能性もありますもんね?



待合室で旦那さんが赤ちゃんを見ててくれてスタート。

「どのくらい、赤ちゃんの時間がもちますかね?」とママさんに聞いたら「30分くらい?」というお返事だったので、急ぎながらやりました。
たしかに、30分くらいしたら赤ちゃんのむずかる声が聞こえてきましたが、旦那さんもさすがで店の外にでたりしながら赤ちゃんのご機嫌をとってくれましたよ。



だんだん、むずかる間隔が短くなってきたところで、一時中断しておっぱいタイムに。
そのあとは、上の子との関係があって、旦那さんは一時店を離れ、赤ちゃんと一緒に整体をば。
(しめしめ。笑)。





さすがに、ちっちゃ~い!





整体の結果を確かめるにはどうしたらいいか、ということで相談の上、ベッドに赤ちゃんを寝かせてもらって、おしめを替えるポーズをしてもらうと、まだ痛そう。
中腰で姿勢を維持してるとき、ですね。
そのままの姿勢でお腹をやって、また同じポーズで確かめて、すると痛い位置が移動してたので、その姿勢でまたお腹をほぐして、また、、、を繰り返し、何度目かで痛みがなくなりました。

こうやって「最初に痛かった動作」が「終わるときに取れてるかどうか」を確認しておくと、施術した結果がわかるので、お互いに安心ですよ。



これは余談ですが、ベッドに寝かせてるときが、赤ちゃんも手足を自由に動かせるせいか、ほんとうに素敵な表情でした。それを撮っておくんだった~~~(って、仕事しろよって感じですが。爆)

次の方までまだ時間があったので、おしめの交換をしていただいて終了でーす。


ああ、癒される~。



今日もありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激痛の膝痛の整体から、言いたいことを。

2012-09-24 07:00:00 | 健康 整体
宝塚の方で伊丹の職場に通われている方が、ネットで探して来てくださいました。
「じっとしてても痛い」という膝痛。
お越しいただいてベッドに座ってもらっているだけでも、体をのけぞらせるような仕草で痛みに耐えておられます。
(そ、そんなに痛かったんだ・・・激痛レベルですやんか)と内心焦りながらも、少しでもお力になれるように、とがんばらせていただきました。

翌日、常時痛かったのが、痛む間隔がだいぶ開いてきた、とのこと。
さらに翌日になると、足の痛み(膝痛とのことでしたが、膝、腿、ふくらはぎ、と施術中にそれはもうめまぐるしく痛みが移動するんです。ふくらはぎをやったら今度は腿、腿をやったら膝、膝をやったら、、、という感じで、要は脚全部が痛い)はまったく消えたそうです。

で、なんでそれを僕が知ってるのかというと、脚の痛みがゼロになったとき、今度は腰がめちゃくちゃ痛くなったんだそう・・・(汗)。それで腰をするときに教えてくださったんです。

また、一生懸命、させていただきました。といっても笑いが半分くらいなのはいつものことなのですが(笑)。やっぱり、笑いがあると早く良くなる気がしますよ。

あまりにも痛みがキツイときはお得意の動作分析整体法の出番もほとんどありません。あるのは、良くなってほしい、という想いだけです。


でね。そのときに、これだけ痛いんだから、あちこちに行かれてるわけですよね。で、そのときにあったことをいくつかしゃべってくれたんです。こういうの、悪口というより、話す(放す)ことで過去が癒されてくる部分もあるんだと思うので、オッケーだと僕は思うんです。

たとえば、ある治療院では「あなたの骨盤はもう使い物にならないね~」と言われたんだそうですよ。
あのね。
先生がそう診断したんなら、治療前に別の治療院にまわすべきですよ。使い物にならない骨盤を治せるなら、使い物になるってことですよ。使い物にならないと診断したんなら、その先生がどうやったって、治らないでしょうが。と僕なんかは思うんです。

そうじゃなくて。体は絶対にベストの選択をしてくるんじゃないか、というのが僕の考えです。ベストがムリならベターは選択してきますよ。一見、それくらい骨盤に異常がでているなら、「そのことによって、これくらいで済んでるんだ。骨盤の自己犠牲によって、この人はこれくらいで救われてるんだ」と僕は想像するのです。
ま、答えはでませんけどさ。


またある治療院では「体を左右対称にしたら痛みはなくなるんだ」ということで、ソフトな施術を受けて。そのときは楽になった気がしたのに、帰りのお金を払うときにはもう痛くて痛くてたまらなくなってた。それを言うと「なにかの拍子に体をひねったんでしょう」・・・って、今、お金を出すために財布を取り出した動きだけですけど・・・みたいな(苦笑)。

ま、なんでもお客さんのせいにしたら自分の成長はありません。しかし、そんなことを言いたいのではなくて。
体を痛いときに左右対称にしたら、ですね。よっぽどうまく左右対称に「もっていってあげないと」さらに痛くなるのは想像できると思うんです。

左右対称、姿勢を正しく、骨盤の歪みをとって。
これらは健康なときならいいと思うんですよ。
だけど、極端なことを言えば、ギックリ腰で体が横くの字になってるときに、他人が強制的に体をまっすぐにさせたら、、、、激痛で悲鳴をあげますよね?
仮にまっすぐが戻らないようにその状態でベットに固定したら、、、涙を流して許しを乞いますよね(って、そりゃオーバーか。笑)。

つまり、痛いときに「まっすぐ、左右対称になる」というのは、もっと痛くなる可能性がある、ってことなんですよ。

上のベストな選択、ベターな選択にも関連してるんですが、「痛いときは歪めて痛みを逃がす。逃がすから、痛みがひどくならない」という体の知恵だと思うんです。

体を扱うんだから、もっと体に優しい視点はもてないものか、、、と思った一日でした。

今日もありがとう。

余談ですが、ヒーリングにも知識のある方で、僕も教えてもらってとても参考になりました。
ありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加